本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

関ジャニ∞コンサート Funky Tokyo Osaka Nagoya 名古屋 2006年5月20日 その2∞




名古屋∞コン20日、その2。
こちらもガッツリ長いですが、こちらからどうぞー!

====



真木大輔に、惚れかけた心も、
この方達の登場で、一気に違う方向へ。





【∞レンジャー】

バックステージに現れた∞レンジャーに釘付け。




イエローカワイイーっ!!!


グリーンが、ラブリー!!


レッド、ヘン顔!!!!


ブラックが…キュート過ぎるっ!!!






一気に∞レンジャーモードに。


「あ~あ~∞レンジャー、

 どうにかこうにか、やっつけろ♪」



相変わらず、全く強さの感じられない彼ら(笑)


あまりのかわいさとおかしさに、爆笑と悶絶の嵐。
忙しい、レンジャーは本当に忙しい。
しかもね、セットの電飾のところにも、
アニメの∞レンジャーがたくさんいるの。
これもかわいい、かわいい。



レッドナス(兄貴)は、カメラに向かって歌いながら身振り手振り、
オレンジは一人、寝転がって手振り(寂しさが笑いを誘う)
イエローはそんな彼らを横目でチラリ。


もう見るところが多すぎて、どこ見ていいか分からない!



すると、バイクが登場し、
メインステージにいる、悪者達を倒しに、
バイクに乗ってメインステージに向かう∞レンジャー。


私のいたスタンド側の花道には…グリーンが来た!!!!
(もう一人が誰だったか全く記憶にない…涙)



グリーン、


中腰で足をきゅっと内股にし、

お尻を突き出したカッコウで、バイクで風を切る。





鼻血ものっ(興奮)




グリーン、超カワイイです!
しかも、私のいるすぐ近くでバイクを降りると、
クララお得意のへなちょこ走りでメインステージへ…
このヘタレ具合がたまらない。






そして、愛しのイエローは…

中央の花道をバイクでぶっ放す。



ヘルメットは…やっぱり浮いてる(笑)




ちょっと腰が引けてるの。それがまたかわいいの!








そして、私と逆方向の花道には、

レッドが超いい姿勢で、バイクにまたがる。


おもしろすぎ(涙)










そして、ブラックは…

(ブラックと言いつつ、緑色だけど・笑)



「バイクない、ちょー、オレのバイクない」



と言いながら、ヘタヘタ花道を一人走り寂しそう。




大好物です!!!!





メインステージに戻った∞レンジャーは、
バイクのないブラックを除き、戦う気満々。

「エイトージレンマ!」

と言いながら、おかしなポーズで相手にアタック。
その間も、ブラックは一人。



「なあ、オレのバイクない」

切ない…



「お前ら、変わった…」


「昔は違った。

髪の毛切ったのに、誰も何も言ってくれへん」



※長いのでここからは簡易的に説明します。




すねて一人攻撃しないブラックに切れたレッド。
ブラックとレッドがケンカします(コレがラブい)



ブラックとレッドがもめているのに、攻撃してくる敵に対し、


「お尻はやめて!」


お尻を突き出しながら、懇願するグリーン。



むしろ、お尻を攻撃して欲しいのでは?
お尻を攻めて欲しいのでは?
と、ヘンに勘ぐってしまいました(反省)




ナス(パープル)が逆ギレ。それをとめるグリーン。



結局スネまくったブラックが、解散宣言をし、
一人離れていってしまう。



レッドも怒って、どこかへ行ってしまう。
それを追いかけるグリーンとオレンジ



冷静に状況を分析しながら去っていくナスとブルー



一人取り残されたイエロー




「…みんな、バラバラになってしもた…」





イエロー、史上最強にラブいです(号泣)






「昔はこんなことなかった。

昔のオレらが今のオレらを見たら、

どう思うんかな、笑うかな」




と寂しそうにしながら、一人







【友達】


コレを歌いながら、花道を歩いてくるのですが…
途中で振り向いたその顔に、
会場中悲鳴のような声で「亮ちゃーん!」







半泣き状態のイエロー




一撃必殺です(瀕死)






おまけに、その後、



「うわああーーん!!!」


泣きながら、メインステージに崩れるイエロー。




かわいすぎ(瀕死)





さらに、
そのイエローに寄り添うオレンジ。
振り回されて、どうしていいか分からない状態(コネタ炸裂)
そして、何気にナスがソロで歌ってます(笑)


泣きじゃくりながら、メインステージで小さくなるイエローが、

本気で上から襲っちゃうぞ!と理性をぶち壊されるほど、
かわいくてかわいくて死にそうになる頃、
もう一度、イエローが爆弾を投下します。


ナスがやってきたことを知らせようと、イエローを起こしたオレンジ。
それを見たイエローのアップが…





遥斗くん顔負けの泣き寸前







ぶっ飛びます。ご注意ください(涙)





そして、まだ私はやられ続けました。
最後に破壊力ありすぎの瞬間がやってきます。

ナスが近づいた瞬間に、




走り寄って、ナスに抱きついたイエロー。







「怖かった…」












崩壊









立ってなど、いられません。

他の方々に、あの姿を見せたくありません。
独り占めしたいです。というより、
兄貴にさえ、殺意を抱くほど激嫉妬したこの私。





弱っている錦戸様が「怖かった…」

と言いながら抱きついてきたら…





全てを捨てて、




あなたを守ります!!!






代々木にいらっしゃる錦戸教のみなさま。
心して、このときをお迎えください。
あなたの心臓を、一気にひねり潰されます。
ご注意を…









瀕死状態の私でも、
すぐ近くに彼らが来たら、反応せずにはいられない。


レッドグリーン

(忙しい…)



「ブラックのやつめ。次会ったら、何をするか分からんぞ」

と言いながら、銃を放つレッド(男前)


「なんて、子供な人達なんや。

 なんで、いちばん年下の俺が大人にならなあかんねん。

 オレの出番か」



と言いながら、レッドを追いかけるグリーン。
確かに、年上組が子供過ぎ(笑)




そして、

「どうしたらいいんや」

と心配するブルー。
大人気ない年上組の争いが、年下組を心配させています(笑)






すると、バックステージで出会ってしまったレッドとブラック。
殴り合いのケンカに。


「お前のパンチはそんなもんか」

「今の蹴りは、なかなかよかったな」



などと言いながら、争う二人。
レッドに「バイクない俺の気持ちが分かるかー!」などと、
非常に子供じみたセリフをはきながら、攻撃するブラック。
ナス、イエロー、ブルー、オレンジがそれに気づき向かってくる。
ブラックがとどめをさそうとしたその瞬間に、

グリーンが走りこんで、身を挺してレッドをかばう。


「ううっ」


とうずくまるグリーンが…



あまりにエロい(白目)




いつものごとく、無駄にエロイです。


「なかなかええパンチ、持ってるやないけ」

と言いながら、立ち上がり、

「でも、こんな風に使うもんと違う」
「幸せって、どういうことか知ってるか?
 手のシワとシワを合わせて、幸せになるんや」



と言い、ブラックとレッドの手を取って、二人の手を合わせるグリーン。
オレ、いい仕事した、と言いたげな表情がたまりません。


するとブラック。
泣き崩れて「オレ、どうしたらいいのか分からんのや」などと言い、
強がってしまったことを悔やむ。


レッドがブラックに近づき、あわやまた殴るのか?
と思った、ナス達が走りこもうとすると、
グリーンが、それを片手で止める。
(このときのグリーンがかわいいです)


「情けないこと、言うな」

みたいなことを言って、ブラックを抱き起こすレッド。
「許してくれるのか?」というブラック。
友情は復活するんですな(笑)

そして、そこへやってくる∞レンジャー達。


「お前達も、オレのこと、許してくれるんか?」


「だって、ブラック、何も悪いことしてへんやんか」



イエローのセリフがクサイ(笑)
しかし、ラブい。



しかし、友情を取り戻した∞レンジャーは、
肩を抱き合って喜ぶのだった…



そこへ、悪者達がまた登場。
「今、仲間割れしてるから、レンジャーには勝てるぞ」
それを聞いた∞レンジャー。


ヘン顔アップで、戦いへの意欲を燃やす(笑)

そして、

花道を猛ダッシュ!!!!




レッドと、ブルーが異常に速いです。

ナスが後ろから、全速力で追いかけます。

イエローも必死です。

オレンジは…よたよたです(笑)

ブラックは…てきとーです(笑)

グリーンは…へっぽこです(笑)




そして、見事∞レンジャー攻撃で悪者を倒し、


「ほら、おてんと様も笑ってるよ」


とブラックが指差した先には、エイトくんが輝いていました。
この街の平和は保たれましたとさ。


という物語でした。


ああー、長かった…
セリフは、思い出して書いているので、
そのままではありませんが、
とにかく、めちゃくちゃかわいかったです。


イエローが…とにかく破壊力抜群です。


とんでもないです。何度見ても強烈です。
みなさん、ご注意を。



そしてさらわれた子供はどうなった!
とレッドが気づき、箱を開けると、
エイトくんをかぶった子供達が出てきて…




「これは、太陽の子供やないか!」


渋谷さんのヘン顔がまぶしすぎます。










【太陽の子供】



渋谷さんが、太陽の子供のジュニアの皆さんより、
数100倍かわいいです(断言)

レンジャーの衣装で踊る∞たち。
もうね、素晴らしいです!



イエローは…超笑顔でした。


さっきの「怖かった…」を思い出すと、
もう何がなんだか分からなくなって、
歌など、さっぱり覚えていません(陳謝)



そして、ブラック。


ピーターパンの笑顔で、それこそ撃沈。

両手をかわいく左右に振る姿に、
いったい、番長はいくつなんだろう、
と本気で思いました。そんな25歳、大好きです!



さらに、グリーン。

最後の最後に近くにやってきたのですが…
あの、妖艶なスマイルにヘロヘロになって、
後姿を追いかけていたら、もっとすごいものが!!!

ヘルメットの下の、短くなった襟足から覗く


う・な・じ


ヤバいです。あれはヤバいです。
赤西のうなじとどちらがヤバいかと言われたら…
結構答えられないぐらい、ヤバいです。
(ドームのキャップ&アップ赤西には勝てませんが)










【ヤジルシ】


ヤジルシを持って、
すばちゃん、亮ちゃん、クララが、歌う。
ああー、カワイイ歌だー。

このとき、すばちゃんが近くの花道にいたんですが…



ヤジルシがデカイ(笑)



かわいいの、なんのって!
しかもですね、なんか下向いたり、足を気にしたり、
ちょこまか動いているわけですよ。
コレが、キュートキュート。
さらにすばちゃんウチワを見つけると、




ニッコリ笑って、お手フリ(涙)




かーわーえーえーっ!!!!





参りました。心底あのラブリーさに参りました。
渋谷さん、エクステはありませんでしたが、
ド級のラブリーさは健在です!!!!



そして、途中で亮ちゃんがヤジルシ持ちながら歩いてきた!


うっほー!!!


イエローレンジャーの亮ちゃんだっ!




もうね、めっちゃくちゃかわいいの!
自分の歌うパートが終わったら、
ヤジルシで反対側にいるクララを指すんだけど、
このときに、




腰が…クッとくねるの。



最高(涙)





さらに、私の目の前までやってきて、
センターステージに向かう花道を降りて行くんだけど、
このときに、ヤジルシを担いでるの。

ヤジルシの顔が、亮ちゃんの顔の隣に…

そして、超笑顔。





かわい過ぎて、ヘロヘロ。




ええーこのとき、クララは遠かったので、
(ウソ、すばちゃんと亮ちゃんに心奪われていたので)
全く見ていません(謝)












【knockin'trackin'】


レンジャーから一転。
緑のレイニーブルース衣装(spirits!!の時のかな?)に
着替えた∞が出てきて、何かを持っている…



サインボールだっ!!!


欲しいーッ!!!!!




ええー、亮ちゃんが全然出てきませんでした(涙)
しかも、出てきてくれた後も、こっちには来ませんでした(涙)

近くに来たのはなんと、



番長ー!!!!!(絶叫)




番長は、黒いキャップを斜めにかぶり
それはもう、この世のものとは思えない、
かわいすぎる笑顔で手を振る。


この世にこんなにかわいい人がいていいのか!


急いで、後ろから番長ウチワを取り出し、
(しかし、あまりの慌てぶりに時間がかかる)
ウチワを振ってアピールするも、番長は通り過ぎてしまい、
私のいたところから、数メートル向こうでボールを投げた。






NO-!!!!





でもね、投げる姿がカッコよかったの(惚)
投げた後の手が、ステキだったの(惚)
それを見られたからいいの。





そしてもう一人。
罪作りなこの男。クララこと大倉忠義


番長が通り過ぎた後で、目に入ってきた彼は、
曲の終わりがけに、私達のいるスタンドの前を通ったのですが、
そのとき、あろうことか、


猛烈キッスをサインボールに押し付け、


さらにニッコリ笑って、指をさし、



スタンドの上の方を目がけて、ボールを投げた。






なんだ、それ(脱力)




クララ…ダメだよ、そーいうことしちゃ。
見ているこっちが、力抜けちゃうから…
ほら、番長のラブリーさ、一瞬忘れちゃうじゃないの…

隊長、敵は手強いです(涙)







曲が終わると、全員がメインステージへ。
緑のコートを脱ぎ、どこかで見たことのある、
怪しげな模様の衣装に…

ああっ!ワイドショーで見た!!!!


するとセンターにいた亮ちゃんが、話し出す。


「僕ら、6月7日に新曲出します。

 ∞sakaおばちゃんROCK。

 今から振りつけ説明するので一緒に踊ってください」





おおっと!亮ちゃんが仕切りか!
と思ったら、ちゃんと村上兄貴が助け舟を出していました。



「サビの部分で、右左右、左右左」


最初は軽快に言葉で説明をしていた亮ちゃんも、
途中で上手く説明ができなくなったのか、


「ここで、ちゃらっちゃー」


さっぱり分からないけど、かわいいからいいの(笑)



そして、そんな説明する亮ちゃんをよそに、
カメラに大写しになる番長。


説明中にも関わらず、


振り付けを間違える(爆笑)




それに気づいた亮ちゃん。



「ちょっと横山くん!


 間違えて覚えたらあかんやん!」









番長、亮ちゃんに怒られる(笑)


しかしめげずにおかしなフリを繰り返す(笑)







最高!






そして、「ありがとさーん♪」で右手をヒラヒラさせるんですが、
このときの亮ちゃんの手に注目!
つけているフィンガーレス手袋の真ん中に、


おばちゃんエイトくんが笑っていた!


紫のアフロをかぶったエイトくんを、
見ると∞全員がつけて、手をヒラヒラ。
かわいいったら、ありゃしない。


亮ちゃんは、ここで、
ものすっごい嬉しそうな笑顔を見せながら、


「次は手作りしてきてね♪」


おねだりしていました…



作っちゃおうかな…とちょっと思った。
亮ちゃんにおねだりされたら、私、弱いの(アホ)












【∞sakaおばちゃんROCK】


これが、めっちゃくちゃ楽しかった!
村上兄貴の


「やいやいやいやい言いなー!!


よそはよそ、うちはうち、はよ寝えー!」





前髪を両手で押さえるところが最高です。


もうさ、歌もかわいいし、振り付けも楽しいし、
∞は楽しそうだし、本当に最高なの!
教えてもらったサビ以外の振り付けも、
ものすごくかわいいので、1番はよく見て、
2番は一緒に踊ったんだけど、
1番とちょっと違う振り付けなんだよねー。
自転車の振り付けの番長が、めちゃくちゃかわいいです♪



とにかく、この曲、大好きです!!

途中で叫ぶのも大好き!



関ジャニ∞!!」


って会場が叫ぶ時に、セットの電飾にも関ジャニ∞の文字が。
もう楽しくて楽しくて、仕方ないの。


関ジャニジャニ、関ジャニジャニ♪」


っていうところも、すっごく楽しいの。
もうさ、自分が小学生に戻った気分だったね。
この曲、ものすっごいおすすめです!











【MC】


お待ちかねのMC。
笑いすぎて、覚えてない部分も多いけど、
覚えているところだけですが、どうぞ!




■初めての名古屋■

∞はみんな、会場に入るまで不安だったそうです。
「本当に人、入ってるんかな?」
なぜなら、
会場に着いた∞。
いつもならファンの子がたくさんいるらしいのですが、
彼らがレインボーホールに着いたときは、ほとんど人がおらず、
ああ、ようやく人がいる!と思ったら、

「浜ちゃん」←誰?

と書いたウチワの人がいたそうです。


「オレラじゃないんかい!」


と言っておられました。
名古屋人、もっとがんばろうぜ。
(って、多分私もしないけど・苦笑)









■ツアーグッズ1■

番長考案の「マジカルバンド」

「ちょっとおもしろくなれんねん」

と番長は得意げ(カワイイ)




「アレ、1万円にしてください、言うた」


1万円!高すぎっ!


「1万円で、コレ買うこと自体、もうちょっとおもろいやろ」


確かに、番長の言うことは一理ある。


「それか5円にしてくださいって、言うた。
 めっちゃくちゃ高いか、めっちゃくちゃ安いか、
 どっちかにしてくださいって」



なるほどー、番長のそんな意図があったとは。


「でも、実際見たら、500円って普通の金額やった」


とのことでした。
ああー番長の話聞いてたら、本当におもしろくなった気がした(笑)









■ツアーグッズ2■

実は他のメンバーもグッズを色々考えていたらしい。


「そうや!俺もいっぱい考えた!」


と珍しく張り切って亮ちゃんがコメントをし出した。


「パンツとか…」



パンツ?履くよ!履くけどどんなパンツ?
と思ったら、亮ちゃんの解説によると、
見せパンの上から、腰に巻くみたいなものらしい。(違うのかな?)
ほほーなんだかよく分からないが、
ローライズのパンツから、∞マークのパンツが見えたら、
確かにかわいいかも…亮ちゃんナイス。
会場が「買うー!」という声を出すと、


「買う?買う?」


亮ちゃん嬉しそう。
しかし、パンツと聞いてこの人が黙っているはずがない。



「Tバック?Tバック?」



ちっさいエロおっちゃん、渋谷さん(笑)



「Tバックの…」



と、きっと渋谷さん的には、Tバックの何がそそるのか、
を語ろうとした渋谷さんに、番長が一言。



「名古屋のみんなは、まだオレらに免疫ないから、

 そういうのは、もうちょっと様子見よ」





かわええ(ラブ)


ただ、私は全然大丈夫ですけどね。
むしろ、そっち系のお話、大好きですけどね。
むしろ、そっち系のお話、期待してますけどね。









■ツアーグッズ3■

もうひとつ、亮ちゃんが考えたツアーグッズ。


「めがねかけると、全部がそれになるヤツあるでしょ。

 全部がドラえもんになるメガネ。

 それの∞バージョンやねん」





おおー!それは欲しい!


めがねかけたら、世界が∞。

最高じゃないっすか!





感心していたら、亮ちゃんがとんでもないことを。




「オレ、アレ車乗るときかけたりする」




なんだってー?(驚)




「御堂筋、全部ドラえもんやねん」





と錦戸様は、ご満悦のご様子ですが、
非常に危ないので、やめて倉さい。
でも、ドラえもんめがねをかけて、
きゃっきゃと喜ぶ亮ちゃんを隣に乗せて、
ドライブは…アリです!












■お誕生会の写真1■


レコメンで、番長が話していた、
番長のお誕生日会のときに撮った写真


「あんまりいい写真なんで、

皆さんにも見ていただきたい」



そういう番長に胸キュン。


「完全にプライベートの写真ですからね。
 みんなで10枚ぐらい撮って、僕が2枚もらったんです」




といって、見せてくれようとしたんだけど、

「やめとこっかなー」と言い出すと、


みなさん「イヤー!!!!」すると番長、大喜び。


ココイチの盛り上がりやんけ!」


それなら今日いちばんだろう
などと突っ込みを入れられていましたが、



「ここ一番の盛り上がりやんけ。ってココイチさんもそうか」



と一人納得。
番長かわいい。


そして見せてくれた写真。
みんな、すっごく嬉しそうな顔してて、
真ん中の番長は、幸せそう。

いい写真だー!と感動していたら、



「みなさん、左上の人に注目して下さい」



左上?



ああっ!!

一人、ゴリラみたいな人がいる!!!







丸ちゃーん(爆笑)







他のメンバーがすっごくカワイイ顔しているのに、
(クララなんて、ピンクのTシャツに前髪上げて女の子みたいです)
丸山さんは、一人ゴリラ顔(笑)



「みんなめっちゃいい表情してるのに、

丸だけゴリラやねん」





確かに(爆笑)




そして今回はいつものようなサプライズがなかったそうで、
その代わりに番長はプレゼントをもらったらしいのですが。


「ヒナの持ってるの、ドラゴンボールやねん。

 オレ、ドラゴンボール好きやから」




か、カワイイ。


「あと、6個集めなあかん」



ププッ、カワイイ。


そして番長の手にも何か握られていたんですが、
番長がもらったプレゼントがなんだかよく分からない…



「これ何だか分かります?分からないでしょ?

 僕ねえ、おっぱいマクラもらったんですよ、




 おっぱい好きやから」






大爆笑!




番長のもらったプレゼント。

ドラゴンボール1個(あと6つは自分で集めましょう)
■おっぱいマクラ(○○○つき)
■理由は→どちらも好きだから。


まるで子供(爆笑)











■プライベート写真2■

このとき、もう1枚同じところで撮ったという写真を見せてくれた番長。
みんなヘン顔しているのに…

「右上の人に注目してください!」

さっきはゴリラのような顔をしていた丸ちゃん。
今度はみんなでヘン顔しようと言って撮ったらしいのに、


「ね、こっちの方が普通の顔してるでしょ?」



本当だ(爆笑)



丸ちゃん、何してるのあなた?
あなたのヘンな顔の基準が分かりません(苦笑)



そして安田さん。
ものすごい花柄?アロハ?緑とピンクという、
なんとも大胆な色使いのシャツでヘン顔。


「安、若干すべってる。なんでチチもんでんねん」


確かに(笑)


「ヤスの服、テキ屋の兄ちゃんみたい」すばちゃんにそう言われた安田さん。

「めっちゃかわいいじゃないですか!」

しかし誰も賛同せず(笑)

でも、∞の仲のよさが本当に分かる、ステキな写真でした。









■プライベート写真3■

今度はクララのお誕生日の時の写真を公開。
ここで番長が、話し出した。


「昨日、大倉にメールしたんですよ。

 明日みんなに写真見せるから、持って来てなーって。

 そしたら、その後、無視やねん」





無、無視?(動揺)




「今日聞いたら、『見たけど忘れてた』やって」




ク、クララ…(涙)
クララは笑いながら、


「でも、持って来たで」


そういうことと違うよー!クララー(涙)
このとき私は思った。
番長の言う「クララはちょっとイラッとさせるのが上手い」とは
きっとこういうことに違いない。そしてそれでも番長は、
クララと一緒にいるに違いない…ちきしょー魔性のクララめ!!

そんなことがありつつ、見せてくれた写真は、


ボーリング場で嬉しそうな∞たち。そして真ん中に、




⑧のついたボーリングピンの、


着ぐるみを着て笑うクララ。





超似合う(爆笑)





そして、丸ちゃんは「無地のTシャツですよ!」と言われてた。
「無地て!」と番長。
しかし、そんな番長、どこかで見たことのあるようなTシャツ着てる・・・
と思ったら、


「グッツのTシャツ着てたら、

めっちゃ恥ずかしくて途中で裏返した」







着て行ったのか!(爆笑)

さすが番長、∞を愛してますね(愛)



最後に、番長がかわいかったの。
ロマネスクやエデンを歌ってもらったらしいんだけど
(番長は歌ってないのねと思っておもしろかった・笑)
替え歌とかしながら、歌ってもらったらしい。



「キミを探して抱きしめよう♪って。

まあ、キミ(侯隆)は、そのままでええけどな」





嬉しそう(カワイイ)



みなさん、∞がキミくんを探して抱きしめちゃうそうですよ。
ヨダレ出そう…





「ほんま、ちょっと泣きそうやってん。

このグループでよかったわーって」




そして、写真には写っていなかったけど、
もう一人もいたんだろうな、って私は信じてます。












【オニギシ】


MCの流れで「ヨコがやりたいことがあるねんて」と村上兄貴。
「この曲がやりたかったんです」と準備しだすと、
なにやら、楽器がたくさん出てきた。
クララはボンゴ。コレが似合う!
安田さんはもちろんギター。
すばちゃんは歌。
まるちゃんは…なんか卵みたいなもの持ってた。
村上兄貴は、タンバリン(笑)
そして、番長はもちろんセリフ!


しかし、次の瞬間、
私はまさか、こんなところで!と自分で慌てふためくほど、
いきなり膝から落ちました。
何故かと言えば・・・






亮ちゃんがブルースハープ




卒倒





ブルースハープブルースハープ
泣いてもいいですか?
いっそのこと、その場で意識を飛ばしてもいいですか?




亮ちゃんは、どーしてこうも、


私のど真ん中を突いてくるのか?








不思議だ、不思議すぎる…

ええーこのブログには書いていませんが、
ワタクシ、もう10年ぐらい大好きなミュージシャンがおりまして、
その方は、アコギとブルースハープだけで、ライブをしたりするんです。
そのせいか、
アコギとブルースハープには、死ぬほど弱い私。



Spirits!!で、亮ちゃんのアコギヘブンリーで死にそうになりましたが、
まさか、まさか、まさか、




生で亮ちゃんがブルースハープなんて…


もう、死にそうでした。





確かにね、私の大好きなあの方と比べたら、
技術も音も、かわいいものでしたが、

亮ちゃんがブルースハープというその事実だけで、
私は膝から落ち、瀕死の状態になりました。




アレはいけません。
他の人に見せてはいけません。
というか、それとギターでものすごく歌って欲しい曲ができちゃったんだけど!
亮ちゃんにすごく合うと思うんだけど!!!
どーしよー、共演とかしちゃったりとかしたら…私、泣きますね。
間違いなく、泣きますね。もう、想像しただけで泣きますね。
こうなったら、もう一人、20年ぐらい好きなあのお方も一緒に入ってもらうか。
うっほー!!!想像しただけで、トリップ。
すみません、一人の世界に飛んでしまってすみません…





正直、ブルースハープの衝撃で、

この日のオニギシ、よく覚えていません…







しかし、この瞬間だけは覚えています。
最後の番長のセリフ。



「ボク、おにぎりじゃなくて、オニギシが食べたいねん」



「ボク、オニギシじゃなくて、オニギシが食べたいねん」




やっちゃったー!!!!(爆笑)




お客さんはドヨドヨしていたのに、∞たちは意外に誰も笑うことなく、
番長がちょっと、恥ずかしそうに後ろを向いただけ。
終わった後も、誰も拾わず、ちょっと寂しかった(ウハハ)









そして、安田さんの気合入れ。

これが、気合入らない(笑)
スタンドをどう呼んだらいいのかわからず、


「そこの湾曲のところ」


えっ?何?湾曲?

亮ちゃんに「お客さんもノリにくいわ!」と突っ込みまくられ、

「前、とか、横、とかでいいんちゃう」

アドバイスをもらい、再チャレンジ。



「前、調子どーう?」「イエーイ!」

おもしろかったです。





この後は、多分ジュニアのみなさん。
ちっとも覚えていません(陳謝)


その2はここで終了。
最後はラストスパートです!

スポンサーリンク