本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

NEWSコンサート 名古屋 2006年3月26日 第2部 後半




これで最後のNEWSコンレポ。
熱いです。非常に熱く長いです。
それでもどんと来い!な方は、こちらへどうぞ。
====


【DREAMS】

大好物のノースリーブ衣装で登場!
この衣装、本当にいいよね!
たしか、ここで慶ちゃんと山下さんがラブラブだった気がするが、
(違う曲かな?でもこの衣装だった気がするけど)
ロメオクラッシュのため、記憶はかなり飛びがち…




【恋焼け】


こちらがまたしても、恐ろしく力強い!!


吐息が、吐息が、

いつもより大きくて、エロっぽいの!!




錦戸様の威力が、強大でした!
しかも、
YEAH-!!!のあとの息の切れ方が…
強烈に色っぽい。完敗…


さらに錦戸様、
自分のパートじゃない部分でも自らハモッていき、
しかもハモリが、主旋律を遥かにしのぐ大きな声で、
完璧に錦戸様主導の恋焼け。

何ゆえにこんなに燃えているのか?
私がいるからか?
名古屋だからか?
やっぱり錦戸様は、私のブログ読んでいるのか?

などと、余計なことまで考えてしまいました。
とにかく、すごく力強かったです。





【Stand Up】

このあたりから、錦戸様のさらなる暴走が始まりました。
先ほどもそうでしたが、
あっちこっちで、カラダを投げ出し、
女性に触られ放題、手を伸ばし放題、

あっちこっちにガンを飛ばし、そして笑顔で翻弄。


私は、一人天井席から双眼鏡でその様子をガン見し、
いちいち「ちくしょー!」「あー何あれっ!」と叫びっぱなし。





※ここから、ほとんど錦戸亮しか見えていません。





【チェリッシュ】

この曲はやっぱり泣けた。
1部とは比べものにならないぐらい大きな声で、
会場全体が歌っていたのに、泣けてきました。
メンバーもみんな、一生懸命歌ってた。
手を振って、笑って、ありがとう!と言って、
その姿に、ものすごく感動しました。


そして、亮ちゃん、

「みんなで歌って!」




会場がひとつになってて、すごかった。


「名古屋、ありがとうー!」


その亮ちゃんの一言に、またしても感動。
一列になった、指トントンも、
亮ちゃん、山下さんの方だけトントンしに行くの。
反対側は…誰だったかな?




最後に一列に並ぶんですが、

みんな、すぐに手をつなぐのね。



山下さんの隣に、亮ちゃんと慶ちゃんがいたんですが、
山下さんがマイクを持たない右手を、亮ちゃんとぎゅっと握ってた。
そして、



「ありがとうございました!」



山下さんがそう言った後、
すぐに左手で、慶ちゃんの手を取って、ぎゅって握ったんです。

なんだかね、その図にまた泣けちゃった。
最年長2人と山下さん。
一生懸命、NEWSをひっぱってるんだろなって。

ともすれば、落ち込みがちなこの時期に、
これだけのコンサートをするために、
必死だったんだろうな、と涙が出ました。


こちらこそ、ありがとう!と思いました。
NEWSっていいなあ…








【アンコール】

アンコールは…とんでもなかった。

もしかしたら、こんな亮ちゃんは好きじゃない!
アイドルとしての自覚を持て!と、
受け入れられない方も、いらっしゃったかもしれません。
現に、私の隣のお姉さま方は、引いていらっしゃいましたから…
1リットルの遥斗のイメージの強い人は、なおさらそうだと思います。
周りのファンも、すごかったし…



それでもいいぜ!
どんな亮ちゃんでも受け止めるぜ!という人は、
続きをどうぞ。







【夢の数だけ愛が生まれる】

この後の衝撃が強すぎて、ほとんど覚えておりません(陳謝)
いい歌だなーと思ったことは覚えている。







裸足のシンデレラボーイ

イントロ鳴っただけで、半狂乱!
この歌!本当にすごく好き!!!

しかし、歌が始まって、まず一発目の大衝撃。



みなさん、裸足のシンデレラボーイをお聴きください。


「ちっぽけな」 ジャン!

「深夜バス」 ジャン!

「乗り込んで」 ジャン!



このジャン!という部分、お分かりになりますでしょうか?


ここで、亮ちゃん、山下さん、慶ちゃん、そして手越くんは、
腰をドーンと突き出すポーズをしていたんですが…


ここで、ハイテンション錦戸様。オレのライバル手越に近づき、


ジャン!に合わせて、



お互い腰を突き出し、股間をつき合わせる…






ぎゃああぁーっ!!!!





なんだ、アレ!

なんなんだ、アレ!




手越っ(激怒)

またお前かっ!!!!






この部分で、完全に糸が切れました。
私の脳みそも、錦戸様の暴走も。



しかし、このとき、
亮ちゃんは張り切って腰を出しすぎ、首を仰け反らせ過ぎたのか、
曲の途中で、ステージの隅へ行き、
首の後ろをさすってました(きゃは!)


今回も、アリーナトロッコに乗った亮ちゃん。
私から見て、左の方向のトロッコから…
さっきは私のいる右側のトロッコに乗ってくれなかった。
などと思いながら、双眼鏡を覗いていると…


ロッコに乗った錦戸様。




うん?

なんだか、右手がおかしな位置に…






あああっ!!!!



ロッコの上で、
たくさんの女子に見上げられた錦戸様は、

ご自分の股間をガッチリ握り、

腰をグルグルまわしていました…






ひゃあああっ!!!





どーした、どーした錦戸!

ネジが外れてしまったのか?(大喜び)
というか、私のネジは外れましたけども…






そしてそんな混乱と興奮の中、


【サヤエンドウ】


この歌、大好きだーっ!!!
亮ちゃんだけを追っていた私でしたが、
しかし、ここで違うところに目を奪われました。


目の前のリフトに、山下王子が!!!




山下さーんっ!!!!




これが、またキラッキラなの!

スマイルが、ものすごくかわいくて、
黒髪からのぞく大きな瞳が、ニッコリ微笑むと、
錦戸様とは違う意味で腰砕け…

サヤエンドウの振り付けが、死ぬほどかわいいのよ!


さすが王子、キラキラ度が違う。

王子!王子!山下さーん!





と叫んでいた、見つめていたその真後ろに、
とんでもないものを発見。
1部では来てくれなかった、
右側アリーナトロッコに、錦戸様の後姿が…





なーぜーだーっ!(怒)






慌てて、双眼鏡を覗くと、

錦戸様が、不穏な動きをし出した。






なんだ?




何やら白ズボンの腰部分で、モゾモゾしている模様。
また、ズボンが脱げかけたのかな?
と思ったら、違っていた。









なんと、ご自分で、



白ズボンを下げた…











うぎゃああああ!!(仰天)









錦戸様の、



黒のおパンツが、



丸見えに!!










ひいいぃーーー!!!



アリーナトロッコという非常に不安定なその場所で
下からたくさんの女子に見上げられているという状態で、
ご自分でズボンを下げてしまった錦戸様。



おおおっ!なんということ!




いいですか?思い出してください。

このときの錦戸様、

上がノースリーブのシャツなんです。

ネクタイをしていて、ちょっと緩め気味なんです。


つまり、



シャツとネクタイと、おパンツ…






ぎゃっ(鼻血)





足元に、下ろした白いズボンがかたまり、
おパンツ姿で、ノリノリの錦戸様。
それで、トロッコの手すりに腰掛けたりするものだから、
おいしそうなおケツが、プリッとしちゃて…
どーしましょう、このお方…
しかも、そんなところに座ったりしたら、
前から見た人に、錦戸ジュニアが見えてしまうのではないかと、
非常に心配、というか非常に嫉妬してしまい、
もう、やきもきして仕方がない。



もし、1部と2部の座席が逆だったなら、

あの姿を目の前で…うわああーこのやろう(号泣)





そこへ周りのファンの皆様が、
半狂乱になって手を伸ばす。

そう、まさに、


ストリップ。




あまりのすごさに、思考が停止しました。
しかし、目だけはしっかり錦戸様を追いかける。

外周に乗った錦戸様は、ゆっくりとズボンを上げ、
しかしベルトは締めず、多分チャックも上げず、
だらりと、ズボンを腰の辺りに上げただけ。
いつでも下げられる体勢のまま、
またしても、あちらこちらで女性達の中に、
ご自分から飛び込んで行かれました。



どうしてだ?


なぜ、私のところには来てくれなかったのに、

そんな無防備な姿で他の女のところへ行くんだ!!






そして、確かこの時だったと思うのですが、
斜め前の神席ポイントに到着した錦戸様。




ある女性の手を取ると、


その手の甲に…キス。











何してやがる!錦戸(激怒)




私の手じゃないぞっ!








もう、泣きたいやら、怒りたいやら、大変(涙)
亮ちゃんのテンションもおかしかったけど、
私の感情も、頭もかなりおかしかった。

ヤだー亮ちゃんが他の女にキスするなんてヤだー(号泣)






しかし、そこから離れると、
スタンドに向かって、強烈な流し目を放ち、





ニヤリ






と笑うと、またしてもズボンをドーンと下げた。




ここで初めて見た、錦戸様のおみ足。
細くて、キレイ…

思わずうっとりしてしまったのは私だけでしょうか?

そして、このとき、ある人物を思い出した私。
最近、どこかでこんな足を見た…
そう、錦戸様の兄貴分、横山番長。
うわああーこの格好で二人が並んでたら、私死んでるな。と思いました。



そのあとも、亮ちゃんは、
あちらこちらで、おパンツを女性達に見せ、
自分からストリップを楽しんでいる様子でした。
遠かったので、一番大事な部分がよく見られなかったのが残念です。


しかし、このときでも
さらば♪の振り付けはやっぱりやるのね(笑)
多分、好きなんだと思う。というか、
これをやらないと、歌った気がしないんじゃないかと思った。
かわいい…




そんな怒涛のアンコール。

「ありがとうー!」と全員笑顔で帰っていきましたが、


ここでも、亮ちゃんのベルトは締められることなく、
いつでも脱げる体勢、万全でした。








しかし、ここで終わらない!

さっきよりも大きいのではないか?というNEWSコールに答えて、
NEWSが出てきてくれた!



ダブルアンコール!!!!



ここでも、錦戸様は大興奮!

タオルを頭に巻いて、ネクタイは取られ前をはだけた状態で登場してくれました。
「めっちゃ楽しい!」を繰り返し、
「もう一曲?もう一曲?」と嬉しそう。
他のメンバーが苦笑する中、やっぱりこの人が拾ってくれた。
慶ちゃんが、
「クエスチョン、出てきて!」


おおおっ!ダブルアンコールでまたしても歌ってくれるのか?






【希望~Yell~】


うおっー!!!!!!!!
もう、とにかく興奮して大変。

しかし、興奮していたのは私だけじゃありませんでした。
もっと興奮している人が、いたんです。


錦戸亮


ここで、自分を拾ってくれた慶ちゃんと一緒に、
バックステージ側に行った亮ちゃん。
慶ちゃんは、ペットボトルのお水を飲んでいた。
それを見つめていた亮ちゃん。
飲み終わって、笑う慶ちゃん。

どっかでこの図、見たことあるぞ…
あっ!お正月のオーラスだ!


と思ったら、

ニッコリ笑った慶ちゃんが、


ペットボトルのお水を亮ちゃんにかけた。




ひゃあっ!思ったとおりの展開に!


亮ちゃんは笑いながら、ブルブル首を振って、
ワンコのように、水しぶきを上げていました。
あのしぶきをカラダ中に浴びたい。

そして、仕返しも忘れない。
慶ちゃんを、どかっ!と蹴飛ばしていました(笑)



そして、タオルが外れてしまった亮ちゃんは、
それが合図のように、またも大暴走。
あちらこちらで、ガンを飛ばし、
女性の渦に自ら飛び込み、
ニッコリ笑う、を繰り返す…


そして、私とは逆側だけど、リフトに乗った亮ちゃん。
これが、私が一番最後に見た、いちばん近い亮ちゃんだったんですが、



ものすごく嬉しそうなの!超笑顔なの!


楽しくて仕方がないっ!ていう顔してて、


すごくすごく、かわいかったです。




それからリフトが上がったその目の前。
天井から垂れ下がるワイヤーに、
銀色のモールが引っかかっていることに気づいた亮ちゃん。
手を伸ばして、それを取ると、
いたずらっぽく下を覗いて、ひょいっと落とした。
これが嬉しそうなの!すごくかわいいの!



しかし、ここはハイテンション893錦戸。

かわいいだけでは終わらなかった。




リフトの上でニヤリとした錦戸様。


あれ?ヤバい…と思ったらやっぱり。


たくさんの人が見上げるそのリフトの上で、
たくさんのスポットライトに下からも上からも照らされた状態で、




またしても

ズボンを下げておパンツ姿を披露






しかも得意げ(笑)



本気で子供みたい(笑)





そのときの亮ちゃん、ものすごく嬉しそうでした。
なんだかね、新しいおもちゃ見つけたみたいな、
子供がはしゃいではしゃいで仕方がない時みたいな、
そんなすごく嬉しそうな顔してたの。
そんな風に喜びを表す亮ちゃんが、かわいかったです。



しかし、まだまだそれだけでは終わらない。
リフトから降りた錦戸さん。
リフトの下のアリーナ席近くに向かって歩く…
と、これがものすごかった!
その近くの観客が、
波のように、そこにグアーッて集まってきて、
なんだか、ちょっと怖かった。

しかし、亮ちゃんは一歩も引かず、
手を伸ばし、どうにでもしてくれ状態。
なぜだ!なぜ私の前じゃない!!


そして、その場所を去ると、
今度は花道と逆のアリーナ席後方へ。
ここではなんと、柵の目の前に走って行き、
またしても観客が波のように押し寄せ、
そこにカラダを預けて、どうにでもして状態。

既に、そのとき曲はほとんど終わっていて、
亮ちゃんがそれに気づいて、センターステージに戻った時には、
他のメンバーは全員、苦笑しながら亮ちゃんを見ていた(笑)




本当に大暴走。






「めっちゃ楽しい!」

と喜ぶ亮ちゃんに合わせるように、


さらなる奇跡が起こった!


「もう一回!もう一回!」の声が会場から。


他のメンバーは、困った顔を見せる中、




「もう一回?もう一回?」


一人ノリノリの錦戸様(笑)





山下王子が、「えっ!ちょっと待って!」

本気でびっくりしている感じでした。



しかし、錦戸様の暴走を止められるはずもなく(笑)
ここでもやっぱりこの人が、亮ちゃんの願いを、
というか私達の願いをかなえてくれました。


「クエスチョン、もっかい出てきて!」


慶ちゃん!やっぱりあなたなのね(涙)









そして、まさかの


トリプルアンコール!



【サヤエンドウ】





キャーッ!!!!




これも、またものすごかったです。
何がどうすごいって、錦戸様が!



曲が始まってすぐ、センターステージの左端に立ち、
下を見つめる錦戸様。
あれ?さっきまでものすごいノリノリだったのに、
どうしたことか?と不思議に思っていると、

一瞬、膝を曲げ、




ぴょん!



ステージから飛び降りちゃった!!







えええええぇー!!!!



びっくりしたの、なんのって!
慌てたのは、私だけじゃない。
アリーナのみなさんも、亮ちゃん目指して駆け寄り、
スタッフのみなさんも、慌てて亮ちゃんを止める始末。







893錦戸の大暴走





そして女性達の渦に、自らガッツリ飛び込んだ錦戸様。


ああっ、やばい!と思ったその時、私の予感は的中した。



一人の女性にターゲットロックオンした錦戸様。
がっと、両手を伸ばすと、





ものすごい勢いで女性を抱きしめ、


顔を頬に寄せてまるで匂いを残すように、


首を数回、振った…











意識喪失…








その後は、うわーっと波のように、
亮ちゃんと観客の皆さんと、スタッフの皆さんが、
流れて行ったのが見えましたが…



ショックがでか過ぎてしばらく放心状態。




私、その夢1週間見てたのに。
毎日毎日、亮ちゃんの匂いに包まれる夢見てたのに。


どうして、他の女なの?

どうして、私じゃないの?

どうして、私の愛は届かないの(嗚咽)




どーして、亮ちゃん!(涙)







しかし、そんなことで錦戸様の暴走は止まらず、

外周に戻ってきた錦戸様、

山下王子の後姿を見つけると、


そこに向かってニヤニヤ笑いながら近づいていき、





後ろからガッチリ王子を羽交い絞め(鼻血)



心臓に悪いって…




驚いた王子、
びっくりしながら、引き離そうとするも、
なかなか離れない錦戸様に苦笑。
私からは死角になって見えませんでしたが、
大事なところに手があったのではないかと、
今でも勘ぐっている、もとい、確信しています。







しかし、途中でなんだかすご過ぎることになって、
メンバーだけ(というか錦戸さまだけ)でなく、
会場中の観客が手がつけられない状態になってました。

きっかけは、多分、
投げ込まれたジャケットか何かを、
山下さんが羽織って、それを投げ返したことだと思うんだけど、
それを見たスタンド前列の人たちが、
恐ろしい勢いで、メンバーに向かってものを投げる投げる!

正直、動物園みたいで、悲しかった。
メンバーも拾ってあげるんだけど、
それを帰しても、元の人のもとに帰るわけじゃないし、
タオルとかならまだしも、
上から、ウチワとか、ペンライトとか飛ばしてて、
顔や体に当たったら、どうするんだろう?
怪我したら大変なのに、と思いました。

アレを見たら、危ないしなんだか悲しかったし。
もっと違う楽しみ方をしましょう。






ここで暴走錦戸様のひとコマ。



■その①■

ペンライトを見つけた錦戸様。
何を思ったか、それを手に取りじっと見つめると、
いきなり、白パンツをガバッとあけ、
ペンライトをなんと股間の部分に…
後姿だったので、よく見えませんでしたが、
下ネタ炸裂だったことは間違いない。



■その②■

バスタオルを投げ込まれた錦戸様。
バスタオルの端っこを持って、スタンドのお客さんと、
バスタオルの引っ張りあっこ。
そのとき、お得意のペタンコ座りが、
非常にキュートでした。

自分の汗を拭いて、タオル返しておりました。



■その③■

ハンドタオルを見つけた錦戸様。
自分の汗を拭き、投げ返したものの、
外周とスタンドの谷間(ちょうど1部で私がいた目の前)
に落としてしまい、「あれれ!」という感じで、
それを見つめたあと、階段を下りて拾いに行こうかと思ったもの、
曲も終わりがけだったのであきらめ、
スタンドに向かって「ごめん!」と手をかかげて謝ってました。



しかし、このときでも
さらば♪の振り付けは健在(笑)よっぽど好きなのかな。







そんなこんなで大暴走のトリプルアンコールが終わり、
センターステージに戻ってきたメンバー。

「めっちゃ楽しいー!!!」と亮ちゃんが叫び、

それにこたえて、会場が大盛り上がりになると、

「しつこいっ!!」毒舌炸裂(笑)


ここで、夢の時間は終わってしまいましたが、
最後の最後に、



「絶対、名古屋にまた来ます!」


「もっとデカクなって戻って来ます!」



そういった、慶ちゃんと山下さんの言葉で、

NEWSはまた来年、必ず戻ってくる!と確信しました。




必ず、ここで会えることを信じて。

待ってるから。そのときは8人で!





NEWS本当にありがとう!








【総括】

きっと賛否両論の名古屋オーラスだったと思います。
私も、すごく楽しかったのですが、
最後に会場中からものが投げ込まれた時、
ちょっと心苦しかったです。
普通に、危ないと思ってしまったのと、
本当に動物園みたいで、なんだかちょっと、
受け入れ難いなと思ってしまったんです。

それから、亮ちゃん。
本当に何があったのか?これから何かあるのか?
そんなことを疑ってしまうほどのハイテンション。
逆にちょっと心配になったりもしました。
どうしたんだろう?って。




でも、


「めっちゃ楽しいー!!!!」



亮ちゃんが最後に叫んだ、その言葉が、


色々思っていたことも、すっ飛ばしてくれました。
亮ちゃんが楽しいなら、それでいい!と思いました。
確かに、芸能人である以上、周りの人に与える影響や、
自分の立場も考えなくてはいけないと思いますが、
やっている本人が、楽しいかどうかということも、
実はものすごく重要なことで、
特に、一般の私達や、他のジャニーズよりも、
ずっと忙しい毎日を過ごしているであろう亮ちゃんが、
こんなにも、楽しいと言ってくれるなら、
このコンサートは、成功だったんじゃないかと思いました。

そして、アイドルとしては、
上半身でなく、下半身を脱いでしまう(笑)ということは、
よくないことなのかな?と思ったりもしたんですが、
私は前よりもずっと、親近感を持ちました。



亮ちゃんも一人の男の子だって。


だから、すごく楽しいコンサートでした。





また来年。いつになるかは分からないけど、
NEWSをここで見られる日が来ると、確信しました。
そのときは、8人で。

もっと弾けたNEWSに、

もっと感動を与えてくれるNEWSに、

会えることを信じています。





NEWS本当にありがとう!


山下さん、ありがとう。

慶ちゃん、ありがとう。



亮ちゃん、大好きです!






スポンサーリンク