本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

不滅の10日間ライブKAT-TUNコンサート TOKYO DOME 2009年5月17日

17日のカツンコンも行ってまいりました。

今回はこの一言に限ります。

 

 

中丸、愛してるぞ(涙)

 

 

と言いつつ、レポはいつもどおりに95%赤西目線でございます。

今回は今までずっと使っていたお気に入りのメモ帳の在庫が家になくなったので、

近所で新しいメモ帳を買ったのですが、激しく書きにくかった…

大きさも違えば、表紙が柔らかいからグネグネ曲がっちゃうんだな。

おかげで、ただでさえ手元を見ないでメモを取る私のミミズのような文字が、

折り重なったりして解読が非常に困難でした…

しかも枚数が少ないので、恐らくコンサート2回分はメモ出来ないかと…

50枚のメモ帳じゃやっぱり足りないですな。

 

ってなことで、もしかしたら大きく違う部分もあるかもしれませんが、

それでもいいよーという方は、よろしければ続きからどうぞ。

 

 

本日はスタンド1塁側1階の後列。これまた、初日と同じような席でした。

オープニング時、今回はメンバー一人ひとりのコメントを見られるはずだったのに、

直前にバタバタしていたせいで、最初の方を見逃しました。

亀ちゃんが「トイレ行くの忘れた」

赤西が「L.A.の時は1人だったけど、今度はみんながいるなあ」

田口先輩が「入口出口田口です」

聖が「みんなつかまってろよ」かな?(激しく曖昧)

上田姉さんが「スチュワーデスさん、おなかすいたー」

中丸が「ポークorチキン。チキンで」だった気がします(曖昧)

 

 

 

 

 

【RESCUE】

 

赤西、やっぱり斜めに座って登場。

手すりの上に腰掛けて、歌ってる赤西はかわいかったです。

昨日、一人ひとりのダンス部分で、赤西がはけて行ったような気がしてたんですが、

今日見たら、やっぱり一度、はけて行ってたみたい。

ダンスパートを完璧に踊った後で、

ふっ と唇をすぼめて息を吐き出し、ニヤリと笑顔&サングラスを直す。

一連の動きが、全てお色気むんむんでした。

そして、3日目にしてようやくカメラワークが!

Call my nameで赤西が抜かれて、キャーッ!!!となりました。

やれば出来るじゃないですか、スタッフのみなさん!(超上目線ですが…)

 

それから、初日も昨日も気がついていなかったんですが、

レスキューの時の後ろのスクリーン、全部炎で真っ赤なんですね!

ものすごい迫力でした。赤西しか見ていなかったので全然気がついていませんでした。

 

 

 

 

【ONE DROP

 

真っ赤だった舞台とスクリーンが、一気に青色と水へ。これまた驚き!

そして、最初の赤西パートで、マイクの調子が悪かったのかイヤホンがおかしかったのか、

赤西が大幅に曲と歌とずれてしまったんですね。

その後、赤西はしばらく歌わずに、周りの様子を伺ってました。

なんだか音が変にこもったり、全然違う音が聴こえたりして音響がおかしかったみたいです。

しかし、ムービングが後ろへ向かった頃には赤西も歌復活。

「信じ続けてるー」の部分は、中央のデカいスクリーンにだけ赤西が映り「バーン」で水の柱。

そして、最後。

TEAR DROPの歌詞で、赤西はマイクを持った指でポンポンとリズムを取ってました。

 

 

 

 

【LIPS】

 

リフトに乗った赤西は、手すりに凭れて歌ってはいたんですが、

なんだか歌の調子が悪そう。声がかすれたり、音が上手く出なかったり。

それが気になって、あんまり集中できませんでした。

 

挨拶をする時は、惑星のトロッコに乗るんですが、

赤西はリフトを降りた後、ずっと花道をウロウロしてるんですね。

どうしたのかな?と昨日も不思議だったんですが、

どうやら、中丸・赤西・田口先輩の順にトロッコに乗り込むので、

中丸が来るのを待っていたみたいです。中丸の後をついてトロッコに乗ってました。

ロッコの上では、他のメンバーが挨拶をする間、うろうろ(笑)

 

挨拶もなんて言ってたかな?声がこもってて、よく聞こえませんでした。

私のいた席が、余計に聞こえにくかったのかもしれないけど…

 

 

 

 

【喜びの歌】

 

小さくバイバイを繰り返して歌う赤西。

その胸の谷間に、と言うか胸筋の筋に、汗が流れているのをしかと見ました。

しかもその部分、体温が上がっているのか赤く染まっているのも見ました。

それで歌詞が「愛してる」「ずっと側にいるから」ですから。

メロメロでした。ものすごい色っぽかった!

最後に「バーン」とまた打つマネをしてました。

 

 

 

 

【Keep the Faith】

 

今日はものすごく早くトロッコを降りてメインステに戻ってしまう赤西。

本日も激しく内股でございました。

ちなみに今日は歌が終わった後、赤西はサングラスを取らず、そのまま次の曲へ。

 

 

 

 

【DON‘T U EVER STOP】

 

パリン、部分で赤西が両手を前に突き出してガラスを割るようなポーズ。

これがものすっごいかっこよかったです。

しかし、この曲ではラップ前の赤西にカメラは向かないのでしょうか(涙)

3日目も映らなかったので、もうないのだろうかと半ば諦めてますが、

どんな顔をしているのか、激しく知りたいです…

 

そして、そこから花道を通って中央ステージに歩いていくのですが、

ここでまたもミラクル。

亀ちゃんから数歩後ろの赤西、出す足とタイミングが見事に亀ちゃんにシンクロ(涙)

うきゃー!と喜んでいたら、赤西は花道で一旦止まり、

そこで少し踊ってからまた歩き出したんですが、

最初は亀ちゃんと違う足・違うリズムで歩いていたのに、

中央ステージに近づく頃には、やっぱり同じタイミングに…

奇跡のシンメだよ…(うっとり)

 

 

 

 

【White X’mas】

 

ここでようやくサングラスを取った赤西。

レスキューやLIPSではあまり調子の良くなかった赤西も、このあたりで調子が上がってきたらしく、

しっとりと歌い上げておりました。

 

 

 

 

【SADISTIC LOVE】

 

赤西、ラップ部分完璧(感動)

 

この時の横顔が、猛烈にかっこいいです。

アゴのラインが本当にステキ。美し過ぎました。

しかし、その後。舞台上のトロッコに乗った赤西は、亀ちゃんが歌うパートも、

他のメンバーが歌うパートも、ずっと下を向いたまま。

画面に映っても、ずっと髪の毛が顔を覆い隠していて表情が見えませんでした。

でも歌はしっかりと熱唱。初日や2日目よりも熱唱。

元気がないのかな?何か落としたのかな?そればっかり気になってしまいました…

 

 

 

 

【1582 亀ちゃんソロ】

 

亀梨さんのエロスの正体は、うつろな目半開きの唇だと思う。

会場中のみなさんの悲鳴を完全にモノにした亀梨さんは、

地上からはるか高い場所で、まさに「ドヤ顔」でヤラレタだろ?みたいな笑みを浮かべました。あの人、ドSだなあ…

そしてやっぱり乳首は出てました。ああいうものなのだと納得させました。

昨日は中央の水部分で白い布と戯れていた亀梨さんは、

今日は両手に花火を持って、空中をグルグル。ものすごいキレイでした。

 

 

 

 

【PIERROT 聖ソロ】

 

亀梨さん、水攻めの方法が変わってました。

「あーっ!」とマイクを通さずに叫んだ後、おびただしい数の水をかけられ、

本気で水攻めにあってました…なんかすっごい見てはいけないものを見た気がしました。

聖のソロは、どうしてこんなにこの衣装が好きなんだろうと思っていたら、

実はこの曲がすごく好きなことに気がつきました。気付いてなかった自分がすごい。

 

 

 

 

【WIND 田口先輩ソロ】

 

聖と田口先輩。

最初のトロッコ部分で、歌う田口先輩の頬を撫でた聖に「ひいっ!」と声が出ました。

あの2人、本当に同じグループの人間にはとても見えないのに、仲、いいんだよね。ほんと微笑ましい。

そして、またまた最後に赤西が登場。

歌いながら後ろの上里くんと目を合わせる赤西がかわいかったです。

田口先輩にきれいにはもって、「ほう!」「ふぅ!」と、

今日は何も話さずに、掛け声だけ掛けて、はけて行きました。

 

 

 

メインステから登場した北島大地。

初日も2日目も、もう少し普通の顔をしていたような気がしたんですが、

今日はえらく表情がおかしい。というか最初から困惑顔。

今日こそは飛ばなくちゃと思っているからなんでしょうか。なんかかわいい。

そして、今日ははじめてのパフォーマンスをライブでしたいと言って、

3つ同時に別の音を出します、と説明をし、ボイパを始めたんですが、

昨日はちゃんと出来ていたのに、中丸、なんと途中で、

 

 

ごほっ、ごほっ!!!!

 

 

咳き込んだっ!(驚)

 

 

しかも、額から大量の汗が流れ出し、テンパリ出した中丸に会場から「がんばってー!」の声。

すると中丸は何とか体制を建て直し、「今のは演出です」と言い、別のボイパを披露。

そしてそれが終了すると、微妙な表情ながらも「以上です!」と締めてました。

よっぽど緊張してたんだな、そんなに3日目がプレッシャーなのか、

と思ったんですが、その理由は後ほど判明。

 

今日の要救助者を探しに行く中丸。

「赤西隊員と田口隊員が先に現場に向かっているみたいです」と解説しながら、

ロッコに乗って、バックステ側に向かう中丸。

すると、赤西隊員が突然、

 

 

 

 

松ぼっくり隊員、こちらです」

 

 

 

松ぼっくり隊員(爆笑)

 

 

 

 

松ぼっくり隊員=中丸は、赤西と田口先輩の元へ急ぐわけですが、

平成ジャンプの有岡くん?と毎日来ている関西の子が、そこで待っていました。

そして、中丸がその後、ものすごい大量の汗を顔から流しながら、

どもりどもり、もうかわいそうなぐらい緊張しながら、

 

「ええ、実は、大先輩が…

大先輩の、マッチ先輩が、いらっしゃってます」

 

中丸の緊張と大量汗の理由はこれか(笑)

マッチさんは爽やかに笑っていらっしゃいました。

そして、ドラマに出ますというジュニアくんが宣伝をし始めたんですが、

そこで赤西がそのジュニアくんに向かって、自分のイヤホンを貸してあげてたんです。

 

 

あのシュチュエーション、是非とも譲って頂きたい(切望)

 

 

赤西の髪の毛が触れるか触れないかの距離で、

なおかつ赤西の耳元にあったイヤホンが、自分の耳に(鼻血)

さらにそのイヤホンを持つ赤西の指が耳に触れるかと思うと…ダメだ。

妄想だけで顔が赤くなるほど、まるで天国のようなシュチュエーション。

ジュニアくんがうらやましくてうらやましくてたまりませんでした。

そして、その後ろで、直立不動の中丸(緊張のあまり)

ジュニアくんの宣伝が終わると、中丸は上手く場を納めなければならないことに緊張したのか、

ヨロヨロしながら、「そ、それではジュニアのみんなは、ぶ、舞台へ」と案内。

しかし、すぐ隣にマッチ先輩がいらっしゃるので、どうしたらいいのか分からず、

隣に立っていた赤西と共に、2人一緒にワタワタ。(赤西は突っ立っているだとも言う)

マッチさんを舞台へ、と紹介していいものかどうか迷っていたのだと思います。

マッチさんが2人に何かを伝えたように見えたのですが、

中丸と赤西はそれに対して頷きながら、マッチさんの拍手の中そこを後にしました。

仕切っていたのは中丸のはずが、マッチさんが背中を押してくれたのは赤西(笑)

緊張で汗をダラダラとたらしながら、赤西と一緒にマッチさんにお辞儀をする中丸が、

妙に愛しくてたまりませんでした。

 

そして、また二手のトロッコに分かれてメインステージへ。

赤西は今日はトロッコの上に胡坐をかいてました。背中が超キュート。

メインステで揃った6人は、1列に並んでどうしたのかと思ったら、

「マッチさん、この先もがんばりますので、どうか寝ないで見てください!」

と全員で深々と礼。カツンオレンジの6人、かわい過ぎる(涙)

そして、本日もドラゴンボール衣装のクリリン=聖。

「僕は最後までクリリンをやり遂げたいと思います」

意味わかんないけど、かわいかったです。

 

 

カートゥンKAT-TUN連動企画、中丸バンジーへの挑戦】

 

気がつくと、中丸の首根っこを掴んだ亀梨さんが一言。

「今日はマッチさんが見てるよ」

中丸、それを聞いて、オロオロとしながら、

「もう、何をしゃべっていいのか分かんない」と。

昨日来てくれたまっすーも、結局飛べずに地上に降りてきた中丸に、

「え?ほんとに飛ばないの?」と思いっきり驚かれ、さらに傷ついた様子(笑)

会場も「えー!」という声が響く中、またしても聖が、

「中丸もだいぶがんばってるから、みんなも応援してあげて」

ほんと、やさしい(ほろり)

 

中丸はビビリながらもまたヘルメットをつけたのですが、そこにはもちろん「×」がふたつ。

「お客さんからの予想以上のブーイングにトラウマになっております」

と、告白した中丸に対し、またも聖がフォロー。

そして亀ちゃんも、

「いつもはさ、みんながMでこっちがSみたいな関係なのに、

ここぞとばかりに、中丸の時はSになってない?」

亀梨さん、やっぱりいつも自分がSだっていう自覚があるんだ(本物だ)

 

そして、今日も上へと昇っていく中丸。

顔がもう、完全に尋常じゃない顔でした。汗がほんとすごい。

子供が泣き出す瞬間みたいな顔で、見ている方が心配になるぐらい。

カウントダウンの最中も「ごめんなさい、ごめんなさい」と繰り返し、

「0!」の声がかかった後に、ほんのちょっとだけ斜めになって、戻る(笑)

 

「ちょっと、これを下げないか?高すぎる。飛ぶっていう気持ちはあるの!」

 

と叫び出し、もう恥も何もあったもんじゃない状態の中丸(笑)

少しずつ、バンジー台が下がってくるわけですが、ここで中丸は別の心配を。

「これ、低くしたら逆に危ないのか?」もう、全て疑心暗鬼。

そしてお得意の「めんどくせえ」まで飛び出して、本気で怖いのであろうことが十分伝わっていきました。

 

高さを随分低くして(恐らく最初の1/2ぐらいの高さ)、もう一度カウントダウン。

この時、中丸は、必死に自分の身体を斜めにして何とか飛ぼうと努力しているのが分かりました。

しかし、無常にもカウントダウンは終了してしまい、

上に1人だけ残されてしまった中丸は、それでも身体を斜めにしてがんばります。

会場中から、メンバーから

「ガンバレ!」「中丸!」の声援を受ける中丸は、遠くから肉眼でも分かるほど、

尋常じゃないほど上でブルブルと震え、身体を前のめりに。

足は軽く内股。手は両脇で手すりを握り、身体を折り曲げておかしな体勢。

 

生まれたての、子馬みたい…

と思った瞬間、会場中の声援に押されて、

 

 

 

 

飛んだっ!

 

 

 

 

 

なーかーまーるーっ!!(感動)

 

 

 

 

会場中から割れんばかりの拍手。

しかし、空中に飛び出した中丸は、上下にびよんびよん揺さぶられながら、

逆さまになって、足を広げ、両手で顔を覆ってました。

 

 

ある意味、すごい羞恥プレイ(爆笑)

 

 

恐らく、完璧に力が抜けてしまったであろう中丸は、

そのヘンテコな格好のまま、地上に下ろされ、

グラグラしながら、スタッフさんにワイヤーとヘルメットを取ってもらったのですが、

そのままヨロヨロとしながらしゃがみ込みました。

顔中、すごい汗。人間とは思えないほどのすごい汗。

大画面に大写しになった中丸は、ぎゅっと目をつぶり泣き出してしまいました。

ああ、かわい過ぎる(ヘタレ大好き)

 

ようやく飛んだ中丸に、抱きつきに行ったのは亀ちゃん。

その後、メンバーも全員集まってきて、ハイタッチ。

赤西は中丸のおでこにタッチして、中丸に怒られてましたが、

最後まで側にいて、すごく嬉しそうでした。

そして、人間らしい表情にようやく戻った中丸は、

「この企画さあ、マジ、カットしねえ?」

と言いながら、ダラダラと顔中から汗を流し、放心状態の顔でカメラに映ってました。

完全にアイドルではありませんでした。一旦全部抜け落ちた人みたいでした。

そんな突っ立ったままの中丸を見た赤西は一言。

 

 

 

「中丸、マッチ棒みたいだな」

 

 

 

言い得て妙(爆笑)

 

 

 

すると亀ちゃんが、オレンジの服を着た中丸を見て、

「なんかさ、あれ、アルマゲドンみたい」ギャッハッハッハ!

 

そんな中丸のバンジー挑戦。

もう絶対やらない!と豪語した中丸は、去って行く時、

オレンジの服が背中に張り付いていました。

多分、全身にものすごい汗をかいていたんだと思います。

中丸、ほんとおつかれさま!かっこ悪かったけど(笑)かっこよかったよ!

 

 

 

【ジュニアくんたちの曲】

 

 

【Peak】

 

赤西は空中のゴンドラの中で、ずっと座りこんでました。

胡坐かいていた気がしますが、途中で画面が目に入り、

上田姉さんが超笑顔で「中丸、バンジー!」と言いながら、

自分と中丸が乗っているゴンドラを揺らしたんです。

すると中丸、必死にゴンドラに掴まりながら超真顔(無表情とも言う)で、

 

 

「うえだ、うえだ…」

 

 

名前をつぶやくしか出来ない、ヘタレな男(愛)

中丸って本当に愛しいなと思った寸劇でした。

そんなこんなしていたら、空中の赤西は気がつくと足をブラブラとさせ、

ごろーんとゴンドラの中に寝転がって、上向きのままアリーナ上空で、

首を仰け反らせて、アリーナのみなさんを翻弄。

そして、手首に巻かれたゴンドラの命綱がぴーんと伸びるもんだから、

下から大勢に見上げられる、囚われの身のようだ…と思ってしまいました。

見上げたら透明なゴンドラの底に、赤西の背中とかお尻とか足があるかと思うと、

それだけで異常に興奮する私はおかしいのでしょうか?

しかも髪の毛がゴンドラから垂れてます。

届かないのは知っていても、手を伸ばしたくなるに違いありません。

本気でアリーナのみなさんがうらやましかった瞬間でした。

でもやっぱり、赤西はほぼ歌わず(笑)

 

 

 

 

【Jumpin’ up】

 

いきなり元気になる赤西は、外周を周りながら歌ってました。

リズムの取り方がいちいちかわいい!

小さく跳ねて足を後ろに蹴り上げたり、クルクル回ったり、ゆらゆらゆれたり、

ラップ部分ではもちろん「聖―!」と叫び合いの手。

そして、こちら1塁側に回ってきた赤西は、この曲ではしゃぎすぎたのか、

手首に巻いたブレスか何かが取れてしまったのか、しばらく手首を気にしてました。

手首、細いよね。足首も、細いよね(萌)

 

 

 

 

【ノーマターマター】

 

ここで大事件。

1塁側の外周にやって来た赤西は、外周を外れてスタンドに向かってくるぞ、

と思ったら、昨日と同じように親子席のおこさんたちに向かって一直線。

うひゃーっ!!!と思っていたら、次の瞬間、仰天。

赤西、スタンド前列のみなさんとハイタッチ…

子供になりたいと、この時ほど思ったことはありません。

そして、満足そうに親子席を離れた赤西は、

少し高めの花道に左手をかけ、ひょいっと軽くジャンプして登ったんですが、

その動作があまりに自然でステキだったので、うっとりしてしまいました。

で、クルリと振り向くと、親子席に向かって、「バイバイ!」

やっぱり子供になりたい…(涙)そして、メインステに戻った赤西は、

初日と同じように、左右に4回ピースをして、超キュートでした。

 

 

 

 

 

【MC】

 

「今後、一切バンジーは飛びません」と中丸は断言してました(笑)

 

アルバムがみなさんのおかげで1位を取る事が出来ました、という聖。

深々とお辞儀をして、なかなか顔を上げない聖・上田姉さん・赤西。

前のライブのMCでもやってた、いいともの合いの手を求めているらしい。

最初は確か、亀ちゃんがタモリさん役をしてました。

 

赤西の映画が始まりました、ということでまたお辞儀。

また亀ちゃんがタモリさん役。

バンデイジ1月に公開です、映画初出演・初主演になりました、と言ってまたお辞儀。

タモリ役に抜擢された中丸、

ターンをして両手を広げ、完璧(笑)

 

会場が沸きに沸き、「もう絶対やんないよ」と赤西や聖が言う中、

結局、映画の話しでもう一度頭を下げたら、今度は田口先輩がタモリさん役。

それに対し聖が、「田口のところでは止めちゃダメだよ」と言い、

もう一度、拍手の嵐の中、3人が頭を下げ、田口先輩が止めても、会場は拍手をし続けてました。

とりあえず、そこで終了。

赤西は「ありがとうございます」と激しくドヤ顔してました。

 

 

ごくせんの話では、なんと亀ちゃんが

 

 

「矢吹隼人役で出ます」

 

「それオレだろ」

 

「ちがうかっ!」

 

 

あ、亀ちゃん、「ものいい」の真似したと思ったら、

冷静に亀ちゃんの顔を見ていた赤西が失笑。

うっはー!萌える。めちゃくちゃこれかわいい!

 

「オレ、オファー来てないから」

「電話したけど、L.A.で繋がらなかったらしいよ」

「ありえないから」

 

完全に2人の世界ですけど、大丈夫ですか?

他のメンバーも、ヘタしたら会場のみなさんも置いてきぼりですがいいんですか?

私は大歓迎ですけど、もちろん!

亀ちゃんはこの後、「ちがうか!」が気に入ったらしく、

中丸の頭を「棘」と呼び、「ちがうか!」と大喜びで言い、それに赤西が笑ってました。

亀ちゃんのコメントに、いちいち笑う赤西がかわい過ぎた。

なんだろうなあ、この嬉しそうな空気。こっちまで嬉しくなります。

 

木村さんのドラマに出た亀ちゃんは、木村さんにメール送らなきゃと思ったらしいですが、

先に先輩の木村さんからメールをもらってしまうと言う失態をしたそうです。

ちなみに、亀ちゃんの役どころは「エリートお医者さん」

その言い方が、全くエリートじゃないと聖に笑われてましたが、赤西も嬉しそうでした。

 

必殺仕事人の話で、聖は仕立て屋なんだと話していたら、

田口先輩がいきなり「下手に出る」というギャグを言い出し、

聖が「久しぶりにドラマ以外で人を殺したくなった」と言うのがかわいかったです。

聖は糸を引っ張る必殺のポーズをしていたんですが、それを見ていた赤西が、

マネしていたのが、これまたかわいい。

そして何故か、千切りのマネをしていたのも猛烈にかわいい。

聖にマネすんな、と言われた赤西はマイクを通さず、口パクで「ごめん」

かわいかった。本当にかわいかった。

で、その後、写真集の冊子が会場に置いてありますので、という話になると、

赤西が急に、ものすごいそれこそドヤ顔で、

 

 

 

「冊子なだけに、察していただいて…」

 

 

 

ダ、ダジャレだ…(驚)

 

 

 

会場の微妙すぎる空気に、赤西、凹んでました。

つむじがめちゃくちゃかわいくて、抱きしめてやりたくなりました。

はあー、今日の赤西も何してもかわいいな!

 

ちなみに、本日、田口先輩は興奮して鼻血が出たそうです(笑)

昔、中丸は、たきつばの曲でエロエロダンスを踊っていた時、鼻血を出したそうです(爆笑)

なんで鼻血が出たのかはいまだに不明だけど、見たことないぐらい大量に出たそうです。

そしてここから、お風呂の話へ。中丸とお風呂が一緒になった赤西。

よく聞くですが、中丸がいつも隠して風呂に入ると言うところで赤西は、

 

 

 

 

「中丸は、クリリンを見せないんですよ」

 

 

 

クリリン!!!(爆笑)

 

 

 

 

メンバーも会場も大喜び。

しかしクリリンである聖が、クリリンは止めない?と言ったところ、今度は、

 

 

 

 

「中丸くんのドラゴンボール

 

 

 

ドラゴンボールっ!!!!(爆笑)

 

 

 

 

それでも笑ってたら、結局シェンロンに落ち着いてました。

シャンロンって…超でかいじゃん(笑)

赤西は、それこそ不思議そうに、「なんでさ、見せないの?」と言ってました。

中丸の頑なさは相当らしく、大浴場で1人で入っていた際、

ジュニアくんが入って来た事に気付いた瞬間、前を隠しながら

 

「てめえ!ノックしろよ!」

 

と、怒鳴ったそうです。大浴場なのに(笑)

中丸いわく、何も言わずにそっと入ってきて、音も立てずに隣で見ていたからだと言っていましたが…

そして、みんなで中丸がシェンロンを必死に隠す時のポーズをマネしてました。

内股になって前を隠す赤西が、犯罪級にかわいいかったです。

 

ポスター抽選の時、亀ちゃんが「アリーナ」と言ったらものすごくアリーナが沸いたんですが、

その後「うそ!」と言った途端、上田姉さんが、

「そういう嘘はダメって言ってるだろ。嘘には2種類あるんだよ。

人を傷つける嘘と傷つけない嘘。その嘘は傷つける嘘だぞ!」と熱弁。

亀ちゃんはそれを聞いて「だから女心が分かってないって書かれるのか」としょぼんとしてました。

かわいいな、亀ちゃん(笑)そして上田姉さん(笑)

ちなみにその時、赤西はステージにしゃがみ込んで自分が引いた半券を眺めてました。

 

 

 

 

 

【LOVE】

 

赤西はまたフードをかぶって踊ってました。

この曲のダンスって、すっごいカッコイイですね。

6人が並んで、踊る振り付けが多いんだけど、ほんとステキ。

赤西は特に髪の毛を振り乱して踊ってたなあ。そして、

 

 

you、you、you で指差し(撃沈)

 

 

思いっきり流し目で指差されました。

めっちゃくちゃかっこよかったです。そして色っぽい。

また、oh、no,noも劇的にかっこよかったです。

そして最後の最後。アゴを上げての流し目に、またしても撃沈でした。

 

 

 

 

【春夏秋冬】

 

LOVEで激しく踊った赤西は、前髪が横に流れていて、

いつもあまり見ない感じの赤西でしたが、これがもう、絶世の美女(瀕死)

本気で、すっごいキレイでした。美人過ぎました。

次に画面に映った時には、いつもの赤西の髪型に戻っていましたが…

赤西はすごくキレイな顔しているので、どんな髪型しても似合うけど、

前髪下ろしても、やっぱり美人なんだな、と改めて納得。

劇的に一瞬でしたが、完全にヤラレました。

 

あと、舞台の後ろを向いてパーカーを直すしぐさがすっごいかわいかった。

基本内股なので、歩いた延長だと立ち姿ももちろん内股。

そしてちょっと俯いて、パーカを羽織りなおすのが子供みたいでかわいかったです。

サビの部分ではやっぱり身体を左右に振ってました。

 

 

 

 

【WATER DANCE】

 

初日・2日目と、あまりの水量に赤西が見えないーと不貞腐れていたんですが、

この時のカメラ、実はすごくいい仕事をしていたんですね。

水の柱の向こうに、揺らめくように見える赤西と亀ちゃんが交互に。

中央ステージから花道を通ってメインステに戻る際、

赤西はLOVE JUICEみたいに踊りながら戻って来てました。

 

 

 

【ジュニアのみなさんの曲】

 

 

 

【Real Face】

 

メインステから、階段のようなリフトが降りてきて、

そこからカツンも曲の途中に下りてくるんですが、

今日の赤西は、亀ちゃんが通ったコースと全く同じコースを辿り下りてきました。

そして、ムービングステージの上で、1回だけ、

懐かし過ぎる、手旗信号みたいな振り付けを1人でやってました。

懐かしい!赤西かわいい!

それから、自分のパートじゃない部分では、

メインステ後ろのスクリーンに自分達の映像が出ているのをじっと見つめてました。

何、思ってたんだろう。

 

本日は聖のプロデュースコーナー。

聖が今日は僕が、とお客さんに話をしている間、

赤西はバックステでずっと、何か大きく口を開けて誰かにアピールしてました。

何て言っていたのかは、遠くてさっぱり分かりませんでしたが、

そんな赤西の言葉に反応していたのは、亀梨さんでした…

なんかしゃべってた。何を話していたのかものすごく気になるけど分かるはずもなく…

 

 

 

 

【Hell No】

 

この曲の赤西、歌い方がほんとかっこいいっ!!!

ダンスもかっこいい。とにかく全部かっこよかった。

そして「願いはかなき愛は…」の後で、カメラに向かって、マイクで撃ちマネ…

赤西に殺されるなら本望だよね(腰砕け)

 

 

 

 

【Shorty】

 

 

キターッ!!!!!!(大興奮)

 

 

聖がプロデュースの日は、絶対にこの曲が来ると読み、

絶対にこの曲がもう一度見たいと願っていた思いが叶いました。

もう、すっごい大興奮。この曲、本当に大好き。大好き過ぎて狂いそうに嬉しかった。

何が絶品って、曲もダンスもすっごい聖もかっこいいんだけど、

バックダンサーとして踊っていた赤西のかっこよさはそれはもうハンパなく、

毎回毎回、赤西と中丸を見てはクラクラになり、聖ありがとうと感謝し、

赤西のキャップ姿が死ぬほど好きだと改めて自覚した大好きなソロ。

しかも、私の願いはさらに最高の形で実を結んだんです。

 

 

赤西、キャップ姿でダンス(号泣)

 

 

もう、聖様、あなたは神様ですっ!!!!

手のクルクルが!腰のクネクネが!

また見られるなんて、本当に幸せ過ぎる(涙)

DVDになる前から言ってましたからね。これはマルチアングルが必要な曲だと。

そして、この時は更なる奇跡が私を襲ったんです。

まさかの赤西の、

 

 

 

甘い蜜とsexyなブレス…

 

 

 

久々に身篭りました…(昇天)

 

 

 

流し目と一緒に甘い蜜とsexyなブレスじゃ、誰だって妊娠するでしょ。

「ブレス」の部分なんて、掠れ声で言いやがって、赤西の野郎!

ど真ん中過ぎてどーしていいのか分かんないじゃないかーっ(ジタバタ)

とにかく聖様に、いや、クリリン様に感謝です。

この曲を選んでくれて、本当に、本当にありがとう!

 

 

 

 

【どーにかなるさ】

 

久々ですごく嬉しかったのに、赤西ブレスショックで、

赤西が揺れて歌っていたことしか覚えていないと言う失態。

 

 

 

 

【PRECIOUS ONE】

 

うわあ。鳥肌がぶわーっと立ちました。

聖、選曲良すぎるよ。これ出したら、絶対に泣くだろう。

ドームでこの曲を聴くと、どうしても中丸の泣き顔が浮かんでくるんですが、

赤西の、最初の声を聴いて、うっとりしていたら、

 

 

赤西、歌詞を忘れて吹き出す。

 

 

赤西らし過ぎる(笑)

 

 

でも、それでもやっぱりこの曲って特別ですね。本当にいい曲だと思います。大好きです。

赤西は、今日はメインステのいちばん上まで登らず、中丸と同じ段の上で歌ってました。

スクリーンに昔の映像が流れると、涙が出てきます。

君の側にいる、のところではすごく優しい顔をしていて、

ONLY ONE 部分で赤西は人差し指をさして微笑んでました。

フェイクもすごくキレイで、本当にステキでした。

 

 

 

 

【花の舞う街 上田姉さんソロ】

 

会場の声援に「しーっ!」と指を立てる上田姉さんがかわいい。

昨日はピアノを失敗してしまったからか、今日は全部弾き終わった後に、

ガッツポーズするのがめちゃくちゃかわいかった!

3回もガッツポーズしてました。曲に似合わないけどかわいかった。

 

 

 

 

【WHITE WORLD 中丸ソロ】

 

あ!ハットかぶってない!と思ったら、振り付け部分でかぶってました。

中丸は映像とコラボしているんですが、結構高いところに登ったりしてるんですね。

高所恐怖症だけど、あそこは大丈夫なんだろうか、とヘンな心配をしてしまいました。今日、飛べたけどね。

曲が終わった後「ありがとうございましたー」と脱力気味に言っていたのがおもしろかったです。

 

 

 

 

【JIN AKANISHI  feat Crystal Kay  WONDER】

 

赤西、最初の椅子に座っている部分で、指を開くところ。

本当に指がキレイですね。かっこいい。

あと、初日と2日目と、少しダンスが変わっていた気がします。

かくかくしたダンスは、今日ほどたくさんやっていなかったんですが、

もしかしたら最初と最後のダンス部分は、その時の気分で踊っているのかも知れません。

日を追うごとに、かっこよさが増す。聴けば聴くほどこの曲が欲しくなる。

PVを見ようと思うんだけど、見られないので、

結局最終日まで、赤西ばっかり見てしまう気がします。

どうか、陽の目を見ますように。切に願います。

最後。今日は帽子を取らずにお辞儀をしてました。

 

 

 

 

【惑星対決】

 

U-T対決は、やっぱりドラゴンボールみたいな対決でした。

引き分けだったんですね。

 

t-N対決は、今日も田中。

聖は「私は金星の王様」と昨日と同じようにやっていましたが、

中丸がそれに乗ってくれませんでした(笑)

 

 

【ファンには伝わるであろう、モノマネシリーズ。ハイテンションの中丸 RESCUE】

 I DON’T WANNA CRY ALONE♪

 I DON’T WANNA CRY ALONE♪

 「WE’LL SURVIVE!」で超ヘン顔の聖。

 

 

【ファンには伝わるであろう、モノマネシリーズ。ハイテンションな赤西 DON‘T U EVER STOP】

 誰も知らないSTORY♪

 「うぃ!」 で、超ヘン顔の中丸。

 赤西のモノマネ、昨日と一緒だ(笑)

 

 

 

A-K対決

またしても、黒いハーネスをつけて上に登って行く赤西は、

最初から戦意喪失状態で、だらん、と垂れ下がってました。

しかし、上に来て亀ちゃんと向き合うと、かめはめ波しそうになった!

と、思ったら、やっぱりだらーん。やる気ねえ(笑)

するとここで何と亀梨さんも一緒に、だらーん。

 

 

空中にぶら下がる、やる気のない亀梨さんと赤西さん(爆笑)

 

 

亀ちゃんはその後、美しく宙を舞っていましたが、

赤西は最後まで、だらだらのまま、地上に戻ってきました。

そして、中丸にマイクをもらった赤西を見て気がついたのは、

右手の二の腕にタトゥシール貼ってましたね。昨日はなかったのに。

なんの柄だったのかは、残念ながら見えなかったのでちょい残念。

 

 

 

 

【WILDS OF MY HEART】

 

君と眠るーの指差しがこれまたステキ。

外周をおしとやかな感じにお辞儀をして歩く赤西は、時折両手をグーにして肘を曲げ、

身体を揺らすしぐさが乙女みたいにかわいかったです。

カメラに流し目したり、お手振りしたり。楽しそうでした。

最後はやっぱり1人だけドライアイス合戦には入らず、遠巻きから見るだけ。

誰かに一瞬、ドライアイス掛けられてましたけど…

 

 

 

 

【NEIRO】

 

今日は珍しく、赤西が最初からマントを両肩に羽織ったんです。

おお!と思ってみていたら、途中でマントを取って下に置いちゃったの。

そしてスタッフさんに向かってポーンと投げてしまったので、

どうしたのかな?と思ったら、隣の聖も上田姉さんも羽織ってなかったんです。

誰かが着忘れたのかも知れないです。それに合わせたのかな。

上田・田中・赤西の3人がマントを羽織らず、亀梨・中丸・田口の3人は羽織ってました。

そして、今日は会場中で「NEIRO」の声が揃った瞬間、赤西が「beautiful」

めちゃくちゃかっこよかったです。

 

そして今日はなんと亀ちゃんが「後ろの白いシールが貼ってある人、ペンライトつけて」

え?白いシール?と思ったら、「NEIRO」とスタンド上段。

スタンド1階にはハートがふたつと、アリーナにも大きなハート。

すごくキレイでした。

その後、赤いシールで「WE LOVE KAT-TUN」の文字。

花火が上がって、その中で長いお辞儀をする赤西がステキでした。

 

 

 

 

 

【アンコール】

【She said…】

 

 

濡れ髪、また来た(涙)

 

 

最初はスペースシャトルロッコの上で、座っていた赤西ですが、

途中で立ちあがり、ノリノリ。

にらみを利かせて右手を振り上げるしぐさが、男前過ぎました。

それなのに、最後の最後、

 

 

「My Way」 でニコリ。

 

 

 

殺されるーっ(涙)

 

 

 

 

 

 

【peaceful days】

 

 

水をかぶって頭を振る赤西が…(涙)

 

 

頭から水をかぶるので、当たり前ですが身体も濡れるんですね。

ノースリーブのむちむちした二の腕が濡れて、首筋も濡れて、

それはまあ、犯罪級の色っぽさでした。

マイクを持つ人差し指をぽんぽんするんですが、それすら濡れていた…

髪の毛をかき上げるしぐさも絶品でございました。

そして、途中で白いタオルを取り出すと、濡れた顔を拭いていたんですが、

なんかそのタオルを見つめてるなあ、と思ったら、

 

 

 

スタンドに向かってタオル投げた…

 

 

 

ギャーッ!(絶叫)

 

 

 

あのタオル、めちゃくちゃ欲しいんですけど…

その後、水をぐいーっと飲んだ赤西は、水を口に含んだままなのか、

頬を膨らませてもぐもぐしていたのがかわいかったです。

 

メインステに戻った赤西は、最後に会場と一緒にジャンプ。左手にボトルを持ったままでした。

曲が終わっても、ボトルを持ったまま階段に座り込んだ赤西は、

内股の膝に肘を乗せ、頬杖をつき、首を傾げたりととにかくかわいい。

FIVEの紹介の時だけ、マイクを持って名前を呼んでいたような気がします。

最後に、ボトルを口で挟んで両手で拍手。かわいい!

 

最後の挨拶では、ボトルを手に持ったまま中央に集まり、

そのまま頭を下げてお辞儀をしてました。

そしてアリーナに向かって手を振る際、中丸の隣に立って会場に手を振っていた赤西は、

 

 

途中で隣にいた中丸に満面の笑みで手を振る(笑)

 

 

中丸は、困ったような顔をしてました。

はけて行く瞬間に「ちゃお」と一言。

最後までかわいい赤西でした。

 

 

 

 

 

【Wアンコール】

 

曲がなくて挨拶だけだった(涙)

でも、亀ちゃんと何か打ち合わせしてたのかな?話してました。

両手でバイバイしている姿が本当にかわいかった。

ゆっくりとお辞儀をして、ゆっくりと顔を上げると、

ゆっくり歩いて戻って行く赤西は、恐らく壁の向こうに張り付いていたんでしょう。

それを見ていた中丸が、すっごく楽しそうな顔で笑ってました。

曲はなかったけど、挨拶してくれただけでも嬉しい。

 

 

 

 

 

【最後に】

 

とにかく今日は、「中丸、よくやった」に限ると思います。

中丸の震える足や、尋常じゃないほどの汗を思い出すと、

なんだか鳩尾の奥がきゅっと引き締まるような感覚が蘇えって来ます。

あれだけの人の前で、前日のブーイングにも耐え、本当によくがんばった。

次からは、本来の高さから飛び降りることを祈って、また見守りたいと思います。

 

それから、赤西と亀ちゃんのごくせん話。

日を追うごとになんだか親密になっているような2人に、

見ているこっちがドキドキしっぱなし。いいよー、赤亀いいよー(大喜び)

どうか亀梨さん、オーラスまで赤西を引っ張ってやって下さい。

最初に亀梨さんが話しかけてくれると、頑張れる子なんです。

この先も、是非ともよろしくお願いいたします(笑)

 

あと、白のシールのペンライト文字にはびっくりしました。

スタッフさん、本当におつかれさまでございます。

またびっくりするような仕掛けを、期待しています。

 

18日は私はコンサートお休みの日でしたので、

また19日の赤西に萌えに萌えたレポは後日に。

明日20日は、ツアーTシャツ着て武道館へおっさん達に会いに行ってきます!

 

 

日に日に仲睦まじくなる2人から目が離せない。

そんな私に応援クリックよろしくお願いいたします。

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク