本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

若者のすべて

クリスマスイヴに、

私の大好きなボーカリストが天に召されてしまいました。

信じられなくて、正直今でもウソだと思いたいぐらい。

公式での訃報にただ呆然として、全身の力が抜けてしまったようです。

7月のライブだって、予定空けて行くぞって楽しみにしてたのに。

本当に真実なのか。何度訃報を読み返しても信じられません。

何より信じられないのは、

10日ほど前に、彼の元気な姿をこの目で見ていたからです。

ライブハウスで彼の声をこの耳で確かに聴いたんです。

彼の歌う姿を、ギターを弾く姿を目の前で見たからこそ、

どうしても信じられない、信じたくない。

本当につい最近なんだよ。どれだけカレンダー確認しても2週間も経ってない。

あんなに元気だったのに。目の前で歌う彼を見たんだから。

信じろと言う方が無理な話。本当に悪い冗談だったらいいのに…

そして何も知らなかった私が、昨日からずっと聴いていたのが、

彼らの曲だったということ。こんな偶然、本当にちっとも嬉しくない。

29歳。早すぎます。

本気で天才だと思っていました。

私の初恋の男前に憧れて音楽を志したと言うところも、

曲も歌詞もその雰囲気も、変態さが滲み出ていて大好きでした。

変態と言う言葉がこれほど似合って、これほど褒め言葉になるミュージシャンは、

恐らく彼を置いて他にはなかなかいないのではないでしょうか。

これから先、どんな風になって行くのか本当に楽しみだったのに。

もう彼から新しい曲が生まれないなんて、本当なんだろうか。

彼が歌うライブを、あの楽しさを2度と味わえないなんて、どうしたらいいんだろう。

悲しくて悔しくて、上手く感情のコントロールが出来ません。

言いたくないけど、信じたくないけど、

目の前が霞むのを堪えてこの言葉を。

ありがとう。大好きでした。

どうか安らかに。

心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク