本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

映画「累-かさね」における、横山裕についての超個人的考察 

横山さんが出演する映画は、初日に劇場に足を運ぶ、が信条のはちです。行ってまいりました、横山さんが「がっつりラブシーンで新境地」と謳い文句のこちらの映画。

超絶個人的感想です。おまけにネタバレがっつりしております。私の思ったままの感想です。自分の好きなアイドルが、女性と絡むのが苦手だったり、嫌悪感を持つ方は、おそらく受け入れられないと思いますので、ご注意を。無駄に長いです。ネタバレも絡みも個人的な感想でもまったく気にしない!という方はどうぞ。

 

 

ざっくりなあらすじ

伝説の女優・淵透世(檀れい)を母に持つ少女・累かさね(芳根京子)は、母親ゆずりの天才的な演技力を持って生まれながらも、容姿は母に似ず、顔の大きな傷にも強いコンプレックスを持って生きてきた。そんな彼女に母が遺した一本の口紅。 その口紅は、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていた――。 一方、美貌を持ちながらも、決して他人には言えない理由により花開かずにいる舞台女優・丹沢ニナ(土屋太鳳)。 彼女は、女優として大成することに異常な執念を募らせながら日々を過ごしていた。 ある日、累は母・透世に世話になっていたという男・羽生田はぶた(浅野忠信)を通じて、ニナと出会う。“美貌”と“才能”、自分の足りない部分を埋めるように導かれ、出会った二人。互いの目的の為、口紅の力を借りて、入れ替わることを決断する。 ニナの“美しさ”と累の“演技力”、どちらも兼ね備えた完璧な女優“丹沢ニナ”は、一躍脚光を浴び始める。 二人の欲求が満たされていく。しかし、二人がともに恋に落ちた一人の演出家・烏合(横山裕)をめぐり、秘密の共同作業に亀裂が生まれる。

 

横山さん抜きの感想(超ライト)

原作も未読で行きました。簡単なあらすじだけを見て行ったので、「和製フェイスオフってことね」と思っていたのですが、キスでお互いが入れ替わるので、ちょっと違いました。かなりドロドロ。女の嫉妬って怖いなあ、と思いました。そして土屋太鳳ちゃん、身体で表現することが本当に上手。最後の舞台とかダンスのシーンは素晴らしかったです。イメージとして朝ドラやら青春ものが抜けないので、性格悪い役なんてできるんだろうか、と思いましたが、ちゃんと嫌な女でした。芳根京子ちゃんも嫌な女でしたね。傷があってもキレイな人なので、劣等感って言ってもなあーと思ってましたが、きっちり劣等感丸出しで迫力がありました。二人が何度か入れ替わるんですが、それが一瞬で判断できる。二人とも本当にすごかったです。ま、一番嫌な女で怖いのは檀れいさんだったと思いますけど。

 

 

本当のヒロインは横山裕だと思うに、一票

ニナ役の土屋太鳳ちゃんのことを、劇中の中ではみなさん「美しい」「美貌」と言っていましたが、本当に最も美しい人は横山裕さんでした。むしろそれで間違いないと思います。二人の若手女優より、ずっと色が白く、お肌が透き通っていて、赤い唇が目立つ透明感のある佇まい。おまけに、黒髪でアンニュイな雰囲気を前面に押し出しているので、画面いっぱいに横山さんが登場すると、見ているこっちが呼吸困難。「やばい、死ぬ。美貌にやられて、死んじゃう」のレベルで美しいです。

また、似合う衣装をチョイスしていただいたおかげで、横山さんのうっすらなで肩とか、ちょい猫背とか、そういうものさえ、ただの「美しさを際立たせる演出」になっており、見てるだけでマジ呼吸困難(2回目)。テロンとした上着、大好物です。もう少し横山さんはふっくらしている方が好みではありますが、最近細身のその体も、ふんわり包まれていて、とても美味しそうです。衣装さん、ありがとうございます。

そして、演出家という演出上、目の前で演技が行われている際、横山さんは「手を組んでそれを見守る」ポジションを多くとるんです。それがまた絶品。美しく長い指で(横山さんの長い指愛好家のため指への執着が酷い点はご容赦ください)、自分の顔を少し隠しての、あえてのチョイ見せ。それはあれですか?出演者が演出家の美しさにめまいを覚えてしまう弊害を、阻止するための防衛策なのでしょうか。もうそうとしか思えない。だって、そこに出てくるどの人よりもキレイなんだから!さらに、ニナちゃんをお店の外で呼び止める、というシーンがあるのですが、そこで横山さん、ニナちゃんの肩に手を置くのです。後ろから。後ろからですよ、なんというニクい演出。もう、横山さんの顔もニナちゃんの顔も見えず、その指がその後、どのような軌跡をたどるのかばかり気になって、ちっとも集中できませんでした。というか指にしか意識が行っておりませんでした。申し訳ありません。

横山裕=美、という図式が完璧すぎて、「美しい」と劇中で言われているニナちゃんが普通の子に見える不思議。これって、私の目がおかしいのでしょうか。いやいや、結構かなりの観客の方が「お、横山裕って、キレイだよね」と思っていると思われます。新進気鋭の演出家。しかも恐ろしい美貌の持ち主。近年、横山さんのポジションが「憂いを秘めた美しい人」というところに落ち着いてきたのは、その美貌ゆえと分かっていますが、ここまで真正面から「美しさ」を押し出されると、見ているこっちは過呼吸気味になります。それで息の根が止まってしまうなら、本望だけども。むしろ、もっとクレ、横山さんの美貌を!と切望しておりますけども。

しかもですよ、その美しさゆえに、二人の若い女の子の心を奪ってしまうわけです。なんという。もう、これ、横山さんがヒロインじゃないの。私のために争わないで、ってそういう図式でしょ?それってヒロインポジションでしょ?そうでしょ?さらに、顔が入れ替わった二人に、空気感で気がつく勘の良さも持っています。とんでもねえヒロインですよ。透明感があって、影があって、隙がなくて、勘がいい。なんというヒロイン像。もう私は確信しました。この映画、横山さんがヒロインで間違いないと。(あえてヒロイン連呼してみました)

がしかし、横山さんが登場したのは前半のみ(あれ?)。私は横山さんが出ている!というだけで鼻息も荒く参戦したので、よく確認していなかったのですが、横山さんはなんと「特別出演」だったのです。後半は全然出てきません。待てど暮らせど、ヒロインは二度と登場しないのです(涙)。ただ、ほの暗い印象の映画の中で、際立って透明感があって美しいので、演技はさておき、印象には残るのではないでしょうか。是非、横山さんの美しさを堪能したい方には、観ていただきたいと思います。出番少ないけどね。

 

そして、この後は問題のラブシーンについてです。

はっきり言おう、不満だ。

 

 

「ガッツリ」がキスシーンだけ、というのはいかがなものか

 映画が終了し、エンドロールが流れ始めた時に私が思った事。「え?横山さんのラブシーン、どこ行った?」でした。マジで、どこ行った?ガッツリという言葉を、いろんなところで見聞きしたはずなのですが、一体どこに?

既に映画を観た人の感想でも「ヨコがガッツリラブシーンだから、担当の人は気をつけて」「観ない方がいいかも」なんて書いてあったので、それこそものすごいワクワクして観に行ったのです。どんな新しい横山さんが見られるのか?これは私、映画館で爆死かもしれん。遂にその時が!!!と意気込んで映画館に足を運んだ訳です。しかし、終わった後の感想は「ラブシーンどこ?」。こんなことってありますか?どうなんですか!(涙)

で、よくよく思い返してみたところ、横山さんのラブシーンと考えられるシーンは二つ。

 

  1. キスもした事のないニナちゃんに、演技指導か疑わしいファーストキス
  2. 演劇稽古前に、楽屋で交わすキス

 

以上。以上なんです(涙)

 

確かに、キスシーンはいままでの横山さんからすると攻めておりました。頭の後ろを引き寄せるポジショニングについては、横山さんが意外と見せてくれるので想定内。ただし、これまではキスも触れるだけだったり、軽く一回だったりしたのが、連続で何回も、おまけにディープ。水音あり。だったので、これが「ガッツリ」と言われればそうなの、かもしれない・・・いや、そうなのか?ディープキスはガッツリに入るのですか?え?どうなんですか?そうなんですか?私の見解がおかしいのですか?ティープキスってガッツリラブシーンに入るんですか!!!

私の「ガッツリラブシーン」に対する、期待値が高すぎた事が原因なのは百も承知です。「がっつり」と「ラブシーン」が入った事で、私は勝手に「ヌード(絶対条件)」「絡みあり」と勘違いしたのがイケなかった。そうだった、横山さんはジャニーズ事務所所属だった。しかも女優/ヒロイン扱いだった。そんな事がある訳なかったのに!もしかしたら、女性と自分が好きなアイドルが絡むのは許せない!とか、受け入れられない!という方には、今回の映画のキスシーンもきつかったかもしれません。がしかし、キスシーンが始まった途端、「行け、もっと行け!ここで押し倒せ!」、横山さんの雄の部分を過大に期待し、応援しながらみていた私としては、凹むラブシーンでした。

だけど、それよりももっと、何がいちばん凹んだかって、ここですよ。「鳥合さんが、私を抱いてくれたの。私が初めてだって事にびっくりしてたけど」と、ニナちゃんの顔をした累ちゃんが言うセリフ部分。

 

 

なに?抱かれただと?

 

私、見てませんけど!!!(怒)

 

そのシーン割愛とか、なんて非情(泣)

 

 

私が求めていたのは、まさにその「抱かれた」部分。その真最中が、セリフだけで終了ってどうよ。おまけにその時には、既に二人は別れているという展開。もうなんなの?どういう事なの?することしたのなら、それを見せなさいよ。私はまさにそれを今、見に来てるんでしょうよ。横山さんのガッツリ男の部分見せてちょうだいよ!私が期待していた部分をすっ飛ばし、セリフで終わらせ、おまけにもう別れているだって?なんだ、それ、もうそんなの、

 

 

横山さん、当て馬じゃないか(号泣)

 

 

それでも、エンドロールが流れるまで「まだ、ワンチャンあるかも」とかすかな期待を抱きながら見ておりましたが、横山さんは二度と登場してくれませんでした。記憶の中だけでニナちゃんは抱かれ、私はその記憶のおこぼれすらもらえないという悲劇。劇中のサロメとかより、よっぽど悲劇。

勝手に勘違いして、勝手に猛烈な期待をしてしまったがゆえに、終わった後の残念度と言ったらハンパなかったです。私はいつでもどこでも言っておりますが、「その人本人のクセまで想像できるぐらいのラブシーン希望」派です。当然演出だと分かってはいますが、そこに1ミリだけでも本人のかけらを見つけたい(必死)。常にそういったシーンが転がっていないかと、日々期待しております。そして、それを自分と男前との妄想に置き換えられないかと、果てしない野望を抱いているのです。ところが、その期待は、いつも結構な確率で空回り。もう何度それを経験した事か。しかし、私は懲りないのです。学習しないのです。だって常に野望を抱いているから。

 

今回も見事に外れました。見終わって、凹んだ後に、「そうだよね、横山さん、ジャニーズだったよね」と我に返り反省。他に映画を観た方々は横山さんのキスシーンに関し、「やばかった!」「発狂した」などの感想を残されていますが、「キスシーンしかなくて残念」という感想は見ませんでした。そうですよね、みなさん、アイドルにそんなラブシーンを期待してないですよね。むしろ想像だけで終わるほうがいいんですよね。そうですよね、分かります。私の期待値がおかしいだけです。

そして、昨年も同じように大興奮して期待し、それが外れて凹みまくった事件を思い出しました。ちょうど昨年のこのぐらいの出来事です。anan横山さん特集。そうだった、あれもそうだった。猛烈に期待して、猛烈に凹んだんだった。またやっちまったよー。勝手にものすごいの期待して、勝手に落ち込むの、もうやめようと思ったのに、またやっちゃったよ。本当に、このループ、なんとかしないと。だけどきっと、またやってしまう自信はあります。だってそれが私の野望だから。

 

横山さんのラブシーンについて、過度に期待している方は、どうか期待を最低限にまで抑えて劇場に足をお運びください。あのシーンだけでも、自分の妄想に置き換えることはもちろん可能ですし、実際に私も脳内再生したところ、「うむ、結構使える」とは思っていますが、私が求めていたレベルには到底追いつかなかったのは致し方ありません。期待値が高すぎると、こうした弊害が起きます。まあ、アイドルとしては当然の結果なので、悪いのは私です。分かっております、自重いたします(反省)

 

そういえば、ananの横山さん特集について、鬼のように書きなぐった記事がアップしていなかったので、また折をみてアップしたいと思います。なんならこれよりひどい感想文です。期待度が高すぎて、凹んだ度合いがハンパなかったので。私のエロ期待値が、女性のものではないレベル、ということをananでも認識したのですが、今回も改めてそれに気付かされました。

 

期待しすぎないように期待して、横山さんをこれからも全力で応援していきたいと思います。横山さん、大好きです。是非次回は、絡みありで(小声)

 

スポンサーリンク