本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

KAT-TUNコンサート Break the Records 東京ドーム 2009年6月15日

東京ドームラスト。行ってまいりました。

ラクルが起こったこの日。本当に赤西がめちゃくちゃ男前でした。

そして自分は赤西に惚れているんだなあ、と当たり前のことを改めて思いました。

ラストも思いっきり赤西目線です。と言うより赤西しか見ていません。

そんな偏ったレポですが、よろしければどうぞ。

 

 

今回はMちゃんの引きの強さで、アリーナB11ブロック。

ラストにして、いちばんいい席でした。

BブロとCブロの間から、4列ぐらい前。

この上を赤西が飛ぶんだよね、何て言いながらスタンバイ。

実際は飛ぶだけじゃ済まなかったんだけど…

 

今回もカウントから始まって、テンション上がったところでスペースシャトル

今日は亀ちゃんと赤西以外のセリフもメモしようと思ったんだけど、

中丸のフフフしかメモっていませんでした…

 

 

 

 

 

【RESCUE】

 

最初の炎の暑さを感じて、やっぱり近いんだーと実感。

赤西はまた手すりに腰を下ろし、足を柵に引っ掛けて座ってました。

自分のソロダンスパートで、少しだけダンスが遅れた感はありましたが、

ダンスがすごく激しくて、今日の赤西はやる気だ、と実感。

また中丸が「今日は騒いでってくれよー」聖が「ラストだぞー」と言ってました。

6人1列に並んでのダンスは、本当にものすごい迫力がありました。

で、ムービングが動いてくるんですが、近い近い!

そこでワタクシ、激しく勘違い(でもそう信じたい)

 

 

赤西、こっち見てない?

 

 

キャーッ!!!!

 

 

ムービングの上から、サングラスをかけた赤西は私を見てました。

(正確にはBブロックのほうを見ていたとも言う)

思わず「何で見てんの、何で見てんの赤西!」と口走る始末。

斜め下を見下ろす感じの赤西に釘付けになっていたんですが、

ムービングがあまりにも近すぎてここで悲劇。

真横に止まった!と喜んでいたら、全くムービングの上が見えません(号泣)

 

 

 

 

【ONE DROP

 

ムービングが真横、という素晴らしい席でありながら、

素晴らしすぎるがゆえに、さっぱり上が見えないこの悲しさ。

すぐ横にいるのに、スクリーンの赤西を追いかけては、

ケルトンの床の上の赤西が少しでも見えないかと目を凝らすも玉砕。見えません(涙)

ようやく彼らの姿が見え出したのは、ムービングが真横から動き出し、

徐々にバックステに向かって移動し始め、ちょうど2番に差し掛かった頃でした。

その前に、「流れてる♪」の赤西が劇的に男前だったことは触れておきたい。

赤西は、バックステに近づくに連れて、アリーナ側を向いてくれ(喜)

左足でとんとんリズムを取りながら歌ってました。

そして昨日はなかった「バーン」

真横の通路から噴水が飛び出ていたので、恐らく昨日もそうだったのだと思います。

 

 

 

 

【LIPS】

 

リフトで上がっていく赤西が、アリーナを見下ろすその姿が劇的に男前。

歌もものすごく激しくて、ものすごくかっこよかったです。

最後の「激しく」で右手の指をぴろぴろ。

なんかもう、いろいろと無理です(涙)

昨日は中丸を待たずに惑星に乗った赤西ですが、今日は待ってました。

 

 

 

 

【喜びの歌】

 

ロッコに乗った赤西は、ほぼスタンド側を向いていたんですが、

その時、左手をトロッコの手すりに置いていたんですね。その指がめちゃくちゃキレイでした。

ロッコが止まったところでアリーナ側を向いた赤西。

「俺がいるから」で左手拳を突き上げ、最後に指を天に指してました。

 

 

 

 

【Keep the Faith】

 

こちらもものすごく力を入れて歌っててかっこよかった。

胸元に流れる汗が、セクシーでした。

暑いのか、何度もジャケットを羽織りなおす赤西。

メインステージに到着すると、後ろを向いてなんか下を向いたので、

サングラス取ったのかな、と思ったら取ってませんでした。

 

 

 

 

【DON‘T U EVER STOP】

 

やっぱりカッコイイ。

赤西は階段を登る前、田口先輩と聖と3人真ん中を向いて指を鳴らしていたんですが、

これがもうすっごいかわいかった。

ニッコリ笑った後に、段を上って上へ。

今日は左手のみでパリンと割ると、ヘルヤーでサングラスを取ろうとした赤西、

サングラスが落ちそうになり、ちょっともたつく(萌)

カメラにはしっかりサングラスを取って中指を立てる赤西が抜かれていましたが、

ちょっともたついているのがかわいかったです。

その後のダンスはめっちゃくちゃ激しくてかっこよく、

花道を歩いてくる赤西は強烈に男前で、流れてくる視線に撃沈。

 

 

 

 

【White X’mas】

 

中央ステージがこれまたものすごく近くでして、ギャーッと思っていたら赤西が気になる動き。

まだ暗転している中で、ポケットから何か白いものを取り出して、

口元に持って行って、すぐにそれを戻していたんですが、アレはなんだったんでしょう。

フリスク?飴?とか思ったんですが、次にすぐ歌うんだからそんなはずもなく、

赤西が何していたのかものすごく気になりましたが、分かりませんでした。

スポットライトが当たったら、いつもの赤西だったので…

 

歌っている最中、右手がマイクで左手は横に添えていた赤西。

その左手の指先がチェックの腰巻を握りそうで握らない。

小さく揺れているその動きに、なんだかものすごくもどかしい気分になりました。

キレイな手だったなあ。あの手の甲の筋が本当に大好きです。

後、マイクを握っている右手ですが爪がすごくキレイに切ってあってね、きゅんとしました。

ああ、気を使ってるんだな、とかヘンなこと思ったり(苦笑)

ちなみに、小さく揺れている左手の爪もキレイでした。

その後、また花道を通ってメインステに戻ってしまうんですが、

横顔に光る汗がものすごくキレイでした。

 

 

 

 

【SADISTIC LOVE】

 

昨日は少し大人しかったダンス。今日は髪を振り乱して踊ってました。

ラップ部分もすっごいカッコイイ。

その後、すぐにリフトに乗った赤西はマイクを逆手に持って歌ってました。

そして自分のパートが終わった後、マイクの後ろでこめかみを掻いてました。かわいい!

で、自分は全く歌わない部分で、すぐ隣にいた中丸にちょっかい。

 

暗闇で中丸をキック。

中丸、反撃。

再度、中丸をキック。

中丸、嫌がりながら反撃。

 

赤西は中丸イジリが出来てめちゃくちゃ嬉しそうでした。

中丸はうっとうしそうにしながらも、ちょっと笑ってました。

何度かそれを繰り返した後、自分達が歌うパートになってスポットが当たった瞬間、

 

 

マジメに歌う赤西と中丸(笑)

 

 

何してんだ、あの子達。

最後はそんなお遊びなどまるでなかったように、マイクを逆手に持って激しく歌う赤西。

これが超絶に男前で、度肝を抜かれるほどでした。

はしゃいだ後の方がかっこいいって、赤西は憎い男です。

 

 

 

 

【1582 亀ちゃんソロ】

 

亀梨さんが近い(衝撃)今日はめちゃくちゃ男くさかったです。

宙を舞う亀梨さんの背中が劇的に美しかった。

そして水攻めに突入したんですが、私はこの時、

周りにいるジュニアのみなさんが、バケツを入れ替え入れ替えしているのが気になってしまい、

亀梨さんより彼らを見てしまいました…なんて残念な脳ミソ(悔)

 

でもその後すごく気になったのが、水攻めが終了した後、

いつもは立ったままの亀ちゃんが、倒れこむようにして崩れたんです。

最初は演出かな、と思ったんですが、暗転してはけて行く際も、

なんだかヨロヨロしている亀ちゃんに、なんだか心配に。

Mちゃんいわく、最初の水が頭にかかったからかなあ、と心配してました。

水に濡れた亀ちゃんは、花道とB10ブロの真横をゆっくりと歩いていきました。

 

 

 

 

【PIERROT 聖ソロ】

【WIND 田口先輩ソロ】

 

聖ソロ、バイクに乗ってしまうと全く見えず(涙)

ロッコに戻ってきて、ようやく姿が見えました。

今日は弟くんが来ていて、聖がどうしても言いたいことがあると。

「お誕生日おめでとう!」聖、めっちゃくちゃかわいいなあ!

ちなみにその後、田口先輩と一緒にソロ曲を歌い始めるんですが、

手を差し伸べた聖をすり抜けて、田口先輩が聖の弟くんを抱きしめていたのに笑いました。聖、失恋(笑)

その後、会場をあおりにあおった田口先輩に対し、聖が一言、

「宴会か!」とツッコミ。これが後から効いて来ます。

 

 

そして赤西。

舌を出してました。それはもう思いっきり(眩暈)

その後は嬉しそうに歌い終わると「ほう!」を田口先輩と繰り返してました。

それを見ていた赤西、超嬉しそうな顔で、

 

 

「宴会か!」

 

 

さっきの聖のセリフが気に入ったご様子(笑)

 

 

 

 

【中丸ボイパ】

【ジュニアくんたちの曲】

 

 

 

 

【Peak】

【Jumpin’ up】

 

 

赤西、キャップきたーっ!!!!

 

 

かわいい、めちゃくちゃかわいい。どうしよう、かわいい!

距離的には思いっきり遠く(外周トロッコ)見えにくい位置ではあったんですが、

双眼鏡で必死に赤西を追いかけました。

赤西は、牧野くんの隣によっていき、シンバルを手で叩いてました(笑)

その後も、ノリノリの赤西は牧野くんにじゃれたり、上里くんにじゃれたり。

で、くるり、とアリーナ側を向いたかと思うと、

恐らく私の近くで宙に浮いていた聖か亀ちゃんの様子をじーっと見つめた後、

上里くんにそれを報告するかのように話しかけてました。かわいい。

牧野くんとジャレる赤西は、また腰を入れてました。2回ずんずんと。

で、田口先輩が何か言っていたのに対し「田口うるせー」と一言。

 

そしてこの後、大事件が起こります。

外周をまわって行った赤西が、さっぱり見えないなあと思っていたんです。

キョロキョロしながら、外周かな、どこ行ったんだと思っていたら、

なんだか自分の後ろの通路が不穏な空気。

まさか、と思ったら、そのまさか。

 

 

赤西、BCブロックの間の通路を歩き始めた…

 

 

えっ…(絶句)

 

 

それからはすごかったです。

周りのみなさんは、あんまり気がついていなかったんですが、

やっぱり声がするので、なんだなんだと急に騒がしくなり、

赤西がB13ブロぐらいまで歩いていた時には、赤西に気付いてみんなが席の大移動。

見えなくなるだろうが!と思いましたが、スタッフさんも止められず。

赤西は13ブロあたりの男の人に向かって歩いていきました。

あれ、誰だったんでしょう。すっごく嬉しそうに赤西笑ってましたけど。

赤西しか見ていないので、誰かお友達かとは思いますが見ていなかった自分が情けない。

そして、衝撃の瞬間がやって来ます。

 

 

 

 

流し目の後の笑顔

 

 

 

 

う、うわあーっ!!(衝撃)

 

 

 

 

めっちゃくちゃかわいかった。もうハンパない威力だった。

思い出すと膝がガクガクしそうです。

キラキラでした。私の大好きなキャップ姿の赤西が(涙)

リズムに乗りながら歩く赤西は、ところどころアリーナのみなさんを見やり、

見たことのないファンサービスをしながら、遠ざかって行きます。

なんか倒れそうでした。でも倒れたら赤西が見えない(激しい葛藤)

中央ステージを過ぎたところでは、アリーナに向かって突進して行き、

お客さんに向かって思いっきり歌ってました。あんな赤西、見たことない(眩暈)

もうどうしたらいいのか分からず、現実に起こっていることとも思えず、

遠ざかっていく赤西の後ろ姿を追いかけるだけでした。

途中で見えなくなっても、画面に映らないかと必死になって追いかけましたが、

その頃の記憶がさっぱり抜けています。どこ見てたんだ、私。

 

もう、どこで曲が入れ替わったのかも覚えてません。

赤西が犯罪級にかっこよくてかわいかったことしか覚えてない。

通路を通って、その後外周をまわってメインに戻ってきた頃には曲が変わってました。

でも、まだミラクルは続く(涙)

 

 

 

 

【ノーマターマター】

 

赤西はとてとてと内股で歩きながら、中央ステージにやって来ました。

もう神様に感謝しても仕切れないほどの幸運(涙)

中丸と聖が煽るその映像を、中央ステージから見上げて笑ってました。

この顔が、また強烈にキュート過ぎるっ!!!

「ハンズアップ」と高速で何度も言い、嬉しそうに手を上げて、

すぐ側にやって来た田口先輩を見つけると、キック。

 

 

赤西、子供みたい(萌)

 

 

またこれがすっごい嬉しそうでね。

ジャレるのが大好きなんでしょうね。田口先輩も仕返ししていた気がしますが、

とにかく赤西の嬉しそうな顔しか見てませんでした。

ひとしきりキックして満足した赤西は(笑)そこで笑顔で歌った後、

花道を通ってメインステージからスクリーンの下へと歩いていきました。

そして、自分が歌わないパート、というか亀梨さんのパートになった瞬間、

 

 

 

スクリーンに映る亀ちゃんを見上げる。

 

 

 

もーうっ!!!(ジタバタ)

 

 

 

亀ちゃんから映像が変わったら、ひょいっと顔を戻してました。

見すぎ、見すぎだよ、赤西(大喜び)

裏ピースを4回して、MC前にまたはけて行きました。

 

 

 

 

 

 

【MC】

 

赤西は後ろにはけて行って、そこでドリンクを飲んでました。

その後、タオルをもらうと首を拭きながら何かを見上げて笑ってるんです。

恐らくあの出口のすぐ側にモニターがあるんだと思うんですが、

聖がメインステでしゃべっているのをモニターで見て、笑っていたみたい。かわいい。

あんなところにモニターがあるんですね、あくまでも憶測ですが。

 

ちなみに、中丸が「2点ほどお知らせが」と言ってましたが、

何処かの営業マンみたいでおもしろかったです。

まずは映画のお知らせ、となったら上田姉さんが「よ!スシ王子!

 

「スシ王子です」

 

乗った赤西。しかしその後「バンデイジ」が上手く言えずに噛みまくり、

なんと亀梨さんに「ちゃんとしよう」と注意される始末(萌)

全く素晴らしいシチュエーションです!

で、この時激しく気になったのが左肘下のタトゥシール。

スコーピオンかな?何かはよく見えませんでしたが、今日も貼ってました。

バンデイジはいつもと同じようなお話だったのか、あんまり覚えておらず。

赤西の腕とうなじばっかり見てました。

 

そしてごくせんの話になったときは、赤西は聖とおしゃべり。

ぱかっとドリンクホルダーを開けて、口をチューにして飲んでました。

聖はドリンクホルダーに口をつけずに飲むのに、赤西はちゅー口。めちゃくちゃかわいいです。

で、何かのタイミングでまた上を見てスクリーンを指差してました。

本当に落ち着きのない子です。

 

それから婚カツの話になって、上田姉さんが今日の放送で結婚するんだ、と

言い出したら、亀ちゃんが「え?マリアージュ?」って言ったんです。

それを聞いた赤西。一瞬考えた後、聖に向かってマイクを通さずに、「マリアージュ?」

亀ちゃんの言葉を繰り返す赤西がかわい過ぎる。

 

あと、仕事人の話になって、聖が次回は殺しの時にセリフを言います、と話し出したんですが、

赤西が急に後ろを向いて、くしゃみをしていたのがまたかわいかった。

そして聖は殺しのときにどんなセリフを言うの?と聞かれ、

昨日と同じく、中丸が「巨人軍は不滅です」と言ったら、昨日とは違い微妙な空気になってました。

亀ちゃんに「巨人軍は永遠に不滅な」と言いなおされて散々な中丸(笑)

聖のセリフが「どけよ、こら」だったらおもしろいと亀ちゃんが言いだしたんですが、

実はそれが正解だったらしく、実際にドラマではそのセリフを言うそうです。

それまで、なかなか会話に入ることが出来なかった赤西は、

マイクを口元に持って行っては下げる、を繰り返していたんですが、

この時、嬉しそうに、

 

 

「宴会かっ!って言うんですよね」

 

 

と聖に話しかけていたのがかわいかったです。

やっぱりこのセリフが、どうにもお気に召した様子。

聖に違うと言われて「あひゃー」と言うような顔をしていたのがキュートでした。

 

 

あと、ドリボの話。

昔はカツンも全員出てたんだ、と亀ちゃんが言いだすと、

上田姉さんが曲を歌いだし、聖が踊ってました。

ひとしきり、ドリボの宣伝をした後に、田口先輩が

「ドリーム坊主と言う映画に出ます。共演は年老いた中丸くんです」

と言って爆笑。年老いた中丸!おもしろ過ぎる!

そんな中丸、亀ちゃんと聖がドリボに出演していた時に言ったそうです。

 

 

 

「あのさ、今度、俺にチャンプやらせてくんねえかな?」

 

 

中丸、まさかのチャンプ希望(大爆笑)

 

 

 

それを聞いた赤西がすかさず

松ぼっくりみたいな顔しやがって。質のいい松ぼっくり

と、お気に入りの松ぼっくり呼ばわり。

そんな松ぼっくりと呼ばれた中丸が、髪の毛が相変わらずヘルメットみたいで、

みんなに笑われていたんですが、そこへ上田姉さんが走って行き、

整えてあげると、前髪をなでつけ始めたんです。

「出来た!」と笑う上田姉さん。そしてカメラに映った中丸は、

 

 

見事なおっさんサラリーマンヘア(爆笑)

 

 

されるがままの中丸がめちゃくちゃステキでした。

そして、フォトブックの話になった時に、今日も撮影をいっぱいしていると田口先輩が宣伝したんですが、

そこで赤西がボソッとものすごい小声で、「中丸のシェンロンも見れます」と言ってました。

中丸のシェンロンが大好きな赤西が大好きです(笑)

 

そしてポスタープレゼントコーナー。

赤西は何度か半券を引き直していたような気がします。

自分の引いた半券をじっと見つめ、聖に話しかけ嬉しそうな赤西、。

笑っている赤西が、舞台を歩いてくると、そこで事件が。

 

 

 

 

赤西の腰を、ぽんと叩いた亀梨さん。

 

 

 

ギャーッ!!!!!!

 

 

 

その亀ちゃんに対して、赤西は珍しく嬉しそうに笑い、

なにやら談笑している姿にクラクラ来ました。何話してたんだ!!!

そしてプレゼントの発表となったわけですが、

赤西はいきなり、「東京都」と言ったんです。

するとすぐに「書いてねえし」と突っ込まれ、笑う赤西。

しかし聖がすぐに「田口に突っ込まれてる」と言うと、驚いて凹む赤西。

ボケて突っ込まれるのは嬉しいけど、それが田口先輩だと凹む赤西(愛)

かわいいなー、めちゃくちゃかわいかったなー。

ちなみに赤西が引いた半券は、4通路、44列、444番

全部の数字が4だったことがものすごく嬉しかったのであろう赤西は自慢げで、

メンバーも驚いて、亀ちゃんが赤西の元へ飛んで行ってました。

そしてメンバーにそれを見せ、すっげー!という亀ちゃんに嬉しそうに笑う赤西。

フィーバーですね、と言われ、スロットを押すしぐさをした赤西がかわいかったです。

後ろで誰かがジャンジャンバリバリって言ってたのもおかしかった。

何度か半券を引きなおしていたように見えたのは、これを探していたんでしょうか。

何度も何度も半券を見ている姿が、すごくかわいかったです。

 

で、何の流れか覚えていませんが、私のメモにこう書いてあります。

田口先輩が「お店とかやってるなら」、赤西「やってねえよ」

でも、どこでそんなこと言っていたのか、全然覚えてない(苦笑)

それから聖が半券を読み上げた時、そのブロックの人がキャーキャー言っていたら、

「オレを取り合うな、並べ並べ」と嬉しそうに言っていたのがかわいかったです。

 

そんなこんなでプレゼントコーナーは終了。

他のメンバーが自分の持っている半券を次々と返す間、

どうも落ち着かずに、うろちょろしている赤西が気になったんですが、

話が途切れた後に、こそっと、

「さっき、番号言い忘れたんで、えっと、Y00…」と会員番号を読み上げる赤西。

恐らく、4が揃っていることに舞い上がって、そこで嬉しくなったものの、

番号を読み上げていなかったことに気がついて、気にしてたんでしょうね。

もう、めちゃくちゃかわいかったです。

 

横の花道を通って中央ステージにやって来た赤西。

じっと見つめていたら、いきなりパーカーを脱ぎ出して大興奮。

でも、脱ぐときにスタッフさんがいなかったのか、ぽーんと誰もいないところへ、

パーカーを放り投げていました。本当は誰かいたのかな?見えなかったけど。

白のパーカーの下は、白のインナーと黒のベストでした。

 

 

 

 

 

【WATER DANCE】

 

腕のタトゥシールを一生懸命見ていましたが、結局何だかよく分からず…

踊っているときの赤西は、水の向こうでとってもキレイでした。

後、思ったより亀ちゃんとの距離が近い(狂喜)

それから中丸の前髪が、やっぱりまだおかしかった(笑)

足元は水を弾く構造になっていたようなんですが、赤西の足元はちょっと濡れ気味。

靴下が今日はとっても短かったので、細い足首を見ては、うっはーとなっておりました。

しかも内股。かわいいよー。その後、花道を通ってまたメインステへ。

水路の間をクルクル回りながら踊る赤西は、本当にキレイでした。

 

 

 

 

【MOON】

 

うん?と思ったら、赤西が白Tシャツの腕をまくった…

あっ!左の二の腕にもタトゥシールが貼ってある!!!

恐らく赤西くんは、それを見せたくてパーカーを脱いだのではないかと(笑)

特に左側の腕まくりがきっちりされていたので、そうだと勝手に予想しています。

で、よく見たら、肘の下にあるタトゥと二の腕のタトゥは同じ形みたいなんですね。

どっちもスコーピオンみたいでもあり、ちょっとトカゲっぽくもあり。

必死になんだろうと見ていたら、別のところに目を奪われました。

またまたぎこちない傘プレイをしている赤西。

右手で傘を持ってひょいっと担いだんですが、その時の右手の肘下の筋が…

もう、ありえないぐらい好み(涙)

きゅっと盛り上がる肘下の筋肉に沿って入る筋がめちゃくちゃカッコイイ。

必然的に二の腕の下のほうにも力が入るんですけども、ここの外側の筋もたまらない。

そこばっかり双眼鏡で凝視しておりました。

 

その後、中央に戻ってきた赤西は、若干ダンスが怪しいものの(笑)

無事に踊り終えて、後ろへとはけて行きました。

 

 

 

 

【ジュニアのみなさんの曲】

 

 

 

 

【Real Face】

 

最初、赤西の姿が見えないと思ったら、後ろの方からゆっくり上がってきました。

そして「思い」「軽い」。赤亀っていいよね(涙)

 

今回も赤西パートは中丸が歌わされていましたが、

ここで中丸がものすごく最後のほうに苦しそうに歌っていて、最後の「おーお」の部分で、

必死に息を出している感じだったんですね。息が続かなかったのかな。

それを見た赤西、中丸が歌い終わった瞬間に「キャー!」とでも叫んでいるような、

ものすっごい嬉しそうな顔をして笑ってました。もちろん中丸も嬉しそう。

 

ムービングの上に乗った6人。

赤西の隣で、亀ちゃんと聖がかわいく踊っていたんですが(Mちゃんに言われるまでは気付かなかったんだけど)

その隣で赤西は踊ることなく、左手を後ろに回して突っ立ったまま歌ってました。

そして、最後の聖ラップはなんと今日は中丸。

必死にスクリーンを見上げて歌おうとするも、グダグダ過ぎて、最終的には「無理!」

赤西はそれを見て、顔を崩して笑ってました。

中丸は最後に「田口、ほんとごめん」と言ってました。あーかわいい。

 

 

 

 

亀ちゃんプロデュースコーナー

【I LIKE IT】

 

亀ちゃんプロデュースは初めてだった私。

懐かしいー!と思ったら、赤西が踊ってて涙出そうになりました。

アリーナからだと後姿ばっかりだったけど、ちゃんと踊っていたのが見えました。

途中でアリーナ側を向いてくれて、指を指しているのを見て、

赤西の揺れはいいなあ、と改めて実感。

 

 

 

 

離さないで愛

 

この曲が来たかっ!!!!

亀ちゃんがカメラを持って、メンバーを映していたんですが、

中丸の下半身が映っていたのには笑いました。

その後、中丸は座り込み、その隣に並ぶ赤西。

赤西はスクリーンに映る亀ちゃんが撮っている映像を見て笑ってました。

何がそんなにおもしろいんだ(笑)

と思ったら、急に立ち上がった中丸とペアになった赤西。

左手を中丸のほうに伸ばし、中丸も赤西の方に左手を伸ばし、

何故か2人の間に三角を作ってまわり始めたではありませんか。

なんかおもしろい。と思ったら、

 

 

照れながらまわる赤西にノックアウト。

 

 

中丸は結構普通に踊っていたんですが、赤西はどうにもこれが恥ずかしいらしく、

なんだかぎこちない感じがたまりませんでした。

後の4人もペアを組んで踊っていたと思いますが、誰と誰とかは覚えていません(陳謝)

 

 

 

 

【GOLD】

 

ギャーッ!!!!!!!

まず曲でダウン。

その後外周へ行った赤西がほぼ見えずダウン(涙)

赤西がフリスビーを投げていたことぐらいしか見えませんでした(1つはアリーナでした)

 

 

 

 

【YOU】

 

亀梨さんの選曲も素晴らしい(涙)

で、赤西は外周からメインステに戻って来たんですが、

上に登らずに立ち止まった場所が、真正面(と言っても遠いけど)

この衣装、赤西本当によく似合いますね。テロテロパンツ好きだー。

そして「YOU」の部分で隼人ピースをしている赤西にクラクラでした。

 

 

 

 

【花の舞う街 上田姉さんソロ】

【WHITE WORLD 中丸ソロ】

 

中丸のソロ。

黄色のチェックパンツが光っていたのに驚き。

ちょっとビニールみたいな素材でした。

 

 

 

 

【JIN AKANISHI  feat Crystal Kay  WONDER】

 

上を指差す赤西は、ダブルピースでちょっとかわいい顔をして上を見たので、

あ、いつもと雰囲気が違うなと思ったのですが、歌い始めたらやっぱりすごくかっこよかった。

最初、フードをかぶろうとしたんですが、ちょっともたついて、

少しの間かぶって踊り、すぐに取ってしまってました。

花道を歩いてくる時、周りに女性ダンサーがいたんですが、

今までほぼ、彼女たちに目が行くことはなかったんです。

でも近いと言うこともあって見ていたら、やっぱり赤西よりずっと細い。

赤西は男なんだなあ、と当たり前のことを思ってどきどきしました。

 

マイクを持つ指。

揃っているきれいな爪。

前を見据えている横顔。

ときおりこちらを見るキラキラ光る瞳。

 

スポットライトの中の赤西は、とてもキレイでした。

そしてものすごくかっこよかった。息が苦しかったです。

それからダンスで後ろを向いた時、クリスタルケイちゃんのパートでも歌ってたんですね。

ああ、この曲が好きなんだなあと、ちょっと胸が痛くなりました。

最後はまた「ありがとうございました」と声に出さずにいい、長いお辞儀。

近くでこの曲を聴けたこと。神様に感謝します。

 

 

 

 

【惑星対決】

 

中丸と聖が今日はDVDが入っていると話してました。

中丸はハイテンションな赤西で、やっぱりロボットダンス。

聖が「それ、さっき見た…」と言っているのがおかしかったです。

 

そしてKA対決。

赤西はBとCブロ14ぐらいかな?から上に上がっていくんですが、

その時、まずは指を鳴らし、その後首を捻り、

パタパタとものすごくちっちゃく羽根をばたつかせる様にして吊られて行きます。

直立不動で亀ちゃんと対決。花火が下から上がってきた時は、ちょっとそこを気にしてました。

 

端までワイヤーが伸びると、何故か左手を少し上げ、その後右手を上げて敬礼。

その後、中央に戻ってきた赤西は、下から噴射する水にビビリ気味でした。

あの水、毎日出てたんですね。14日に赤西にかかってしまったことがハプニングだったんですね。

無事、水を浴びずに降りてきた赤西は、何故か地上に近づくにつれて、

両手でパンチを繰り出し、足はキックしてました。

それを受け止めようと困惑している田口先輩(笑)中丸は遠くから見てるだけ。

田口先輩に支えられた赤西は、その田口先輩にキックして、パンチしてジャレついてました。

本当に子供みたい(笑)

 

そしてこの後のダンスが、めちゃくちゃかっこよかったんです。

今までもカッコイイと思ってはいたんですが、

近くで見ると迫力が違う。そして赤亀最強!

 

 

 

 

【WILDS OF MY HEART】

 

ジャケットを受け取った赤西は、暗闇の中で大急ぎで腕をまくってました。

ギリギリまでまくってた。かわいいなあ、もう。

その後、結構あっさりと中央ステージを抜け出しメインステージに移動するんですが、

ここでドラムを叩いている牧野くんの方を見ると、小さく手を振ったんですね。

それに対して牧野くんも笑顔で返してました。なんだ、あのかわいい子達!!!

そして今日も、前から走ってくる田口先輩を見て、

「田口走るよ、田口走って行くー♪」と替え歌。みんなも続いてました。

スクリーンの前を通って、外周へ行こうとした赤西は、

急に会場から悲鳴が聞こえて、一瞬ビクッと驚いたんですね。

で、何事かとスクリーンを見上げると、そこに抱き合う田口先輩と上田姉さんが。

ああ、という感じで納得し、そのまま歩いていったのもかわいかったです。

 

しかし、外周がさっぱり見えず。

最後にドライアイスにはまた入らず、曲が終了しました。

 

 

 

 

【NEIRO】

 

気持ちがとても表れている歌い方でした。

後姿しか見えなかったのですが、赤西が気持ちを込めていたのは後ろからでも分かりました。

そしてその前に広がる、スタンドのペンライトの波。

赤西たちはいつもこの景色を見ているんだなと思うと感慨深かったです。

ハットのおでこ部分はやっぱり汗で濡れてました。

「この広い世界の東京で」と替え歌。

手を伸ばして歌う赤西は、本当にキレイでした。

そして「thank you」

 

また「WE LOVE KAT-TUN」でした。

花火を見上げた赤西は、深くお辞儀をして終了しました。

 

 

 

 

 

【アンコール】

【She said…】

 

また濡れ髪でしたが、ちょっと濡れ具合が甘い感じでした。

ものすごい目力で、めちゃくちゃかっこよかったのですが、

途中で上から水が垂れてきたのか、首に巻いたストールで顔を拭っていたのがかわいかったです。

それからものすごくきゅんと来たのが、「イタミハナイ」の歌詞のところで、

力を入れた赤西が、左目を細めたんですね。これが最高にかっこよかった。

身体を揺らすと落ちる雫がライトに当ってキレイでした。

最後の「my way」では天に向かって指を指してました。

 

 

 

 

【peaceful days】

 

またまた霧吹き登場。

懲りずに田口先輩に霧吹きをかけるのに必死な赤西、ほぼ歌わず(笑)

田口先輩がスタンドを見ているときに、霧吹きをふりかけ、

田口先輩が赤西の方を見ると、慌ててスタンドに手を振る、を繰り返してました。

めちゃくちゃかわいい。ほんとにかわいかった。

そして最後は、田口先輩が赤西のほうを見て、慌ててスタンドに手を振っていた赤西が、

もうこっちを向いてないかな、と思って田口先輩を見たら、

側で自分の方を見ていて、びっくりする、というコントみたいな展開でした。

 

 

 

曲が終了して、メインステの階段に座った赤西。

階段に凭れてぐったりした後は、前で小さく手を叩いていたんですが、

その赤西の前で、聖がドリンクを撒くようなフリをしてたんですね。

それを見て笑う赤西のかわいいこと。

この時の赤西は、濡れ髪を後ろにかき上げていたんですが、

濡れていた髪が少し乾いてフワフワしてきたせいか、

全部前髪が上がっているのではなく、少しだけそれが落ちてきたりしてたんですね。

これが超絶男前&美人で見ていて死にそうでした。

あの赤西は、今回の不滅コンの中で、ダントツにカッコイイと思います。

でも、そんな超絶男前の赤西は、めちゃくちゃカッコイイにも関わらず、

かわい過ぎるしぐさを連発するという、脅威のテクニックを見せてくれました。

ジュニアくんの紹介を聞きながら、持っていたマイクを横にして、それにアゴを乗せて

 

 

 

 

口をちゅー。

 

 

 

何してんのっ(悶絶)

 

 

 

 

持ってた双眼鏡、落としそうになりました。

その後も赤西はマイクにアゴを乗せたり、傾けたりしながらジュニアくんを見ているんですが、

途中で亀ちゃんが紹介したジュニアくんが分からなかったのか、知らない子だったのか、

首を傾げて、目をぱちくりさせていたんです。

かわい過ぎるだろうがっ!!!!

しかし、ごくせんの紹介の時には嬉しそうに小さくパチパチ手を叩いてました。

本当にもう、かわいいなあー。

 

そして最後の挨拶は、手を胸に当てて礼。

はけて行く瞬間は「気をつけて」でした。

 

 

 

 

 

 

【Wアンコール】

【ハルカナ約束】

 

確かカツンが出てくる前に、突然音楽が鳴り始めた気がするんですが、

Wアンコールは衝撃が大きすぎて、細かいことを覚えていません。

でも、赤西、見事に歌詞を間違えましてね(笑)

「いつも誰かに任せた」を「なにか」と歌い始めてしまい、間違えた後、

 

 

「歌詞間違えた♪」

 

 

と歌ってごまかす。全然ごまかせてないけど!

その後、なんと亀ちゃんも歌詞を間違えたんですね。

歌えなくなって笑う亀ちゃんとは反対の花道に向かおうとして歩いていた赤西は、

亀ちゃんが歌詞を間違えたことに気がつくと、

 

 

 

歩きながら、後ろをチラリ。

 

 

そんなに亀梨さんが気になるのか(狂喜)

 

 

 

それでキャイキャイ喜んでいたんですが、本当の狂喜はこの先にありました。

3塁側の花道を歩いていく赤西が、途中でさっぱり見えなくなって、

またスタンド側に行っているのかな?などと必死に画面を見つめていたんですが、

なにやらそれとは空気が違う…赤西が見えなくなった位置を考えて、

まさか!と思ってアリーナ通路を見てみると…

 

 

 

 

BとCブロックの間を歩く赤西発見。

 

 

 

な、な、なんてこったい!!!(衝撃)

 

 

 

 

赤西は、先ほどよりも更なるサービス精神を発揮して、

通路を歩いていたかと思うと、突然、客席方面に歩いていき、

そこで1フレーズぐらい歌っては、別の場所に移動する、繰り返しながら近づいて来ました。

かといって、サービス精神が旺盛と言うようには見えなかったりもして…

なんせ目に映る赤西は笑顔と言うよりは、ガチで1点だけを見つめ、

それこそロックオンしたお客さんだけをガン見して、落とす勢いでしたので。

イヤイヤ、それの方が、正直ものすごい威力なんですけども。

 

ハルカナ約束の曲が残り少なくなると、赤西は中央ステージ近くまでやって来て、

おう?と思った時には、中央ステージすぐ後ろのお客さんにロックオン。

かなり長い間、その目の前で歌い、キャーキャー言う周りの声援の中、

Bブロック後ろの通路へやって来ました。

もう、ここで心臓が壊れそうに鳴り響き、気付けば大移動している皆さんが、

目の前に重なっていくのを横目で捕らえながら、赤西を見つめ続けていました。

そこで、奇跡は起こったんです。

 

 

 

 

【Will Be All Right】

 

ある意味、私にとって運命のこの曲。

赤西は私の目の前で、この曲を歌い出しました。

スポットライトを浴びて、たくさんのファンに囲まれて。

実際には4列ほどの距離があり、すぐ側というわけには行きませんでしたが、

本当に自分が立っている目の前で、歌い出しの部分だけは上を向いて歌う赤西は、

その後、小さくこちらの方を見て、ものすごく嬉しそうにニッコリ笑ったんです。

 

 

ああ、私、赤西が大好きだ。

 

 

その後は、よく覚えていません。

B11ブロック一番後ろの人のところへ来て、歌っていた赤西の顔が前の人の頭でよく見えなかったですし、

隣ブロックのお一人に向かって、ガチで1フレーズ歌っていた時も、

アリーナ前から走ってくるファンの人に隠れて、赤西の髪の毛しか見えなかった。

そして遠ざかっていく赤西の後姿が、チラチラ人波に見え隠れするだけでした。

でも、それでも幸せでした。

赤西を、あんなに近くで見ることが出来たのは、本当に何年ぶりかのことだったから。

その後、赤西は親子席のお子さんにたくさん手を伸ばし、握手していました。

私の席からでは、その握手している手しか見えなかったけど。

 

曲が終わった瞬間、上を見上げて、ふうっと大きく息を吐き出しました。

その赤西の横顔が、なんだかすっきりしたような感じに見えました。

それから口だけでありがとうございました、と言って小さく礼。

その後、ダッシュでメンバーのいるメインステージへ戻っていきました。

 

 

全員で手を繋いで「KAT-TUN!」で終了。

手を振って去っていく赤西は、やっぱり最後まで男前でした。

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

今回のツアー。これが私にとっては最後の参戦でした。

最初、13日間のドームと聞いた時は、本当に終わるのだろうかと思ったけれど、

終わってみると、なんだかものすごく早かった気がします。

そして、ぽっかり胸に穴が開いてしまったように寂しかったりもします。

 

この最後の東京ドーム。

今までの中でいちばんいい席、と言うこともありましたが、

近くで赤西を見ることが出来て本当に幸せでした。

小さな箱でやっていた頃の近くと、ドームでの近くでは大きく差があって、

もう、あの頃のように近くで赤西を見ることなんて出来ないだろうな、と思っていたんです。

でも、今回、人の波に埋もれていたとは言え、ほんの数メートルの距離で赤西を見ることが出来て、とても幸せでした。

埋もれ過ぎて、赤西が何をしているのか見えないことの方が多かったですが…

 

そしてWONDER。

中央ステージでの赤西のダンスは、全部後姿ばかりでしたが、

近くで赤西のダンスを見ることが出来て本当に嬉しかったです。

画面に映る汗と、肉眼で見える汗の違い。赤西の本気がそこに見えました。

たった1度だけ、その姿を見ることの許された運に感謝したいと思います。

 

 

5月のコンサートの時にも書きましたが、WONDERで赤西は、

今までの自分の殻を打ち破ろうとしたのではないかと思っています。

それは6月の2回の赤西を見て、より強くそう感じました。

赤西がアンコールで、あそこまでファンの近くに行こうとしたのには、理由があると思います。

いつからかファンと距離を置くようになった赤西が、お友達がいたとは言え、

自らアリーナに飛び込んでファンの近くに行こうとした行為がそれを物語っているのではないかと。

私の個人的な見解ですが、赤西は自分のやりたい音楽が出来て、

恐らくものすごく嬉しかったのではないかと思います。

いろんなしがらみや制約の中で、それでも自分を突き通した赤西を、

好意的に受け止める人ばかりではない、と言うことは赤西自身がいちばんよく分かっていると思います。

人気があればある人ほど、応援してくれる人も多ければ批判する人も多くなる。

長い間、あの世界に身を置いている赤西であれば、イヤと言うほどそれは経験しているでしょうし、

私みたいなファンが思うよりもずっと、その窮屈さも感じているはずでしょうから。

でも、13日間、自分がやりたいと思ったことを突き通すことが出来て、

それをファンのみんなに見てもらうことが出来て、純粋に嬉しかったのではないかなあと。

ファンの側に行きたいとか、ファンと触れあいをしたいとか、そう言う意味ではなくて、

本当にやりたいことを見てもらえて嬉しかったから、

その気持ちが増幅して、アリーナに来てくれたのではないかと思っています。

だって赤西、自分の気持ちにものすごく正直な子だと思うから。

 

実際のところ、私の周りのアリーナ席は、大変な事態になっていました。

警備員さんが止めるのも聞かず、周りがいっせいに通路に向かって走って行きました。

赤西なら、恐らくそういう状況を見て、身構えるはずだろうと思ったのに、

そうじゃなかったんですね。ものすごく普通に、むしろ嬉しそうに歩いているように見えたんです。

なんかね、赤西じゃなくて嵐さんやキミくんを見ている気分になりました。

「ありがとう」そう言う意味を込めて、歩いているんじゃないかなあって。

笑顔とか手を振るとかは嵐さんとかに比べれば、圧倒的に少なかったですが…

 

本来はサービス精神もあるし、ありがとうと素直に伝えることの出来る人だと思います。

昔の赤西の映像を見ると、本当にそう思うんです。

でも、私が今までコンサートで見てきた赤西は、ファンと距離を取っていて、

形式上の感謝はするけれど、何となく壁を作っているような気がしていました。

アメリカから帰って来て、少し変わったように見えた赤西だったけど、

やっぱり他のメンバーとは違っていて、なんだかいつも遠いように見えました。

上手く言えないけど、自分の感情を素直に表現していないような、そんな気がしてたんです。

だから、他のメンバーよりも遠いところにいると思っていたのかも知れません。

だけど今回はWONDERでもそうだったし、MCの時の会話でもそうだったし、

オーラスでアリーナを歩いた時もそうだったように、赤西がコンサートで素直になれたような気がして。

完全に私の個人的意見なので、それが正しいとは全く言いきれませんが、

ごくたまに見せてくれた赤西の嬉しそうな笑顔が、すごく新鮮で見ている私が嬉しかったんです。

今、赤西は本気で楽しいんだろうなあって。

 

好きな人の嬉しそうな顔を見るのは、きっと誰だって幸せだと思います。

いつもカツンコンでは赤西の嬉しそうな笑顔よりも、その色気とか狙う視線にやられて、

ぐったりと体力を奪われることが多かったんですが、今回はなんか嬉しいことの方が多くて。

いや、ぐったり疲れることは疲れるんですけど。(カツンの威力はハンパないので)

頭の中に残っているのは、赤西の本気のWONDERと嬉しそうな笑顔ばかりです。

そして何だろうなあ。胸に残るのは色気や威力よりも、その笑顔なんですよね。

私、赤西のどんな表情よりも、笑った顔がめちゃくちゃ大好きなので。

こういう気持ちで、今回の13日間を終えられて本当に幸せです。

赤西に、そんな気持ちを残してくれてありがとう、という気持ちでいっぱいです。

 

 

これから赤西が、不滅コンツアーを全てやり終えた後、

どんな風に変わっていくのかが本当に楽しみです。

地方をまわる事で、より多くの人に自分のやりたいことを見てもらえたら、

赤西はもっともっといい男になるんだろうな、と思います。

いろんな意見が出るのを承知で、あの曲を歌うことを決めたのだろうから、

これからも赤西の思うとおりに自分のやりたいことを表現してもらえたら、と思います。

私、赤西にだけは何故か、ファンが期待することをして欲しいとは思えないんです…

一度、もう会えないかもしれない、と思うと人間も変わるものなのかも知れませんね。

単なる盲目なんでしょうけど、赤西の思う通りに好きなように自分を表現して欲しい。

そして願わくば、それがファンにも、他の人たちにも受け入れてもらえますようにと。

きっと赤西が選ぶ道は、これから何となくもっと厳しい気がしますが(苦笑)

それにもめげず、自分の信じる道を進んで行って欲しいと思います。

まあ赤西なら、私なんかが思わなくてもそうするだろうけど(笑)

赤西が楽しく嬉しそうに笑ってくれるなら、私はいつまでも赤西を応援し続けるだけです。

だから赤西、もっともっといい男になって、新しい赤西を私たちに見せてください。

出来ることなら、目の届く範囲で。それを切に願っています。

 

 

最後の最後に。

KAT-TUNのみなさん、13日間本当におつかれさまでした。

私はツアーには行けませんが、最後まで怪我なく無事終了することを祈っています。

ステキな時間を本当にありがとう。愛しています。

 

 

ランキング参加中です。

よろしければ応援クリックお願いいたします。

ジャニーズブログランキング JBR

スポンサーリンク