本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

ドンワンファンミーティング

12月12日、ドンワンのファンミーティングに行ってきました!

スタンディングのファンミーティング。

出来ればもう少し早く行きたかったけど、仕事で会場に着いたのはギリギリで、

後ろの方からしか見られなかったけど、本当にステキでした。

曲順とか曖昧なところもあるし、非常に短いですが感想は続きに。

会場に着いたのは、本当にギリギリで、

19時5分前にようやく入れたという感じでした。

ステラボールって初めて行ったんですが、

完全にスタンディングになっていて、

なぜもっと早く来なかった!と本気で後悔しました。

だってさー、もう少し速かったら、もう少し近くで見られたかもしれないのにー。

コートを脱いだ途端にファンミーティング開始。

ギャーっと思ったら、あの超キュートなドンちゃんが!

最初にハンカチを歌ってくれた気がするんだけど、

これがまた、歌が上手いしカッコイイしかわいいし。

この前髪そろえたみたいな髪形がキュートなんだよね、ドンちゃん。

で、司会の方と仲良く話すわけですが、

ドンちゃんって、本当に人を喜ばせようとしてくれるんだよね。

よく話すし(笑)

ここ最近、韓国語の勉強も怠っていたので、ただでさえヒアリングが弱くなってるのに、

これまた早口なドンちゃんの言葉が、さらに分からない。

「また勉強しなくちゃな」と改めて思いました。

でも何故だか、全然内容覚えてないの。

「軍隊から帰ってきたら」って言葉が出た瞬間に、全部飛んじゃって。

なんかその時にね、ああ、現実なんだって思ったら泣けてきて。

自分では消化できたと思ってたのに、やっぱり出来てなくて、

しばらく、呆然とドンちゃんが話すのを聞いてました。

でも1個だけ覚えてるのは、軍隊から帰ってきたら、

「6ヶ月ぐらい日本に住む」

って、どこにーっ!!!!

あ、あと好きな女性のタイプは「歌が上手い人」

なんか妙にリアルでちょいビビリました。

そして、着替えると言ったドンちゃんが再度登場するぞってなったときに、

聴こえてきたのはこの音楽。

Liar

エリーッ!!!!!!(沸騰)

エリク、黒のジャケットとジーンズで登場。

しかも今回はのびっぱなしのボサボサヘアー。

ステキすぎる(涙)

ドンちゃん、ゴメン!と思いながら、エリクをガン見。

コレがもう、すごくってね。

エリクのジャケットの下は、白のインナーだったんですが、

コレがものすごい「Vネック」で、強烈で。

胸の谷間と言うか、割れ目が見えるわけですよ、うっすらと。

で、私の目がおかしかったのか、本当に光ってたのか、

はたまた白のインナーにラメが入ってたのかどうかは分かんないけど、

エリクの胸元、キラキラしてたんですけど…

今すぐ飛び込みますっ!!!!

という勢いで、食い入るようにそこばっか見てました。

えらいセクシーでした。いや、もうセクシーを越えてた。

完全に呼ばれてました。あの胸元に。

双眼鏡で覗いていたせいで、途中で手が痛くなって降ろしたら、

ちょっと距離のあったはずの、前の人の真後ろに立ってた私。

無意識に前に身体が行ってしまってました。

だって、エリクの胸元が私を呼んでるから(真顔)

Liarを歌うエリクは元々絶品ですが、この日のエリクはそれはもう恐ろしいほどの引力。

そして私は思いました。

今すぐ抱いて欲しい。

人前でもいいから…

あまりに体温が上がったので、気持ちを少しでも落ち着けようと、

視線を下に向けたのがこれまた間違いで、

マイクを握っていない左手が、軽くジーンズのポケットにかかっているのを見て、

あの美しくて長い指が、あまりにも絵に描いたように色っぽいのを発見しまたまた沸点。

本当にエリクって(涙)

ドンちゃんには申し訳ないけど、エリクばっかり見てました。

しかも、私のいる側に立っててくれてから結構近かったのー。

もっと早く来ていれば!と本気で悔しい思いをしました。

で、ドンちゃんとエリクがトークするんだけど、

ドンちゃんがペンちゃんたちにプレゼントを渡す時に、

エリクとペアで作ったネックレスを上げるとか言ってたのね。

それに反応したらしいエリクは、「嘘ばっかり言って」

と、ちょいスネ気味でドンちゃんに抗議。

あまりのかわいさに、血管はち切れんばかり…

それにごめん!と謝ったドンちゃんと大声で笑い、

その後、

りくわんでハグ(感涙)

し あ わ せ

後は何だか覚えてない。

エリクがかわい過ぎて、ドンちゃんの隣が嬉しいのか緊張してるのか。

多分、次の日のファンミのこと考えてたんだろうなー。

目がキラッキラしてたのがものすごい印象的でした。

またその瞳にも吸い込まれるところだった。

1曲歌って、少しお話してエリクは帰っていったんだけど、

本当に数分のその時間に、私は生のエリクを見られて本当に幸せでした。

その後、ドンちゃんが日本のペンにもらったCDの話をしてくれて、

同じCDが送られてきたんだって。

ずっと聴いてなかったけど、聴いてみたらものすごく歌詞が心に響いて、

日本に来たら歌いたいなと思った、それがコブクロだったそうです。

そして、歌ってくれたのが「桜」

ドンちゃんの歌の上手さと、声に似合う曲調が素晴らしくて、

ピンクの照明がものすごく彼に似合ってた。

私、コブクロってほとんど聴かないんだけど、

ドンちゃんが歌ってくれたのを見て、CD借りようかと思ってしまいました。

そのぐらい、本当にステキだった。

ドンちゃんが歌ってくれるカバー曲って、本当に全部素晴らしくて、

毎回ときめくんだけど、今回もすごくよかった。

でも、いちばん来たのはこの曲。

アリシア・キーズの「If I Ain't Got You」

元々、大好きな曲だったから、イントロをドンちゃんがピアノで弾いてくれた時、

まさか、まさかね、と思ってたら、やっぱりそうで。

あの曲、司会の人も言ってたけど、本当にすごく難しい曲だと思うんです。

それをね、まさかドンちゃんが歌ってくれるなんて。

しかも弾き語りで!思わず涙が出ました。

歌う前に、ドンちゃんが歌詞を朗読してくれたけど、

私、この曲って歌も好きだけど、本当に歌詞が好きなんです。

ドンちゃんの朗読ではいまいち分かんなかったけど(笑)

「あなたと一緒にいられないのなら、何も意味はない」

この歌詞が、本当に好きなんです。

好きな人に対するラブソングだと思うけど、

それを、彼が歌ってくれたってことに、本当に意味がある気がして。

恋人にではなく、私達ペンに向かって。

そういえば2005年だったかな?

日本のコンサートで「As Long As You Love Me」を神話が歌ってくれた時も、

ものすごく感激して、大泣きした記憶があるんです。

それにすごく通じる気がして、また泣けた。

あの曲も、究極のラブソングだとは思うけど、

それと同時に、究極のファンへのラブソングだとも思っていて、

それを、彼らが日本で歌ってくれたことにものすごく意味があると、

あの時、心の底から感動したんですよね。

「どこの誰か どこから来たか 何をしてるのか 関係ないよ

 きみが僕を愛してくれるなら」

それと同じ気持ちを、If I Ain't Got Youでも感じたんです。

ドンちゃんが選ぶ曲って、本当に名曲が多くて、気持ちとリンクしててものすごく好き。

私、基本的に韓国語の歌がものすごく好きなんです。

ハングルの響きが本当に好きで、歌にとても似合う言語だと思ってるから。

ヘソンもミヌもジニも、ハングルで歌ってくれた方が好きなんだけど、

でもドンちゃんだけは、英語の曲の方が好きなんだよな。

何でだろうな。なんかいつもそう思うんだけど。

最後に歌ってくれたのも、「Lately」

あれもものすごくいい曲で、ドンちゃんの声にすごく合ってて。

でも別れの曲なんだよね。そう思ったらまた泣けちゃって…

それでもものすごくステキでした。

最後に、ファンの方からドンちゃんへの手紙があったんだけど、

この手紙にも泣けちゃって、本当に大変だった。

「ドンワンさんがいたから、辛いことも乗り越えられた」

彼らが誰かにとってのそういう存在であることを改めて感じて、

韓国という国の彼らに、コレだけ勇気付けられている人がいるんだって。

それって本当にすごいことだなと思いました。

私が韓国語を勉強していたのも(今はサボっていて単語がドンドン抜けていく)

韓国という国について勉強したのも、その歴史を調べたのも、全部彼らのおかげなんです。

単純に、知らないことを知るだけじゃなくて、彼らを好きになることで、

元々身近だった韓国を、もっともっと好きになった。

そのことが、いちばん尊くて、いちばん大きなことだと思います。

ドンワンが最後に言ってくれました。

「また日本に帰ってきます」と。

それを信じて、彼の帰りを待ちたいと思います。

ドンちゃん、本当にステキなファンミーティングをありがとう。

どうか、また帰ってきたあなたに会えますように。

願いを込めて。

スポンサーリンク