本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

1リットルの涙

最終回。

泣きに泣いたこのドラマ。
本当にいろいろなことを考えさせられました。
家族を思う気持ち、
好きな人を思う気持ち、
人に対する思いやり。

もしも愛する人が病気になったら、
もしも自分が、愛する人に面倒を
みてもらわなければならない病気になったら。


結婚した時のことを思い出しました。
そのとき彼氏だったダンナが転勤になり、
結婚話が持ち上がりました。
まだまだ結婚なんて全く考えていなかった私。
夢を持つタイプではなかったので、
結婚はあくまで生活であり、
相当な努力を必要とするだろうから、
まだ私には無理だなーと思っていたんです。

でもせっかく、結婚話が出たのだからと、
彼のことを考えてみました。
生活、経済状況、愛情が続くかどうか…
なんとなく行けそうだと思いましたが、
まだ納得できなかった私。

そこで不謹慎な想像をしたのです。

「彼がもし、事故で下半身不随になったら」
「彼がもし、若年性のアルツハイマーになったら」
「彼がもし、犯罪者になったとしたら」

答えは「大丈夫」でした。
そうなっても、私は彼を好きだろうと。
彼と一緒に、笑って暮らしていけるだろうと。
もし私を忘れたとしても、もう一度好きにさせてみせると。
どこからそんな自信が出てくるのかは分かりませんでしたが、
私はそう思ったのです。
だから、結婚を決めました。

結婚式の誓いの時に言う言葉がありますよね。
「健やかなるときも、病めるときも、
 生涯相手を伴侶とし、愛すると誓いますか」
私はそのとき「誓います」ではなく、
「努力します」と言いたいとお願いしました。
実際にそういう状況になったときには、
きっと相当の努力が必要だと思ったんです。
そして、その努力を精一杯したいと。
ええ、止められましたけど(笑)

結婚して3年。
今でもその気持ちは変わっていません。
反省しながら、努力をしている毎日です。
芸能人に浮気しっぱなしの私でも、
彼は格別に大切な人です。


そのことも含めて、改めて、
1リットルの涙」で考えさせられました。
人を愛する意味、そして人が生きる意味。

アヤさんは、
強い人であったと同時に、
愛情を与えることのできる、
素晴らしい人だったんだなと思います。
そして、自分が生きる意味を見つけられた人だと。

私も、自分が生きる意味はコレだ!と
私ができることはコレだ!と
胸を張って生きる人生を送りたいと思います。


出演者、スタッフのみなさま、
本当にステキなドラマをありがとうございました。

そして亮ちゃん。
アヤさんに夢と希望を与えてくれる、
遥斗くんをステキに演じてくれて、
本当に本当にありがとう。
あなたが、この作品を通して、
今よりもっとステキな男性になるだろうことを、
私は信じています。




ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク