本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

嵐コンサート Time 東京ドーム 2007年10月8日 オーラス

てっきり既にアップしていると思い込んでまして…

自分のブログを久々にちゃんと見たら、残ってたという。

本当に不精な人間ですみません。

激しく時期外れですが、私の通算60個目のコンレポです。

 

 

Time 東京ドーム オーラス。

8日のあの感動を全てここに書ききることは出来ませんが、

思い出せる限りのことを書きました。

実はこの公演、後半部分はほとんど泣いていたので、

記憶が非常に曖昧なんですが…

基本は7日分のレポをご参照ください。

グダグダで、なおかつ櫻井よりで、ボロ泣きのレポですが、

よろしければ続きへどうぞ。

 

 

この日は、ものすごく久しぶりのリアル友とコンサート前に東京駅で会ったんですが、

この後コンサートかと思うと、テンションMAXで、

嵐さんの話ばっかりして、本当に申し訳ない(苦笑)

「元気で何より!」と言ってくれたので嬉かったです。

また東京に来たときは連絡してねー!と別れ、また昨日と同じホテルの部屋へ。

 

やっぱり嵐友たちは盛り上がっていた!(笑)

 

この日が最後だねー。なんで終わっちゃうんだろうねー。

どうしてこのまま続かないのかなと、言いながら会場へ。

今日は、私と片割れPちゃんの櫻井組と、KちゃんとYちゃんの二宮組に別れて参戦。

終わったらまた会おうと別れを告げて、会場へ。

 

 

 

 

この日は、3塁側のスタンド10列目付近でした。

昨日に比べたら遠いけど、やっぱり近い!

昨日、私達の目の前ぐらいで、デカトロッコ止まったよねと言いながら、

でも終わってしまうのが寂しくて、口数の少ない私達櫻井変態同盟。

でも、会場が暗くなった途端、立ち上がってドキドキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Everybody前進】

 

やっぱり今日も羽根がついていた!(笑)

 

スタッフさん、取らなかったんだね。

いやあ、この時も櫻井さんが猛烈にかわいかった。

あの羽根をつけて、肩を動かす振り付けをよく見てたら、

みんな笑顔なんだけど、羽根が邪魔(笑)

アイドルってすごいわーと思った瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

【Di-Li-Li】

 

この振り付け、本当にかわいいのね!

櫻井さんばっかり見てたせいで、少しカタイダンスかと思っていたんだけど(笑)

この日、初めて雅紀を見て、びっくり。

 

 

 

腰、振ってる(萌)

 

 

 

 

で、隣の櫻井さんを見て比較。

 

 

あれ?

 

 

どうも、櫻井さんはカタイので、腰と言うより全身が揺れています(笑)

ラップもおもしろかったです。

櫻井さん、最後だと言わんばかりに猛烈に気合入ってます。

素晴らしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【きっと大丈夫】

 

櫻井さんがどでかトロッコに乗ってやって来たーっ!

キャーッ!!!!!(大興奮)

で、潤さまの挨拶が始まったときにまたまた大興奮。

どデカトロッコに乗った櫻井さんは(ニノちゃん、キャプテンもいます・苦笑)

 

 

 

赤いジャケット脱いだっ!!

 

 

キャーッ!!!!!

 

 

 

あの脱ぐしぐさが、たまりませんでした。

何だか男らしくてね(萌)グアッって力強く脱ぐのね。

それがもう、近くで脱ぐもんだから、ドギマギしちゃって、

で、その後のピンクのシャツのテロテロっぷりと青いピタピタパンツに、

目が奪われて仕方がありませんでした。

あのピンクのシャツ、爽やかに手とか振ってんだけど、

 

 

 

サクちゃん何だかエロス(ドキドキ)

 

 

 

で、そこで、ほぼ目の前でピンクシャツで挨拶。

おかげで、他のメンバーの挨拶、さっぱり覚えていません。

 

 

 

 

 

「調子はどうだ?足んねえぞ!」

 

 

 

さーくーらーいーっ!!!!

 

 

 

あの、キュートな髪型で、ちょっとエロスなピンクシャツで、

非常に下半身が気になる青パンツで、そんなセリフ(涙)

でも、両手を遭難した人みたいに、ブンブン振ってました。

ラップをしながら遠ざかっていく櫻井さんがステキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Oh Yeah!】

 

踊り狂ったのと、会場の景色の記憶しかないのは何でだろう。

とにかくすっごい楽しくて、踊り狂ったら楽しくて、

暑くなったので、上を脱いでキャミソールになったのは覚えています(笑)

この時、スタンドから見た景色が圧巻だった。

嵐さんに合わせて、会場中が手を振ってるの。

櫻井さんが7日に言った「ハンパねえから」っていう景色。

本当に「ハンパ」なかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【friendship 相葉さんソロ】

 

 

相葉さんが最後に投げキスしたのは、この日だったでしょうか?

 

 

記憶が混沌としているので、いまいち自信がないですが、

相葉さんの最後の投げキスが、猛烈にキュートでした。

それからこの曲、この日は聴いている間に何だか泣けてきて。

本当にいい曲だなあと心の底から思いました。

雅紀が好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

【can’t let you go 櫻井さんソロ】

 

最後のキャンレッゴー。

笑いながら、泣きながら、そしてドキドキしながら見ました。

ああ、カタイよ。櫻井さん、カタイ(涙)

ああ、音大丈夫?ラップの音程おかしくない?

そのダンスは何だ(笑)ありえないカタイ動きはわざとか?

 

 

このツボだらけのソロが最後かと思うと(号泣)

 

 

まともに見ていられませんでした。

ギャーッて言いながら、サクちゃーんと嘆く始末。

でも、結局最後には笑ってました(笑)

あのクルクルが!おもしろ過ぎる!なんだ、あれ!!

この日は最後にカメラ目線にならなかったのが残念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【時代】

 

 

キャプテンが猛烈にかっこよかった!

 

 

私、もしかしたら初めてキャプテンを見たかもしれない。

ええ、櫻井さんが登場するまでの話ですが(苦笑)

あの「NO!NO!」の部分が、ものすっごい男前だったんですけどっ!

いつもは相葉さんばっかり見てたので、気がつかなかったんですが、

キャプテン、どうしてあんなに動きがシャープで滑らかなんでしょう。

カッコいいーと思って見ていたら、櫻井さんの登場場面、見忘れました!

 

ROCK!の部分でしゃがむ振り付けが、アンチ並に若干遅れる櫻井さんが好きです。

 

 

 

 

 

 

 

【Yes?No?】

 

この時、初めて5人全員を見たんです。

最後だと思ったら、5人が見たくて。

あんなに揃ってたんですね。5人。

動きはみんなそれぞれの特徴があるのに、ひとつになってて、

会場のお客さんも一緒に手を振ってて、なんか泣きそうでした。

本当に、涙もろくてダメだなあ…

 

 

 

 

 

 

 

 

【CARNIVAL NIGHT part2】

 

 

 

櫻井さん、会場をあおり過ぎて顔が微妙(笑)

 

 

 

櫻井ダンスが最高でした。

私とPちゃん、2人で踊り狂いました。

潤さまの笑顔があまりにキュートでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【虹 二宮さんソロ】

 

この日もメガネだったんですよね。

きっと離れた席にいる、ニノちゃんファンの2人は、

打ち抜かれているだろうと思ったんですが、メガネを外した後、

最後の最後で、二宮さんがマイクを持って立ち上がり、

「ありがとう」と震える声で歌った後に、低い声で、

 

 

「ありがとう」

 

 

ドキドキしました。

二宮さん、本当にかっこよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【太陽の世界】

 

 

 

「ワッツアップトウキョー!!!!」

 

 

また出た(笑)

 

 

 

この日のサクラップは、すごかったです。

多分、今まで見た中で、いちばん強烈な太陽の世界ラップ。

留まるところを知らない。もう多分止まらない。

声の抑揚がすご過ぎて、涙なしには見ていられない。

C&Rもそこそこに、ヒーヒー言いながら見てました。

 

「一丁あがり」での、たいそう満足そうな顔。

はっきり言って、完全に調子に乗ってます(笑)

そんなサクが、ムカツクぐらい好きです!

 

 

 

そして最後はやっぱり、

 

 

「ありがと清聴、イエイ!イエイ!」

 

 

あの人、本当におもしろい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【WAVE】

 

 

一度やったWAVEのあとに、相葉さんが大喜びで解説。

 

 

「ウェーブをウエっ!てやったらスピード上がるよ」

 

 

 

言葉足らずではあるが、いいたいことは分かる(笑)

で、その相葉さんの説明どおりに、1人1人がWAって短くWAVEしたら、

彼の言うとおり、本当に速度の速いWAVEが完成(感動)

いやあ、嵐さんファンのみなさんは、本当に出来る子達だな!

相葉さんはもちろん、櫻井さんも非常に嬉しそうでした。

そしてやって来ました、ラップタイム。

 

アリーナトロッコと言う不安定な場所の上で、

ありえないぐらい身体を揺らし、オウム衣装のフリルをフリフリさせ、

汗を振りまき、声を裏返して、魂の赴くままのサクラップは、

非常にサクオリティが高く、見ているこっちがひきつけを起こしそうな勢いでした(土下座)

迫力が、ハンパなかったです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Love Situation】

 

これも今日で最後だなんて(涙)

 

櫻井さんはやっぱり、カタ過ぎる動きで私を捉え、

全く他に目移りすることなく、櫻井さんだけを追いかけていました。

私の櫻井ポイントは7日分で列挙した通り。

もちろんこの日も、同じところで笑い、同じところで鳥肌立てました。

で、この日は、櫻井さんが相葉さんと二宮さんを操り人形のようにする場面を、

後ろから見ることが出来たので、その時の二の腕から肩甲骨の辺りを凝視。

そして気づいた、おもしろポイント。

 

不器用ながらも手と同時に動く足先が、まるでロボット(涙)

 

ああ、櫻井さんが好きだとまた思いました。

この日は、昨日のように相葉さんとの絡みもなく(涙)

櫻井さんが最後までノリノリで踊っている様子を堪能するだけでしたが、

それだけで、本当に幸せな1曲でした。

ラブシュチュエーション、大好きです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【a day in our life】

 

 

潤さまキャプテンのラブショットに感動。

 

 

昨日は、櫻井さんのあまりにもオッサンなあおりに目を奪われ、

私の大好物ポイントを見逃していたんですが、この日はしっかりと確認。

潤さまとキャプテンは、どうしてあんなに幸せそうなんだろう(特に潤さま)

 

 

「オウ!イエー!」

 

 

の櫻井さんで、また意識が戻りましたけど(笑)

この日の櫻井さんは、意味不明な櫻井リズムを披露していました。

多分、そのぐらいノリノリだったのだと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

【ハダシの未来】

 

実はあんまり記憶がなくて…

覚えているのは、相葉さんの腰が素晴らしかったと言うことと、

櫻井さんがやっぱり、オタ芸をはじめとする、ありとあらゆるダサさを網羅していたということです。

でも、この曲って、踊るのがいちばんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【MC】

 

上の方まで見えてますよーと言ってくれた嵐さん。

今日でコンサートがラストって言われて、ええーっ!とざわめく会場。

櫻井さんが言うことに対しては、どことなく反抗的な相葉さんが、

潤さまの言葉には、素直に受け答えすることに、過敏に反応した櫻井さん。

 

「なんで松潤の言葉には素直に反応するんだよー」

 

 

何?拗ねてんの?(萌)

すると相葉さん、笑いながら暴露。

 

「今日ね、オープニングのところで松潤に怒られちゃったんだよ」

 

そうだったのか!(笑)

本来ならばメンバーが挨拶する時、挨拶が終わったら衣装を脱ぐと言う、

暗黙のルールが合ったにも関わらず、その日テンションが上がりすぎた相葉さんは、

脱ぐことをすっかり忘れており、必死になってみんなに手を振っていたそう。

それを見た潤さま、こいつは忘れているに違いないと思ったらしい。

そしてそれを実演する相葉さんに、私は大興奮。

 

 

 

 

 

「おい、脱げよ」

 

 

 

 

 

 

と、低音ボイス隣のサクちゃんに耳打ち。

 

 

 

 

 

ギャーっ!!!!!(沸騰)

 

 

 

 

サクちゃん、ちょっとびっくりしてんの!

相葉さんの手が相葉さんの手が、櫻井さんの肩に乗り(注:汗だくです)

耳にあの色っぽい唇を近づけて「おい、脱げよ」と低音ボイス。

私、リアルにおかしくなりましたけど、大丈夫ですか?

だって、相櫻がステキ過ぎてっ!!!

 

その後、潤さまに再度説明をされて笑い転げる相葉さんに対し、

サクちゃんは「でもさ、それで教えてもらわなかったら、Oh!Yeah!で羽根当たってるよ」

と説明するのが、ものすっごいツボでした。相葉さんも嬉しそうでした。

 

 

 

 

そして、またまた衣装の説明。

せっかくだからご覧頂きましょう、と衣装を取り出した櫻井さん。

意気揚々と1人で衣装を着込む櫻井さんに対する、相葉さんの一言。

 

 

「あの、それ着ると飛べるんですか?」

「ちょっとすみません、訳わかんないフリ、やめてもらえますか?」

「なんかテンション上がっちゃって、思ったこと全部言っちゃってるんですよ」

 

 

 

 

なんなの、この2人?(涙)

 

 

 

 

と思ったら、櫻井さん1人で羽根の説明(笑)

他の4人が冷めた目で見つめる中、

「ボクとこの羽根の距離感見ててね」とか言いながら、両手高く♪と歌い出し、

右手を上げて、顔に羽根が突き刺さる櫻井翔

 

ある意味、かなりブラック(笑)

そこへさらなるブラック攻撃。

 

 

 

 

 

「翔ちゃん、何やってんの?」

 

 

 

出た、ドS雅紀!(好物)

 

 

 

 

 

さらにドS番長。

「そんなに気に入ったんなら、持って帰っていいから」

「もう終わったんだよ」

「そうだよ」

 

 

「終わってねえよ」

 

 

 

言い返す櫻井翔にマジ萌えした人は、5万人の中に1万人以上はいるはずだ!

しかし、そんな櫻井さんに対し、意味不明の言葉を投げかける相葉さん(櫻井にはドS)

 

 

 

「未来に向かってオレ達は進んで行こうって決めたんだろ」

 

 

 

何、そのどさくさに紛れた告白!

それに対する櫻井さんは、拗ねた態度を崩さないまま、

まるで駄々っ子のように言い返す。

 

 

 

「いいもんね。オレ、上のほうまでコレで見えるもんね。

 

 

ほら!」

 

 

 

と言いながら、羽根を必死でバタバタさせる櫻井翔25歳。

 

 

 

 

 

熱烈キュート!!!!(愛)

 

 

 

 

 

そんな中、キャプテンが冷静な一言を櫻井さんにビシッと浴びせます。

 

「翔くん、いちばんうっとうしそうにしてるよね」

「肩がカタイんじゃない?」

「おい」

 

二宮さんのご指摘はごもっとも。

そして、それに対して誰かが言った「翔ちゃんの筋肉すごいよね」の一言に反応した櫻井さん。

 

 

 

 

右手の筋肉をモリッと見せてニッコリ。

 

 

 

ギャーっ!!!!(私とPちゃん)

 

 

 

 

 

 

 

その後、二宮さんが櫻井さんのペットボトルが凹み過ぎていることに気づき、

これはどうやって飲むのか説明して欲しいと言い出したんです。

これがさ、私、櫻井さんの水の飲み方、大好きなんですよ。

どの公演でも、彼はものすごい勢いで水を飲むわけですが、

ペットボトルの飲み口を、全部口に入れて飲むのね。

で、たまに零れるから(笑)首を曲げてタオルで喉元を拭くんだけど、

そのしぐさが、最高に大好物なんです。

それを実際に説明をし出した櫻井さんを見て、またまた絶叫。

 

 

 

ペットボトルを豪快に傾け、ものすごい勢いで飲む櫻井翔

 

 

 

その時、ペットボトルが恐ろしい速さで凹んで行ったんです。

なんかプロレスラーかよ、とか冷静に思っちゃうぐらいすごかった。なんだありゃ、力入れすぎだろうと言うメンバーに対し櫻井さん。

 

 

 

「え?みんな口と肺活量だけで飲めるの?

 

 オレ、この補助(手の力)がないと飲めないんだけど」

 

 

 

きゅん、とした私は、きっと完全にマニアなんでしょう。

二宮さんや相葉さんが、なるほど、肺活量が強いんじゃなくて弱いんだと、

みんな納得する中、櫻井さんはうんうんと頷いていました。あーかわいい。

ちなみに、この後、

 

 

「だから腕の力も弱いんだ」

「おいテレビで言うなって、今日はテレビないか」

「でも5万5000人は聞いてるよ」

「今日、収録入ってるよ。DVD」

 

 

と言われて、私たちはキャー!!!!

そしてその後、櫻井さんはこの後の展開によるだのなんだの言ってましたが、

非常に満足げな顔で、こう言いました。

 

 

 

「このMC、ボクは、入れたい感じだよ」

 

 

 

なんだかんだ言って、自分大好き(笑)

自分を羞恥に晒すのが好きな、ドM櫻井さんが大好きです!

そして、発売するDVDの話になったんですが、

ここで潤さまが、猛烈にキュートな一言をおっしゃいます。

 

 

 

 

 

「このDVDでメシ、食えるぞ」

 

 

 

潤さまーっ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

「DVDっておかずになるんですか?」

「嵐のはおかずになるってことだよ」

 

と、相葉さんに言われた櫻井さん。

またまた声を荒げて、

 

 

 

「お前、なんで松潤には従順なんだよ!」

 

 

 

相葉さんは嬉しそうに笑ってました。

櫻井さんはちょい、悔しそうでした。

もう、櫻井さんのヤキモチにしか見えない私は、病気です…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、家に帰ってからもテンションが高かった相葉さん。

コンサート後は、テンションが尋常じゃないほど高いらしく、

それを落ち着けようと、お酒を飲んだらしい(笑)

そして、そのまま寝ちゃったらしいんだけど、

朝起きたら携帯を握ってて、メンバー全員に一括送信する寸前のメールがあったそう。

 

 

 

 

 

「嵐、最高だよな、最高だよな」

 

 

 

 

 

相葉さん、さすがっ!!!!

 

 

 

あと、一歩で送る手前だったそうです。

送らなくてよかったーと笑う相葉さん。

気持ち悪いよ、と言いながら、嬉しそうな潤さま。

そして、同じく熱い男、櫻井(笑)

櫻井さんは4月のドームの前日、

 

 

 

「明日がんばろうねって送ろうかここ(ボタンを押す)まで迷った」

 

 

 

らしい(笑)

相葉さんがものすっごい嬉しそうに笑ってんの。

なんなのー!二人の世界よー!

すると潤さま、

 

「そこまでしたなら、送ればいいじゃん」

「でもさ、後々、なんて言われるか分かんねえじゃん」

 

と、言い訳する櫻井さんの元へ向かう相葉さん。

2人、肩を寄せ合って「熱い男」同士、他の3人に対抗。

もうこの2人のカラミが、最高に好きなんですけどっ!!!

 

 

しかし、この後の二宮さん。

相葉さんのアドレスは登録されていないらしく(驚)

「嵐最高だよな」というメールが来たら、何だこのいたずらメールと思うと言ってました。

相葉さんはうわーと言いながら、

 

「送らなくてよかったー。送ってたらオレ、ここに来れなかったよね(落ち込んで)」

 

と、櫻井さんに同意を求めるように言うのが猛烈にかわいかったです。

相葉さんはしょっちゅうアドレス変えるらしいよ。キャプテンが言ってた(笑)

え?でも、よく変わるアドレスを、サクちゃんは知ってるってことよね?

いやん、ときめく。

 

 

ちなみに相葉さんのアドレスは、最初に買った時のままの暗号のようなアドレスらしいです。

それを聞いて私、うわ、相葉さんと私って似てるんだと思いました(笑)

私のアドレスも、買ったときのまま、一度も変えてません。

そのため、アドレス教えてと言われても、教えられません。

見ながら書いても間違えるぐらい複雑すぎて、無理です。

何で変えないの?とよく言われますが、結構便利だからです。

いたずらメールも来ないし、色々と勘ぐられることもないし、

それ以外にまあ、ここでは言えない理由もあったりしますが(笑)、かなり便利です。

でもたまに「細かいこと気にしないタイプなんだね」とか言われると、若干凹みます。

でもこれからは、相葉さんと同じタイプだと言いたいと思います。

まあ、いちばんの理由は「面倒くさい」なんだけどね(笑)

 

 

 

ワールドカップのメインキャスターになると業務連絡した櫻井さん。

相葉さんに「それしなくちゃいけないの?」とまたもやS発言をされていたのがツボでした。

そんな櫻井さんは会見の時、嵐を代表してバレーボールに恩返しをしたいと言ったそうで、

 

 

 

「みんなの気持ちを背負ってコートに立ちたい…

 

立ちたいじゃねえや」

 

 

 

メンバーみんなに

「立ちたいんだ」

「筋肉は結構あるけどね」

「あるけど使えねえよ」

とか突っ込まれてました。

そして、お約束の、

 

 

 

腕の筋肉をスクリーンに見せてニッコリ。

 

 

 

これがかわいかったのー。

二宮さんに「ちょいちょい筋肉見せるのやめてもらえますか。みんなもキャーとか言わなくていいから」

と言われてましたが(苦笑)

そして、ここでもう、はじめてぐらいの大きな声でキャプテンが一言。

 

 

 

 

 

 

「そんなん言ってるけど一番腕相撲弱いからね」

 

 

 

キャプテン、ごもっとも(笑)

 

 

 

 

 

櫻井さんは既に選手の練習を見に行ったらしく、

それを見て感動した櫻井さんは、自分で1人で勝手に、

 

 

 

we can make it!のCD渡しちゃった」

 

 

 

ぬけがけ櫻井(笑)

 

 

 

 

 

もちろん、メンバー総ツッコミ。

 

「そういう時のメールだろう」

「そうだよ」

「オレらのこと、思ってくれてるんじゃないの?」

「みんなから渡していいですかって、そこで初めてメールだよ」

「ショートメールでもいいよ」  ショートメール!(爆笑)

「それがあったら一言添えられるじゃん」

「オレらそういうことするよね」

 

 

 

 

二宮さんの言うことが、もっともすぎて頭が上がりません(笑)

しかし私が萌えたのは、相葉さんの「思ってくれてるんじゃないの?」です…

みんなに攻められ続けた櫻井さんは、ごにょごにょと下を向きつつ、

 

 

 

 

「だって時間がさあ、そんなになかったから…」

 

 

 

と、右手の力コブを見せてニッコリ(笑)

 

 

 

 

すると相葉さんが櫻井さんの真似をしながら、櫻井さんに近づき、

「この人さあ、困ると絶対これやるよね」と、

 

 

 

力こぶ作った瞬間櫻井さんの顎をアッパー(爆笑)

 

 

 

痛がる櫻井。

「ごめんね、ごめんね」と謝る相葉。

そして、櫻井さんのアゴをさすった後に、

 

 

 

 

触れた櫻井さんの汗をぴっぴと払う相葉雅紀

 

 

 

ドS、最高!(狂喜)

 

 

 

 

櫻井さんは「おいっ」と言いながらもちょっと嬉しそうでした。

実際、いちばん嬉しそうなのは相葉さんでしたけど(笑)

 

 

 

 

そのあと、ヘイセイジャンプのみなさんの紹介になったんですが、

櫻井さんは昨日と同様、チビッコたちに異常に反応しまくり、

「もりもっちゃん」やら「知念ちゃん」やら、完全に気持ち悪いおっさんと化していました(笑)

で、知念くんがちっちゃいなあと言いだした櫻井さんは、

昔の自分と同じぐらいだと言うことに気づき、さらに笑顔(笑)

そして潤さまが「それが今では…」と言った瞬間に、力こぶを見せるという、

もはや「力こぶ」が鉄板ギャグになったような、なんとも残念なさまを見せてくれました。

二宮さんには「なんでそんなにオチとフリがしっかり出来てんの」と言われてました。

まあ、見ていたこっちはキャーキャー言ってたんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【うらあらし】

 

「風」って聴いた時に、鳥肌立ちました。

私は7月の大阪以外、Timeツアーはドームだけの参戦でした。

だから、セットリストに入っていないアルバムの曲は一度も聴けなかった。

そんなうらあらしへのメッセージは、「嵐のコンサートで風を聴きました」という言葉。

なんだか羨ましさと寂しさと、そしてもう他の曲は聴けないんだなという感情と、

色々と混ざり合って複雑な気持ちになりました。

「still…」あのラップがものすごく聴きたかった。

「スケッチ」だって大阪で歌ったって聞いて、本当に聴きたかった。

でもメッセージの途中、「また集まって 悩んでいたって語って笑って」という言葉が出てきた時、

嬉しそうな櫻井さんの顔がスクリーンに映って、涙が出てきました。

Timeというツアーに相応しい「うらあらし」は、やっぱりアルバムの曲なんだって。

 

 

そして、その後の相葉さんの一言。

「悔いの残らないようにがんばります」に対する

「あなたもう、怒られてますからね」という二宮さんの言葉。

「怒ってないよ。恥ずかしい思いするのはあなただよって」と潤さま。

「愛のあるお叱り、ありがとうございます」と言う相葉さんに爆笑する櫻井さん。

そしてそれを眺めて笑うキャプテン。

ああ、嵐って本当にいいなあと思いました。

 

 

そして風を歌うってことにテンション上がった相葉さん。

「ボクから曲紹介します」と言いだし、

 

 

「エビバディセイ!」

 

「エビバディセイ!」

 

 

C&R、雅紀&翔、ふたりだけ(爆笑)

 

 

やっぱりこの2人が最高に好きなんです!

でその後、「エビバディセイ」「風!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【風】

 

イントロ聴いた瞬間から涙が止まらなくて、

なんかもう、本当に身体が震えるほど感動しました。

短い夏を駆け抜けた。この歌詞に、短くて長い夏を思い出して胸が痛かった。

今までの夏は、嵐さんのことを知らなかったから、

長いコンサートの終わりを感じるってことはなかったんです。

でも、2007年は本当に7月からずっと、自分が参戦しないコンサートまで追いかけて、

嵐と一緒に駆け抜けたんだなと思うと、涙が溢れて大変でした。

スクリーンに映る、5人の笑顔。

耳に流れるメロディと、目の前に広がるペンライトの波。

そして、あのラップ。

 

 

 

 

僕はただみんなだけを見ている

今はこうしてドームに来ている

みなは今僕たちを見ている

 

 

 

 

その言葉が、胸に響いて本当にダメだった。

彼の「コトバノチカラ」はどうしてこんなにも力強くて真っ直ぐで、私の心に届くんだろう。

熱くて恥ずかしくて時にヘタレな男だけど、やっぱり男前だと思いました。

あんなにいい男、やっぱりそうそういない。

嵐に会えてよかった。心からそう思った1曲でした。

 

 

 

で、終わった瞬間の彼ら5人。

 

「もう終わりが近づいて来ちゃいましたね」

「そんなことねえよな」

「そんなことねえよな」

「オレ、まだソロやってねえよ」

「まだまだこれからだよ」

「地味にリーダーもまだソロ終わってないしね」

「やるかも分かんないけど」

「どんだけフランクなコンサートだよ」

「今日はいいかなあって?」

 

 

やっぱり嵐は嵐なんだなあ。

泣いた後に、笑わせてくれる。

本当にステキだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【HERO】

 

これが泣いて泣いてよく覚えてない。

3塁側の花道に、櫻井さんと相葉さんがやって来たのは覚えてる。

で、2人で背中合わせで歌ってたのも覚えてる。

でもって、最後の最後に2人、

 

 

 

がしっと抱き合ったのも覚えてる。

 

 

 

櫻井さんの腕が、相葉さんの下だったのも覚えてる。

で、櫻井さんの下になった手が、相葉さんの腰をポンポン叩いたのも覚えてる。

相葉さんの手は…どうなってたのかな?分かんないけど上から櫻井さんを抱きしめてました。

結構覚えてんな(苦笑)

 

で、またしても、

 

 

 

 

、熱烈キス(眩暈)

 

 

 

 

スクリーンを横目に見つつ、

抱き合う相櫻を見つめていた、器用な私。

泣いてたんだけどね。人間の欲望ってすごいよね(笑)

次第に落ちる照明の中で、2人は抱き合ったまま暗闇に吸い込まれていきました。

間に挟まれたいです(本音)

 

 

 

 

 

 

 

【yabai yabai yabai 潤さまソロ】

 

 

 

最後の潤さまソロ(涙)

 

 

Yabaiが終わってしまうなんてイヤだーっ!!

 

 

 

告白しますと、今までの潤さまソロ(私が知る限りDVDのみ)は、

正直流して見ていると言うのが非常に正しくて(陳謝)

テレビ画面にくっついて、食い入るように見つめるってことはなかったんですが、

Yabaiだけは私、テレビにかぶりついて見るソロだと自信を持って言えます。

もう、何から何までキュート。潤さま最高。

Yabaiを見てから私は「潤さま」と以外お呼びできなくなりましたし(笑)

HEROで泣いてたのに、yabaiだけは完全に笑顔でした。

 

 

 

 

 

 

【Song for me キャプテンソロ】

 

なぜか、智ソロで号泣(苦笑)

 

だってものすごくかっこよかったんだもん。

私、キャプテンのダンス見ているときって、

どうやら息を止めるクセがあるみたいで、

終わった瞬間に、身体の疲労がものすごいんです。

この時は、一瞬さえ見逃さないようにしようと思ってたら、

涙が出てきて大変でした。よく見えなかった…

全ての総合演出をしているキャプテンが、本当にかっこよかったです。

 

 

 

 

 

 

【Cry for you】

 

何故だかさっぱり覚えていない自分が不思議。

 

 

 

 

 

 

【言葉より大切なもの】

 

櫻井さんの「もっと!」で大号泣。

それ以外、覚えていません。

 

 

 

 

 

 

【感謝カンゲキ雨嵐】

 

櫻井さんと二宮さんが、最初おふざけしていたのは覚えてるんだけど…

ありがとう♪で頭を下げる櫻井さんに泣いて、また記憶がぶっ飛びました。

 

 

 

 

 

【君のために僕がいる】

 

チェッキラーでやっぱりカメラ目線だった櫻井さん。

3塁側の花道に走ってきて、またしても大きく手を振ってました。

でもやっぱり、あんまり覚えてない。

 

 

 

 

 

 

【PIKA☆☆NCHI DOUBLE】

 

ここからさらに泣いて、本気でダメだった。

いちばん近くのアリーナトロッコに登場した櫻井さん。

赤いスパンコールが本当に似合ってました。

ずっと笑顔で手を振る櫻井さんに、もう号泣。

僕らの背中に迫るの部分の、少し後ろを見るしぐさ。

今回はそれをやらなくてね。ずっと前だけ見てたの。

それが泣けて泣けて大変でした。

 

 

 

 

 

 

【A・RA・SHI】

 

この歌、本当に何度歌われて来たんだろうね。

会場中が一緒になって手を振るのに涙が溢れて、

櫻井さんの顔が、嵐5人が全く見えませんでした。

途中でムービング下に向かって、手を振ってたのは見たけど。

5人中央に集まるところか、並んで肩を掴むところとか、

最後に5人真ん中に集まるところとか、要所要所で全部泣けた。

もう、大変でした。

 

 

 

 

 

 

サクラ咲ケ

 

いちばん泣けたのが、なぜかこの曲。

このラップと櫻井さんがあまりにも重なりすぎて、見ていることすら苦しかった。

ファンのみなさんと一緒に、嵐さんと一緒に手を振りたいのに、手が上がらなくて、

ずっとタオルに顔を埋めて泣いてました。

 

前へ前へ

 

の時の櫻井さんの力強い目。

手をくるりと耳の後ろで回して前へ伸ばす指。

あの人に似合う曲だなと思ったら、本気で泣けた。

上から何か降ってきたと記憶しているのは、勘違いかな。

私が泣きすぎて、何かが降ってるように見えただけかな。

でもあの広いドームで、嵐と嵐ファンがみんなで、サクラを咲かせた記憶があります。

あの日から、私は「サクラ咲け」を聴くと、涙が止まらなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【挨拶】

 

 

櫻井さん

「東京ドームという大きな会場で、奥までお客さんが入っているのを見ると思い出す景色があります。

デビューして、2・3年目ぐらいまでは会場が全部埋まるってことはなくて、空いてる席を見て悔しくて悔しくてたまらなくて。

それが今、たくさんのお客さんで埋まっているのを見ると、嬉しくて嬉しくてたまりません。みなさんどうもありがとう。

ただ、会場が大きいことが重要じゃない。みなさんの気持ちの大きさが、愛情の大きさが、いちばんの糧だと思ってます。

この会場でできるのは素晴らしいことだと思う。コレだけの人が一度に集まることも素晴らしいことだと思う。

だけど、みんなが応援してくれる、その一人ひとりの気持ちの大きさが僕たちはいちばん嬉しいです。

ここまで来るのに8年かかりましたが、8年経ってやっとここに来られたことは僕にとって大きな誇りです。

僕たちの8年はおそらく間違ってなかった。

みなさん、今日もここに立たせてくれて、どうもありがとうございました。」

 

 

 

大野さん

「みなさんありがとうございました。すごいいい空間だと思います。

皆さんと一緒じゃなきゃ味わえなかった空間だったと思います。

これからももっと一緒に、人生をともに、宝物を作っていきましょう」

 

 

 

相葉さん

泣いて話ができない相葉さん。

声援がすごかった。

そして相葉さんはくしゃくしゃな顔で、

「夏が、ここまで続いたのはみなさんのおかげです。本当にありがとう」

 

 

 

二宮さん

「相葉くんが、泣きましたね。

本当に嵐と言うグループは、歌は下手かもしれないし、踊りも下手かもしんないし。

だけど、全部に自分達が全部やることに、気持ちは入ってます。

みんなが楽しくなってくれればいいなと、ずっとみんなのことを考えてコンサートをやっています。

寂しいかもしれないけど、嵐の夏は今日で終わりです。

だけど今日で終わるって事は、また新しい夏が来るってことで…。

僕らがコンサートしているときがいちばんいい顔していると思ってます。

またコンサートで会いましょう。今日はありがとうございました」

 

 

 

 

松本さん

「Timeコトバノチカラ、いかがだったでしょうか。

コトバノチカラを考えたときに、浮かんだのが「夢」でした。

8年間やって来て、いろんなことをやらせてもらって、かなえてもらった。

海外でのコンサートも、ドームも、地方でのコンサートも、色んな夢が叶ってきた。

でもコレで終わりではなくて、新しい夢を目指して進んでいきたいと思います。

でもその8年間を続けられたのは、僕たちの力じゃなくて、ここにいるみんながいてくれたからだと思います。

この場を借りて全ての人に、今まで僕らの夢について来てくれてありがとう。

これからもオレラの夢に付き合って。

みんなは一人じゃないから。オレがいるから。俺ら嵐5人がいるから。

こうやって一緒に楽しめる仲間がいるから。

だからまたこうして集まって、笑顔になれるといいな。今日はどうもありがとうございました」

 

 

 

 

 

本当に、素晴らしい挨拶でした。

櫻井さんの挨拶で泣きすぎて、大変だったんだけど。

あの挨拶を言葉にする時の櫻井さんは、本当にキラキラしてました。

心からの声が、本当に力強くて。

「悔しくて悔しくてたまらなくて、嬉しくて嬉しくてたまりません」

あの言葉がね、本当に泣けた。

「8年かけてここに来られたことは大きな誇りです」

「僕らの8年はおそらく間違っていなかった」ああ、櫻井さんの言葉だなと思いました。

そして最後に、少し泣きそうなのを誤魔化すように声を高くした時、もう涙が溢れて止まらなかった。

キャプテンの優しい優しい笑顔。

「人生をともに、いい宝物を作っていきましょう」

もう涙であの笑顔が見られなかった。

相葉さんがスクリーンに映った時、会場からいっせいに上がった「相葉ちゃん!」の声。

泣くのを必死で堪えて、でも上手く話せなくて

「本当にどうもありがとう」しかいえなくて、最後は誤魔化しておどける相葉さんのあの姿。

そして空気を読んで、会場を笑わせて、

でもきちんと私達のことを考えてくれる言葉をくれた二宮さん。

「ずっとみんなのことを考えています」あの言葉が本当に男前でした。

最後の潤さま。時折困ったように顔を歪めるのが本当に印象的で、

穏やかな声と話し方の中に見える力強さ。

「オレがいるから。俺ら嵐5人がいるから。 こうやって一緒に楽しめる仲間がいるから」

一緒に楽しめる仲間という言葉が、ものすごく心に響きました。

 

彼ら5人の挨拶を思い出すと、今でも涙が出そうになります。

本当に彼らのコトバノチカラを実感できた瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

【Be with you】

 

泣きすぎてよく覚えていないんだけど、

相葉さんが歌えないほど泣いていたのと、

最後にメンバーが中央に集まる時、櫻井さんが相葉さんの腰に、

いつものように腕を伸ばして、触れたんです。

あれがね、本当に泣けた。

私はリアルタイムで見てなかったけど、24時間テレビでもやってたし、

相葉さんが泣きそうになると、櫻井さんが手を伸ばすんだよね。

櫻井さんのそういうところが、本当に好きです。

 

 

 

 

 

 

【Happiness】

 

嵐さんがばーっと広がって、イエーイエーイエーって言うのに、

泣いてて結局よく見えなかったのね。でも、ここだけは見てた。

 

花道を走っていた櫻井さんと相葉さん。

相葉さんはね、スタンドに向かって手を振ってたんです。

で、すれ違いざまに、右手を広げた櫻井さんが相葉さんの腰を抱く。

それに気づいた相葉さん。同じように右手を伸ばして、櫻井さんの腰を抱いて、

2人、すれ違った瞬間に一瞬だけお互いを見て、右手を滑らせ、

お互い離れて行ったんです。

 

すっごくステキだった。

私、ああいう相櫻がものすごく好きなんです。

あの瞬間だけを切り取りたいぐらいに好き。最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

アンコール

we can make it!】

 

櫻井さんのラップにまたまた号泣。

ああー、泣きっぱなしだわー。

それ以外の記憶が全くないのは、何故?

 

 

 

 

 

【ファイトソング】

 

この時、じゃんけんに負けたのは潤さまだったんですが、

潤さまの言葉が、すっごいかわいかった。

 

「オレ、さっきも飛んでんのに」

 

確かに!(笑)

 

潤さまの足元に絡みつくメンバーがかわいすぎた!

櫻井さん、最後に潤さまとふたりで残って、勝ったもんだから、

1人、後ろでゴリラのようにウホウホ喜んでいたのが猛烈にツボでした。

次第に相葉さんもそれに乗っかるのがさらにツボでした。

 

 

 

 

 

 

【WISH】

 

3塁側は潤さまと相葉さん。

1塁側は櫻井さんと二宮さんと大野さんだったわけですが…

3塁側は気づくとドデカトロッコに乗ってたのに、

1塁側はトロッコに乗らずにすっかり通り過ぎ、

慌てて戻ってヨタヨタとトロッコに乗り込む3人が最高でした。

まるでコントでした。

 

 

 

 

 

 

 

【Love so sweet】

 

 

サクちゃーん!!!!!

 

 

どデカトロッコに乗った櫻井さんたちが目の前に。

もう、ピッカピカの笑顔で大きく手を振る姿にまた涙。

でもね、あの3人、ガタガタと揺れるトロッコの上で、

ラブソースイートでなぜか同時にすっ転んだりしてんの。

本気でコントしてんのかよ!と思いました。ジャレてる3人はキュートでした。

 

そして最後の最後。

花道でまたしても手を振っていた櫻井さんの元へ、

今度は後ろから近づいた相葉さんが、

 

 

 

 

おんぶして!というように、櫻井さんに乗っかる。

 

 

 

キャーっ!!!!!

 

 

 

 

驚いた櫻井さん。

でもその直後に、すぐ笑って相葉さんをおんぶしてました。

その後、追いかけっこするように2人でセンターステージに戻る。

ああーステキだったわー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダブルアンコール

【Future】 

 

高速トロッコに乗る櫻井さんがへっぴり腰だけどかっこいいーっ!!!

と思ったら、大衝撃!

 

 

 

 

 

櫻井翔、客席に飛び込む(仰天)

 

 

 

 

 

バックステージ側の、ネットが張ってある場所でした。

ロッコから飛び降りた櫻井さんは、ものすごい勢いで客席に向かってダッシュ

そして、ネットに突っ込んだかと思うと、一瞬で戻り(笑)

両手を上げて、ノリノリFUTURE。

 

 

 

櫻井っ!どーしたっ!!!

 

 

 

目玉が飛び出るぐらいビビリました。

4月の京セラドームで、櫻井さんがアリーナに飛び込んだときもビビリましたが、

まさか、まさか、客席に突っ込むなんて!

 

 

よく見たら、その突っ込んだ先の人のウチワは「智」でしたけど(笑)

 

 

すっごい楽しそうでした。

歌ってる間もラップ中も本当に楽しそうで、そんな櫻井さんを見てたらまた泣けてきた。

ノリノリの櫻井さんの全身から溢れる楽しいという気持ちに、乾杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【トリプルアンコール】

 

潤さまの挨拶中、なんかいいこと言っていた気がするのに、

この男のせいで、手に持っているもの全てすっ飛びました。

赤いプルプルの唇を突き出し、カメラに向かって、

 

 

 

 

ちゅっ

 

 

 

 

 

さーくーらーいーっ!!(絶叫)

 

 

 

 

 

さらにもう一回、

 

 

 

 

ちゅっ

 

 

 

泣いてたくせに、この時だけは本気で萌えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ROCK YOU】

 

 

 

「愛情込めてラップさせていただきます!」

 

 

この日のセルフエコーは、もう感無量すぎて手を合わせたい気分。

私とPちゃんは、櫻井さんのセルフエコーに合わせて、マイクを遠ざけるフリ(笑)

ノリノリの櫻井さんは、それはもう気持ちよさそうにラップしてました。

あと、この時だったと思うけど、

櫻井さんと相葉さんがまたハグしたのね。

ああー気持ちが溢れちゃったのねと思ったら、泣けちゃって、

なんだって私はこんなに相櫻が好き過ぎるんだろうと思いました。

ええ、最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

【ラスト】

【NA!NA!NA!】

 

これまた櫻井さんのラップがすごくて(笑)

まさか最後の最後で、こんなにゴリラップ、じゃなかった、

サクラップが見られるとは思ってなかったので、泣くのも忘れて爆笑。

しかも櫻井さん、3塁側の花道脇にずっと陣取り、

 

 

 

両手両足をバタバタさせて本気でゴリラ(爆笑)

 

 

 

期待を裏切らない男、櫻井翔が大好きだっ!!!

 

 

 

おまけにその後ろでは、つまりゴリラの後ろで、

相葉さんが片足を上げてクルクル回るお得意のダンスでノリノリ。

もう、2人がおもしろ過ぎて泣くのも忘れてました。

だって1人は片手片足上げてくるくる回ってて、

1人は両手両足バタバタしてゴリラみたいなんだよ。

おまけに超笑顔で、超嬉しそうなんだよ。

ああー、本当に最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【感謝カンゲキ雨嵐】

 

櫻井さん、どうやら構成を忘れてしまったようで(笑)

 

みんながムービングに乗ってるのに、なかなか1人だけ乗らずに、

メインステージの脇で、ゴリラの続きをしてるもんだから(苦笑)

ムービングが動くのが遅かった気がします。ああー笑えるわー、あの人。

でもムービングに乗った後は、終始頭を下げてました。

本当に嬉しそうな笑顔が、ものすごく印象に残っています。

そしてバックステージ側にムービングが着き、

そこで櫻井さん、バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!

もちろん、私とPちゃんも一緒にバンザーイ!

周りの人はやっていなかったってことは、櫻井さんファンじゃないんですね(笑)

そして最後の最後に、

 

 

「ZERO、行ってきまーす!」

 

 

で幕を閉じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

本当に後半部分は泣きっぱなしで、

終わった後に握り締めていたタオルを見たら、マスカラやらファンデーションやら(苦笑)

そのぐらい、後半はずっと涙を流していました。

基本的にすぐに感情が高ぶるタイプなので(笑)コンサートではよく泣きますが、

こんなにずっと泣いていたのは初めてでした。

 

嵐の笑顔。

ファンの笑顔。

C&R。

 

全てが胸に迫ってきて、泣かずにはいられませんでした。

最後に追い討ちをかけたのは、彼らの挨拶。

櫻井さんの言葉が、本当にダメだった。

あの時の声、あのときの表情、今でも鮮やかに思い出せます。

泣いてたから、顔はぼやけてるんだけど(苦笑)

 

いつも爆笑して、バカにしてばっかりの櫻井さんだけど、

私は櫻井翔という人間の、本質に惚れているんだと思っています。

不器用なんだよね。だからこそ熱くなるしか方法を知らない。

時にはそれが、私には恥ずかしさとして映ったりするんだけど、

あれだけ真っ直ぐに気持ちを伝えられるのは、やっぱり彼しかいないと思う。

かっこ悪くていいし、ヘタレでいいし、爆笑されていい。

だってそれが櫻井翔であって、そうじゃなかったら櫻井さんじゃないもん。

あの人の根底にある「強さ」は「弱さ」と紙一重だと思うけど、

その弱さを強さに変えようとする意思があるからこそ、今の彼があると思います。

あの挨拶には、それが全て詰まっていたと思います。

彼の言葉で、彼の気持ちを。

私が櫻井さんのラップが好きなのは、その「気持ち」が見える歌詞だから。

なんだろうなあ、本当に困った男に惚れちゃったなあ。

結局、ムカツクぐらいに好きだってことなんだな。仕方ない。

 

 

そして5人の笑顔。

周りのファンの人たちの笑顔。

 

 

本当にすっごく幸せな時間だった。

でも、幸せだったからこそ、もどかしくもあり。

あんなに幸せな空間をもらってるのに、どうして彼らになんにも返せないんだろう。

アイドルとファンって、そういう関係だって分かってるけど、

でもやっぱり、何かほんの少しでもこの気持ちを返すことが出来たらと思わずにはいられない。

「ありがとう」って言ってもらえると、すごく嬉しいのに少し苦しいのは何でなんだろう。

「ありがとう」って言われるようなこと、何にもしてないのに。

彼らに何にも返せないのに、お礼を言われていいのかなと思う。

 

もしかすると、だから涙が出るのかもしれない。

本当に力のない自分が悲しくて、そんな自分にありがとうと言ってくれるのが申し訳なくて。

こんな風に思うのって、嵐だけなんだよね。

どうしてなんだろう。その理由を明確に言葉に出来ないのがもどかしい。

でも確実に言えるのは、あの場所に立たせてくれてありがとうと言う彼らに、

こちらこそ、あの場所に一緒にいさせてくれてありがとうということです。

 

なんだか書いてて、分かんなくなってきちゃった。

好きだって言いたいだけなのにね。どうして理由を言葉にしたくなるのか。

それがきっと「コトバノチカラ」なんだろうなあ。

 

二宮さんが言ってました。言葉にはいい言葉も悪い言葉もあると。

私は口は悪いですが、できるだけマイナスなことは書きたくない人間です。

ブログでもそう、何度も言ってきました。

言葉には目に見えないチカラがあって、さらに怖いことに1人歩きすることがある。

言葉も絵も音楽も人が生み出すものは全て、その人の手を離れて他人に伝わった瞬間から、

もうそれを発信した人のものではなくなると、昔から思っています。

全ては受け取る「相手」次第。だから怖いし、おもしろいんだけど。

 

嵐さんはね、その「発信者」と「受け手」の差異が本当に少ない人たちだと思います。

それはきっと、彼らが本当にファンの気持ちを考えているからこそ。

それってすごいことなんだよね。特にああいう世界に身を置いている人にとっては。

自分の側にいる人なら、ある程度、その人の気持ちも読めるし予測も出来る。

でもアイドルとファンって、近いようで遠いから、

そのファンの気持ちを汲み取ろうと努力しなければ、ああいう言葉は出ないと思います。

本当にすごいよね。人間として彼らのことを尊敬します。

そんな人たちに出会えたことを、心から感謝しています。

 

 

 

 

2007年の夏。

違うな、2007年は私にとって本当に特別な1年になりそうです。

嵐さんに出会えたのは、本当に奇跡だと思う。

何度も出会うのが遅いと思ったし、今でも遅いと思ってるけど、

やっぱり今年の2月に彼らに出会ったからこそ、今があるのだと思います。

7月の大阪でもそう思ったけど、今回もやっぱり同じことを思いました。

 

私が嵐さんに出会った特別な1曲。

Love so sweetの大好きで大好きでたまらない1フレーズ。

「こんな好きな人に 出逢う季節二度とない」

本当に泣きたくなるぐらいその通りです。

きっとこんなに好きな人に出逢う季節は、この先二度とないと思う。

何にどこに感謝したらいいのか分からないほど、感謝の気持ちでいっぱいです。

月並みな言葉しか言えないけど、本当に嵐に出逢えてよかった。

心の底から、魂が震えるほど、そう思います。

 

 

そして嵐のおかげで出会えたお友達。本当にありがとう。

嵐のことを思うとき、必ず一緒に思い出すのがみんなの顔。

幸せだよね。本当に幸せです。

これからもどうぞ、末永くよろしく。

 

 

Timeツアーは終わったけど、また新しい夏が来年やってきます。

その時までもっともっと、彼らに愛情を注いで、

来年の夏には、ほんの少しでも感謝の気持ちを届けられたらいいな。

それを心から祈りつつ、今年の夏に胸にいっぱいの感謝を込めて。

 

 

 

 

ステキな夏をありがとう。

 

 

 

 

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク