本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

関ジャニ∞コンサート Funky Tokyo Osaka Nagoya 名古屋 2006年5月21日 1部



アップしてると思ってたら、してなくて驚いた。
名古屋のエイトレポを先にどうぞ。

21日1部です。
内容的には、ほとんど同じになりますので、
萌えたポイントと、MC部分に絞って、
お送りいたします。

長いのでこちらからレッツラゴー!

====





今回の席は、初回の隣のブロック5列目。
メインステージにつながる花道の目の前で、
花道も、メインステージもよく見える、
というなんともステキな席。

しかも、通路側。
今回は、最初から、ガッツリ脱いだ!
横から見ると…ヒモだけしか見えない水着。
もちろん、胸などないが、そんなこと気にしないのだ。

しかし、私はもっと水着の人が多いと思っていたのですが…
周りには全く水着の方がおらず、
恥ずかしがるな!脱げ!と思ったのですが、
相方のMちゃんも脱いでいなかったんでね…
照れてちゃダメよ。女は思い切りが大事なのよ!



などと、思いながら始まった21日1部。





これが、
【好きやねん。大阪】から、
【ミセテクレ】あたりまで、ほとんど記憶がない(断言)
何故かと言われても分からないけど、本当の本当に記憶がない…


覚えているのは亮ちゃんが


「好きやねーん!」と言ったことと、


円陣組んでいる∞を見ているときに、
水着にも関わらず、すでに汗だくだったことだけ…


亮ちゃんのあおりは、いつものごとくグダグダで、
途中で、何も言わなくなり、振り向いてしまった(笑)
兄貴に「なんやねん!」とツッコまれてました。


その後、恥ずかしそうに笑った顔がたまらないのだ!!!





次に覚えているのはこの曲。



heat is on


すばちゃん亮ちゃんのバク転が素晴らしー!!!!


さらに、すばちゃんと亮ちゃんは並んで踊るんですが、
二人で腰揺らすところで…思わず動揺。
ちょっと、それは、朝から強烈です。



そして、歌が始まると、クララ。
花道に向かって歩きながら歌うんですが、
必ず最後に、花道の右横のアリーナに向かって、
かがむようにピンポイント視線で歌うんですよ、クララは。

そのときの足がね、

やっぱり足がね、エロスなのよ!!!

この席では、そのクララが真正面ではないものの、
かなり正面よりで見られたのですが、
顔より足と股間が気になって仕方がありませんでした。


でも、その後の番長の歌声が聞こえると、
それで顔を上げちゃうんですけどね(笑)


センターで踊る∞が、後ろから見えたんですが、
亮ちゃん、番長、クララは、
いつも大抵近くにいるので、非常に見やすいの!
そして、そのとき気がついた。


番長、やっぱり振り付けの一部を間違えて覚えていそうだ…


この先が不安(オロオロ)


さらに、猫背過ぎ(涙)

でも、私はそんな番長が好きなのー!!!!







【Carnival】

こちらも、あまり覚えておりません。
クララも丸ちゃんも、ちょっと見えにくい席だったの。
だけど、これだけはしっかり見た。
クレーンの上で、クレーンの柵にもたれて、


恍惚の表情で天を仰ぐクララ。


THE エロス





完敗です。

※あの時、逝ってしまったのかと勘ぐりました(反省)








【群青涙】


いちばん近くで見ることのできた群青涙。

この曲は、スクリーンにすばちゃんの顔が映らないので、
このとき以外は全て、双眼鏡でガン見していたんですが、
このときだけは、肉眼でずっと見ていました。

すごいのね、もう、声がすごいの。

あの体のどこから、こんな声が出るんだろう、
って不思議に思うぐらい、すごかった。
肉眼でも、すばちゃんの首の筋が見える。
見ている間、体が震えていました。






【果テナキ空】

と、遠い(涙)

亮ちゃんがめちゃくちゃ遠かった(涙)
メインステージ側なので、バックステージで踊る亮ちゃんが、
それは遠かった、遠かった。
スクリーンに映し出される笑顔に撃沈するものの、
双眼鏡では遠いのだ…





【村上兄貴ソロ】

昨日、兄貴にときめいたソロ。
今日も、やっぱりカッコいいー!!!!

Mちゃんと二人で、キャーキャー言うておりました。
しかしですね、
後ろでどうやらバックの方がお好きな方たちがいたらしく、
安田さんの解説コメントが聴こえないほど、
キャーキャー言っていたので、
ちょいとカチンと来ました。






【∞レンジャー】


昨日と違うアドリブに爆笑。
バイクがないと怒るブラック。

「みんな変わったな。オレのバイクがないのにヘラヘラ笑いやがって」
ここでナスに注目が集まる(笑)
「顔はしゃーないやんけ!」と怒るナス。


そして去っていくブラックを、一人だけ止めるナス。

「ほら、ヒナしか来おへんやん」

「そんなことないで」
「リーダーやから」
「代表だから」


というレンジャー。



「セイ、セイ、セイ」



番長が「セイ、セイ、セイ」って言った!(爆笑)
結局、去っていくブラックに怒ったレッド。


「もお、ええわ!風来坊行くわ!」



ぎゃっはっは!風来坊!!!
(風来坊は名古屋の有名な手羽先屋さんです)
するとグリーンが


「俺も手羽先食べたいー!!!」

とレッドを追いかける。
オレンジも「俺も食べたいー」
ちょっと違わねえか?(笑)









レッドと対戦するブラック。レッドに放ったパンチが、

「ブラックストレートハリケーン!」

みたいな、ヘンテコな名前をつけていたのに笑った。
さらに、殴られるレッドをかばったグリーン。
この回だけ、こうつぶやいたのに悶絶。


「い、いたい…」




ギャー!!!!!


無駄にエロ過ぎるっ!!!!!






さらに、BAD団を倒した後のグリーン。
「お尻はやめて」と言っていたせいか、


お尻で、BAD団の一人を、


むぎゅむぎゅ踏んでいた。





うあっ!(興奮)

ちょっと踏まれたいと思ってしまった…
クララのお尻で…やめておこう(自主規制)




そして、
イエローは、必ずと言っていいほど、


メガネのついたベルトに、


両手の親指を引っ掛けて、話を聞いている。



ラブい…









【太陽の子供】

メインステージで、両手を広げてクルクル回るブラックに釘付け!
そして、気がつくと、
そこへグリーンがやってきて、二人でクルクル回る。
ちょっと、見ていて、
ヤキモチ妬いちゃったんですけども…
だってさー、だってさー、

二人でアイコンタクトして嬉しそうなんだもの!

いいなークララいいなー。
番長を独り占めできて、いいなー。
くっそー、私だって番長と一緒に回りたいのに…
というか、あの輪に入りたい…






【ヤジルシ】


すばちゃんがすっごく近くでヤジルシを!!!

なかなかヤジルシを持たないのね。
水飲んだり、服を直したり、
それはもう、かわいいったらありゃしない。





そして亮ちゃん、歌が始まっているのに、

ヤジルシを持っていないことに気づき慌てる。


さらにヤジルシを肩にかけて、腰に手を当てて、笑顔。


ギャー!!!!!!



そして何故か「ヤジルシ、タダヨシ」って言ってた。

なぜ、みんなクララがそんなに好きなんだ(涙)








【Knockin' Trackin'】


ええー、亮ちゃん、またまた出てくるのが遅いです(笑)
番長は…親子席の方に言ってしまい、
非常に遠かったです(涙)


最後の最後に、近くにやってきたクララ。


横からその髪型を見たら、
襟足のところがクルクルしていて、
後ろもクルクルしていて、髪色もすごくかわいくて、
本当にどこかの国の王子みたい。
服装も、普通に考えたらありえない服装だし(笑)
いやー、アレで微笑まれたら、イチコロですな。








【∞SAKAおばちゃんROCK】


またしても、亮ちゃんが説明役を。
しかし、初回よりもしっかり教えるというよりは、
自分が動いて見本を示す、という感じでした。
説明はほとんどが村上兄貴。

そして、最後の最後に手で∞マークを作るときに、
私は「うわあぁー!!!!」と大興奮。
なぜなら、亮ちゃんが∞マークを作りながら、


「はち、はち、はち、はち、そうがんきょー」

と、超ラブリーな笑顔でジェスチャー



私の名前、連呼した!!(大興奮)



おかげで、その後、
何がどうなっていたか、ほとんど覚えておりません。
番長が、振りつけ間違え気味だったのがかわいかった…けど。









【MC】


MCに入った瞬間に、まず亮ちゃんに胸キュン。


靴ヒモすばちゃんに結んでもらってる…



うあーっ!!!!!(大興奮)






そして、番長。
おばちゃんROCK衣装が暑かったのか、



衣装をまくり、白い足をモロ出し。


ひえーっ!!!!!(大興奮)





まず、その2点で完璧にテンションガーンと上がりました。
ああー苦しいよー。







■MCチーム戦■


「オレの口癖ってなんやろ、って話になって、
『ふたを開けたら』って言われた」


と番長。
村上兄貴の口癖はなんだ!という話になったとたん、
亮ちゃんが

「村上君は愛想笑いが口癖や!」といきなり戦闘態勢(笑)


すると、村上兄貴、

「めっちゃ自然やんけ」とカメラに向かって笑顔(うさんくさい)

しかし、それに反応の薄かった亮ちゃん。
村上兄貴は、「だったら振るな」と突っ込み、
番長は「みんなはけよ」と言い出す始末。


「錦戸、1人でMCやったらいいねん」


うおー大事件だ!
すると、慌てた亮ちゃん。


「あ、ちょっと誰か残してー。

オレ、おもんないもん」




うあ、自分で言っちゃった(笑)



「たっちょんと、しょうちゃんと、マル!」



その呼び方に、萌えに萌えた。しょうちゃんって!!!




「年下4人で、チーム戦でトークしよ」


亮ちゃんの、無理やりな話で始まったトークチーム戦。
年上チーム3人は本当にはけて行きました。
しかし、どーしたらいいのか分からない4人。


「なんか、寂しいなー」とクララ。

「最初から4人だと思えばいいねん」と亮ちゃん。

もうやけくそ(笑)



すると、安田さんが「昨日何してた?」
おっ、なんとか話がつながりそうだ、と思ったら、

「ヤス、なんかイヤや」

とクララ。おいおい、ひどいな(笑)
しかも、そんなことを言っておきながらも、
いちばん最初にそれに答えたのはクララだった。



「昨日、ホテルでお腹すいて、

 名古屋コーチンのオムライスと、ミートスパゲティと、

 コーンスープ食べた」




食べすぎ(爆笑)



「中華料理と迷ってん…
 でも【名古屋】ってついたの食べたかってん。
 名古屋コーチンのオムライスだけやった。

 って、こんな話、どーでもいいなー」




確かにどーてもいい(笑)



「亮、どうにかせえよー」と安田さんが言うと、


「ボクが、言いだしっぺやもんな」



ボクって言った。かわいーっ!!!



しかし、どーにもこーにもできなくなった亮ちゃん。
クルリと後ろを振り向くと、村上兄貴の姿が。
ここで亮ちゃんが、超カワイイ一言を。





「ちょう、ごめん、戻ってきて」




ひいいーっ!!!!!




さらに

「キミちゃーん」



クララ、なんて呼び方してんの!!!!

脱力したのは言うまでもありません…






そして出てきたのは村上兄貴。

「すばるはトイレ行ってもうた」


ぎゃはははっ!!!


そして、出てきた渋谷さん。
何故かティッシュを持って登場。

「オレ、手、洗わへん」


アイドルなのに(苦笑)



白い巨塔は出てけへんな」


私は、白い巨塔が出てくるのを心待ちにしていた。
すると、こっそり後ろから出てきた番長。
なんだったかは忘れたけど、何かのモノマネをし、
「そんなの小室さんって、誰も分かれへん」
と村上兄貴に突っ込みを入れられていました。
本気で分からなかった…
番長、モノマネはダメらしい(笑)



そして「まあ、おもしろかったよ」

と亮ちゃんたちのトークを、バカにしたように笑う。
すると、がんばった?亮ちゃんが食いつく。


「横山くん、年下を潰そうとしてるわー」


すねている亮ちゃんが、超ラブリーでした。







■お誕生日会の写真■

初日も見せてくれたお誕生日の写真。
このときも見せてくれたんですが、
プレゼントの話になったとき、


「おっぱいマクラにチクビついてんで!」


亮ちゃん、何故かめちゃくちゃ大きな声で嬉しそう。
すると、写真の丸ちゃんのタンクトップから、
チクビが見えているという話になり、おかしな方向へ。



「マル、チクビが黒いねん」


と渋谷さん。
写真のせいだと丸ちゃんが言うのに、
すばちゃんはノリノリで、


「マルのチクビは真っ黒い!!!」

すると、それに対抗した丸ちゃん。


「オレはチクビがまっピンク!」


と応戦。何してんだ、君達(笑)

さらに、丸ちゃんのTシャツ話になり、
「無地のTシャツだ!」と言われた丸ちゃんは、



「ヘインズです!!」


メーカーを強調。
挙句の果てには、江頭2:50みたいな、
おかしなポーズで


「ヘインズです!!!」


するとそれを見たすばちゃんが、


「丸山2:50」



上手すぎ(笑)




トーク中に、仕切りで滑った亮ちゃんが、

黒タンクをめくって、肩を見ていたのにときめきました。










■マジカルバンドをつけない理由■

グッズの話になり、マジカルバンドをみんなつけている、
という話になったのですが…
亮ちゃんがつけていない、と言われ、
その理由を聞かれた亮ちゃん、



「それつけて、おもしろくなかったら、仕方ないけど、

つけてて、おもしろくなかったら、イヤやん!

ほんまに、おもしろくない人やん!

おもしろくないって言われたら、切ないで」



ぷぷっ、かわい過ぎ。
すると番長が



「つけてないから、おもしろないねん」



会場がいっせいに「ほほー」と納得。
すると亮ちゃんが喰いついた。


「キミくんに、おもんないっ


て言われるのは、しゃーないわ。


でもお前らに言われたない!!」





亮ちゃん、最高!!!!!


すると番長、
おもしろくなってきたのか、



「お口チャックー。でも開いちゃったー」


と亮ちゃんをからかう。
すると亮ちゃん、


「一生懸命しゃべってるのに、何でそうなん?

 おもしろくないって言われる気持ち、分からんやろ!」




と番長に向かってスネちゃうの。
番長は嬉しそうだし、亮ちゃんはすねてるし、
もう、かわいいったらありゃしない。
うあー、あの輪に入りたいよー!!!!


ちなみに、この後、
安田さんがフォローをしようしたのか、おかしな話に。
おもしろいかおもしろくないかは自分次第だ、
みたいな、よく分からないことを言い出し、
メンバーに、「他人をおもしろくさせなきゃ」と言われると、

「自分なりの楽しみ方を見つければいいんです」


とよく分からないことを…
するとクララが


「やっさん(が面白くないの)は家庭環境やな」



うあー、言っちゃった(笑)









■ファンレター■


オニギシの準備をするジュニアの方を見た番長。

「お前、眉、細したやろ、細すんなやー」


と番長が突っ込むと、それにさらに突っ込む村上兄貴。


「お前が細なれや」



ギャー!!!それは言っちゃダメ!




すると番長。


「痩せろ、言われると傷つくねん」


ちょっとスネ気味。しかし



「ファンレターにな、


 『横山くんはぽっちゃりがいいです』


 って書いてあってん」






はいっ!私もそうです(告白)
痩せた番長もきっと死ぬほど好きだと思いますが、
今ぐらいの、ちょとぽっちゃりした番長が好きです。
だってさ、二の腕とか、胸とか、太ももとか、
ムチムチしてるのが好きなんだもん…
それを、筋肉に変えちゃおうよ!
キャー!!!想像しただけで、倒れそうだわ…
でも、ぷにぷにの番長も好きだ。
多分、倒れるぐらい好きだ。
お腹に、頭乗せたいよね、乗せたいよね。
ダメだ、好きだ…









【オニギシ】

番長がセリフを間違えないかどうか、見ていたんですが…
大丈夫でした。

しかし、この日のオニギシも、
ものすっごい記憶が飛んでおります。
亮ちゃんが、吹くところじゃなくても、
ブルースハープを大事そうに両手で抱えていたのが、
非常に印象的でした。





FTO

このときを待っていた。
番長のソロパートをいちばん近くで見られる席。



指差し見ちゃったー!!!!


しかも、兄貴のパートに入ってからも、
しばらくそのままの姿勢で止まって、
それから後ろにはけて行くの。
ステキでした。



そして、このとき初めて気がついたんですが、
亮ちゃんが、間奏のときに、結構踊っていてびっくり!
なんだか一人だけ踊っていたような気が…
かわいかったです。

最後に、クララが目の前を通り過ぎて行ったのだが…
やはり髪型は王子様のようだった。







【悲しい恋】



すばちゃんの腰フリを目の前で(瀕死)



渋谷さんの腰フリが、意外にも

強烈だったことに、ひっくり返ったはちです。



しかし、この曲、
ダンスがええのう(しみじみ)

亮ちゃんの両手のフリフリがたまりません。

これで、手を叩いたりしてくれていたら…
もう、ダメでしたね、きっと。

後は、最初の番長の胸フリ。ああー好きだー!

クララは…やっぱり長い足がエロイです。






大阪レイニーブルース


またしても、こちら側の花道に、
亮ちゃん、クララ、丸ちゃん、番長が…

いちばん最初に亮ちゃんがやって来るんですが…
あまりのかっこよさに、
しばらく亮ちゃん以外に目が行かず、
気づいたら、クララは通り過ぎた後でした。


そしてやってきた番長。
ポケットに手を入れるのか入れないのか、
非常に微妙なその感じにズキュン。

参りました…


最後のサビ部分で、
アリーナ花道に1列になるところは、
亮ちゃんのお尻だけを凝視。

足が動くたびに、小さなお尻がきゅっと締まり、

なんだか妙にいけない気分になりました…







【Eden】

この曲は、聴き惚れていて、
あんまり覚えていません。
亮ちゃんが力強かった。
それにすばちゃんと交互にスクリーンに映るんですが…
それだけで、泣けました。
この曲、好きだなー。




【無限大】

このときも…
亮ちゃんがはけて行くのが気になって気になって、
そっちをずっと追いかけていたので、
あんまり覚えていません。
でも、サビ部分をみんなで歌ったことは、
覚えているんですけどね…








【錦戸ソロ】

来た。
このときが来た。
メインステージがいちばん近かったこの席。


横から、ガン見でした。



カメラ割がおかしいところがあって、
何故か、ジュニアのみなさんを大写しにするという、
とんでもないことがあることに気づいた私は、
このときは、とにかく横から亮ちゃんを凝視。

素晴らしい!の一言です。



「もう1回」


の声の切れ方が…たまりません。
そして、センターステージの亮ちゃん。




後ろから見ても、腰は回っていた…




勘弁してください…




そして、最後にジャケットを直すしぐさに、
グラングラン。


なんかさ、妙な気分になるでしょ。
ジャケット直すって、いいでしょ。
そそるでしょ。

とにかく、素晴らしいです。








【クララドラムソロ】


しばし、見るのが遅れた…
亮ちゃんにヘロヘロになっていたおかげで、
クララを最初、見逃していました。

しかし、エロイ。
見ている時間が短かったからか、
あんまり覚えてないの。
それから、途中で「ヘイ!ヘイ!」という言葉が、
聴こえていることにこのとき気づいた。
すばるBANDのみなさんだったんですねー。






【ONE】

やっぱりすばちゃんがステキだった。
基本的に、すばちゃんしか見ていないので、
後の人は分かりませんが、
とにかく、すっごくステキでした。

歌い終わった後で、ゆっくりギターを下ろして、
舞台袖のスタッフさんに渡すところがかわいかった。
そして、マイクを持って、




「騒げやー!!!!」




【Do you agree?】

亮ちゃんと番長が遠い(涙)
双眼鏡でガン見していたのですが、
途中で諦めて、とにかくノリまくった!
おかげで、ほとんど覚えていません。





【口笛のむこう】

こちらも、側に来てくれず、
仕方がないので、歌いまくり、踊りまくり。
やっぱり、ちっとも覚えていません。

ただ、最後の最後に亮ちゃんが、

走り抜けていきました…(凹)







【大阪ロマネスク】


メインステージに近かったので、
亮ちゃんだけを見ていました。
自分のパートじゃないところも、
やっぱりうつむき加減で歌う亮ちゃん。
それがね、ステキだったんだよね。

そして、亮ちゃんのリフトだけ、
一人だけ遅れて、サビ部分で降りることが分かった。
その後、みんなが亮ちゃんのところへやってくる。
なんだか、それを見ていたら、泣けてきました。




最後の挨拶の場面で、
亮ちゃん、クララ、すばちゃんがすぐ近くにいたんだけど、
クララの後姿が、ごっついステキだったの!
背が高いのね、そして顔が小さいのね。
お尻が…長いジャケットのおかげでよく見えず、
足もよく見えなかったのが残念でしたが、
小さく手を振っていたのが、とってもかわいかったです。

そして、亮ちゃん。
ジュニアの子達が出るたびに、
拍手する姿がなんとも言えず、ステキでした。

去っていく時も「行かないでー!!!」ばっかり言ってた。
ステキでした。








アンコール
【cook magic city】




ここでラクが!!
メインステージから出てきたクララ。
いちばん最初にこちら側にやってきたんですが、

サインボールを持ったまま、手を振るクララ。

ちょうど、私の隣の通路の前に立っていたのよ。
上を向いたその瞬間に、



バチコーン!と目が合った!!



ギャー!!!!!!!





勘違いじゃないはず。
だって、周りで上半身水着だったのは、
間違いなく私一人だったもの!!!
正直、どんな人より、目立ったと思うの。
しかも、クララ、
ニッコリ笑うんじゃなくて、

結構、真顔で目が合ったから、そうだと思う。

違うと言われても、そうだと思っておこう!!!
だってクララ、まだまだ若い盛りだもんね(ウフ)



そしてすばちゃんは、
またしても、いちばん前の座席の方に、
飛んできた銀色のモールを、渡してた。
私も欲しい…
隣でMちゃんが…
「ああ、すばちゃん…」と言っていたのが面白かった。

ただ、
亮ちゃんも番長も来てくれませんでした(涙)






【∞SAKAおばちゃんROCK】


亮ちゃんが、ちらっと来ました。
そして、チラッと、目が合った気がしました。
自意識過剰だが、それでもいい。
脱いだ甲斐があるってものさ(笑)

しかし、我らが番長は…
来てくれなかったの…どーして(涙)







そして、最後の最後。

ありがとー!!!とはけていく時の、すばちゃんが、



「オレラと付き合ってください!」




ギャー!!!!!!!



つーきーあーうー!!!





そして番長が





「ちゅきやねん」




わーたーしーもー!!!!!





で21日1部は幕を閉じました。








【最後に】

3公演の1部だというのに、
既に疲労感たっぷりだった、私とMちゃん。
なかなか立ち上がれず、よろよろと会場を出ると、
数人の人だかりが…なんだ?と思ったら、




亮ちゃんのサインが!!!



キャー!!!!!




すぐさま、携帯を取り出すものの、
手が震えて、なかなか写真が撮れず、焦る焦る。
見事携帯にその画像を納め、
うっとりしていた私の目に映ったのは、
もうひとつの人だかり。

何々?と覗いてみると…




番長のサインが!!!



ギャー!!!!!!





番長がなかなか来てくれなかった寂しさも吹っ飛び、
またまた携帯を取り出すものの、
さっきの震えに、さらに震えが上乗せされて、
なかなかピントが合わない、合わない(涙)
「ああー、番長!!」と叫びながら写真を撮る私に、
サインを持った女の子は苦笑していました。

そして、そのサインがミラクル。

その日は21日だったのですが、
番長は間違えて



「2006.5.20」



と書いていたのです。
そしてそれに気づいたのでしょう。
その斜め上に、



「+1日」




ぎゃっはっは(涙目)



もう、大好き!





番長が近くに来てくれなかったけど、
非常に貴重なサインの写真が撮れて、
非常に満足な21日1部でした。




このサインの写真は宝物です!
コメントレスはさせていただいていませんが、よろしければどうぞ♪

スポンサーリンク