本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査 2018年7月16日 第2話

 

絶対零度、第2話。

初回は「これが絶対零度なのかなあ」

と思っていましたが、

2話になったらそんなもの気にならなくなりました。

絶対零度だとか関係なく、普通におもしろい。

今回もがっつり横山さんよりの感想です。

 

スーツはグレー

不法侵入の横山さんの横顔が美しい!!

(不法侵入、ダメ、絶対)

白い手袋がお似合いで。

積極的に裏捜査を進める横山さんがかっこいいです。

前回の衣装もそうでしたが、今回もスーツはグレー。

色の白い横山さんによく似合う。

スーツの色については、また別途述べたいと思いますが、

今回の横山さんも頬を何度か撫でているのです。

横山裕の指フェチが、やっぱり製作陣にいるのでは・・・

 

指でコツコツシーンも多いです。

当然、追跡時は骨伝導電話が大活躍。

しかし、突然の不意打ちでびっくり。

追跡者が急に振り向こうとしたので、

横山さんが翼ちゃんを急に抱き寄せたのです。

後ろから!ガバッと!キャー!!!!

それに動揺する翼ちゃんに、

「おい、大丈夫か?」

やだ、横山さんの低音ときめく。

 

グレーのスーツ、白い肌、黒い骨伝導時計。

本当に横山さんって、美しい人ですね。

しかし、今回の本当の見せ場は、この後にあったのです。

 

 

山内くんのほのかな恋心に絶叫

ひとりで捜査を進める横山さん。

上戸彩ちゃん演じる桜木さんが焼死体で見つかって、

それに、ショックを受けているわけですが、

憂いのある表情が、まあステキだわ、と思っていたら。

 

桜木さんが銃の訓練をしている過去に、

横山さんの意識は飛んでいきます。

生活のほとんどが捜査という彼女と話す場面。

 

桜木さんの話を聞いていた山内くんが、

普段、笑わないのに、笑った、と思ったら。

 

「いや、こりゃ、一生独身コースだなあと思って。」

「はあ?」

 

上戸彩ちゃんにそう言われた横山さんが、

座っている彼女に近づいてこういうのです。

 

 

「まあ、そんときは、

 オレがもらってあげましょうか?」

 

 

ゔえええー!!!!!

なにそれ!!!!

 

 

リアルに声が出ました。

おまけに、むせた。

驚きすぎて、激しくむせた。

なにそれ、なにそれ、なんなのその設定!

山内くんが桜木さんに恋心を抱いていた、

という裏設定があったんですか?それ、なんすか。

ただのバディとしてだけでなく、

女性として彼女の行方を追っていたということですか?

なんすか、それ!最高なんですけど!!!!

 

そんな昔を思い返す、山内くんの横顔。

長いまつげがアンニュイです。

ぽってり赤い唇がセクシーです。もうなんなんすか。

これ、襲ってくれって言ってますよね?

違いますか?違いませんよね。

コーヒー飲んでごまかしても無駄だぞ。

もう私、見ちゃったから。

山内くんの恋心、感じちゃったから!

 

照れ隠しで、冗談ぽく本音を漏らす。

これ、横山さんにぴったりだと思いませんか?

むしろ、この部分だけ横山さん本人じゃないですか?

しかも、椅子に座っている上戸彩ちゃんに近づき、

立ったまま、腰をかがめて顔を近づけていうわけです。

もう大好物以外のなにものでもない。

これひとつで、妄想が書けそうなぐらい素晴らしかったです。

 

 

でもやっぱり指がキレイ 

雨カッパと双眼鏡で対象者を監視しているのですが、

双眼鏡を持つ指の長さがたまりません。

カーキのTシャツ着た横山さんが、

腕を組んでいるんですが、その時の指!

女性っぽいキレイな指ではなく、

男の人の、きちんと筋があって、

長くて、ちょっとゴツゴツした指。

本当にこのドラマは、横山さんの美しい手を、

堪能するためのものな気がしてきました。

 

桜木さんの死因が捜査されず、

そのままになってしまうのを阻止しようと、

脅してまで、再捜査をお願いする山内くん。

「真実を突き止める」という桜木さんの意思を、

引き継ごうとする姿勢が、見えてきました。

それにしても、光を飛ばした中での横山さん。

白く映えて、美しいわあ。

 

桜木さんの遺品を確認する時にも、

横山さんの指が見放題です。

指も美しいが、手の甲もいい。

やっぱり最後まで、指を見てしまうのです。

 

 

最後の恐怖「お天道様は見ている」

今回の事件の真相は、本当に切ないもので、

善人が殺人を犯そうとして、

悪人が守られるという展開でしたが、

殺人を未然に防ぐ際の沢村さん、よかったあ。

そして、ドラマの展開としてもとてもおもしろかったです。

 

だけどこの話のラスト。

 

最終的に悪人は殺されず、

政治家になる、という最後の最後。

こんな不条理なことがあるのかねえ、

と、チームで話していた時に、沢村さんが一言。

 

「まあ、でも、お天道様は見てるんじゃないの?」

 

そしたら、本当にお天道様は見ていました。

悪人が選挙に勝ち、当確の電話を受けた後。

点検中のエレベーターの前で、誰かに背中を押され、

そのエレベーターの中に、落ちてしまうのです。

 

怖い。怖すぎる。

お天道様が見ていた。バチが当たった。

それをこれほどまでに恐ろしく、表現するとは。

怖かったけど、めちゃくちゃおもしろかったです。

 

来週は沢村さん演じる、井沢のことも分かりそうだし、

桜木さんのメモに残る「イザワ」のことも気になるし、

さらに楽しみになってきました。

 

横山さんの恋心、これからどうなるのかなあ。

 

スポンサーリンク