本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

久しぶりのスカJ




先週、お休みだったので、
今週はどんなのかな?と思っていたら・・・


来た、来た、来た!!!


前回、悶絶の嵐だった素晴らしい企画第二段。
あまりにすばらしい内容の、スカJレポ。
こちらからどうぞ。




本日のゲストは大友康平さん。
丸ちゃんが、大友さんのために作ったのは「焼きそば」
具がない、おたふくソースだけの焼きそば。美味しそうだったわ。
丸ちゃんが、日に日に本物の店員らしくなってステキです。


「隆平じゃねえか、オレも康平だからな。ダブル平ちゃんだなあ」

大友さん、おもしろい(笑)




「丸ちゃん、ちなみにタイトルなんかあるんですか?」





「平平」





爆笑!




このときの顔が、お見せできないのが本当に残念だ・・・


【ダブル平ちゃん】をもじっています。とテロップにも書かれ、
隣の安田さんが、とっても嬉しそうです。
「今のがいちばんおもろい」と渋谷さんも大絶賛。


しかし、大友さん、


「平ちゃん、ダメだよそれじゃあ」

「何が【平平】だよ、お前」





あれ?



ここで、村上兄貴が説明。大友康平の平と丸山隆平の平とダブル平平。

「今、自分で言うてたでしょ」


大友さん、忘れていたようです(笑)




隣でそんな大友さんを見つめる、亮ちゃんの目がかわいいったらありゃしない。
ありゃ、亮ちゃん、大友さん好きなの?
ずっと、大友さんを見つめています。かわいすぎます。
隣で話をしたら、こんな風なんでしょうかね?たまりませんね。
ちなみに、渋谷さんもラブいです。いつもより、姿勢がいいです(笑)


そして、途中で気がついた。
やっぱり私、この髪型の…

クララが好きだ。

王子様だー、好きだー。
カワイイなー。この色がいいね。
ストレートパーマらしいけどね(クセ毛だからだって・笑)



さらに番長、
どうも左耳の後ろが気になるらしく指で触ってるの。


あ、匂いかいだ(笑)







そして、大友さんが共演した沢尻エリカちゃん。
亮ちゃんも1リットルの涙で共演したねーという話になると、


「奇遇ですね」



ご近所トーク炸裂(笑)



かわいい。
テレて、顔をかく亮ちゃんがかわいい。





そして、やってきました。グルメレポーター企画。
第1回のダイジェストが流れたことで、
夜中にも関わらずテンションMAX。


今回も、司会は村上兄貴。


「さあーやってまいりましたー!」とテンション高めの司会者に対し、
沈みがちで、オープニングを迎える、レポーターの渋谷さんと錦戸さん。
しかし、村上兄貴、
長髪を後ろで結び、タキシードと蝶ネクタイがなんとお似合い。
普通にときめいてしまい、しばらく村上兄貴見ちゃった(テヘ)



「何なんですか?もう」


渋谷さんの発言もごもっとも、


「レポーターの腕を上げるということじゃないですか?」

「第2弾がまずあり得ないじゃないですか?」






いいえ、コレは必要です!


このコーナー、大好物ですからっ!(力説)






「だってね、その日1日気持ち悪かったんですよ」



「じゃあ、今日もがんばってくださいね」





村上兄貴、あなた最高っ!!!




全く渋谷さんと錦戸さんを、見もせず、

冷たく言い放つあなたに、完敗です。

渋谷さん、苦笑しながらうつむくしぐさが最高です。





まさに、信五のSはドSのS!!


渋谷すばるは、ダブルSでドMに変換!





って、この企画、

自称Mのお二人のコーナーじゃないですかっ!!!

スカJ様、やっぱり素晴らしいです!


亮ちゃんもすばちゃんも、困惑顔で耳をカキカキするのがたまりません。
人は困ると、耳を触りたくなるものなんだろうか?








■1品目【人形焼きカレー


ありえない。
カレーに「人形焼き」がそのまま2つ乗っています…



「おかしいやん、おかしいやん」

2回言うた。


「でもカレーには結構何かいっぱい入れますからね」


お、亮ちゃんのポジティブ発言が出ました。



「そうですね、隠し味と思って食べていただければ・・・」



「隠れてへんがな!思いっきり出とるがな!」




そして、作ったお店によると、人形焼を乗せているだけでなく、
なんとカレーの中にも人形焼をふんだんに盛り込んでいらっしゃるそうです。
なんともご丁寧な仕事です。



そして試食した渋谷さん。



「ん?」

「ん?」



「コレは別々に食うべきですね!間違いない」

「ものすっごいけんかしてるよね」







だろうね。

そして錦戸様の試食。


あ、人形焼き、丸ごと食べちゃった…


そしてカレーをさらに頬張る。なんだかヤバい気が…




2口目を頬張った後…動きが止まる…



うあ、亮ちゃんの顔がなんだか不安そう。


「それ割合ミスったな。そない1個行ったらあかんわ」
渋谷さんのおっしゃるとおり。


「あ、でもね!」

前回も前向きなレポーターとしてのコメントが多かった錦戸さん。
今回もポジティブコメントが来るか!と思ったら・・・





「とりあえずドキドキしてる」


と、左手で自分の左胸を押さえる。





ひいぃーっ!!!!




しかも、なんだかちょっと下から持ち上げる風な押さえ方なんですよ!
どーしましょう!こっちがドキドキしてますけども。

「メシ食って言うコメントちゃうやん」と村上兄貴にツッコまれるも、
「分かる!分かる!」と渋谷さんは同意。


「不思議な食感ですよ。なんかフワフワするんですよ。」

「お、ええやん、新しい食感やな」と村上兄貴。
「結構いいキーワードは出てきてますよ」

なんだか、レポーターらしくなってきた。
でも私は、食べたくないけど…







■2品目【マヨティードック】



「中は何になってるんですか?」


「中は・・・飲んでみて」
またしてもドS信五。


「えっ?ソルティードック?」


ソルティードック、塩ついてるやん、

それをマヨネーズにしてマヨティードック」




会話する渋谷さんと錦戸さんがラブい。
しかし、その結論に達した錦戸さん。



「ふざけんなよ、マジで!」



うあっ!上目遣いで村上兄貴にキレたっ!!!





しかし、錦戸さん試飲。
このとき、亮ちゃん、両手でグラスを持っています。
ラブリーっ!!!

どうなの、どうなの?
と思ったら、




ぬあっ!舌出した!


さらに口の端っこにマヨネーズがっ!!






あーあーあーっ(崩壊)


全国放送するのはやーめーてーっ(涙)




噛み締めるように飲むと、突然動きが止まり、

「ぐふっ」

と言いながら、口を押さえて村上兄貴を見上げた。




アテンションプリーズ




机の下に顔を隠して、悶える亮ちゃん。
うっほー!すばらしい、素晴らしすぎる。
隣ですばちゃんがおびえながら「出た!出たぞ!」


「どうした、亮ちゃん?」と言われて顔を上げた亮ちゃんは、


手にティッシュを持ち、上目遣いで一瞬村上兄貴を見た後、


舌をペロリと出して舐めると、口をティッシュで拭った・・・





参りました(土下座)




しかし、これだけで攻撃は終わらない。




「飲んで」と言いながら自分の口を指差し、

「飲んだら最初めっちゃ美味しいんですよ、普通に」

と言ったときのすばちゃんは、両足をそろえて小さく椅子に座っています(ラブ)


「で、混ざったら…」


と言いながら口の前で指をばらばらと動かすしぐさがたまらん。
そして、ここからがメインイベント。
村上兄貴を見上げて、何故か、




恍惚したような表情を浮かべながら






「未知の世界」




と言いアゴを撫でる
さらに、アゴをクイッと傾けて






「宇宙でしたね」








あなたと一緒ならどこまでも!








「いいじゃないですか、ボンボヤージュ、再発見やな」

村上兄貴の司会っぷりに恐れ入りました。


そして渋谷さん試飲。

一口ゴクリ。
少し考えた後、もう一口ゴクリ。
お口の端についたマヨネーズを舐めるしぐさ
に、こちらがゴクリ。




「美味しいで、普通に」



と言って、さらにゴクリ。
ガブ飲みです(笑)


「全然好きです」


とマヨネーズを口の端につけながら言う、渋谷さん。


そんなあなたが大好きです!




ちなみにこのとき、村上兄貴は「汚ったな!口!」と言い、
亮ちゃんは「ダレダレやん」とツッコミ。
ああ、愛しい。


「中が、グレープフルーツでしょ。
ちょうど酸っぱいのと甘いって言うのかな?ええ感じ。」

「ボク、初めてですよ、このコーナーやって。すんなりと美味しいと思った」



亮ちゃんとすばちゃんの味覚は違うみたい(笑)










■3品目【ボンミッソ】

名古屋名物の八町味噌を使ったロールケーキらしい。
知らねえけど。

まずは錦戸さん試食。


「美味しい!」


あれ、そうなんだ。



「甘いもの嫌いなボクでも、甘さ控えめだから…」

「それは、やっぱ味噌が助けてるとこや」




「ですよね」





この言い方が、ツボ。


うおーかわええっ!!!








さらに渋谷さん試食。

「ん!」

「ん?」

「うん!」

「んんー」

「うん?」




かなり長い間考えたところで、


「何か、味噌の味せえへんで」


あれ?


「普通のロールケーキ」



「・・・」



あ、ナスがヤバい。

「普通のロールケーキィ?こんだけ引っ張って」





小さく頷く渋谷さんが、ラブリーすぎます。



「普通のロールケーキやった」



かわいさ爆発っ!!!






もちろん、ビシッ!と村上兄貴に殴られる。
すると、心底渋谷さんに持っていかれる瞬間が訪れる。




「だって、



食ってみな分からへん…」





お持ち帰りはアリですか?




グルメレポーター企画。
今回は悶絶表情は見られませんでしたが、よかったです。
是非、第3回もよろしくお願いします。








そして、1番星。
不思議な感じの大友さんに
「大友さんという説明書がほしい」という番長。確かに。
大友さんは教員免許を持っているらしく、教育実習のときに永ちゃん風に入っていったりしたそうです。すげえな(笑)
学生達には人気だったそうですが…



よく考えるとさ、亮ちゃんとかがもし学生だったら、

ちょうど今ぐらいに、教育実習だよね…

すごく、よくないか?
それって、よくないか?




生徒にはなりきれないが(年齢に無理があるため)
亮ちゃんの指導教任になりたいなー。

教育実習の授業をする亮ちゃんを、
教室の後ろから指導という目的で、観察する私。
一生懸命話す姿とかさ、チョークで手が粉粉になるところとかさ、
いっぱい付箋が貼ってあるのに、ページが分からなくなっちゃうとかさ。
もう、かわいさ爆発なわけですよ。

今日はもう、コレで授業は終わり。
亮ちゃんが不安そうな顔から、ちょっと安心した顔になって、
「すんません」と言いながら、しなれてないネクタイをちょっと緩めるの。
教科は歴史がいいよね、好きって言ってたし。
職員室じゃなくてさ、クラスがある棟とは別棟の、
歴史の資料がいっぱいある資料室の隣の、
歴史の先生だけがいる、教科の部屋みたいなところがいいなー。
(そんなところがあるのかは謎だが、私の高校にはあった気がする)
だけど、今日は誰もいないんだよね。
亮ちゃんと私、二人だけなの(自分勝手)


亮ちゃんは真剣な顔で聞くんだよね。
「授業、どうでしたか?」
ちょっと上目遣いで、全部声が出きってないの。
不安そうで、少し低い声。
もうちょっと、ゆっくり話したほうがいいよーと言うと、

「え、ゆっくりっすか?」

ちょっと、びくっとかしてほしいねー。
だって多分、自分でも自覚してると思うから。
早口すぎて、聞き取れないところが多いからさ、
って亮ちゃんに言うと、

「あ、よう言われるんです。すんません」

頭をかきつつ、下を向く亮ちゃんがかわいいの!
さらに、歴史の小話をしようとがんばる亮ちゃんだけど、
その小話が、ちっともおもしろくないと、なおいい。
おもしろくなかったのが残念だなー、とか言うと、

「お、おもろない?」

あ、ちょっと落ち込んだ。
すっげえ、好み。

「ボク、友達にも言われるんです。おもろいこと、言えんって」

あ、また凹んだ。かわええ。
だけど、授業はちゃんとできてたよー、
総合的には合格点だから、後は慣れだ!慣れ!
だからがんばるのだ!と激励すると、
プチ凹みだった亮ちゃんが、ちょっと嬉しそう。

「はい、ありがとうごさいます。またがんばります」

その後のニッコリ顔に、クラッシュを受けるけど、
ここは指導教任の手前、おくびにも出さないのだ。
ダメよ、うん。ここで負けちゃダメ。



片づけが終わって、帰る準備をしていると、
亮ちゃんはまだ、今日1日の報告書やら次の授業の準備をしている。
うーん、なんだか誘ってみたい気分だが、
かなり年の離れた、教育実習生に手を出すのもいかがなものか、
などと、悶々と考えていると、声をかけられる。

「あの、はち先生」

先生という響きが、またすばらしい。
すぐにも振り向きたいのをこらえて、
なにー?
と片付けているフリをしながら、声だけで答えると、




「この後、何かご予定、ありますか?」




なんだって?
おい、今のはお誘いか?

いや待て、早まるな。早まるんじゃない。
落ち着け、落ち着くんだ、オレ!
まだ誘われた訳じゃないぞ、早まるな!
とにかく呼吸を整えて、別に帰るだけだけどーと答えると、

「ちょっと教えてほしいことがあるんですけど、いいですか?」

なんだよーと思いながらも、
一方でやっぱりそうだよな、と思いつつ、
いいよーと言うと、

「あの、コレ、どうしたらええか、分からへんのですけど」

と言って何かを出そうとした瞬間に、
警備のおじちゃんとかが、ちょうど回ってくるのよ。
「はいー、明日休日だから、今日はもう帰ってねー」
ナイスタイミング、おじちゃん(感謝)
すると亮ちゃん、困ったような顔で、





「あの、もしよければ、どこかで教えてもらってもええですか?」





エスッ!!!!
授業や教育のことだけでなくて、
他のことでも何でも教えちゃうけど、それでもええですか?




って、めちゃくちゃ妄想が長くなっちまった。
久々に、長い妄想で申し訳ないです。
学校ものは無理だと思っていたが、
こういうシュチュエーションなら、いくらでも行けるな。
こりゃいいな、非常にいいな。

 

えっと、随分話が飛んでしまいましたが、
スカJ1番星で、心に残るベストソングは何?
という話が出たのですが、そのときの歌がよかった。



丸ちゃんやしきたかじんの「泣いてもいいか」
お父さんがお母さんに悪いことをしたとき、カラオケで歌ったそうで、
丸ちゃんの記憶に残っているそうです。


番長globeの「DEPARTURES
東京で番長が仕事に行く時に、お母さんが自転車こいで、
冬の寒い時期にそれを聴きながら「あんた、この仕事行って、がんばりや」
と言ってもらったのを覚えているそうです。
ああ、ステキ。


亮ちゃん「粉雪」
なんと、今でも着メロは「粉雪」らしいよ!
ダウンロードしなきゃっ!!!


安田さんnavy&ivoryの「指輪」
どうしてなんだろう。理由を聞けなかったけど、
お姉ちゃんの結婚式で聴いたのかな?


すばちゃんは高橋真梨子の「ごめんね…」
小さい頃、お母さんが2人きりの車内でよく聴いてたんだって。


クララサイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」(懐かしいっ!)
小さい頃、お父さんが車の中でよく聴いていたんだって。





確かに大友さんの言うとおり、
歌を聴くと、そのときの気持ちとか、空気とか、
全部を思い出すよね。


思い出の曲ってあるかなー、って考えたら、
ダンスで踊ってた曲は、やっぱりすっごく来るね。
あとは、昔すっげえ失恋をした時に、
テレビで流れてた曲が死ぬほどそのシュチュエーションに似てて、
今でもその曲を聴くと、ちょっと胸が痛くなったりする。
基本オヤジな私にも乙女チックな瞬間があるのよ♪



来週は梨花さんらしいです。
すっごく、おもしろそうな予告の映像見ちゃった。
亮ちゃんに「付き合う?」って何ですか?
番長、梨花さんの股の下で、何をしてるんですか?

来週も、気になります。




スカJのナイス企画をこれからも期待しています!
コメントレスはさせていただいていませんが、よろしければどうぞ♪


スポンサーリンク