本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

関ジャニ∞コンサート Funky Tokyo Osaka Nagoya 代々木 2006年6月3日3部



大きなサプライズが2回もあった、3日3部。
おかげで内容が偏っていそうですが…
こちらからどうぞ。

====

2部と3部の間に、たくさんの方々にお会いし、
テンションもMAXで迎えた3日最終公演。
ただ、話に盛り上がりすぎて、入場が遅くなり、
トイレで並んでいたら大変なことが…

アナウンスが始まってる!
ひいぃーっ!!!と、走る走る!
座席についてまず確認したことは…
隣にいたお姉さんに質問。

「今、誰がアナウンスしてました?」
「た、たっちょんです」


やっぱり!!!!


「噛んでました?」
「ちょっと」


やっぱり!!!!(2回目)


失敗したー、と反省しました。
クララのカミカミアナウンス、また聞きたかったなー(涙)


そして、少し遅れてMちゃんが到着してから気づいたのは、
なんだか私達の前の座席から、親子席っぽい。
え?親子席って、立って見ちゃいけないよね…
会場が暗くなって、みんなが立ち上がるのに、
前の親子席のみなさまは、やっぱり立ち上がらない。

そう、このときの席は、親子席のすぐ上の列。
南スタンド1階の7列目で、それは美味しい席だったのです。
神様!ありがとう!!!






好きやねん、大阪。


近いっ!!!



やっぱり親子席の近くっていいよね。
すげえよ、すげえよ、と思っていたら、
途中ですごいことに気がつく。

「好きやねん」と番長がスクリーンに大映しになるとき、
私はいつも番長しか追いかけていないのですが、
このときは、目の前に回って来ていた亮ちゃんを見ていたら…



投げキッス



うっそー!!!!(びっくり)



ひょっとして、ひょっとすると、
亮ちゃんってこのとき、ずっと投げキスしてたの?
ねえ、そうだったの?そうだったのか?
ちょい凹みました。でも番長も見たいんだもの。
もうこうなったら仕方ない。明日は、成り行きに任せよう。

そして丸ちゃんが


「パンパパーンッ!!!!」



ぎゃっはっはっは(爆笑)




おもしろすぎた。
いつも丸ちゃんのこの部分で大笑いするすばちゃんだけでなく、
このときは村上兄貴も大ウケ。お腹抱えてました。


そして、次の瞬間で度肝を抜かれる。
またしても番長の好きやねん。部分で、



亮ちゃんクララのダブル投げキッス。


強烈っ!!




最後の亮ちゃんのセリフは


「I LOVE YOU」


me too!



そして最後の最後でまた崩れ落ちる。
こちら側に回ってきた番長が、


投げキッス


参りました(完全降伏)







【∞ o'clock】【Dive】

踊り狂っていたのでほとんど覚えていないんですが、
すばちゃんが目の前の花道で、着替えていたのにドキドキ。
すばちゃんの細い体に、キュンキュンしちゃいました。




浪花いろは節

安田さんがすぐ近くのセリに上がっていました。
猛烈にラブリーだった。ギターは男前だった。

しかし、私はその向こうの番長ばかり見ておりまして…

メインステージに向かって歩いて行く番長。
すばちゃんの歌に合わせて、いつものようにマイクを傾け、
歌う「フリ」に熱中していた番長が、ものすごくかわいいっ!
そして、目の前の花道に来た時、番長は立ち止まった。

「番長!番長!」
この日は黄色のビキニでしたが、必死でウチワを振ると、


笑いながら、こっち見て歌ってた。


勘違いでもいいの。
昨日、見てもらえなかったから、今日はコレで満足なの。





【ミセテクレ】

すばちゃんが、亮ちゃんにも劣らない、


恐ろしいほどの、エロ腰を、


炸裂していたことで全てが飛んだ。




いえ、エロ腰という代物ではないですね。
あのちっちゃいおっさん、

生々しいです。妙にリアルです。

想像がしやすい…ハイ、ごめんなさい。






Heat is on
【Carnival】【群青涙】【果テナキ空】


おかげでこのあたりの記憶が、全くない。
キミくんがHeat is onで、赤いTシャツをいじっていたのと、
振り付けを間違えなかった
ことぐらいかな。
クララがお尻振ってたな。

すばちゃんの群青涙が肉眼で見られて、泣きましたけど…






【∞レンジャー】

このとき、ブラックの「お金は要らないぜ♪」参加は、
決定的になったようです。
2部では、ちょっと戸惑い気味だったものの、
ここではほぼ完璧に踊れてました。
ああ、3馬鹿が愛しい。


レンジャーに責められるブラックが、

「はい、ちゅーもーく!」

と、手を上げるのに悶える。
カワイイ…(ヨダレ)

さらに、レッドが珍しく、

「ブラック…」

あ、噛んだ。と思った瞬間、

「あ、噛んだ」とブラック。すると、


「オレは噛んだことないで有名なんや!」

そうだったの?(笑)




そして逆パターン。
思わず笑ってしまったブラックに、

「お前、今笑ったやろ」

するとブラック、


「オレは笑ったことないで有名なんじゃ!」


大嘘(爆笑)


いつも、引き笑いしてるじゃないですか…






そして、私が死ぬほど萌えた瞬間がやってきます。
「もう、解散や」というブラックに、


「なんやてええーっ!!!!」 

と詰め寄るナス。


近すぎっ(大興奮)



ブラックが、逃げようとするも、
ガッツリ腕を掴んで離さず、抱きついて行くナス。
今にも、押し倒しそうです。



ブラック、顔を背ける。


ナス、さらに近づく。


ブラック、本気で戸惑う。





…参りました(白旗)





番長の戸惑いながら逃げようとする横顔に、
萌えに萌えて、収まりがつかなくなり、
私の中のS魂が炸裂してしまい、


ナスーっ!!頼むから私と交代してくれー!!


という言葉すら出ず、悶絶。

もどかしい。自分じゃないのがもどかしい。
同じ空間にいるのに、この距離がもどかしい!


ダメです。
あんなの見たら、本当にダメです。



番長の戸惑いの表情が見たいっ!!!


見たい、見たい、見たいったら見たい!



その後は、クララがどこかで間違えたのと、
番長が笑いすぎてセリフが出てこなかったことしか覚えてない。
あ、亮ちゃんのペタンコ座りが超キュートだったけど。



番長に、ナスの勢いで迫りたいです。
ちょっと戸惑っていた表情が、
次第にその気になるのを堪能したいです(真剣)


ステキな妄想をありがとう、ナス(感謝)





そして、見事悪者を倒し、
太陽の子供が出てくる箱を叩いたレッドの口から…


「なんやコレ、田中聖じゃないか?」




え、え、え、え、えーっ(仰天)





聖、笑顔で箱から登場。


本物だ(素)







【太陽の子供】

聖は、もちろん大好きなすばるんと一緒。
二人で並んで歩く姿が、カワイイカワイイ。
赤いヘルメットを聖にかぶせ、
二人で手をつないで、ルンルン歩く。


しかもですよ!いつも番長がセンターステージで、
クルクルと手を伸ばして回っているところへ、
聖も参加しているではないですかっ!!!

(心の片隅でブラックとボブにと思ったけども)


いやあ、聖っていい子だなあ(しみじみ)


そして、私の目の前では、

グリーンナスの小芝居劇場。

グリーンは笑顔でニコニコ手を振り、
それを追いかけながらナスは、ちょっかいを出す。
ナスに触れられると、ニコニコ顔から一変。
振り向いて怒りモード全開の表情でナスを一喝し、
また振り向いてお客さんに笑顔。
ナスはめげずにちょっかいを出し続ける。

という小芝居を、ずっと花道でしてました(笑)
最後の最後に、来賓席の前で仲直りしてたけど。





【ヤジルシ】

このときも、聖がすばちゃんにずっとくっついてた。
ああーかわいかった!

そして、最後の最後にまた亮ちゃんが、


「たっちょんが魔法使いになります」



このときの言い方が、超剛速球のど真ん中。

あまりのラブリーさに、クララを振り向くことができず。
しかし、スクリーンに映ったクララは、



「みんなー!すごいことが起こるよー!」


こちらもラブリー剛速球。
シンデレラでも魔法使いでも何でもいいから、
そのラブリーなクララが欲しい。





【Knockin' Trackin'】【cook magic city】

他は、一切見ていません。
スタンド7列目から、曲の間中ずっと、
誰が目の前にいても、一人だけスタンドの中で、
後ろを向いて、番長の姿を追いかけていました。


自分のウチワを見つけると、頬に当ててくれる番長。
1階スタンドを見ながら、2階の人と握手(ホステスの高等テクニックだ)

2階1列の番長ウチワを持った人が、羨ましくて羨ましくて、
もう見ながら泣きそうでした。

そしてまた、トロッコから飛び降りると、
車椅子の方々と握手をして笑顔の番長。
今回はお話している時間が長かった気がします。


本当に番長は、ステキでした。





【∞SAKAおばちゃんROCK】

この回は、亮ちゃんがいっぱい間違えてました。

サビの部分の振り付けを3回は間違えてた。
2回目までは、ごまかしていたんですが、
3回目に間違えた時は、さすがに恥ずかしかったのか、



満面のテレ笑い。



ノックアウト食らいました。
参りました(平伏)






【MC】

■せめて■



笑いすぎてメモできなかったので、
うろ覚えですが…

「こんな会場で言うのもなんですが」と言い出した丸ちゃんとすばちゃん。
二人でけん制しあいながら、何か来るぞと思ったら、


「せめて、ひとひらの」



キャー!!!!!!!



お客さんも、大盛り上がり。
隣で亮ちゃんは座り込んでウケていて、
番長は、腕組みしてそれを見てました。


「『せめて』って亮ちゃんのソロに出てたよー」

と嬉しそうなマルちゃん。
歌詞で入っていたのが、嬉しかったらしい(笑)
さらに丸ちゃん、


「せめてを言ってる女の子を見た」


そんなバカな(驚)



と思ったら、プリクラを弟くんと撮ろうとしたら、
女の子が3人せめてを言いながらプリクラ撮っていたそうです。

「プライベートで聞くとは思わんかった」

「せめてが来てます」


渋谷さんも便乗。
しかし途中からおかしなことに。



「せめて」

「せ、せ、セメダイン」

「センチメンタル」

「1000本ノック」

「千年灸」



もう、笑った笑った。
次は、すばちゃん、何を言う?と思ったら、


「もうない!」


めっちゃくちゃ嬉しそう。
それまで隣で腕組みしてみていた番長が、
何故か急に入ってきた。


亀仙人


失笑。



「せん」入る場所間違ってるし。
∞にも突っ込まれまくり、でも嬉しそうな番長でした。





■よっしゃ■

この回もよっしゃコールが大流行。

「なんでお客さんがそんなにやりたいんか知りたい」

と言いながらも、嬉しそうな番長。
最後の「よおーっ!」部分で中央に集合する∞。

「真ん中に、何集合か聞きたい」

と嬉しそうな番長の隣で、
亮ちゃんとすばちゃんが耳打ちしていてドキドキ。






■Mステ予行練習■

「2部で公約したんですよ。

Mステの階段3段目で、関ジャニ∞全員つまづきます!」



おおーっ!と会場がどよめく中、
ここでなんでだか忘れちゃったけど、
番長がすばちゃんと丸ちゃんに追いかけられ、内股で逃げる姿に萌え。

しかし、Mステトークは続く。


「他の出演者がびっくりして、
 B'zさんがギターをギーンっ!って鳴らしたり、

 平井賢さんが『瞳を閉じてー♪』って歌うかもしれへん」



キミくんのソロ、頂きました(喜)


そして
「スムーズにコケなあかんで」
「ちょっと練習する?」



全員、メインステージの階段の上に上がり、
「1段目が3段目にしようや」
「スムーズにコケなあかんで」
「錦戸が最後に拾うんや」

と相談をした後で、

「テレレレレーン♪」とMステの曲を口で歌う∞たち。
お客さんも歌ってたけど(笑)
全員、上手い具合につまづき、
最後に亮ちゃんが何かを拾って大成功。

「今の、完璧や!」

と番長もめっちゃくちゃ嬉しそう。
∞もみんなすごく嬉しそう。
君達、ノリノリだな。

すると会場から「もう1回、もう1回」コールが。


それを聞いた番長。

振り向きざまに「行くぞ!」と∞に合図すると、


全員がそれにうなづいて、ものすごい早さで、
また階段上に走って行ったんです。
このときのキミくんが、めっちゃくちゃかっこよかった。




黒のタンクトップから見える肩。


後ろ姿で合図するその姿にドキドキ
して、


あなたに一生ついて行くわ!と言いそうなぐらい、
本気でめちゃくちゃかっこよかったの!!!
あのしぐさ、男前度150%ですね(メモ)



そして、階段上に上った∞たち。
またしても入念な打ち合わせ。
ここで、番長と村上兄貴に挟まれた亮ちゃんが、
めっちゃくちゃかわいかった!

二人に挟まれた亮ちゃん。

細かな演技指導を二人から受けます。

「自然にやで」
「ちっさいものを拾ってポケットに入れんねん」
「ごくごく自然にやで」


二人が亮ちゃんに向かって言うことを、


両方を交互に見て頷きながら、


大きな目を見開いて真剣に聞く亮ちゃん。




もうさ、小さい頃の亮ちゃん、そのままなの!

あまりの、衝撃的なかわいさに、
「何か」でなく、亮ちゃんをポケットに入れて、
それこそナチュラルに、帰ってしまいたいんですが…

もうね、その弟っぷりがたまりません。

お兄ちゃんぶるNEWSな亮ちゃんも好きですが、
やっぱり亮ちゃんは弟キャラじゃないと!!
(私は弟大好きなブラコンなので、こういう子に非常に弱い)




そしてTAKE2

見事に成功するも、
亮ちゃんが、最後の最後に、


満面のテレ笑い(2回目)


コレがまた犯罪級のかわいらしさっ!!



そして、ノリノリになった∞。
誰からともなく、

「よっしゃ!」
「よっしゃ!」


と言い出し、中央に集まる∞。

「よっしゃ!」
「よっしゃ!」
「よおーっ!!!!!」



このときの亮ちゃんが、

一人だけすっごく恥ずかしそうな表情のまま、

でも一緒に参加していたのが、すっごくラブリーでした。


ああ、亮ちゃんが愛おしい。



最後に番長が笑いながら言ってました。
社長が2部の後、YOUたち、やっちゃいなよ!
本当におもしろいよ。ボク笑っちゃったよ。

と言われたそうです。ああーかわいい。



「もう1回!もう1回!」とまた言い出す会場に、


「次は本番や!そのとき見てや!」

と言う村上兄貴が、上手いなーと思いました。
さすがだなあー。カツンではこういう返しは出来ないだろうな。






【オニギシ】

すばちゃんがクララにちょっかいを出す。
どうやらMちゃんの話によると、オニギシが始まる前、
いつもすばちゃんはクララの頭を触り、クララはそれを嫌がるそうです(笑)
ほんと、かわいかった。

そしてこのときは、亮ちゃんと丸ちゃんが、
すっごく嬉しそうに笑いあいながら演奏してました。
仲がいい∞が好きだ。





FTO

親子席のすぐ近くから番長が出てくることを知っていた私。
そこだけを、とにかくガン見。

番長、やっぱりすっごく男前っ!!

スポットライトを浴びた番長は、
ありえないほど、美形でした
安田さんに後ろから絡む姿を見て、
「安田さん、代わって下さい」と本気で思った。

そして、メインステージに戻った番長。
クララのパートで階段を降りて行ったのですが、
このときは、下まで行ってしまったようでした。



ここで視線をスイッチ。
クララは、すっごく美人でした。
この髪型、最初は長い方がいいーと思ったのですが、
実は、ドストライクであることに気づいた。
ああー、やっぱり王子様みたいだ。

と思ったら、亮ちゃんが、
「年々世の中♪」の歌詞をなんと、




「ドンドン♪」




と歌ってしまった!(爆笑)



うああーっ!!それは兄貴のパートですっ!!



亮ちゃん、慌ててスクリーンを振り向き、
やっぱり間違えていたことに気がつくと、



満面のテレ笑い(3回目)



うわああーっ!また来たーっ!(絶叫)






だから、それは犯罪です。

ものすごい破壊力です。


この日、3回のテレ笑いで、
完璧に私の心を鷲掴みしてくれました。

錦戸さん、ごちそうさまです。



いつものごとく、
悲しい恋に移る前に亮ちゃんは、
南側の花道を、ダッシュして行きます。
悲しい恋のダンス、一番目は亮ちゃんだからね。
このときも、駆け抜けていきました。
ああ、かわいい。





【悲しい恋】

亮ちゃんが、急いで脱いだ黄色の衣装と一緒に、
黒のジャケットがはだけてしまった
ことにもときめきましたが、
このとき、またすごい映像に釘付けに。
悲しい恋の最初のダンス。
スクリーンに映し出された渋谷さん。




黒いジャケットと胸のはだけたシャツで、


腰をぐるりと一回転。





ぎゃっ!!(衝撃)




ミセテクレでも思いましたが、
渋谷さんの腰は、生々しいっ!!
おまけに、このときの渋谷さんの表情が、
ありえないぐらい、恍惚の表情で、
オイラは普通にぶっ飛ぶぐらい驚きました。

おかげでこのときは、番長の胸フリも、亮ちゃんの手フリも、
クララの長い足も見ることができず、一心に渋谷さんだけに集中。

素晴らしかったです(ヨダレ)






大阪レイニーブルース

またしても、すばちゃんの後ろの二人組に注目。
今回も、二人でけん制し合いながら、
いや、きっとお互いを誘いながら、


不思議な空気をかもし出す、二大エロ巨頭。


ちょっとずつ、二人の距離が近づいている気がしたのは、
気のせいなのか…と思いましたが、
4日に、それは正解だったことが分かります。
(続きは4日のレポで)


そして、キミくんレイニーブルースダンスが、

目の前の花道でっ(涙)



正確に言いますと、亮ちゃんとクララが通り過ぎ、
ああー、かっけー!と思っていたら、
目の前に立ったのは丸ちゃんでした。
丸ちゃんの白シャツの胸元の開き具合にグッと来たのも本当ですが、
ちょっと斜め横の、番長にロックオン。
必死に踊るそのしぐさがたまりません。

途中で、花道に並ぶ4人が、
ちょっと中央による部分があるんですが、
そこで、まさしく目の前に番長が…
あああーっ、神様、ありがとう(涙)

私はここで、番長が振り付けを間違える原因とまでは行かないけれど、
それも一理あるのでは?と思っていたことが、
かなり信憑性が高いのでは?と確信に変わりました。

「あの頃の、二人に♪」の部分で最後にターンをしますよね。
このときに番長、一人だけいつも、
ものすっごく大きくターンをしちゃうんです…


レイニーブルースに限らず、どの曲でも、

どこでもいつでも振り付けが大きすぎる。

めいいっぱい踊ってしまうので、振り付けが遅れちゃうんですね。(笑)
このときも、やっぱり一人だけ振り付けが大きすぎて、
一瞬戻る時間が必要だから、間違えちゃうんだよね。
と確信したら、もう、愛しくて愛しくて。

前からそう思っていたけど、やっぱりそうだったのね。
覚えていなかったり、間違えて覚えていたりすることもあるけど、
一生懸命すぎて、振り付けが大きくなりすぎるところなんて、
もう、かわいくて仕方がないでしょう?


ああ、最高。






【Eden】

ここで、音楽が流れない、というハプニングが。
すると、

「どうもー!」という声とともに、
メインステージから誰かがやって来た!




ああっ!!長瀬くんだっ!




びっくり!!





∞も「えええーっ!」とびっくり。
打ち合わせがあったのかなかったのか、
本当にサプライズだったのかは分かりませんが、
村上兄貴が途中で、

「若干、タイミング悪かったですけど。

 バラード歌う前やったんですよ」


と言ったのがかわいかったです。
「ありがとうございます!」という∞の前で、
長瀬くんはいきなり、カバンから飴ちゃんを取り出し、
アリーナに撒き始める。おばちゃんみたい(笑)


そして、クララにプレゼントと言いながら、

スネアドラムをクララに渡した!

すげえっ!太っ腹だ。




クララは「ありがとうございます!」とドラムを見つめ、

「ずっとくれるって言ってたんですけど、
 1年前ぐらいで、スタッフさんもみんな、
 忘れてるよ、って言ってたんです」


と、ものすごく嬉しそうに笑ってました。
番長と村上兄貴が話しをしている時も、
嬉しそうにドラムを抱えていたのがかわいかった。


そして、長瀬くん、
「みんなに何にもないとかわいそうだから、お菓子作ってきた」
えっ?手作り?と思ったら、


トッポとコアラのマーチが登場。

上手すぎる(笑)



そして番長が

「ずっと前に預かったサングラス、どうしたらいいですか?」

「あ、また今度返してもらうから」



なんだか、非常におもしろかったです。
そんなサプライズ登場をした長瀬くん。
「車の工具買いに行く途中でさ」
と笑顔で手を振って去っていきました。
ええ、男前でした。

∞はみんな「ありがとうございます!」と嬉しそうに言ってました。

ここですっごく印象的だったのは、


亮ちゃんがみんなの後ろで、ものすごく姿勢よく、

何度も何度も、長瀬くんに頭を下げていたこと。



亮ちゃんは、本当にしっかりしたご家庭で育ったんだなと思います。
本当にこういうところが礼儀正しい。
ドラムをもらったのはクララだったのに、
後ろで亮ちゃんも、しっかり頭を下げてた。
なんだか、すごくときめきました。
亮ちゃんって、本当にステキな人だね。


そしてedenが始まる時に、
クララが大事そうに持っていたスネアドラムを、
スタッフさんにそっと渡しているのもステキでした。



eden

クララはいつも座って歌っているんですが、

いつも足がドラムを叩いているみたいに動いているんですよね。

このときは、いつもよりずっとそんな感じに見えた。
嬉しかったのかな?






【無限大】

アリーナの花道に1列に並んだ∞。

私の席の一直線上に、亮ちゃんが立っていました。

すっごく遠いんだけど、亮ちゃんが私のためだけに歌ってくれている気がして、
すごく幸せな気分になりました。この曲、本当に好きです。






【亮ちゃんソロ】


この回は激しかった。

下から飛び上がってきた亮ちゃん。



おなかが一瞬見えたっ!!!



キャー!!!!!




そこからは、大興奮であんまり内容覚えていませんが、
代々木ではいちばん近くで見られたこの席。
本当に、亮ちゃんがすっごくかっこよかったです。

このとき初めて気がついたんですが、
亮ちゃんの靴。


白のスニーカーでラインは緑でした。


私物だったのかな(ウキウキ)







【クララドラムソロ】【ONE】

クララのドラムに、さっそく長瀬くんからもらった、
スネアが付いていて、ときめいたときめいた。

好きよーこういう子、大好きよー!!!
そこばっかり見ていたせいで、他を覚えていません。





【Do you agree?】【口笛のむこう】

亮ちゃんも番長も来てくれなかった(涙)

逆に、安田さんと丸ちゃんは、
ものすごくたくさん来てくれました。
しかし、私は遠くの亮ちゃんと番長を見てた。
ふとどき者で申し訳ない。






【大阪ロマネスク】

このとき私のいちばん近くのセリには、村上兄貴がいました。
すばちゃんの挨拶部分で、


亮ちゃんもお辞儀をしていましたが、


村上兄貴も深いお辞儀をしていました。




しかも、とてもキレイなお辞儀で長かった。
なんだか、それだけで涙が出ました。



最後にはけていく時に、番長が

「聖、ありがとう!」と言っていたのがかわいかったです。






アンコール【DREAMIN' BLOOD】


亮ちゃんが来たーっ!!!!


亮ちゃん、亮ちゃん!と叫びながら、
ブンブン手を振っていたんですが、
亮ちゃんは少し手前の親子席の前で、
何をするかと思ったら、


サインに濃厚キッス。


マージーかーっ!!!!



くれー!それを私にくれー!!
頼むから、私に投げてくれ!!
すぐにキスすれば、亮ちゃんの味がするよね!
ねえ、するよねっ!!!


しかし、そんな願いもむなしく、
亮ちゃんは私の方にはサインを投げてくれませんでした…
ちきしょう(涙)





【∞SAKAおばちゃんROCK】


番長は、反対側の花道にいました(涙)
こっちは一瞬来てくれたんですが、
来賓席の前でちょっと踊ると、
こっち側の花道にメンバーが大勢いたのに気づき、
逆と中央の花道に行ってしまいました…



しかし、クララが来たっ!!!

おばちゃんROCKの振り付けを、
お尻フリフリしながら踊り、目の前の花道にやって来たクララ。
すっごい、ものすっごいかわいかったです。


Tシャツと赤いキャップがラブリーなのに、

ピチピチの紫パンツは、エロス放出。



一体、何処を目指しているのか、大倉忠義
恒例の濃厚キッスをサインにした後、
勢いをつけてサインを投げた!
2階のスタンドに届いた。すげえ!


すると、その瞬間。


「うっそ!」というように驚いたクララ。


キャーっ!っとすっごく嬉しそうな笑顔。





撃沈




さらにその場所がお気に入りなのか(私が目の前にいたからですか?)
ずっとそこでお尻をフリフリしながら、スタンド側・アリーナ側を見て踊り、
最後の最後の、曲の終わり時に、
スタンド側を向いて、グルグル手を回し、

「一緒にジャンプするよ、するよ!」のアピール。


これがね、参った。

エロなんですよ、基本は。

体とか目線とかはエロス一直線なんですよ。
しかし、この「ジャンプするよ」ジェスチャーは、
めっちゃくちゃかわいかった。
なんだろうか、この21歳。
どこで、こんな技を覚えてきたんだろうか…

そして、最後のジャンプ。
もちろん私もクララと一緒にしましたけども、

クルリと空中で回転して、お尻をプリッと出して、

着地したクララの、嬉しそうなこと。



そして、慌ててヨタヨタ走りでメインステージに戻っていくと、
みんなの紹介部分で、手を叩いているのもまたカワイイ。


やっぱり、クララが最強かもしれない…


と思った3部でした。






【ダブルアンコール】

3日のラスト公演。
∞コールに答えて、メンバーが出てきてくれました。


「どんなんがいいのー」


ああ、番長のこのセリフが出た(涙)



「優しく抱いてやることもできるでー」



優しいのと激しいの両方お願いしますっ!



そして、亮ちゃんがこちら側のスタンドに手を振ろうと、
近づいて来た瞬間に、何処からともなく、

「よっしゃ!」
「よっしゃ!」


が始まってしまった。


すると亮ちゃん、スタンドに向かっていたにも関わらず、


はっ!としたように振り向くと、


慌てて、よっしゃに参加。




かわいすぎる(涙)


「よおーっ!」
の後は、また不思議な空気(笑)

その後はまたすばちゃんの「付き合ってください!」が始まり、
亮ちゃんもそれに合わせて「付き合ってください!」と絶叫。
すると番長が、


「オレが付き合おうか?」


付き合ってー!!!!!と絶叫。
するとすぐに、


「お前らじゃないわー、すばるに言うたんやー」



番長、そんな殺生な(涙)
しかし、それでもときめきMAXですから我慢します(謎)


そして、最後の最後に、

「俺達が、最高で最強の、関ジャニ∞!」


と言って手をつないでお辞儀。
このとき、亮ちゃん丸ちゃんが帽子を取って挨拶してました。

さらに、ノリノリだった亮ちゃん。
スタンドに近づいてくると、頭に巻いていたタオルを取った。
ヤバい…と思ったら、



タオルを投ーげーたーっ!!

ちきしょう。誰だ取ったのは(殺意)



そして、「ちゅきやねん」と言った番長は、


「さようなら、関ジャニ∞もさようなら」


と言ってくれました。
素晴らしい3日3部でした。







【最後に】


亮ちゃんの礼儀正しさが、すごく心に残っています。


あと、edenのサプライズの時。
かなり長い間、音楽が流れず、キョロキョロする∞。
このとき彼らの関係性がすごく見えた気がしました。

すばちゃんと亮ちゃんは、固まってました。
クララとか安田さんとか丸ちゃんは見てなかったけど、
多分、彼らも固まっていた気がします。
村上兄貴は、キョロキョロした後、番長を見た。
そして番長は、キョロキョロした後に、
耳のマイクを押さえて、一人バックステージ側を見てたんです。
バックステージ側には、音声のスタッフさんがいて、
すぐに、確認してるのかな、と思いました。
その後、他のメンバーも後ろを見たり、番長を見たり、
メインステージを見たり、キョロキョロしてました。

edenの曲の時、立ち位置が真ん中の番長。
きっとコンサート中に、ハプニングはいつも起こるものだと思います。
打ち合わせがあったのか、なかったのか、
ほんとにサプライズだったのかどうかは分からなかったけど、
このとき見る限りでは、番長がやっぱり頼られているんだなと思いました。
村上兄貴が、番長を見たのがすごく印象的だった。
やっぱり∞の中では、この二人なんですね。



それからMCでMステの予行練習のとき。
「もう1回」と言われた時も、みんなが番長を見たんです。
そして番長が「行くぞ!」と合図すると、
一瞬で全員が動き出したんですね。

すごいなーと思った。やっぱり番長は∞の長なんだな。
村上兄貴は、それを支える人のような気がします。


関ジャニ∞が大好きだと、また思った公演でした。



そしておまけのおまけ。どこかの公演のMCで、
丸ちゃんのタンクトップがズボンにインだ!と言われていましたが、
実は、番長のタンクトップも、ほとんどズボンにイン!しています。
でも誰も、それについて触れないところに愛を感じる…(笑)




次は最終日4日のレポです。
コメントレスはさせていただいていませんが、よろしければどうぞ♪

スポンサーリンク