本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

錦戸亮ソロコンサート 大阪城ホール 2006年1月9日 愛と涙の後半



さて、後半戦。
こちらも、前半戦に負けないほど、
いや、何度も意識が飛びかけた後半戦。

こちらも長いです。
それでもいいぞ!という方は、
私の愛と涙の記録をご覧くださいませ。

====



今日、昼休みに炭酸飲んで思い出したんだけど、
確かFIVEとのトーク中に水を飲み、

「やべー、今、ゲップ出そうになったわ」

と笑った亮ちゃんの横顔が、強烈にかわいくて、

ゲップごと、飲み込んでやるぜ!!!

と思ったことを思い出しました。
中途半端な追記です…



さて、気を取り直して、前半の続き。


FIVEのみなさんの演奏のあとは、お待ちかねわれらが亮ちゃん。

リフトに乗って登場!
このときの曲が分からなかったんですが、
【出会いは偶然、別れは必然】らしい。

このときの衣装が、白ベースに金がいっぱいついた衣装なんだが、

これが好みど真ん中!!

ノースリーブなんだよ、細いけど、いい腕してるのよ。


遠いのが悲しい。近くで見たい。
双眼鏡で亮ちゃんの後姿をガン見。ああ、ステキ(涙)




真ん中ステージに降り立った亮ちゃん。
なぜスクリーンを見ているのだ?、と思ったら。



来たっ!!!やつらが来たっ!!!



すば&丸



「せめて、ひとひらの、花びらを、持つと…」




Spirits!!再び!!





ギャー!!!!!!





テンションMAX!!




はっきり言って、覚えてません(爆)
テンションがあがりすぎて、MAX超えてしまったので、
とにかく笑った記憶しかない。



そしてそのテンションへさらに追い討ちが…



【好きやねん。大阪】




キターーーー(゚∀゚)ーーーー!!!




Mちゃんと大絶叫!!!!!

とにかく踊る踊る!!!
一人好きやねんを踊る亮ちゃんがこれまたかわいい!!!

「このまち~♪」

手をグーにして振るところなんだけど、
いつも前からしか見たことないその場面を、真横の席から、

亮ちゃんの足が、うしろにぴょこぴょこ跳ねている
のを見て、
踊りながら、お腹が痛くなりましたよ。
かわいすぎる!!!!


コントにエイトが映像で参加。
これがまた最高!!!!
エイトが亮ちゃんにメッセージを送るんだけど、
そのうち、すばちゃんと丸ちゃん

「パーン!」

「パーン!」

「パーン!」

「パーン!」




パーン!の嵐(大爆笑)



おまけにその後ろで、
大倉さんはお腹が減ったのか、ずっとつっ立ったまま腹をさすり、
安田さんと村上兄貴はテンポよく、殴り合いコント。
それを止める『フリ』の横山番長(笑)
とにかく、笑いすぎて、お腹が痛かった(笑い泣き)

そしていつも、横山番長の言う「好きやねん」

亮ちゃんが
中国語で「ウォーアイニー」と、

ささやき「好きやねん」

ええ、ひっくり返りました。


そんなこんなで曲が終わっても、
われらがエイトは笑わせてくれました。
もう、無理無理、衛星中継っぽく乱入。
「会場はどうですか?」とか聞くわけですよ。
いつ、ネタあわせしたんだ?というぐらい、
ものすごい「間」が合ってて、感心したよ、私は。
そして横山番長の
「オレ、こんなわけ分からない仕事、久々ですよ!」みたいなセリフで、私は撃沈。

横山番長!大好きだー!!!!!




って叫んでて、ふと気づくとそれを一人で見つめる亮ちゃん
ステージにちょこんと正座して、エイトのメッセージ聞いてるの。
顔が見えなかったけど、嬉しかったんだろうなーと思って、
なんだか、小さく見えて、でも大きくて、
とっても嬉しいような、切ないような気持ちになりました。
エイトに愛されているんだなと。


そんな風に感慨にふけっていたら、
横山番長から、嬉しすぎる指令が…

「一人のお客さんにピンポイントで好きやねんと言え」

亮ちゃんはテレながら、困りながら、
ウロウロどうしようか迷っていたんだが…



とんでもないことが!!




なんと!!!




なんと!!!




私のいるGブロック前に




亮ちゃんが走ってきた!!







あーあーあー!(絶叫)




亮ちゃんが私の元に!!





階段を一気に駆け下りようとしたら、
ちょっとだけ、左前のお客さんに、
ターゲットロックオンしてしまった亮ちゃん!!!


一歩遅かった(ショック!)




いかん、亮ちゃんから目をそらすな!




私は、半径3メートル内に立つ、
その、男前過ぎる亮ちゃんを必死で見つめた。


亮ちゃんの顔が、ありえないぐらい真剣。


美しさに、息を飲んだそのとき…






「…好きやねん」













昇 天









走り去る亮ちゃんの背中を見つめながら

本日三度目の腰砕け…まさに崩壊。

完全に膝から落ちました。



言われた人が、その後どうなったかなど知りません。
近かったので、見ようと思えば様子を伺えたのですが、
私が崩壊してしまったので、それどころじゃありませんでした…


神様、ありがとう。
あの距離で、あの亮ちゃんの真剣な表情と、
あのセリフを聞けただけで、私はもう十分です(感涙)


でも、私の周りの人も、誰一人崩れ落ちていなかった気がする。
なぜ?どうして?なぜ?




それでも錦戸さまは、さらに追い討ちをかけてきました。
崩壊した私の脳を揺さぶり続けるのです。



【強き心で行け】



このとき、またしてもスタンドマイクだった気がするんだけど、
何せ、思考が崩壊してしまった後なので、よく覚えてないんです。


亮ちゃんの高音聴いて、さらに思考がトリップ。

おまけに、亮ちゃんが踊る踊る。
なんかもう、これでもか!という攻撃に、



勘弁して、もう勘弁してー



髪の毛をつかみながら、叫んでました。
さらに、なぜかレーザービームのようなものを取り出し、


会場に向かって、レーザー攻撃!
これを攻撃と言わずしてなんと言う!!!!




「私を撃って!!!」と叫んだのも当然です。


また、隣の人に見られましたが、そんなことはどうでもいい。

亮ちゃんに撃たれて死ぬなら本望!!





でも、でも、でも
攻撃の手を緩めることはないの。


【恋焼け】




失神寸前!!!!



最初の叫び声吐息で、また膝から落ち
CDなんかよりずっとずっと力強い歌声に、眩暈が起きた。




「YEAH!!!!!」





あああー!!(絶叫)



しかし、ここで終わらなかった!!!!





なんと!




またしても!!




恋焼けのサビ部分を、




われらがGブロック前で!




ひいぃぃー!!




もう、ほんとに、どうなってるの???

さっきの告白とは、まるで違う、
男らしい、力強い亮ちゃんの表情に、
どうしたらいいのか、分からない。



もう許して、お願い(涙)



その後、【ジュリア】【Stand Up】とかロックな曲が続きましたが…
私は半狂乱になって踊り狂うだけでした…


おかしくなってしまった私の心に、

「最後の曲です」との亮ちゃんの声が…


泣きそうになった目に映ったのは…ギター!!!




また、【Heavenly Psycho】

一番好きな歌だからと、ちょっとテレて紹介する亮ちゃん。
FIVEと一緒のバージョンで、立ってギター弾くのね。
前から見た姿もステキなんだけど、
横から見た、
マイクに近づくように、ちょっとだけ前かがみになるその姿が、
あまりにもステキで、
曲に、亮ちゃんの声に、その姿に、
涙が出てきて
、大変でした。

本当にいい声だなと、いい表情で歌うなと。
いちアイドルじゃなくて、このときはもう既に、

ミュージシャン錦戸亮を好きだと思いました。



「ほんまにありがとう!」

の声とともに、ステージを降りる亮ちゃん。
イヤだーと思ったその直後から

亮ちゃんコールが!!!!

なんか、すごく嬉しかった。
亮ちゃんも言ってたけど、会場の人がみんな、
亮ちゃんのために集まってくれたんだと思ったら、
感謝しなくちゃ、と思って泣けてきた。


「ありがとう」

そう言いながら出てきた亮ちゃんは、

「アンコールやけど、

コレを歌います(笑)」
みたいなコトを言って、



レミオロメン【3月9日】を。

ここで、モニターに遥斗くんが映し出されて、
1リットルの涙の回想シーンがずっと流れるんです。

でも、私は、その隣の、

微笑みながら歌う亮ちゃんを見てました



目元が心なしか潤んでいて、すごくキレイだった。
そんな少し、泣きそうな瞳なのに、

歌う表情は笑顔なの。ものすごく優しい笑顔。

遥斗くんの笑顔も優しかったけど、
亮ちゃんのこのときの柔らかい笑顔が、
本当に本当にステキで、泣けて仕方ありませんでした。


歌い終わった後、
1リットルの涙に出演したことで、
いろんなことを考えさせられた
という亮ちゃん。
みなさんも、みなさんなりの正解を見つけてください
というような、メッセージをくれました。
亮ちゃんの人生に影響を与えたドラマを見て、
私も、少なからず影響を受けることができたのかな、と思って、
幸せな気分になりました。



そして、そのドラマの影響を受けて、

亮ちゃんが作ったという【盲点】

スローテンポの曲なのかな、と思いきや、
意外にアップテンポで、逆に嬉しかった。
ロックな亮ちゃん最高!!!
最後に緊張したのか、嬉しかったのか、
歌詞がいっぱい飛んじゃってたけど、
「ひとつひとつ拾い集め」って一緒に歌えて嬉しかった。
「失う君」「与える僕」っていう歌詞があったと思うんだけど、
私は、亮ちゃんにいろいろなものを与えてもらってるなと思いました。
私からは、何にも与えてあげられないのが、悔しいなとも思った。



そして、ダブルアンコール。

【Secret Agent Man】

NEWSは出てこなかったけど(ちょっと寂しかった)

会場を走り回って、お礼をする亮ちゃんを見て、

またまた、涙が出てきました。


FIVEのみなさんもおつかれさまでした。
亮ちゃんを最後まで支えてくれて、ありがとう。
そして、最後の最後に

「またこの5人でやります、

そのときは絶対に来てください!」

って言ってました。そこで再度泣きました。



「ありがとー!!!!」



と言って、舞台を降りる亮ちゃんの後姿を見て、思わず



「好き」



と口から出ていました。
Mちゃんに笑われましたけど…




このダブルアンコールのときか、アンコールのときか忘れちゃったけど、
亮ちゃんが土下座に近いお辞儀をした記憶があるんです。
そのとき私自身感極まりすぎて、よく覚えていないの。
でも、
亮ちゃんが、ものすごく心を込めて、
お客さんにお辞儀をしていたんです。
きっと、本当に嬉しかったんだろうな。

私にはそれが土下座に見えたのかもしれない。
そのぐらい、深い、深いお辞儀でした。





またひとつ、大きな階段を上ったであろう亮ちゃん。
ドラマの仕事も立て続けで
エイト、NEWS、ドリボの練習もあって、
本当に寝る間もないぐらい働いているだろう、彼が、
どれほど、大変な思いでこのライブに臨んだのかを考えると、
頭の下がる思いがします。

何度も、何度も頭を下げて、
これだけの会場を埋め尽くす人達に、伝える、

「ありがとう」という言葉の重さが、心に沁みて、

これからも、本当に精一杯、応援していきたいと思いました。


亮ちゃんに「ありがとう」なんて言ってもらって、
私はもったいない気がします。
何千回、何万回言ったって、足りないけど、
この言葉で、亮ちゃんのソロコンサートへの、
気持ちを伝えさせてください。




亮ちゃん、


本当に、ありがとう


また次も、


絶対に会いに行きます。







■総括■

ジャニーズのコンサートはカツン以外初めてでしたが、
何度も何度もDVDを見倒した印象とは、
大きくかけ離れたコンサートでした。

ジャニーズじゃなかった。錦戸亮」だった。

エイトでもNEWSでもない。
亮ちゃんが記者会見で言ったように、
もしかしたら、本当にいちばん「素」に近い、
亮ちゃんに会えたのかもしれないな
、と思いました。


そして、一番印象的だったこと。



強烈にかわいい。



男前で、男らしい部分もたっぷりあったんだけど、
とにかく話す言葉も、しぐさも、
何もかもめちゃくちゃかわいい。
見ている間中、口癖のように
「かわいーかわいー」言ってました。
分かりきっていたことですが、大好物です(ラブ)





そして、残念なこと。




亮ちゃんと、


目が合わなかった(涙)





どうして?どうして?
私の愛が、足りないの?





どれだけ愛したらいいの?






※余談※
ちなみに、ソロコン終了後、疲れすぎて、休憩した私とMちゃん。
Mちゃん曰く「おもしろかった」らしい。
錦戸さまじゃなくて、私が(笑)

しかし、なぜ、会場にいた人々は、
ヨロヨロになったり、倒れたりしないのだろう?
私は、心底、そこが疑問だった。
「私も倒れたぜ!」という同士の方がいらっしゃったら、
是非、教えてくだパイ。



スポンサーリンク