本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

KAT-TUNコンサート 東京ドーム デビューコンサート Real Face 2006年3月17日 後半



それでは、後半戦。
こちらも長いです。
それでもいいぜ!という方はこちらからどうぞ。


====


気がつくと、画面に斗真と間違えた誰か(誰かはわからない)
タキシードを着て、マイク片手に何かを話す。



あれ?この場面、どっかで見たことある…



【TEN-"G"】




出た!ここでもやりおった!(爆笑)






「こいつのチクビはサーモンピンク」


って、もうちょっと濃い色じゃねえか!


と爆笑しながらピンクテングを見ると…









股間にテングのお面をあてて、


折れた鼻をピコッ!と立てた…









ギャハハハッ(涙目)






赤西、下ネタ最高!(絶賛)






そして来ました、



「レモン50個分のビタミンC、イエローテング」





またしてもヘン顔



成長してねえ(爆笑)







全員でキメポーズをするんだが、
何故か赤西もとい、ピンクテングの服装が、
唐草模様の下に、シャツ着てるんだよね…
なぜ?と思いながらよく見ると…



ピンクテングの手には上田姉さんのウチワ







爆笑!







聖の「拾えっ」にまたしてもときめき、
亀ちゃんが修二と彰と言ったのに萌え、
ピンクテングのおバカぶりに笑って終わったテングコーナー。



するとあの大好きなイントロが…








【Messenger】




しかも、衣装テング(笑)


ピロピロしたよ!

赤西のピロピロ目線に、ガツンと来たよ!




やっぱり、赤西はエロかラブリーかヘタレがいい!

最高だ!と思っていたら、


赤西がこっちに近づいてきた。





うそーっ!!!!





私は「A」ステージが一番近かったのですが、

次に近いステージは「T」だったんです。


そこに赤西が向かう…




あーかーにーしーっ!






声の限りを尽くして叫ぶと、なにやら曲が終わった様子。
誰かが何か言ってましたが赤西をガン見していたので、
全く覚えていないのですが、


赤西が、テング衣装を脱ぎ、


なにやらジャケットを受け取り、


着ているではありませんかっ!!!










うん?






そして次のアイテム、ビジネスバックが登場した瞬間に叫んだ!







くーろーさーわー!(狂乱)






グラングランになった私に、
Mちゃんの「キャー!」と言う声が届き、
何事かとスクリーンを見ると、




そこには修二の姿が…イヤー!!!!!





でも赤西が!黒沢くんが!
すぐさま目線を元に戻すと、





黒沢明彦です」





くーろーさーわーっ!!



このときばかりは、黒沢黒沢と叫びました。
うっほー。やっぱりこんな新入社員最高!







そして田口先輩


いきなりテニス姿で、スマッシュ!

せ、せんぱーい!!!!



テニスの王子様似合いすぎ!

他にどこを探しても、あなた以外にそれがそれほど似合う人は、
見つけられないなと、本気で思ったそのとき。






目の前の「A」ステージで、

過去の過ちに気づいた上田姉さんが




金髪カツラをかぶって登場。



大爆笑!





ご自分でそう思っていらっしゃるんですか?


もう笑いすぎて、お腹が痛かったです。


なんでこんなにツボなんだ、上田竜也






ひーひー言いながら、スクリーンをみると、







えらく丸いからだの中丸が…







ボブサップ(苦笑)



他にないのか中丸雄一(笑)







そしてお得意のヘン顔。

もう、中丸は一生その線で行ってくれ!





最後は聖。
ドラマの役で登場するのかと思いきや、


ボクサー姿で、イカツイ顔で登場


何だ?と思ったら、後ろに旗を発見。
そこに書かれた文字を見て爆笑!



なんと「亀田聖」




そっくり(笑)




笑いながらも、近くの赤西に視線を戻し、
赤西!こっちに来て!と叫ぶと、





な、なんと!この曲。


【オリジナルブルー】





ええっ!!!マジで!!!


そうか!コスプレ大会はこの曲だ!!!




しかもここで、またしてもミラクル。

Tステージにいた黒沢コスプレの赤西

こちらに向かって歩いてくるではないですか!




あーかーにーしー!



力の限り叫びまくったら、

赤西がにっこり笑いながら、スタンドに向かって手を振る。





もーうっ!最高!!!



しかも「アネゴー」とか言ってんの!
もう、ここにいるじゃないの!anegoが!!!
どうして、こっちに走ってこないんだ、黒沢!
いや、私は黒沢くんよりも、その中身の赤西がいい!



赤西!赤西!



近くに来た赤西は、ニッコリ笑いながら、
ちょいとスーツ姿に照れながら、
嬉しそうに歌う姿が、超美人!
あまりのかわいさに、頭がおかしくなるほど揺さぶられ、
とにかく、気づいてもらわねばと、
飛んだり跳ねたり、手を振ったり大忙し。
しかし、何もアイテムを持っていない私。
さらに、遠い私。赤西気づかずスルー。


うわーん(涙)



確か、このときだったか、それ以外のときだったか覚えていませんが、
私があまりにもぶっ壊れていたので、
お隣の方が、ビビッてしまったようで…
壊れる私の横のMちゃんと目があったそうです。
ツンツンとMちゃんに合図されて、「うん?」と振り向くと、
引き気味の隣の方が苦笑。


大変失礼いたしました。


おまけに、飛びまくっていたおかげで、
着地するとバランスを崩し、前のめりになる私。
しかし飛ぶ方向がおかしいのか、
いつも右斜め前の方の背中に、クラッシュしていました。
本当に申し訳ございませんでした。



anegoクラッシュが通り過ぎた後、
みんなが回ってくるんですが、
ボブサップ中丸がなかなか来ない。
カラダがでかいからか?と思っていたら違った。

ありとあらゆるところで、腹筋を披露(苦笑)

しかも、肉弾ボディでは上手くできず、
ヘン顔をして、ごまかすという芸の細かさ。


100%コントだろ、それ(笑)





そして、修二!

これがまた強烈にかわいかった。

ちびっ子達とまわったりするんだけど、
我らがAとTステージの間で、いきなりコマネチ(笑)
このときが強烈にかわいいの!
おまけにその後、坂田歩きまで披露!
ツボ過ぎて、大爆笑していたら、隣でMちゃんがフラフラ。
「かわいいー!」と叫んでおられました。




その後、まさかの青春アミーゴ




彰がいない…(涙)




「今日は彰くんがいないけどがんばるコン♪」

とか修二は言っていましたが、
私は完全にそのとき



「あきらー!」と絶叫していました。


もしかしたら、会場のどこかにいたんじゃないの?彰?
ならば出てきてくれ!頼む!!!


このとき、修二の後ろで、
ボブサップ中丸と、亀田聖と、テニスの王子が、
青春アミーゴダンス。
笑ったね!

おいおい、黒沢くんはどこだ!
と思って探したけど、いなかった…



そして地元じゃ負けしらずネタ(笑)


亀田聖が修二に向かって、
「お前、地元どこだ」
「と、とうきょうです」
「ならいいわ」



なに、それ(笑)


次に聖、ボブサップに向かって
「お前、地元どこだ」
「と、とうきょうです」
「ならいいわ」



なに、コレ(笑)



最後に聖、テニスの王子様に向かって、
「お前、地元どこだ」
「東京です」
「このやろー」



爆笑!



その後、何故か聖とボブサップの試合が始まり、
攻められると痛い顔をするボブサップ中丸(弱い)
しかしなかなか試合が進まず、
結局審判役のテニスの王子がラケットを使うという反則技で勝利!


コント炸裂(笑)




しかし、なぜ赤西がいないんだ!と思ったら、
理由が判明。







上田姉さんとのコラボ曲 【BUTTERFLY】







遠すぎる…(涙)





ちっとも見えなかったんですけど…



赤西がものすごい衣装だったということと、
スクリーンに映った赤西が超美人だったということと、
非常にロックな曲だったということと、
ギターを弾いていないだろう方に2000点!
ぐらいしか、覚えていません(涙)





この後が、さっぱり覚えていなかったのですが、
【Wilds of My Heart】
【ピカピカⅡ】

を歌ったそうです。
確かに、聴いた記憶はある…何があったんだろう?





そして次が、Mステですよ!Mステ!




すごいよ!カツン!

すごいよ!こんな場面に立ち会えるなんて!




何を話していたのかは、よく覚えていませんが、
全員で、「タモさーん!」って呼ぶ練習したのは覚えてます。
ミュージックステーションが始まると同時に、
スクリーンにテレビで見るMステの映像が映って、
ガーン!とテンション上がりましたよ。
あと仲間さんが画面に映った時、
赤西が「ヤンクミだ!」って言ってた気がする!


隼人ー!!!!(涙目)



そしてカツンの場面。

会場の声援が、ハンパじゃなかった。

「すげえ!」普通にそう思いました。
しかもカツン全員嬉しそう!
家に帰って、Mステ見たらまたしても興奮!
すごいよ、すごいよカツン!




紹介が終わって、このままトークかなーなんて思っていたら、
とんでもない展開に。


今までカツンが出演したMステの映像を流しながら、

一緒にこの場所でカツンが歌います
って








マージーかーっ!!!







大興奮したものの、
あれ?この演出どこかで…亮ちゃんのソロコンだ!
私、カツンコンサートで、

「亮ちゃんだ!亮ちゃんだ!」と叫んでしまいました。



曲目はうろ覚えですが、
Love or Like
Heart Break Club

が流れたのは覚えています。



しかも、今の赤西が、昔の赤西に合わせて、
必死で踊ってるの!いいよ!赤西!

やれば出来る子赤西!!!


さらに気になったのは、中丸の髪型!
長いのね!私、中丸の長髪好きなの!
ときめいたよーものすごくときめいた!



そして、Mステ中継が始まる前にトークに入るんですが…



バックの子達が、自分達の昔の衣装を着ていることを見つけたカツン。



田口先輩の衣装は、誰も着ていないらしい(爆笑)


しかし、その後で更なる事実が発覚!
中丸が「オレのは誰が着てるの?」と聞いたのに無反応。



中丸の衣装も、誰も着ていないらしい(大爆笑)






さらに、ドラマの宣伝をするんですが、

聖、どんな役するの?と聞かれ、



「ヤクザの下で働いている高校生」








似合いすぎ(爆笑)




後、どの会話だったのかは忘れてしまいましたが、
話がぐちゃぐちゃになったところでなんと!

田口先生が、


「そんないつものネタより、

 新しいアルバムの曲やったほうがよくない?」



みたいな、ものすごく説得力のあるまとめを披露。


おおーっ!とカツンも、私も感心する中、

中丸がぼそっと、


「なんか、無理やりまとめられた…」

うははっ!確かに!





そして、新しいアルバムの曲とか、
昔の曲の話になったときに、赤西がピカピカⅡの話を。
この曲は出せないんだなーという話になって、
なんで?と思ったら、





「2番の歌詞が、死ね死ねだんだ」







かんだよ!赤西(爆笑)




そこですかさず「大事なところでかんだ」
と聖に言われ、苦笑する赤西(かわゆー)
「三回謝れ!」と言われ、






「ごめんなさい、



 ごめんなさい、



 ごめんなさい…」








ヘタレ赤西、最高!!




そして、Mステの中継に入るわけですが、
トークの途中で、トロッコやら、オープンカーやら、
ありとあらゆるものが、ドームの中に入ってきて、
これはすごいことになりそうだ!と思った私。


そして!


始まる前に、亀ちゃんがAステージに走ってきた!


キャー!!!!!!




さっそくリフトに乗って、
歌が始まっていないのに、リフトが上がった…





赤西は対角線上。遠い…(涙)




そして、リフトの下のオープンカーには、
田口先輩と上田姉さんがスタンバイ。



中丸も向こう(涙)



私の悲しみをよそに、イントロが…






ギャー!!!!!!



Mちゃんは亀ちゃんが来るものと、
もちろん私も、亀ちゃんがリフトで近くに来てくれるものと思ったのに、
何故かリフトは、客席側でなく、ステージ側に向かって動き、
そのまま下降…



一瞬だけリフトに乗って、
亀ちゃんはオープンカーに走っていきました。



うわーん!




しかし!ここからが本番!
オープンカーが気づくと会場内を走っている。
もちろん、最初にこちら側にいた、
亀ちゃん、上田姉さん、田口先輩が通り過ぎると…




なーかーまーるー!!!!!



しかし、このときのオープンカーのスピードはかなりのもので、
一瞬にして、通り過ぎてしまう中丸。


そして、


あーかーにーしー!!!



風を切って走っていく赤西は、たいそう美しかった。

しかし、速過ぎる…もっとゆっくり走ってくれー!!!



そんなうちに、6台のオープンカーは止まり、
全員ステージに上がったんですが、
ちょうど舌打ちの手前だったんですよ。




赤西が来る!




と思ったその瞬間、





亀ちゃん舌打ちがアップ。







何それ(涙)




舌打ちは赤西のものじゃないのかっ!





会場はキャーキャー!
もちろんMちゃんも隣でキャーキャー!

私は「キーッ!!!」と怒ってました。

赤西の舌打ちが見たいのに!!!!


本当に贔屓でごめんなさい…







そして、興奮のMステが終了すると。



【GLORIA】




ギャー!!!!!!!



本物の赤西を探すも見つからなかったため、
私の頭の中には、グラチャン時の銀狼赤西が映り、
赤亀の美しい歌声にグラグラし、最高でした!



さらに、



【Peacefuldays】

ジャンプしまくりでした!
はっきり言って、
赤西がどこにいたのか、さっぱり分からなかった。
何せ、遠すぎて双眼鏡で見るのに必死。

あと、寝転がってたのって、この曲だったかな?
その前かな?もう分からないけど、
全く自分の席からは見えないところで、
赤西が転がっている映像を見ると、
「キーッ!!!」としか言いようがありませんでした。
ちきしょう!近くで寝転がってよ。
かわいいんだけど、遠いのよ(涙)










そしてラストはやっぱりこの曲。


【PRECIOUS ONE】


赤西は、私とは一番遠い対角線上のリフトに乗っていました。

スクリーンにも映っていたけど、
双眼鏡でも小さくしか見えない、赤西の背中を見てました。
よく見えなかったけど、きっと今こんな顔してるんだろうな、
と思いながら、歌声聴いていました。
スクリーンで見ると、赤西の表情まで見られるけど、
それでは今目の前にいる気がしなくて、
小さな赤西をずっと見てました。




いい曲だなあ。


赤西、よかったね。




そればっかり思ってました。




中丸は、比較的近いKのステージにいました。
私のところからは、横顔しか見えなかったけど、
いつものように、顔を上げて、
キレイな指で、美しくマイクを持って、

一生懸命歌う姿が、とってもステキでした。



二人とも、肉眼で見られる距離にはいなかったけど、
本当にステキな歌声で、感動しました。




ここに来られてよかった。


本当にそう思った瞬間でした。









最後は、全員が手を振って、

「俺たちがKAT-TUN!」



終わってしまうのが、ものすごくイヤだったけど、

「ありがとー!」と言いました。



赤西に、中丸に、カツンに。









しかし、当然のように皆様が帰るわけもなく、
会場から大きな手拍子が。

素直に、すげえ!と思いました。










そしてアンコール。



【ハルカナ約束】






ここでまたしてもラクル!!





赤西が、Aステージに走ってきた!





イヤー!!(錯乱)





声の限りに叫んだよ。

赤西、赤西、赤西、赤西、赤西ー!!

(きっとこのときに喉を潰したと思われる)





ありえないほど美人(鼻血)



うっすら汗をかいた赤西は、
ニコニコ手を振りながら、指をさしながら、
流し目を送りながら、嬉しそうに歌っていました。



そして、ここで最高にかわいい場面に遭遇。




Aステージの先端にある、リフトに乗った赤西。

リフトを回す人は誰もいないのに、
自分で乗って、自分で柵を下ろす。

そして、きっとスタッフさんに向かってだと思うけど、



歌いながら、リフトを指差し、


首を傾げがちに、




「いい?」




とか言ってるの。






最高潮にラブリー!






しかしスタッフさんが答えてくれないのか、

再度、首をかしげて「いい?」のポーズ。

ちょうど、そのスタッフさんがいる方向が、
赤西のリフトから私の席側で、
そのかわいらしいしぐさも、表情も、
しっかり肉眼で見える距離なんですよ!!!!





かわいすぎるっ(絶叫)




ところが、赤西がそれだけアピールをしたにもかかわらず、
誰一人スタッフの人は来てくれず(苦笑)


一人寂しく、うつむく赤西。






最高(涙)






このヘタレさ、というか落ち込み具合が、

相手にしてもらえない子犬みたいで最高にかわいいの!


首をがくんっ、と落として下を見つめ、

マイクも下ろしちゃって落ち込んでるの。


そんな演出もむなしく(笑)結局上げてもらえず。


寂しそうに、リフトをつたって下に降り、
スタッフさんの方に向かって歩いていくと、
「ダメ?」ってまだ聞いているような赤西が、
愛しくて仕方がありませんでした。

リフトが上がってきたら、もっと近くで赤西を見られたけど、



そんな子犬赤西を見られただけで私は幸せ!



しかし、そのリフトがダメだったせいかどうかは分かりませんが、




赤西、私の前ではなく、

他の皆様の前で、大暴走(涙)




ネットの上に、ギャーン!と上がってみたり、
お客様に手を伸ばすは、カラダを向けるは、大サービス(涙)







最後は【She said】

このときは、全員グルグル回ってくれました。
とにかく必死で、双眼鏡で探していました。
やっぱり、最後だ!と思ったら赤西ばっかり追いかけてた。
中丸は、お得意のラブリーお手フリをしてました。


そして最後に

全員で集まって、6人で手をつないで


「ありがとうございましたー!」




とっても、嬉しかったです。
ここで、中丸がいつもの「ピスタチオ」って言って、
失笑したのを覚えています(笑)








でも、まだ鳴り止まない拍手の中、

もう一度、6人は出てきてくれました。




「今日は本当にどうもありがとう!」



手を振る6人に、私も言いたい。







本当にありがとう!



そして、おめでとう!!










【総括】

長い、長い5年間を経て、
新しいスタートを切る彼らに、
本当にふさわしい、幕開けだったと思います。


確かに豆粒でしたし、
走り回りすぎて、どこにいるのかさっぱり見えず、
消化不良だったところもありますが、
このライブだけでなく、結成してから今までが、
ずっとこの準備だったとも言える今回のドーム。
これから全国ツアーが始まりますが、
その先駆けのこのドームに来られたことを、本当に幸せに思います。

赤西、ソロで落ち込んでごめんね。
豆粒って文句言ってごめんね。



でも、本当に心から言いたいのはこの言葉です。






本当に本当にありがとう!




これから6人が大きく大きく羽ばたきますように♪



スポンサーリンク