本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

やっぱり今のキミが好き

横山YOUがやっちゃいます第2弾コンサート’08春

まだ、夢のようです。

つい何時間か前は同じ空間に確かにいたはずなのに、

夢は本当に短くて、だからこそ幸せの凝縮された時間。

あの場所に行くことの出来た私は、本当に幸せです。

キミくんが大好きです。好きで好きで仕方がないほど大好きです。

公演中、何度も泣きましたが、特に涙が止まらなかったのは、

アンコールの前、5000人で埋め尽くされた会場中が、

「ヨコ、ヨコ」とキミくんの名前を呼んでいた時。

ここにいる人たちがみんな、キミくんのことを待ってるんだと思ったら、

鳥肌が立ちました。涙が溢れて止まりませんでした。

前が見えなくて、出てきてくれたキミくんは明るい歌を歌ってくれたのに、

笑えもしなければ、涙で双眼鏡が曇って、姿さえ見えなかった。

でも、確かにそこにキミくんはいました。輝く光の中に。

そして、最後の最後。

全てのアンコールが終わって幕が下り、周りの人たちが席を立ち始め、

今、何時だろうとMちゃんが言いながら時計を見て、

「3時間、コンサートしてたんだ」と言った瞬間。

最後は振り付けもままならないし、歌詞も曖昧で、白い顔をさらに白くして、

息を切らしながら、必死に手を振って、会場中をあおりながら歌っていたキミくん。

彼が、私達のためにしてくれたソロコンサート。、

たくさんのジュニアのみなさんの助けがあったとしても、キミくんが1人で、

いつもの∞コンより長い時間、本気で私達を楽しませようとしてくれた証。

時間で推し量れるものではないし、それが全てじゃないと分かっているけれど、

そこに、キミくんの気持ちの全てがつまっている気がして、

身体が震えて、涙が止まりませんでした。

あの会場の中にいた全ての人が、キミターだとは思っていません。

それは当たり前のことだとも思うし、仕方がないことだとも思う。

それでも、キミくんのあの姿を見た人たちの中で、ほんの少しでもいいから、

キミくんが、どれほどかっこよくて、どれほどかわいくて、どれほど男らしくて、

どれほど優しくて、どれほどファンのことを大切に思ってくれているのか、

それを全身で感じて、今よりももっとキミくんのことを好きになって、

あの会場を後にしてくれたらいいなと思わずにはいられません。

本当に、本当にとってもステキなコンサートでした。

とにかく今日は、この幸せを噛み締めて眠りにつきます。

キミくん、言葉なんかじゃこの気持ちはきっと全部伝えられないけど、

私に出来ることは、それしかないから、

今日、何度も何度もあなたにもらった言葉を贈ります。

心から、

ありがとう

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク