本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

関ジャニ∞コンサート Funky Tokyo Osaka Nagoya 代々木 2006年6月2日 後半




代々木初回レポはMCからです。
追記からどうぞ。

====
【MC】


■モテモテ■



MCに入ったとたん、丸ちゃんが笑われる。


「マル!黒のタンクトップ、ズボンの中入ってんで!」


うあっ!本当だ(笑)


「日曜日のおとんや」とすばちゃんに笑われる始末。
慌てて、タンクトップを出す丸ちゃんがかわいかったです。



※ただし、
 この日は番長のタンクトップは出ていましたが、
 基本、横山番長も、上のタンクトップやTシャツは、
 ズボンの中に入っているタイプです(笑)

 しかし、番長のことは、みんな触れないのだ(笑)



そして、日曜日のおとんと化す丸ちゃんを見ながら、

横山番長、持っているタオルで、頭をガシガシ。

髪の毛ふきすぎで、お風呂上りみたいになってます。
短くなった髪の毛が、くちゃくちゃになって、
ものすっごいかわいかったです。



会場中は、キャーキャー言っていたので、
それを聞いた番長、


「むちゃくちゃキャーキャー言われてるわ」


「今、モテモテですよ」



と嬉しそう。
髪の毛は、くちゃくちゃだったけどね(笑)







■関西と東京のジュニアくんたち■

番長は、裏側で移動していた時、
東京のジュニアの男の子に、

「おもしろいです」

と言われたそうな。


「オレheat is onまで、めちゃくちゃかっこつけてたのに、

何もおもろいことしてないのに『おもしろいです』言われてん」




顔か?(笑)



そして、名古屋までは、
関西のジュニアくんたちがお手伝いしてくれていたそうですが、
東京では、東京のジュニア君たちがお手伝いしてくれることになり、
彼らには『迷い』があると言う∞。


そこですばちゃんが太陽の子供の話をし出す。
名古屋までは、太陽の子供が入っている箱を、
すばちゃんが上から、「とんとん」と叩くと、
チビッコ自ら箱を開けて出てくる予定だったのが、
今回は、叩いても誰も出てこない…

不思議に思って開けてみると、
小野寺君という子が、上を向いて座っていたそうな。
そこですばちゃんは思わず、


「なんやコレ!」


と言ってしまったそうです(笑)
ジュニアの子は、わかってなかったんやな?と兄貴。


「オレ、はけまで誘導してん」


「スタッフさんや!」
と村上兄貴。


しかも、すばちゃんは太陽の子供のときに、
いつもジュニアのみなさんにいたずらをするらしく、
水を「飲むか?」と聞いたりするそう。
そのとき、関西のジュニア君たちは
「いいです!」と断るらしいのだが…


「水渡したら、普通に飲んだ」


東京すげえ!


「関西は必死だから、みんな飲まへんのに、

 がっと飲んで、普通に渡された」



「東京は場数が違うねんな。慣れてんねん」



なるほど、さすがは東京。









■安田さんの出し方■

全員が、いっせいに話をするために、
かぶりすぎの∞。

「オレラのMCかぶるよなー」と兄貴が言うと、

「東京来て、調子乗りすぎや。テングになってるわ」と番長。





すると安田さん、


「ちょっと冷静にならなあかんな」


それに亮ちゃんが喰いついた(笑)






「お前、なんでそんな、


ベテラン風、ふかしてんねん」





何ゆえに、そんなに食いつくのか、亮ちゃん(笑)
すると、それに対して安田さん。
親に「MCの時に、声を張り上げすぎだ」と注意され、
ONとOFFを使い分けて、声を出せ、と言われたそうです。



「OFFの声を出せ、と親に言われたんです」




すると番長。


「ヤス、1ヶ月仕事OFFにしてください」



上手すぎて爆笑。





それに、必死に対抗する安田さん。
しかしやっぱり言っていることがよく分からないため、

次第に村上兄貴がイライラし出す。


「村上くん、やめとこ」と亮ちゃんにたしなめられ、
番長は
「ヤス、本当はいい子なの」と会場にフォロー。

しかし、亮ちゃんがまたも食いつく。




「自分の出し方、間違ってるわ」



亮ちゃん、キツイ(笑)
すると、負けじと安田さん。





「コレがオレや!」 と名言。



「コレがオレや!」




コレには、村上兄貴大爆笑。
ツボに入ってしまったらしく、ヒーヒー言っておりました。

すると亮ちゃんがさらにキツイ一言。




「コイツ、浮かれてんな」


うっほー!893炸裂。




しかし、負けてはいないチパくん。




「ボクは、ただ、この空間を楽しみ過ぎただけです」



お客さんはパチパチと拍手をするものの、
これを∞が喜ぶ訳もなく、


「なんや、それ」と番長。

慌てたチパくん。




「ボクはちょっと表現の仕方が下手なんです」


「めっちゃヘタクソや」





と亮ちゃんにはき捨てるように言われ、
しゅんとする安田さんが、超かわいかったです。









■全国ツアー■


「9月に全国ツアー決まりました!」


キャー!!!!!




もう、おかしいぐらい叫びました。
その後が、ものすっごくおもしろかった。


「よっしゃ!」
「よっしゃ!」
「よっしゃ!」
「よっしゃ!」


といいながら、こぶしを振り上げ、
中央に集まってくると、


「よおーーーっ!」


なに、コレ(笑)

村上兄貴が、「北海道で」
「よっしゃ!」
「福岡も」
「よっしゃ!」
「広島も」
「よっしゃ!」
「後、他にも増えるみたいです」
「よっしゃ!」


てな感じ。
おもしろかったわー。
この日を境に、ずっとMCでよっしゃやってたし(笑)


そして、番長が、


「仕事もいっぱいもらえる、よっしゃ!」


一人よっしゃ(笑)



えらいさんもたくさん来ているので、
そう言ったのらしいのですが、
渋谷さんが、ここで一言。


「なんぼ、あきんどやねん」



ナイスツッコミ(やればできる渋谷すばるくん)









【オニギシ】


亮ちゃんのブルースハープソロ、再び!

名古屋では、あまりの出来事に興奮しすぎ、
ほとんど見ていなかったので
(大反省)
ここは、しっかり見なくては!とガン見。



ブルースハープを持つその指が、キレー!



キャー!!!!!!




大興奮してしまったため、持っていたメモをガッツリ落とし、
やすし師匠の「めがね、めがね」ネタばりに、
スクリーンを見ながら、メモを必死で探す始末。
しかし、すばらしかった。

そして、もうひとつ気になったこと。
名古屋では、一人だけいちばん最初に、
コインケースを首から外していた番長が、

一人だけ、コインケース提げてた。

ああ、ラブい。




そしておにぎりが終わると、
またしてもプチMC。

「ちょっとでもお母さんの胸に響いて欲しいな」
と、泣かせるセリフを言った後、
番長がいきなり営業トーク



「このサイフ」と首から提げたサイフを持った。

うん?もしかして、このためにしてたのか?


「ぶっちゃけ、コレ売れてないみたいです」


すると∞がいっせいに営業トーク


「これめっちゃ使いやすいで!」
「切符とか入れたらええのに」
「子供さんのお財布とか」
「サイフ、ええよー」


「お前ら、営業しすぎ」



番長、あなたが言いだしっぺです。
すると、チビッコ風【しぶたにすばるクン】


「あんなーあんなー、

 こん中になー、大事なもの入れておくとなー、
 
 願い事叶うねんて!」




名古屋でも聞いたそのセリフ。



「ギターピック入れてたらなー、


元気になってん!」





かわいすぎっ(眩暈)





あまりのかわいさに、
隣でMちゃんも悶絶状態。
二人でひーひー言っておりました。


そこで安田さんも挑戦するも、
何も叶ったりしなかった(というかネタがなかった)らしく、
村上兄貴に怒られてました。



すると、もう一人、
願いが叶った人が手を上げた!



「ボクもですね!10円玉入れてたら」


丸ちゃんの大事なものって、10円なの?(笑)



「ドラマが決まりました」


キャー!!!!!!



しかし、あまり拾ってもらえず、
ちょっとだけ、かわいそうでした。
「今のは、いいフォローだった」
番長が丸ちゃんに寄り添ったのが、ステキでした。







FTO

ここでびっくり!
名古屋ではバックステージから安田さんが登場していたのですが、


安田さん、村上兄貴、番長が、


来賓席の真ん中から出てきた!



ギャー!!!!!




しかし、番長は歩きながらソロ部分を歌っていたため、
村上兄貴につながる前のダンスがなくなり、
指差しがなくなってちょっと寂しかった…


しかし!


亮ちゃん、クララ、丸ちゃん、すばちゃんが、


アリーナトロッコに出現。



ギャー!!!!!




いちばん近くのアリーナに、亮ちゃんが!
ああっ!ものすごくうらやましい!
あわよくば、亮ちゃんに触れられるじゃないですか!
なーにーあーれー!と叫んでいたせいか、
次の曲を全く覚えていません。






【悲しい恋】

ロッコクラッシュで記憶なし。




大阪レイニーブルース

名古屋とは花道を移動するまでは一緒だったのですが、
名古屋では、最後のサビ部分で、
全員がアリーナ花道に横一列に並んで踊るという構成が変更。
スタンド前の花道で最初は広がっていたところを、
最後のサビ部分では、4人近づいてそのまま花道で踊る、
という構成に変わっていました。

ここで、番長が大失敗。

振り付けは、途中までは完璧でした。
しかし、名古屋では全員が歩き出していたところで、
代々木ではそのままの位置で立ったまま。


番長、しっかり間違えて動き出し、


隣の丸ちゃんのすぐ隣まで来てしまう…






丸ちゃんは…
そのまま冷静に番長に何か言っていた模様。

「裕さん、まだですよ」

の声が、聞こえるような気がしました(笑)



これで、きっとちょいと驚いたに違いない番長。
ごまかすように、立ち位置に戻ったものの、



見事振り付けを間違える。



もう、愛しすぎるっ!!!!




おかげで、亮ちゃんもクララもすばちゃんも、
番長以外、誰一人覚えておりません。







【Eden】

この曲は、亮ちゃんがものすごくステキでした。

あまりのかっこよさに、目が離せなかった。

スクリーンを見てみると、
全員、ありえないほど男前だった。
兄貴も超、男前!

すると突然隣で声が!
「丸ちゃんが、すっごくかっこいい!」
Mちゃんの声でした。
確かに、丸ちゃん、すっごくかっこよかったです。






【無限大】

また、ここでも名古屋で気がつかなかったことが。
名古屋では、亮ちゃんがソロに向かうため、
そこばっかりを必死で追いかけていたのですが、
このときは、全員を見ていました。


すると、いつもは亮ちゃんが歌うパートをすばちゃんが、

そしてすばちゃんが歌うパートを、


番長が歌っていた!


キャー!!!!!



名古屋で見逃していた、自分が悔しかったです。







【亮ちゃんソロ】

無限大の終わりから、ずっと亮ちゃん!と叫び続けていた私。
双眼鏡を両手で持ち、スクリーン下のを凝視。
しかし、音楽が始まってびっくり!



亮ちゃんが、下から飛び出てきたっ!


うあーっ!!!!




代々木になると、こうなるんですか?
正直、めっちゃくちゃビックリしました。
下から飛び出るなんて、カツンだけかと思っていた…
しかも、両足でしっかりと立つ亮ちゃんが、
かっこいいの!なんのって!

しかも、代々木のせいか、

腰回しが、いつもより大きかったんですけども…

素晴らしかったです。






【クララドラムソロ】

近くから、クララのドラムソロが来たっ!!!

しかも、私好みの、クララの右側!!
もう、コレでもかっ!というぐらいガン見していたんですが、
そのときに私は見てしまった。



クララが激しく頭を振った瞬簡に、


飛び散った汗を…




ひいいぃー!!!!



おかげで、その次のONEも、
クララしか見ておりませんでした…






【ONE】

基本的に、この曲はすばちゃんを見ていたので、
気がつかなかったのですが、クララ、激しいのね。
名古屋オーラスでは、よく見ていたつもりでも、
バックステージ側で、後ろ姿しか見ていなかったので、
よく分かっていなかったんです。



クララ、ドラム叩いて恍惚の表情。



最中はこんな表情するんだろうか…
そればっかり、考えていた私をお許しください。








【Do you agree?】

アグリだーっ!!!!!

バックステージに近いので、
亮ちゃんと番長が肉眼で見える!!!
もう、それだけで血糖値も上がりそうなほど興奮。
しかも、この曲の時には、
番長も亮ちゃんも、こちら側の花道に来る可能性が、
非常に高い
ことを、経験上知っていた私。
テンションもガンガンでした。


そして、そのときは来た。


亮ちゃん番長が、一気にこちら側へ。


キャー!!!!!!!



最初に走ってきたのは番長。
「横山番長」ウチワをブンブン振りながら、
「番長!番長!」と番長だけを呼び続ける。
この衣装の番長が、大好きなんです!
泣きそうになりながら、名前を叫んでいたのに…




番長、すごい勢いで走り抜けちゃった…


どーして(涙)




やだーやだよー!と泣きそうになる私の前に、
もう一人の、男前の影が見えた。


亮ちゃんだ!

しかし、亮ちゃんが目の前にいたのに、
番長が走り抜けて行ったショックで、
手を振ることができなかったのですが…


番長で悲しんでいた私に活力を与えてくれたのは亮ちゃん。


サビ部分で、私の席の3つ隣のスタンドにいちばん近い、
階段の上で歌う亮ちゃんが、ものすっごい男前で、
一気に元気になった私。
ああ、やっぱり亮ちゃんってステキだわ!
と思いながら、うっとりと見つめていると、

花道に移動して、目の前を通った亮ちゃん。






しっかりと、私の目を見た。




眩暈




バチコーン!とこのときも、
恐ろしいほどガチンコで目が合いました。(3回目)
やっぱり水着の威力は、ハンパねえ!


Mちゃんに確認しようと思ったものの、
すばちゃん追いかけ中でこっちを見ておらず…(笑)

でも、やっぱりスタンド1列はミラクル席です。







【口笛のむこう】

ここで、Mちゃんが追いかけていたすばちゃんが来た!

ぴょこぴょこ跳ねるすばちゃんが、
本気でものすっごいかわいいの!
Mちゃん、身を乗り出して「男前」ウチワをアピール。
こっちは見てくれなかったものの、
あまりのかわいさに、すばちゃん、すばちゃん、
しか言っておりませんでした。
ああーかわいかった。







【大阪ロマネスク】

すぐ近くのリフトに、丸ちゃんがいました。

すっごく男前だった。

しかも、こっちを見て手を振ってくれたの。
ものすごく嬉しかったです。
そして、すごくときめいたこと。


丸ちゃんの手が、手の筋が、


ものすっごくかっこよかった!!!




男っぽくて、ドキドキしてしまいました…
Mちゃんと二人「すっごいカッコイイね」
と言いながら、丸ちゃんに見惚れておりました。








アンコール
【DREAMIN' BLOOD】


まさかこの曲がっ!!!


ものすっごく嬉しかったです。
サインボール投げで、cool magic cityが流れただけに、
アンコールはなんだろう、と思っていたので、
一気にまたテンション上昇。

サインを持った亮ちゃんが、こっちにやって来た。

亮ちゃーん!!!!



Tシャツを着た亮ちゃんは、下は紫のパツパツパンツ。
ああ、これって名古屋のオーラスでも、
ものすごいときめいた衣装だわ、と思いつつ、
亮ちゃん、亮ちゃん!と叫びながら、
水着でブンブン手を振っていた私。
目の前を通り過ぎた亮ちゃんは…


細すぎる腰のせいか、パンツが非常に下がり気味で、

中の黒いインナーがもろ見え状態に。




ちきしょう!
それを着ていなければ、おパンツが見えたのに…
とちょいとがっかりしながら、
通り過ぎた亮ちゃんを追いかけていると、
ここでまた、ラクが!



一度、通り過ぎた亮ちゃん。

階段のところで、ひとしきり歌うと、
あれ?バックステージ側じゃなくて、
こっちに戻ってきた…と思ったら、




私を見てニヤリ…




な、な、なんと!


またしても亮ちゃんと目が合った!(4回目)


ウソでしょー!!!!




またもMちゃんに確認しようとするも、
Mちゃんは花道をこちらに向かってくるすばちゃんに夢中で、
見ておらず、亮ちゃんもそのすばちゃんの姿を見つけて、
バックステージ側に、方向転換して行ってしまいました…


どうやら、この水着、
亮ちゃんのお気に召した様子でした。

勘違いだと言われてもいいもん。

絶対亮ちゃん、私の水着、見てたもん!


番長は、来てくれなかったけど…(涙)






【∞SAKAおばちゃんROCK】


すばちゃんが、またまた来てくれたっ!!!

コレが、めっちゃくちゃかわいかった。
あのサビの振り付けを、すぐ近くで。
あまりにカワイくて、もう瀕死状態でした。
Mちゃんは…固まってた(笑)


バックステージ側から、クララがやって来た。

クララ、おばちゃんロックの振り付けで、

自分の胸をもみ、腰を振り、

最後にはサインに濃厚キッスをして、



投げておりました…またしても確信犯。

さらに、3つ隣のスタンドにいちばん近い階段上で、
サビ部分の振り付けを、お尻フリフリしながらダンス。


血、吐くかと思った…


だって、紫のパンツがパツパツで、
こちらも、中の黒いインナーが見えるわけです。
しかも、その


黒いインナーに隠されたクララの腰が…


妙にエロイ…




またしても、いちばん近くにいるクララの、
顔を見られず、体ばっかり見ていた私。
気づいたら、通り過ぎておりました…



もう、なんで体ばっかり見ちゃうの!私!


大反省。






しかし、最後の最後まで、


番長は私の前には来てくれませんでした。


こちら側は、たくさんの∞たちが来てくれたおかげで、
人のいないところを選んで走っていく番長には、
来てもらえなかった模様…どーして(涙)



最後の最後に


「俺達が、最高で最強の、


で幕を閉じました。




ダブルアンコール

この日は代々木の初回。
∞コールに答えて、ダブルアンコールに出てきてくれました。

ありがとー!といいながら、

亮ちゃんがかぶっていた帽子を投げる…マネ。

村上兄貴も帽子を投げる…マネ。

番長は右と左のスタンドに何かを投げる…マネ。


クララは、ずっと手を振り続け、

すばちゃんはずっとヘン顔しながら、手を振る。





最後の最後で番長が

「みんなのことが、ちゅきやねん」


と言って帰っていきました。






【最後に】

名古屋と基本的には一緒なものの、
結構、構成が変わっていてビックリした代々木初回。

スタンド1列のミラクルは、
触れることができなかったものの、すごかったです。
亮ちゃんとはなんと4回も視線を交わし、
クララの流し目も食らって、
大興奮…だったのですが・・・
(すばちゃんにも見てもらったし、
兄貴も安田さんも丸ちゃんとも目が合った)


いちばん気合を入れて、ウチワを振り続けた、


番長とだけは目が合わなかったんですけど…



どーしてなのっ!!!(号泣)




終わった瞬間も、そればっかり言ってました。
どーして番長は、私を見てくれなかったの?
終わった後で、名古屋でミラクルファンサービスを受けた、
Pさんに、メールで「ダメだった」と報告した時、
「レコメンでおっぱい見過ぎって言われたからちゃう?」
という、お返事を頂き、
「そうかー。キミくん照れていたのかー」と納得した私。
しかし、翌日お会いした方に、
「水着でキミくんがこっちを見てくれた!」
というお話を聞いて、大ショック。


どーして!どーしてキミくん!


私以外の人の、水着は見てくれたのに、
どーして私の水着姿は見てくれなかったの?

いちばん前にいたにも関わらずっ!!!




本気で、マジで落ち込みました。
凹み過ぎて、名古屋に帰ってきてからも、
しばらく引きずったぐらい、凹みました。
私の水着が、露出が高すぎるからだ、
代々木ではそんな話になったのですが、
どーなんでしょうか?理由はなんなんでしょう?



私の周りに、ビキニの人はいませんでした。
だからこそ、亮ちゃんは、
アレだけこっちを見てくれたんだと思っています。
クララも、こっちを見たんだと思います。
他のメンバーも、見てくれたんだと思っています。



でも、どうして番長は、
オッパイが大好きな番長は、私を見てくれなかったのか…



胸がないからですか?
でも、あれだけ離れてたら、分からないよね…
目がいいから、見えちゃうのか?


それとも、何ですか?
私のスタイルが、番長好みじゃないの?
ちきしょー、せめて5年前だったらまだイケてたのに…


やっぱり年だから?
一応、気持ちはまだまだ若いつもりだし、
若作りはしてるつもりなんだけど、バレたの?


それとも、
私が、番長の好みの美人じゃないから?
だって、顔は変えられないじゃないよー(涙)




今でも、思い出すと凹みます。
私の何がいけなかったんだろう…
こんなことで凹むのはおかしいと分かっていながらも、
凹まずにはいられない(涙)



私を知っている全ての人に聞きたいです。
私、そんなに番長の目にも入らないほど、イケてないですか?


そりゃ美人じゃないさー!
肉だって、ありとあらゆるところが下がってきてるさー!

だけど、一応、人並みだとは思うんだけど、
それではダメなの?ねえ、番長!!!
だって私、芸能人でもなんでもないんだもん。
一般の、一市民だもん!


今度は、鬼のようにパット入れて行きます。
サマスぺまでに、絶頂期の8年ほど前のスタイルに戻して、
こうなったら、全身水着で挑んでやろうじゃないか!
ただ、整形は無理だからなー。どうしたものか…
どなたか、番長の視線をもらう術を、教えて倉さい…(真剣)




喜びと悲しみの交錯する代々木初回でした。
コメントレスはさせていただいていませんが、よろしければどうぞ♪

スポンサーリンク