本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

笑ってサヨナラ

白い花束を持って、彼に会いに行きました。

駅に着いた時から同じように花束を持ったたくさんの人。

会場の前には長蛇の列が出来ていて、

寒空の下、彼のためにこれだけの人が集まったのかと思うと、

それだけでもう、泣いてしまいそうでした。

笑ってサヨナラするために、必死に堪えてたのに、

会場に入った瞬間、流れて来た若者のすべてに全部が溢れ出して、

前を歩く人が見えなくなるほど涙が出てきて、嗚咽が止められませんでした。

富士山とギターをかたどった献花の向こうに、イヤにかっこいい彼の写真。

その前には何本かのギターとアンプ。そしてずっと流れ続ける彼の歌声。

周りに響くすすり泣く人の声に、辛いのは私だけじゃないと思うと余計に泣けました。

お昼の部では、最初にメンバーが献花したそうです。

写真の前にはご家族もいらっしゃって、

献花をする方々に、その都度お辞儀されていました。

舞台に溢れんばかりのファンからの献花。本当にものすごい数でした。

そしてギターケースの中に入れられたファンからのメッセージ。

その脇にコーラが置いてあって、ちょっと笑ってしまいました。

ああ、そういえば最後のライブでも「おなかはコーラでいっぱい」って、

お腹ぽんぽん叩いていたなあって。

写真の前に立った時の気持ちは、不思議とぼんやりしてました。

ありがとう。と、それだけは何度も伝えた気がします。

だけど何だろう。言葉では言い表せない気持ちに襲われて、

ただありがとうと言いながら、手を合わせることしか出来ませんでした。

ちゃんとお別れを告げるつもりで行ったのに。

何となく、上手く彼に伝えられなかった気がして、

献花台から離れてもなかなか動けなかった時、流れてきたのはTEENAGER。

図らずも最後のライブとなってしまったイベントで、

彼が最後に歌った曲だと気付いた瞬間に、またせきを切ったように涙が溢れました。

泣くしか出来ないなんてダメだなあ。きちんと伝えたかったのに。

会場を出たところには原田さんがいらっしゃいました。

原田さん初め、関係者のみなさんやご家族やメンバーの気持ちを思うと…

だけど何となく、空の上で彼自身は笑っていたような気がします。

「オレ、やっぱり結構人気あるじゃん」って。

そんなところが憎めなくてかわいらしくて、変態で大好きでした。

もちろん私だけじゃない。並ぶ人の列を見て改めて確信しました。

本当に、ものすごくたくさんの人に愛された人なのだと思います。

最後に、チケットとポストカードをもらいました。

チケットには日時と会場名。

本当のライブのチケットのようなそれに、また涙。

私が今まで行ったライブのチケットの中で、

最高に悲しくて最高に涙腺を刺激する、最強のチケットになりました。

出来ることなら私が死ぬまで、もう二度とこういうチケットは手にしたくない。

だけど、もう二度と手にしたくないチケットだけど、

きっと私は死ぬまで、このチケットを大切にするのだろうと思います。

彼はもうこの世にはいてくれないし、あの歌う姿を二度と見ることも出来ないんだけど、

この先もずっとずっと、彼の残してくれた音楽を好きでいるんだろうなあ。

それだけは、自信を持って言えます。

結局最後まで、サヨナラとは言えませんでした。

だけどその代わりに、たくさんの大好きとありがとうを言った気がします。

今もまだ、目は腫れたままだし、DVD見ては涙が溢れるし、

曲を聴くたびに胸が痛くなるのは続くんだろうけど、

それでも今日のこの日があったから、前を向く力をもらえたのだと思います。

こんな機会を作ってくれたメンバー、関係者のみなさん、本当にありがとうございました。

それから今日、彼に会いに行けたことに心から感謝します。

彼の音楽に出会わせてくれた奇跡にも、本当に本当にありがとうと伝えたい。

そして天国にいる彼に。

ありがとう。

大好きでした。

今までも、そしてこれからもずっと。

いつかまた、会える日まで。

2010年1月21日 はち

スポンサーリンク