本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

関ジャニ∞ 7人最後の日

私が関ジャニ∞と出会ったのは、2005年秋。

その時、彼らは8人から7人になった直後でした。

 

8人だった頃の歴史を後追いし、

いつか8人の関ジャニ∞に会えることを夢見ていました。

だけど、それが叶わないと知った日。

私の脳裏に浮かんだのは、

コンサートのオーラス、

ピンクに染まった横浜アリーナでの大阪ロマネスク。

「いつか」という願いを込めて聞いたあの曲が、

私にとっての「8人最後」の姿でした。

 

 

今まで本当に、いろんなことがありました。

メンバーがソロコンサートをするようになった年、

横山さんだけソロコンがなかったこと。

翌年の横山さんのソロコンに、当たらず、

必死でチケットを探し、譲ってもらい、

魂を削る思いで、レポを書いたこと。

47都道府県コンで、ソロが午前と午後に分かれてしまい、

関ジャニ∞のことを好きでいられないかもしれないと思ったこと。

だけど沖縄で、やっぱり∞が好きだと思えたこと。

横山さんのお母様が亡くなった直後のソロコンで、

彼が普段見せない涙を見せて、私も泣いたこと。

亮ちゃんがNEWSを離れ、関ジャニ∞1本になったこと。

少しずつ、全員がドラマや映画に一人で出るようになったこと。

 

その都度、ブログを書いたり書かなかったり、

私にもいろんなことがありました。

だけどずっと7人は、私にとってオアシスで、

これはきっと、これからも変わらないのだろうと思ってきました。

 

でも、2018年4月。

それが幻想だったと気付きました。

諸行無常

万物は絶えず変化し続けて、

永遠に変わらないものはない。

私が好きなこの言葉。

知っていたはずなのに、忘れていました。

7人の関ジャニ∞が「永遠」だと、

勝手に思い込んでしまっていたから。

 

「いままで自分が歩んできた道は、

本当にこれでよかったのか。

もっと違う道があるんじゃないのか。

やり直すとしたら、今しかないんじゃないか」

 

何度か人生に登場するこの「疑問」は、

私も経験してきたからこそ、分かります。

頭に浮かんでしまったら、解決できるのは自分だけ。

他の人の声は参考になっても、

決して、自分が決めたことには勝てないんです。

 

渋谷さんも36歳。

年齢から考えれば、違う未来を夢見ることもある。

そう思っても、ファン心理が邪魔をする。

好きだから、応援したいけど、

好きだから、見ていたい。

好きだから、理解したいと思うけど、

好きだから、このままでいて欲しい。

人として、ずいぶん残酷なことを願うと思っても、

ファンだから、ずっと見ていたいから、

そう願ってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

 

だけど、自分に置き換えたら、

そんな辛いことはないとも思う。

自分の本当にやりたいことを無視して、

「誰か」のために生きるのは、

半分死んでいるようなものだと思うから。

 

どんなに好きでも、どんなに思っていても、

ファンができることは、

信じることと、応援すること。

何もできない自分が、歯がゆくても、

それ以外に私ができることはないんです。

 

 2018年7月8日

 

関ジャムが、彼ら7人の最後の舞台を用意してくれました。

7人の笑顔が、そこにはありました。

テレビで、雑誌で、コンサートで見てきた彼らと同じ。

だけど、全然違う顔で笑う7人。

このまま、番組が終わらないで欲しいと何度願っても、

時は過ぎ、番組は終わってしまう。

 

大阪ロマネスク

LIFE〜目の前の向こうへ

 

心を込めた演奏は、

どんな言葉より雄弁に語るものかも知れないですね。

曲を聴きながら、大阪ロマネスクで今までを思い出し、

LIFEでこれからの渋谷さんと、6人の関ジャニ∞を思う。

音の持つ大きな力を、見せてもらったと思いました。

涙ぐんだり、一生懸命笑ったり。

画面では全部伝わらないであろう思いを、

きっと彼らは、全力で音にぶつけて、

最後の7人の演奏を終えたのでしょう。

だからこんなにも、胸にダイレクトに、

届いたのだと思います。

 

 

関ジャニ∞に出会えてよかった。

関ジャニ∞を好きでよかった。

そして、最後に、

渋谷さんを送り出すことができてよかった。

 

これからの彼の夢への挑戦と、

6人の関ジャニ∞を応援し、信じていきたいと思います。

 

eighter!!

 

そう最後に叫んだ彼の、声と表情を胸に刻んで。

 

ありがとう。

あなたたちが大好きでした。

そして、これからも、

ずっと大好きです。

 

スポンサーリンク