本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

忘れることは出来ないな

私の愛する初恋の男前が、

泣きながら彼の名曲を歌ったと聞いた昨日、

バカみたいに声を上げて泣きました。

我が家の窓からは富士山が見えます。

関東に住むのなら、富士山が見えるところっていいななんて、軽い気持ちだったけど、

何だか今はここに越してきたのが必然のような気がしています。

あの日から毎日、冬の真っ青な空に白い富士山。

夕暮れ時、17時のチャイムが鳴る頃には、

茜色の夕焼けの中に浮かぶ、美しい富士山。

そして東京の空でも見えないこともない、月夜の星。

彼と交流のあったミュージシャン達が、次々と彼の歌を歌うたびに、

彼へのメッセージを発表するたびに、胸が痛くなったけど、

やっぱり彼の憧れだったあの人が、普段は感情を見せないあの人が、

彼のために、涙を流して彼の曲を歌う姿を想像したら、涙が止まりませんでした。

私があの人に恋をしてから20年近く。ステージで泣いたなんて聞いたことがない。

大人になって、こんな風に声を上げて泣いたことがあったかな。

泣き過ぎて頭が痛くなるものだなんて知らなかった。

あの人を泣かせるなんて、彼は本当にどれだけあの人に愛されていたんだろう。

そう思ったら、泣いてたのに彼が羨ましくなって、ちょっと悔しくなって、

何で勝手に行っちゃうんだよ。あの人泣かせんなよって。

たくさんの友達がファンがこんなに悲しんでるのに、何してるんだって。

もう二度と、新しい曲も聴けないし、踊り出したくなるライブにも行けないし、

変なポーズやニヤニヤ顔で歌う姿も見られないし、あの雄叫びも聴けない。

死んでしまうって、こういうことなんですね。

わんわん泣きながら、窓の外を見たら、

びっくりするぐらいキレイな茜色の夕日に浮かぶ富士山。

眠っているような彼の顔は、いつものように美しかったそうです。

手のひらも柔らかかったそうです。天国でギターを弾けるように。

あの日からずっと晴れた空。

彼を知るたくさんの人が言うように、

きっと、あの人の声も、他の人たちの歌も、

メッセージもファンの声もみんな、彼はどこかで聞いているのだと思います。

ちょっと恥ずかしそうに、ニヤニヤしたり困った顔したりしながら。

あまりにも想像が容易くて、なんかちょっとおかしくなって笑ってしまいました。

今日もきっと大阪に行っただろうし、明日もきっとやって来るでしょうね。

自分の出番にも。親友のステージにも。

あまりに突然過ぎて、理解が上手く出来なくて、

いろんな偶然を並べては、それに意味を見出そうと必死でしたが、

愛する初恋の男前のおかげで泣くだけ泣いたら、悲しい気持ちはもちろん消えないけど、

前も今も変わらず、彼を好きだと言う気持ちが強く沸いてきました。

もう新しい曲も聴けないしライブで姿も見られないけど、彼の残してくれた曲があるから。

訃報をきっかけに、新しいファンが出来るのは少し複雑ですが、

彼は天国で喜んでいるのかも知れないですね。

「オレ、結構人気あるじゃん」なんて。

その中に、追跡していたかわいい女の子がいるといいね。

きっと空の上でも、彼の変態さは変わらないだろうから(笑)

しばらくは曲を聴いて、DVDを見て、彼を焼き付けたいと思います。

きっとまた、バカみたいに大泣きするだろうけど…

泣きながら踊ってやります。そして一緒に雄叫びを。

残された人間に出来ることは、そのぐらいしかないから。

もしこのことをきっかけに、彼のことを知った人がいたら…

一度、彼の歌声を聴いてみて欲しいと思います。

歌は決して上手くないし(苦笑)、曲調も歌詞もどこかおかしくて、

だけどものすごい味のある、ヘンテコな魔力を持った謎めいたバンドです。

ヒットチャートを賑わせるような、耳なじみがよい曲ではないですが、クセになります。

もし少しでも心に残ったら…きっとあなたも中毒になるはずです。

ちなみに楽曲提供している曲も数は少ないですが、名曲揃いです。

そう言えば前に一度だけ、このブログで彼の曲についてチラリと書いたことがあります。

彼の名前も出してなかったですし、ほんのワンフレーズ歌詞を書いただけなので

ご存じない方には全く分からなかったと思いますが…

それに気付いてくださった方がいて、本当に嬉しかったです。

今、彼の曲を聴いてますか?

好きになってくれたでしょうか?

もう会えないけど、今さらかも知れないけど、

彼の魅力に1人でも多くの人が気がついてくれたら、ファンとして嬉しいです。

生前に彼のことを追いかけられただけでも、幸せだと思っています。

そしてこれからも、自分が好きだと思ったものには許される限り、

力を尽くして追いかけて行きたいと、改めて思いました。

いつ何が起こるか分からないのが人生だから。

「全力で走れ」

彼の歌う通り、全力で走って行きたいと思います。

笑ってサヨナラできる日まで。

遠くに行っても そう どうか元気で。

スポンサーリンク