本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

嵐コンサート Time 大阪 2007年7月16日 2部オーラス

大阪ラスト16日2部、オーラスです。

まさか大阪で全ステできるとは思っていなかったのですが、

本当に嬉しかったこの5公演。

長いレポも、これで終了です。

 

今回ももちろん、櫻井さん全開で参ります。

それでもいいぜ!という方は、続きからどうぞ。

 

 

今回のお席は、スタンド上段。

しかしこれが、ほぼメインステ真正面でして…

初日とオーラスに真正面から見られる(ただし遠いけど)という、

何とも幸せな席でございました。

 

私とYちゃんは、2人してそそくさと会場に入り、

そこで腹ごしらえをして、コンサートに望みました。

いやあ、もう、遠くても入れるだけでいいね!

とか言いつつ、さっきは近かったのになあとか思ってしまうこの贅沢モノ。

人間、そんなものですね。所詮は欲張りです(反省)

 

 

 

 

 

 

 

 

【Everybody前進】

 

真正面から見たら、やっぱりめちゃくちゃこの曲かわいい!!!

キャプテン振り付けだと分かると、余計にかわいくて、

全員が手を振り上げて行進する所なんて、食べちゃいたいぐらいかわいいの!

 

 

しかし、やっぱりですね、

櫻井さんはターンが1人だけ逆方向なんです。

あれが彼の振り付けなんだと思う。多分そうだ。

私が勝手に間違いだと思っただけだ、うん、きっとそう。

でも、本当にそうなのかなあ(疑惑)

 

ムービングが後ろに近づいて来るにしたがって、

それこそ輝くような笑顔で手を振る櫻井さんにロックオン。

あれはダメですよ。あれは反則ですよ。

やっぱりサクちゃんは、キラキラアイドルだったよ!

 

 

 

 

 

 

【Di-Li-Li】

 

櫻井さん、ノリノリです。

 

 

「エブバリセーイ!」

 

 

言いまくり。「ハイ!ハイ!」煽りまくり。

最後だとこうなるのかしら?って言うぐらい、

昨日やさっきまでと明らかに違うノリノリっぷり。

だっておかしなリズムが止まらないもん。

ずっとずっと両足を片方ずつ、一旦上に上げてからリズムとって下ろす、

という、櫻井リズムで踊りっぱなしでした。分かる?

 

ちなみに私のメモ。

「川川」って書いてあって、こりゃなんだ?と思ったら、

ノリノリだった(笑)字が踊ってて、ちっとも読めません。

 

 

 

 

 

 

【きっと大丈夫】

 

これもまたすごかった。

煽りの嵐。櫻井の合いの手の嵐。

踊ってるって言うより、煽ってる。

すっごく動きが大きくて、遠くからでもそのノリノリ度合いがよく分かりました。

「ヘイ!YO!」ばっかり言ってた気がする。

 

潤さま「大阪ラストだぜー!いやなこと置いてけよ!」

ニノちゃん「いらっしゃいませ!いらっしゃいませ!愛し合っていくぞ!」キャー!!

相葉さん「盛り上がってんの?うえい!うえい!もっと!もっと!」

キャプテン「はあい!はあい!パッと行こうぜ!」

櫻井さん「準備はどうだ?準備はどうだ?SAY!嵐!最後まで楽しんでってください」

 

 

もう、櫻井さん。

他のメンバーが煽っている間も、ど真ん中で手を上げまくり。

いやあーステキだったわー。

 

そしてキャプテンが「きっと、大丈夫!」と叫んでて、

ニノちゃんが「ラストだよーん!」かわいかったー。

 

 

あと、このとき、

それぞれのリフトの上で赤い衣装を脱いでいた気がします。

櫻井さんがど真ん中で、上着を脱ぎ出した時、

ドキッとしましたから…他のメンバーはどうだったのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Oh Yeah!】

 

やっぱり、この曲もすごくダンスがかわいいの。

横から見てたときにはあんまり分かんなかったけど、

前から見ると、そのかわいさがよく分かる。

雅紀ちゃんの腰フリとか、小さくジャンプしたりとか。

 

サビ部分は、もうかなりの嵐ファンのみなさんが一緒に手を振り、

Oh!Yeah!って歌うのが、すっごくよかった。

ちなみにサクちゃんは1回目のOh!Yeah!で手を挙げ、相葉さんは2回目です。

あと、カノンの振り付けがあるんだけど、

このときさ、サクちゃんがいちばん最後の5番目なのね。

どうも遅れ気味なのが気になりましたが、かわいいのでよし!

 

 

 

 

 

 

 

【friendship 相葉さんソロ】

 

最後の相葉さんも強烈キュートでした。

で、このとき気がついたんだけど、

相葉さんの後ろのスクリーンというか、ステージの真ん中に、

歌の歌詞の一部が流れるんですね。

ピンク色のかわいい文字で(笑)

 

 

「ありがとう」

「夢」

「笑顔」

 

 

とか、いい言葉ばっかりが流れるの。

それから手を繋いでいる絵がね、なんだかすごくよくて。

相葉さんの雰囲気にピッタリで、すごくかわいかった。

初日にも、これってあったのかなあ。覚えてないんだけど。

この曲、本当に大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

【can’t let you go 櫻井くんソロ】

 

最後の最後に、いちばん近くで見られたことに感謝。

最初のラップ部分で、やっぱり隣に囁くような櫻井さんにまず落ち。

つむじにやられ、後れ毛に泣き、キャンレッゴーに笑い、

おかしな足の動きに苦笑し、手の甲に走る筋に萌え。

 

本当にカッコイイ。

あの横顔、最高なんだけど。

 

で、翔くんばっかり見てたら、

その向こうに「翔」っていう文字が見えて驚いて、

顔を上げたら、アリーナに翔ウチワ持った人がいっぱいいるの。

うらやましすぎる(涙)

 

 

ミュージカルダンスもバッチリでした。

「ぎゅっと」のところで、握り締めた拳にズキュン。

そして、後ろを向いた瞬間に、またまたガクン。

すっごいかっこよかった。

こっち向いているときに、激しく左右に動く振り付けがあるんだけど、

その時に、ちょい肌蹴たジャケットから、またしても脇が…

 

 

 

抱いてください(土下座)

 

 

大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【時代】

 

やっぱりかっこいい!

この時もね、後ろのセットに言葉が流れるんですよ。

あとなんか映像が流れていた気がする。

これ、初日にもあったのかなあ?

気づかなかっただけ?

そして、途中で真ん中から登場する翔くんのかっこいいこと!

やっぱりあの人、強烈男前です。

 

 

 

 

 

 

 

【Yes?No?】

 

会場の歓声がすごかった。

さっきは横から見てたんだけど、前から見ると迫力が違いますね。

あと、リボンを回す時、

相葉さんかな?ちょっと絡まっちゃったみたいで、

上手く回せてなくて、残念そうだった。

でも、リボンが入れてあるところを見ただけに、

あそこから暗がりで、絡まらないで取り出すのも大変だよなと思いました。

 

でね、これは私の思い込みかもなんですが、

相葉さんのリボンが絡まった後に、翔くんが気にしてたんです相葉さんを。

リボン回す時は、全く反対方向の立ち位置なのに。

なんかそんなしぐさに、キュンとしました。

 

 

「いくっぞ!」

 

 

この二宮さんは、何度聞いても惚れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【CARNIVAL NIGHT part2】

 

 

 

櫻井さんのソロ、ダサいダンスがなくなる(衝撃)

 

 

 

それを待っていただけに、え?どうして?と本気で驚きました。

いや、あれは別に振つけってわけじゃないんでしょうけど…

あれが見たいんだよー。あの櫻井が好きなんだよー。

で、この時も、サクちゃんは相葉さんを気にしていました。

どーしたんだろ。それが気になりました。

 

でも、おかしな煽りはやってたよ。

 

「フフウ!フフウ!フウフウフウフウ!」

 

どうにもかっこよくないサクちゃんが大好きです。

Yeah!で両手を上げるのもダサいです。ああーかわいいー。

ちなみに2回目の「路地では~」ではダサいダンス復活。

安心しました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

【虹 二宮さんソロ】

 

この曲、本当にいい曲です。

よく聴くとね、間奏以外はね、

ピアノもコードを弾いてるだけだった気がするんです。

だけど、そんなの気づかないぐらい、二宮さんの世界なの。

なんかすごいなあと思いました。

彼の佇まいと、ほんの少しのピアノで出来る空気。

二宮さんだからこそ、出来るソロ曲だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【太陽の世界】

 

 

見慣れたけど、やっぱりこの衣装スゴイ。

全員を見渡して、もう一度同じことを思いました。

櫻井さんだけ、ちょっとダサい(笑)

でも、そんな彼が好きなんです。

 

 

「ありがと清聴」の後に、流し目炸裂!

 

 

 

翔くーんっ!!!!!(瀕死)

 

 

 

 

 

 

おまけにもう一丁。

 

 

「一丁あがり」流し目。

 

 

 

なんなの!なんなの櫻井っ!!(怒)

 

 

 

その衝撃で、あんまり覚えてない。

結局は大好物なんです。はい。

 

 

 

 

 

 

 

【WAVE】

 

私は気づいた。

サクちゃんのダンスが微妙なのは、

動き出すタイミングが、若干遅いからだ(多分)

 

基本的に裏拍で動く櫻井さんですが、それにコンマ1秒ぐらい遅れる。

と言うか、コンマ1秒、後ろやら下に下がるせいで遅れる。

WAVEはその曲名の通り、

櫻井さんの滑らかではない波のような動きが、

存分に発揮されたダンスを見ることが出来ます。

 

 

そしてウェーブ。

今回は、1度座って、ウェーブする時に立つというバージョン。

そのせいか、いままでよりもウェーブ具合がよく分かって、

より会場が一体化している気がしました。

櫻井さんも嬉しそうでした。

もう1回、今度は往復しようとなった時、

説明している櫻井さんに相葉さんが一言。

 

 

 

 

「じゃあさ翔ちゃん、スピードアップする?」

 

 

「そうだね、うん」

 

 

 

 

 

なんだ、この萌える会話(白目)

 

 

 

 

私の相櫻フィーバーをさらにフィーバーさせるような口調と、

絶妙なタイミングでの受け答え。

その後も「よろしいですか?」「よろしいですか?」とか言ってんの!

 

 

 

あんたたち、なんなの!

 

 

ものすごい好みなんだけどっ!!!!

 

 

 

 

ウェーブは大成功でした。

相櫻のお2人が、ステキだったからだと信じたい。

相葉さんも櫻井さんもご満悦でした。

「速いねー!」と喜ぶサクちゃんがラブリー。

「よーっしっ!」と飛び跳ねる雅紀もラブリー。

相櫻バカでごめんなさい。

 

 

 

で、「un、un、1、2」

 

 

 

って、超色っぽい声で言いながらサクラップ

しかもサクオリティの非常に高いラップ。

なんかもう、サクちゃんに殺される(涙)

さらに、ウェーブ部分で、ヘンテコダンスを踊りつつ、

メインステージに戻った櫻井さんから二宮さんへウェーブ。

そして、後から走りこんできた相葉さんへウェーブ。

3人のウェーブに、激萌えでした。

できることなら、真ん中がニノちゃんではなく、

真ん中がサクちゃんだったら…さらに好みでしたけど(エコ贔屓)

 

 

 

 

 

 

 

 

【Love Situation】

 

 

 

櫻井さんの投げキスに見惚れる。

 

 

 

そういえば私、この曲、

サクちゃんしか見ていないので、相葉さんの投げキス見てない…

今思い出せば、なんともったいない事をしたのか…

 

 

この回。

櫻井さんはノリノリ過ぎのため、

いつものカクカクしゃかりきダンスが、さらにカクカクになり、

3人並んで踊っているのに、全く同じダンスには見えず(苦笑)

1人だけ、ロボットが踊っているみたいに、カクカクしてました。

愛おしいです。愛です。

 

首を横に振るんだけどね、相葉さんみたいなキュートな振り方じゃないの。

硬いの!とにかく硬いの!果てしなく硬いの!

「持ち合わせた」までは動かずに、

「ちっぽけなプラン」の部分でいきなり首から方向転換する、

あの独特のリズムも、なんか見ているうちに私の方が身に付けてしまい、

これ以降ひとりでCD聴いてても、

そのリズムを取ってしまう自分が櫻井バカなのだとつくづく実感します。

「降り注ぐよ」のダンスも、なんか壊れた人形みたいなの。

これまた、真似しちゃうんだよー。で自分で笑っちゃう。

でもダンス自体はかわいいんだよ、本当に(説得力ゼロ)

 

 

あと、曲が終わった最後に「HO!」って言うの、櫻井さんですよね。

それとも潤さまかな?

どーも気になる。

 

 

 

 

 

 

【a day in our life】

 

ノリノリの櫻井さんは、もちろんこれもノリノリ。

縦リズムで、煽りまくってました。

ものすっごい気持ちよさそうでした。

「嵐!」って煽る声が、調子乗ってるときの口調だったもん!

あと、やっぱり潤さまとキャプテンはラブラブで、

なんかもう、マジでカップルかと思いました。

 

 

 

 

 

 

【ハダシの未来】

 

最後までオタ芸は忘れない(笑)

 

ノリノリな櫻井さんはもちろんのこと、

ニノちゃんもノリノリでした。

潤さまは途中、すごく嬉しいのか(ラブ)

スタンドマイクそっちのけで、あっちこっち歩きながら歌ってました。

それ、声、マイクに入ってないんじゃないの?

 

だけど、相葉さんは女神でした。

あの腰つきは、後ろから見た方が好みです。

 

 

 

 

 

 

 

【MC】

 

【男性、家族ファンの方々】

 

今回、男性や家族のファンの方が多いというお話で、

何だかおかしなダンスをする、ファンキーな方が多いらしい。

 

「極めてオレらのテンションに高い人たちが集まってるんだよ」

 

そして、そのお客さんのダンスが気になって仕方のないキャプテン。

なんか引き寄せるダンスをする人がいるようで、

それを真似するキャプテンが、猛烈にかわいかったです。

 

その話の途中。

いきなりペットボトルを猛烈な勢いで一気飲みし始めた相葉さん。

「相葉さん、相葉さん」

二宮さんに注意されます。

 

「もう、大人なんだから。後で横っ腹痛くなるんだから」

 

まるで子供な相葉さんが強烈キュートでした。

 

 

 

 

 

 

【誰の衣装がいちばん好み?】

 

今回のツアーは、がんばったと。

ダンスもがんばったし、オレらの格好も若いし、と言いだし、

(確かにピンクのパンツに、ピンクのラインが入ったタンクトップやTシャツはかわいい)

そこでキャプテンが一言。

 

「これ絶対、女性の方が欲しいと思う」

 

 

すると櫻井さん。

すかさずツッコミ。

 

 

「あなたさ、今回のパンフレットでもそうだけど、

 

 女性の気持ち、代弁するのやめてもらっていい?」

 

 

 

 

そういや、そうだった(爆笑)

 

 

 

「女性の気持ち分かんの? なんでこの衣装がいいの?」

キャプテン、ピンク色のラインを指すのが超ラブリー。

 

で、サクちゃんと松潤がタンクトップで、

サクちゃんは両サイドがメッシュタイプ。

会場はタンクトップの方がいいらしく、

じゃあ、他の3人(相大宮)のTシャツはタンクトップの次にどの順番で人気が高いか。

気になる3人は、けん制し合いながら、お互いを見る(笑)

そこで松本さまがご説明。

 

 

「相葉ちゃんは、肩にラインの入ったアディダスタイプ。

 

 キャプテンは、もっとアディダスタイプ」

 

 

キャプテンの「もっとアディダスタイプ」は、

腕の部分にラインが3本入ってたかな?

松本さんに指摘されるキャプテンが超キュートでした。

 

そして、3枠二宮さん。

襟と袖の部分にピンクのパイピングのみ。

言うなれば「体操服」みたいな感じ(笑)

 

 

「二宮さんの…」

 

 

どうやらニノちゃんは、衣装合わせのときに、

この衣装はもうちょっと派手になるからと言われたものの、

ほとんど変わらなかったそうです(笑)

悔し紛れに「普通に着ることを考えたらどれがいいかってことだよ」

と言うニノちゃんがかわいかったー。

そして、どのTシャツがいいのかを会場のみなさんの拍手で投票。

個人的な好き嫌いではなく、本当に着たいTシャツで投票しようと、

 

「相葉さんが好きでもオレのがよかったらオレのとこ来ていいんだよ」

 

ニノちゃん、超ラブい。

 

 

「オレが似合ってないとかじゃないんだよ」

 

キャプテン、キュート過ぎる(惚)

 

 

そして投票の結果…

 

 

3位 相葉さん

4位 二宮さん

5位 大野さん

 

 

体操服のニノちゃん、ビリを免れる(笑)

 

 

しかし、ここで大変なことが。

1位を決めようと言うことで、二宮さんが「翔ちゃんがいいと思う人?」

と聞いたところ…はーい!と上げたのは私も含め非常に少数で、

 

 

 

少な過ぎる櫻井タンクトップ押しに爆笑。

 

 

 

「メッシュだよ、メッシュ」

どうやら原因は、汗かきのためのメッシュにあるらしい(笑)

念のために松本さんのタンクトップの票を取ってみたところ、

見事に松本さんは大量の支持を集め、ご満悦。

結局、松本さんの次は相葉さんが票が高く、

微妙だと思われていた二宮さんが3位だったため、

「なんだよー、オレ真ん中だよー」と嬉しそうに声を出し、

とたんに慌て出したのは、もっとアディダスなキャプテンと、メッシュ櫻井。

2人並んで「じゃあ、どっちがいいか」とビリを決めることに。

もう、やめとけばいいのに、サクちゃん(小声)

 

「じゃあ、真剣勝負な!」

ちっくしょー!と小声で囁く櫻井さんが好みでした。

そして、最終ジャッジ。

その投票の結果は…

 

 

 

 

やっぱりビリはサクちゃんで(爆笑)

 

 

 

 

 

 

 

「どうなってんだよ、おかしいだろ」

 

 

 

 

うひーかわいいーっ!!!!

 

 

 

 

 

 

すると潤さま、

 

 

「バンダナして帽子までかぶって、

 

 

 おしゃれしてんのに…」

 

 

 

 

それを言っちゃおしまいです(笑)

それを聞いた櫻井さん、

がっくりと肩を落としながらグチ。

 

 

 

 

 

 

「かなり自信に満ちて、

 

 

 ラブシュチュエーション踊っちゃったよオレ…」

 

 

 

 

 

かわい過ぎるーっ!!!!(涙)

 

 

 

 

 

 

そしてその原因を探る嵐のみなさん。

メッシュだから?とか会場に聞きつつ、

その理由を尋ねるメンバーの中で、櫻井さんが一言。

 

 

 

 

 

 

「汗、びしょびしょだからだろ?」

 

 

 

 

 

 

猛烈に萌えましたがどーしたらいいですか(鼻息)

 

 

 

 

その言い方がね。

諦めたような、今にも泣きそうな、もうど真ん中。

剛速球投げてきました、櫻井翔

ヘタレ推進委員会の私としては、見逃せないヘタレっぷり。

いやあ、素晴らしかったです。

まさかのビリッけつになってしまった櫻井さん。

結局、メンバーにも笑われ、とことんイイとこなし。

そして、

 

 

 

 

「もうオレ来週からコンサートできないよー」

 

 

 

 

あの子を手に入れるには一体どーしたら(鼻息2)

 

 

 

 

すると、今度はパンツで対抗しようとした櫻井さん。

いいぞ!イケイケ!またやられてしまえ!(小声)

 

自分達の衣装を見つめるメンバー。

櫻井さん1に対し、他のメンバー4。

だって櫻井さんだけ、片足捲り上げてるから(笑)

会場のみなさんも、もちろん両足長いタイプで。

1人取り残された櫻井さんは、

「まさかの展開だよー」と情けない声を出し、

「いちばんおしゃれなのに」とキャプテンにこっそり言われ、

「いちばんおしゃれなのになあ」と呟いた瞬間。

 

 

 

 

「今日は、失敗しましたねえ」

 

 

 

出た、Sの相葉雅紀(大好物)

 

 

 

 

 

するとサクちゃん。

 

 

 

 

「オレの中では成功なんだよ」

 

 

 

アッハッハッハ!

 

 

 

もう、相葉さん、猛烈に嬉しそうなの!

うひゃうひゃうひゃうひゃ笑ってた。

本当にサクちゃんをいじめるのが大好きみたい。

そして私は、それを見るのが大好きみたい。

 

「おっかしいなあー、かなりイケてるぞ、コレ」

 

落ち込みながらそう言う櫻井さんに、

ニノちゃんがフォロー。

 

「翔さんが似合いすぎるから、私にはとても似合わないと。

 

みんな、そう思ってんだよ」

 

そう言われた櫻井さん。

 

 

 

「なんで持ち上げられてんの?

 

 

そんなに機嫌悪くなってないし」

 

 

 

 

 

 

頭に来るほどツボなんですがどーしろと!(鼻息3)

 

 

 

 

そして最終的に、「かっこ悪くないよ…」と言った相葉さんに、

「うっせーよ!」と怒る櫻井さんに激萌えでした。

いやあ、なんて素晴らしい関係なんだ(ウホホ)

 

 

 

 

 

 

 

山田太郎のインタビュー】

 

またしても、俳優とインタビュー形式のおふざけな2人。

御村くんのマネをするニノちゃんに萌え。

そして、わざわざ自分でやり直すサクちゃんに萌え。

 

 

 

「磯貝、今日は歩きだ」

 

 

 

ひょえーっ!!!低音ボイスっ!!!

 

 

 

まあ、服装はB系ですけど(笑)

サクちゃんは御村くんの役柄でレクサスに乗っているみたいですが、

ハイブリットカーって充電できるって知ってた?と会場に聞くも、

反応が薄く、その話をすぐに断念(笑)

この人、女の子と上手く話できない人じゃねーの?とか思った。

男友達とばっかり遊ぶ男(苦笑)かわいいー!

そして、隆子ちゃんの妄想がシュールだと言う話。

確かにあの妄想はシュールだよなあ。

二宮さんが何のコスプレがお気に入りですか?と櫻井さんに質問。

セレブ櫻井の答えは、

 

 

 

 

 

「オレは完全に白馬だね」

 

 

 

 

 

 

爆笑

 

 

 

 

 

 

 

 

すかさずニノちゃんに、

 

 

 

「貴族でよろしいですよね」

 

 

「あっ」

 

 

 

サクちゃん、大間違い(笑)

 

 

 

 

 

 

後、ニノちゃんのチャイナドレス話。

ここでニノちゃんは声を大きくする。

 

「あのためにさ、すね毛剃ったんだよ」

 

そうか、ゲームにっきでそういや言ってた。

それで二宮さん、すねの1部にだけ毛が生えて来ないらしく、

そのかわいらしい足をスクリーンに映してくれました。

いやあ、あれ、サクちゃんだったらヤバかったね。

ニノちゃんでも持っていかれそうになりましたから。

変態は、そういうところで血を沸かすもんなんです。

それから、うで毛も剃ったらしく(笑)

ツルッツルだよ、シャワーで水弾くよと言ってました。

ニノちゃん、かわいいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【体力話】

 

櫻井さんと二宮さんが着替えに入り、

相葉さん大野さん松本さんがMC。

大阪に入ってどうかという会話で、大野さんが、

 

「ボク、体力あるほうだと思いますよ」

 

あ、これ、パンフレットで言ってた。

と思ったら、松本さんが食いつく。

 

「パンフレットでも、そうやって言ってたよね」

 

相葉さん曰く、パンフレットのインタビューの時、

松本さんと大野さんはすごく仲が悪かったそうで、

そうだよね?と言った相葉さんにキャプテンは一言。

 

 

 

 

「そういう設定なんだよ」

 

 

 

ヨダレ出そうに、なっちゃった…

 

 

 

 

 

すると松本さん。

 

 

 

「扱いづらいって言われたもんね」

 

 

 

潤さまが、拗ねた…(萌)

 

 

 

 

 

 

 

 

【大阪の人はせっかち】

 

大阪の人はせっかちだと言うお話。

キャプテンのラジオでのお話らしいんですが、

料理を注文して、料理がなかなか来ないと、

店員さんに早くしてくださいと、大阪の人は8割ぐらいが言うと言い出し、

東京の人は半分以下だみたいなことを、キャプテンが言った瞬間、

 

 

 

 

「それって、櫻井さん的な?」

 

 

「おい」

 

 

 

櫻井ネタに食いつく相葉さんの後ろから、

着替えを終えたサクちゃん登場。

「はい、すんません」とか言いつつ、相葉さん嬉しそう。

おいおい、どこまで私に火をつける気だ。

 

「うちの櫻井さんは、関西向きなんですよ」

あら、キャプテンかわいい。

と思ったら、櫻井さん嬉しそう。

あなた、本当にキャプテンも好きなのね(笑)

 

 

 

 

「じゃあうちのリーダーは沖縄むけってことだね」

 

 

 

 

相葉ちゃん、天才!

 

 

 

 

しかし、「沖縄むけ」と言ってしまったことで、

キャプテンから「むけ?」と言われる雅紀がキュートでした。

 

 

「大阪の人は、話している途中の間が、苦手だよね」

と、珍しくどんどん話すキャプテンに向かって、

潤さまが一言。

 

 

 

 

「それ、何トーク?」

 

 

「え?オレトーク

 

 

キャプテンかわいい…

 

 

 

 

 

 

【その他もろもろ】

 

昨日の夜に、ももが攣ってしまった相葉さん。

マッサージをしようとお願いしたら、おばちゃんがやって来て、

かなり長めのコースを頼んだのに、

最後の最後まで、ももには触れてもらえず終わっちゃったんだって。

おもしろかったけど、私は相葉さんのマッサージをしたいと、

心の底から思いました。

相葉さんと2人きり。おまけにあの身体に触り放題…

もも以外も触ってしまいますが、いかがでしょうか?

 

 

 

29日に、ZERO選挙の生放送します、見てくださいというサクちゃん。

選挙の日程がずれたことで、出ることが出来るようになったと。

 

「大人の話だね」

「もう大人だろ」

 

相葉さん、キュート。

 

 

 

 

 

 

 

【うらあらし】

 

これの紹介の時だったかなあ。

ギャル文字?「LI」で「い」って読む字があるでしょ。

あれに反応する嵐のみなさんがおもしろかったです。

どうやって考えたんだろ。めんどうくさいよね。読むの大変だよねって。

私も同じことを思います。ちっとも読めないので…

あと、この時のうらあらし企画は「きみがいいんだ」だったんだけど、

「すごくキレイな娘もいる」という歌詞を、

「キレイな子」ではなく「キレイなムスメ」と読んでしまい、

 

 

「江戸時代かよ」

 

 

とつっこむニノちゃんが最高でした。

 

 

 

 

あと、リハーサルで音が漏れちゃうとか言ってたときに、

 

「漏れちゃうんだよね」

「溢れちゃう」

 

若干の沈黙の後、

 

「ねー」「ねー」

「色々とねー諸事情がねー」

「大人の事情だよねー」

 

と言う彼らがかわいすぎました。

漏れちゃうんだって、溢れちゃうんだって。

かわいいー(ヨダレ)

 

 

 

 

 

 

 

【きみがいいんだ】

 

嵐さんを好きになってから、お友達にもらったMステの映像。

この櫻井さんがめっちゃくちゃかっこよくて、

私、この曲大好きなんです。

まさか生で聴けるとは思っていなかったし、

彼らも4年ぶりとか言ってた気がするので、

本当に貴重な曲を聴くことが出来て、うっとりしました。

キャプテンの声が、すっごくこの曲に似合う。

本当にステキでした。

 

そして櫻井くんのラップ。

思い出してもドキドキします。

やっぱりMステでも座って歌ってたけど、

その座り方ひとつとってもかっこよくて。

最高でした。

 

 

 

 

でも曲が終わった後のサクちゃん。

どうやらイヤホンに、右と左で櫻井さんのCD用のラップが入っているらしく、

それが歌っている時に気になっていた嵐のみなさん。

櫻井さんは、これは一人じゃ歌えないんだよーと言ってました。

 

 

「会いたい、知りたい、きみがいいん、だあー」

 

 

だあー部分は、カメハメ波の「波」部分みたいなヘンテコな声でした。

イヤホンからそんな声が流れてきたら、その時点で昇天です。

ちなみにサクちゃん。

舞台上で、今度は椅子を逆向きに回して、

両足を開いて、またいで座ってました。

椅子になりたい…

 

 

 

 

 

 

 

【どんな言葉で】

 

この時も、スクリーンにいっぱい言葉が回ってた気がする。

櫻井さんは相変わらず、櫻井リズムを取ってました。

最後に「かい?」ってスクリーンに大きく出たのがかわいかったです。

 

 

 

 

 

 

 

【HERO】

 

UP!UP!UP!UPで、指を指すサクちゃんがラブリーでした。

あの時ね、ジャケットの腕から、手首が見えるんだけど、

そこの筋が、強烈かっこよかったの。

私ね、男の人の手首大好きなんですよ。いちばん好きなのは亮ちゃんなんだけど…

ああいう細い手首が大好物だったんだけど、

櫻井さんのちょっと無骨な手首に激萌えしました。

そこばっかり見て、他をさっぱり覚えていません。

 

ちなみに、最後の最後。

大宮と相櫻が2列に並んでポーズを決めるところ。

最後の最後に、相櫻が肩を組み合うんですが、

暗転した後も肩を組み合ったまま階段を降りていく2人にきゅん。

いやあ、いいもん見た。

 

 

 

 

 

 

 

【yabai yabai yabai 潤さまソロ】

 

ようやく、ちょっと冷静になって見る事ができるようになった潤さまソロ。

そしたらね、笑ってばっかりだったくせに、

潤さまのキュートさが、突き刺さるぐらいストライクで、

なんかクラクラしました。

 

 

本当にかわいいの!!!

 

 

見れば見るほど、ラブリーな潤さま。

あのダンスも、あの声も、あの曲も、全部がかわいい。

何より、自分がいちばん楽しんでいるのが本当にかわいい。

潤さまは、嵐さんを好きになってから、本当にいちばんイメージが変わった人。

こんなにラブリーだとは知らなかったわ、マジで。

 

 

YABAI、最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

【Song for me キャプテンソロ】

 

コレがすごかった。

スクリーンじゃなくて、セットの後ろ1面全部に、

キャプテンの踊っている姿が、ものすごく大きく映し出されるんです。

それが、めちゃくちゃかっこよくて。

これは絶対に、初日にはなかった。

こんな演出が出来るんだと、びっくりしました。

 

それにこの曲、何度見ても慣れない。

ドキドキが止まらない。

息を止めて見てしまう。

本当にステキでした。

 

 

 

 

 

 

 

【Cry for you】

 

もう一度前から見たかったこの曲。

改めてみると、照明とかも凝ってたなあと思います。

上から降りてくる櫻井さんを双眼鏡で見ていたら、

一度、ロープを握り締めたのが見えて、怖いのかなとちょっと思ったりして。

でも、きっと踊るよりはそっちの方がいいのだろうと、変なところで納得(笑)

 

ダンスは文句なしにかっこよかった。

スクリーンがないのも、演出としてはかっこよくてよかった。

ただ、ラップをもっと近くで見たかったと言うのが本音だったり…

 

 

 

 

 

 

【言葉より大切なもの】

【君のために僕がいる】

 

Cry for youに双眼鏡で集中し過ぎて、いまいち記憶なし。

ただ、バックステージ側にムービングが動いて向かってくる中、

櫻井さんはノリノリでした。「もっと!もっと!」

手を振りまくり、手を上げまくり、煽りまくり。

メモにも「ノリノリ」と「もっと!」しか書いてない(笑)

 

 

 

 

【PIKA☆☆NCHI DOUBLE】

 

やっぱり、この曲の櫻井さんは本当にカッコいい。

赤い衣装の背中がステキでした。

どうしてあんなにいい顔して歌うんだろうなあ。

 

 

 

 

【A・RA・SHI】

サクラ咲ケ

 

正面から見ると、テンションが上がる。

このあたりからは、とりあえず双眼鏡よりも、

ペンライトを振りまくって、一緒に踊りました。

衣装は微妙でも、櫻井さんはかわいかった!

サクラップも最高だった!

 

 

 

 

 

【挨拶】

 

櫻井さん

今を生きる、前向きに生きるという意味を込めて「Time」と付けました。

このコンサートもアルバムの1部だと思っております。

 

 

大野さん普通に楽しかったです。

これからもこういうステキな空間を作っていきましょう。

 

 

相葉さん

いつもいちばん楽しいんでます。コンサートという場所が大好きです。

またみんなと一緒に遊びましょう。

 

 

二宮さん

みなさんが盛り上げてくれたからこそ、このツアーが成功したんだと思っています。

ありがとうございました。

 

 

松本さん

辛いことがあった時、僕らの音楽を聴いたり、コンサートに来たりして、

少しでも元気になってくれればいいなと思います。

また何か嫌なことがあったら、会場に来てくれれば、俺らが全部忘れさせるから。

ありがとうございました。また会いましょう。

 

 

潤さまの挨拶に感動しました。

かっこいいなあー。

 

 

 

 

 

 

【Be with you】

 

誰かがサビ部分で歌詞を間違えたんだけど、誰かは分かりませんでした。

櫻井さんは…やっぱり櫻井さんでした。

 

 

 

 

 

 

 

【Love so sweet】

 

最後のラブソースイート。

全員が全員、本当にかわいかった。

それからやっぱり、会場の歌声がすごかった。

 

「歌え!大阪城!」って言ったのは多分ニノちゃんだと思います。

櫻井さんは「フウ!フウ!」とヘンな合いの手をずっと入れてました。

相葉さんは志村けんさんみたいな振り付け(笑)を超笑顔で踊ってました。

 

笑顔ではけていく彼らは本当に幸せそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

【アンコール】 

we can make it!】

 

必ずSHOタオルを巻く櫻井さんが愛おしい。

 

会場にYEAH!って歌わせる前に「ヘイ!」って言うの。

それがかわいかったなあ。

あと、サクラップの前に「HEY!YO! HEY!YO!」って叫んでました。

ラップの最後には天に向かって「どうもありがとー!!!!」

 

 

 

最後に投げキス!

 

 

 

翔くーん!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ファイトソング】

 

 

「おーい、調子はどうだ?」

「オレらに負けんじゃねーぞ」

「一緒に飛べよ」

 

 

 

 

空には飛べません(笑)

 

 

 

そして、飛んでいる途中の相葉さんパート。

 

 

 

 

 

「ズボンが落ちる!ズボンが落ちる!」

 

 

 

 

 

隣の櫻井さんが相葉さんに手を伸ばす。

 

 

 

空中で抱き合ってくれー!!!!!

 

 

 

 

そして体勢を整えたメンバー。

「お手を拝借!」

ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!

 

 

「さあ、相葉さん、一言どうぞ」

 

なんて言ってたか聴こえなかったー(涙)

かわいかったことしか覚えていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

【Happiness】

 

櫻井さん、絶好調。

あっちでこっちでエアギター炸裂。

足踏みして走るフリをして、エアギター。

しかもそれが、若干かっこ悪い(笑)

さらに、櫻井リズムでノリノリ。

でも、どこで方向転換するとか、気合を入れるとか分かるんですよ。

いやあ、愛ってすごいよね。分かっちゃうんだから(笑)

 

最後、滑り込むようにメインステに戻った櫻井さん。

またしても膝立ちでジュニアのみなさんに拍手。

そしてハイタッチ部分で「オイ!オイ!オイ!オーイ!」と盛り上がる。

 

 

 

「せーの!」「嵐!」

 

 

最後の最後まで「Yeah!Yeah!Yeah!」と歌う櫻井さんがキュートでした。

 

 

 

 

 

 

【ダブルアンコール】

 

潤さまからご挨拶。

今回、1年ぶりに全く新しいコンサートを作ったけど、

みなさんのおかげでこうしてやって来れました。

嵐の長い長い夏が始まります。

また大阪に来ていただければと思います。ありがとうございました。

 

 

と言った後に、

 

 

「じゃあ今日オレ、

 

 

ニュース読まなくちゃいけないから」

 

 

 

とはけようとする松本さん。

すかさず櫻井さんは、なぜか嬉しそうに、

 

 

 

 

「まさかの乗っ取りですか?」

 

 

 

 

乗っ取り!

 

 

乗っ取りだって!(笑)

 

 

 

結局、何か歌おうか、と言うことになり、

キャー!!!!と喜ぶ中、二宮さんがキャプテンに向かって、

 

 

「じゃあ、申し訳ないけど、あなただけ帰ってもらって…」

 

 

帰ろうとするキャプテン。

帰らないでーと叫ぶ会場。

すると松本さんが、

 

 

 

「あだ名だけど、リーダーなんだから」

 

 

 

 

愛だ(感動)

 

 

 

 

 

さらに相葉さん。

 

 

「じゃあ、やっちゃう?翔ちゃんもさ、

 

 

ちょっとぐらいニュース遅れたっていいでしょ?」

 

 

 

 

こっちは櫻井いじり。

櫻井さん、超笑顔(大好物)

 

 

 

 

「遅刻しますって電話しといてよ」

 

 

「分かった、分かった」

 

 

 

 

 

死ぬほど相櫻が好きーっ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

【感謝カンゲキ雨嵐】

 

 

「ありがとう」で頭を下げる櫻井さんが大好きです。

笑顔の嵐さんが大好きです。

みんな本当に嬉しそうでよかった。

はけていく時の、オッサンくさいジャンプが櫻井さんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【トリプルアンコール】

 

出てきたものの、帰ろうとする嵐のみなさんに、

「もう一回!もう一回!」コールの会場。

ここでまた松本さんが、

 

 

「オレ、ニュース読まなきゃいけないんだよ」

 

 

 

それに対して櫻井さん。

 

 

 

 

「仮にボクじゃないとしてもいいですよ」

 

 

「じゃあいいですよ。

 

 ニュース読むんですよね、ボクの代わりに」

 

 

 

 

 

松本さん、ドS!

 

 

 

 

 

するとまた二宮さんが、

 

 

「お前だけ帰ってもらっていい?」

 

 

 

またキャプテンに意地悪。

帰ろうとするキャプテンが、超キュートです。

そこで、櫻井さんが一言。

 

 

 

 

 

「いいよ、やろうよ」

 

 

 

 

これが、ものすごく嬉しかった。

最後の最後に言ってくれたのが、翔くんだったから。

ZEROあるのにさ。いいヤツだよ(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

【Futuer】

 

 

 

櫻井翔、最高!!!

 

 

最初から、サクラップは炸裂するし、

櫻井リズムで、メインステージから全く動かずに煽りまくるし、

いちばん遠かったけど、ずっと櫻井さんだけ追いかけてました。

本当にこういう時、動かない男だけど大好き。

 

 

 

 

 

 

最後の最後、

はけていく櫻井さんの一言。

 

 

 

「行ってきまーす!」

 

 

 

会場中が「行ってらっしゃーい!」と送り出し、

嬉しそうに笑った櫻井さんは、最後に、

 

 

 

 

会場に向かって投げキス。

 

 

最高のプレゼントをもらった気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

大阪オーラス。

入れただけで本当に幸せな公演だったのに、

ほとんど真正面という席が、また素晴らしく、

最初と最後に全体が見渡せたのは、本当によかったです。

会場の盛り上がり方もよく見えたし、ダンスも全部見られたし。

嵐さんと一緒に楽しもうとする嵐ファンのみなさんに涙が出そうで、

みんなが一緒に手を振り上げているのが、本当にステキでした。

 

後ね、男の人の声がね、「おおちゃーん!」

って叫んでいるのが聴こえた時、胸が震えたんです。

家族ずれもすごく多くて、小さいお子さんだけじゃなくて、

お父さんや、おばあちゃんがいるのが印象的だった。

帰りに駅まで向かう帰り道でも、

男の子が1人で、ツアーバック持って、ウチワやポスター買っててね、

嬉しそうにメールを打ってるのを見て、なんかキュンとしてしまいました。

 

他のコンサートでは、そういう光景見たことなくて。

嵐さんのすごさなんだなあと、改めて思いました。

本当にステキな時間でした。

 

それから全部を一緒に入ってくれたYちゃん。

本当に、本当にありがとう!

櫻井!櫻井!ばっかり言ってたけど、ウザくなかった?(笑)

疲れてるのに、最後まで送ってくれて本当にありがとう。

また次は横浜で!一緒に愛を叫びましょう!

愛してるわー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【最後の最後に】

 

 

大阪参戦の全てのレポを書き終えた今だからこそ書けることを書きます。

ちょっと、後ろ向きな発言もありますが、

コンサート直後、コンサート後に思った私の素直な気持ち。

こんなに色んなことを考えさせれるのは、初めてだなと思いながら…

ものすごく長くなってしまいましたが、何だか書かずにいられなくて。

超、個人的な意見として読んでいただければ幸いです。

最初に断っておきます。激しく長文です(陳謝)

 

 

 

ジャニライフの中で、初めて作った6連ウチワ。

無償の愛だなあと思いながら、ウチワ作りつつ聴いていたのは、もちろんTimeでした。

11日に発売で、コンサートが14日。

3日しかない!と言いながら、10日午前中にアルバムを手に入れて、

そこから寝る間も惜しんで聴き込んだ名曲ぞろいのアルバム。

 

私は、それこそジャニでも散々コンサートに行っていますが、

それ以外のミュージシャンのコンサートや舞台も、めちゃくちゃ行っています。

換算すると1週間に1回はコンサートや舞台に行っているようなもんです。

本当に、どれだけ好きなんだって言うぐらいのエンターテイメントバカ。

私は、どのコンサートや舞台に行く前でも、必ずすることがあります。

手に入らない曲や映像は仕方がなくても、

手に入るCDやDVDは全て、覚えるまで聴いたり見たりしてから会場へ足を運びます。

好きな男前の数が半端ないので、それこそ大変ですが、

それは、観に行く人間の礼儀だと思っています。

そして、コンサートや舞台を最大限に楽しむための、最低限のルールだと。

もちろん、全ての人にそれを押し付ける気はありませんし、

私のただの自己満足だと言われればそれまでなんですが、

だからこそ気持ちも高ぶるし、期待して会場に足を運ぶんです。

 

前にも書いたことがありますが、

私は日常生活でジャニーズの曲はほとんど聴きません。

でも、嵐さんのCDだけは、好きになってこの半年、

聴かない日はないぐらい、何度も何度も聴いています。

曲もいいけど、歌詞もいい。心に響く歌が多いんですね。

私の弟は、今は辞めてしまいましたがラジオの洋楽番組のディレクターをしてました。

嵐さんを好きになってから、久しぶりに弟と会って車に乗ったとき、

今でも大量のCDを聴き込む弟のCDBOXの中に、「きっと大丈夫」があって驚きました。

「え?聴くの?」と聴いたら、「うん、嵐の曲、いい曲が多いし」と。

彼の担当していた番組上、曲を流すことはなかったそうですが、

いい曲はいい曲だと言う弟が、誇らしく思えたほどです。

そういえば、私が神話にはまったのも、弟の持っていた1枚のCDでした。

私なんかより、はるかにずっと大量の世界中の音楽を聴いていて、

なおかつジャニーズを好きではない一般の目を持つ彼に、

「いい曲だ」と言われて、ものすごく嬉しかったことを覚えています。

 

そんな、嵐さんのCDの中でも、

櫻井くんのラップがある曲が、私は特に好きです。

私は彼のラップは「上手」だとは思っていないんですが、

不思議なことに、サクラップを聴くようになってからは、

他の好きだったミュージシャンのラップを、ほとんど聴かなくなったんです。

聴いたとしても「物足りない」って思うぐらいに。

そのぐらい私の中で「ラップ=サクラップ」になってしまったんです。

(エリクとミョンフンは聴きまくってますが・苦笑)

 

理由はなんだろうと考えました。

まず、声が好きなんですね。あの声。

話し声がいちばん好きなんだけど、いや、笑い声がいちばん好きなんだけど(笑)

ラップしている時の声も、ものすごく好き。

低い声も、がなるような声も、囁くような声も、全部好き。

歌声も好き。音程がずれるのさえ愛おしい。

でも、いちばんの理由は、彼の選ぶ言葉。

私が今まで聴いていたラップって、英語か韓国語なので、

意味を理解するまでに時間がかかるんです。

基本的に聴いているのは「音」と「声」。内容は後からついて来るんです。

だけど不思議とその「意味が分かる」って言うのが苦手で…

日本語のラップって、どっか音に違和感を感じてたんですよね。

多分、ずっと聴いてたラップが英語と韓国語だからだと思うんだけど。

それがね、嵐さんの曲を聴いて、サクラップを聴くようになって、

なんだか目から鱗が落ちたみたいな気になっちゃって。

言葉がね、あんな風に入ってくるラップがあるんだなあって思っちゃったの。

決して上手くはないんだよね(苦笑)だけど突き刺さるんです。

それは彼の選ぶ言葉が、そうさせてるんだと思う。

 

ラジオで「語呂合わせに歌詞を書いているんですか?」という質問をされて、

反論をしたと言う、櫻井くん。

そんなところで、わざわざムキにならなくたっていいのにって思いながら、

彼のラップ詞に込める気持ちが、すごく伝わって来て嬉しくなりました。

8年前にラップをすることになった時、彼はラップをしていたわけじゃなかった。

そう聞いた時、彼は努力の人なんだなあと感心した記憶があります。

アイドルという枠組みの中で、前例のないラップという挑戦を、

石橋を叩いても渡らないという彼が、どんな気持ちで続けて来たんだろうと。

そして、詞を書くようになったこと。

パンフレットにもありましたが、単語だけの韻でなく、

文章の中で韻を踏めるようになって、ちょっと進化したと嬉しそうに話していた彼。

 

 

だからこそ、彼の書いた詞は、私にとってものすごく特別で、

ほんの数行のラップ詞でも、繰り返し繰り返し読んでしまう。

音に乗せる「ラップ」は、普通の文章より難しいんだと思います。

やったことがないから、本当に何とも言えないんだけど…

歌の歌詞を読み込んで、自分なりに消化して、

その上できっと詞を書いているんだと思います。

そして何度も何度も推敲を重ねて、歌っているうちにもきっと変更を重ねて、

ようやく出来上がる、櫻井翔のラップ。

ミュージシャンなら、また見方も変わるんだと思う。

でも、彼は「嵐」というアイドルグループの一員で、

アルバムの制作だけじゃなくて、ドラマもあるし、キャスターだってあるし、

それこそ、たくさんの仕事の中で、時間を削って詞を書いている。

特に今回のアルバム。

翔くんの詞が入っている曲が多くて、私はすごく嬉しかった。

短い時間の中で、彼がどんな風に曲を聴いて、どんな風に詞をつけたのか。

ひとつひとつの言葉に、頷きながら聴いていました。

言葉の選び方が、今回も本当に素晴らしくて。

私が、彼を好きだから余計にそうだと思うんだろうけど。

 

 

 

だからこそ、だからこそなおさら、

ラップ詞が入った曲、4曲がコンサートで聴けなかったのは、

本当に、本当に、本当に残念でした。

ドラマもやって、キャスターもやって、そんな中で彼が書いた詞。

出来ることなら全部見せて欲しかった。

CDを聴きながら、ここはどんな風に歌うんだろう。

そう考えていた7曲のラップのうち、4曲が聴けなかったのは本当に大きい。

半分以上のラップが、聴けなかったなんて。

しかも、聴けた曲「太陽の世界」でも、後半のラップ部分がなかったこと。

私、その曲の1節が、このアルバムの中でいちばん好きな歌詞なんです。

ウチワにもその言葉を入れたほど、その言葉が好き。

 

 

「俺 風来坊」

 

 

きっとね、なんでそれなんだって言われると思うんです。

だってさ、どっちかって言うとおもしろ歌詞だから(苦笑)

でも、私の心にはズキュンと来たんです。

だって「風来坊」って、櫻井くんとは真逆だから。

 

自信満々な顔で、この歌詞歌うのかなと思ったら、

何だかおかしいのに、泣けてきそうで困っちゃった。

あの人、全然風来坊じゃないのに、「俺 風来坊」って。

自分の勝手な解釈だけど、彼の挑戦が見えた気がした。

彼は自分で意識して、自分を変えていく人だと思っているから。

そして、それを体現してきた人だと思うから。

だからこそ、その歌詞が愛おしくて仕方なかったんです。

 

 

後ね、fireflyとROCK YOU。

これは私の超個人的な意見ですが、

彼のラップのよさが、ものすごく出ている曲だと勝手に思ってて、

風やLIFEを歌ってくれなかったのは、もちろん残念なんだけど、

この2曲が聴けなかったことの方が、私の中で断然悲しかった。

彼の書いた詞を、彼の声で聴かせて欲しかった。

大変な中で、こんなにステキな言葉を生み出した彼の、その姿を見たかったんです。

 

あの人、決して器用な人じゃないと思うから(笑)

そんな彼が作り上げた世界を、全部出してあげて欲しかった。

完全に私の溺愛思考から来る、ワガママってことは分かってます。

もし、風やLIFEが選曲されるなら、彼の他のラップ曲はなくなるだろうし、

ファンの人たちが待っている曲も、私とは違う気もするし。

彼の作品を全部出して欲しいと思うのは、私のエゴだとも思う。

だけどどうしても考えちゃんです。

自分の書いた曲が全て歌われることがなくて、

それで櫻井くんは、寂しい想いとかしなかったんだろうかって。

きっと彼はそんなことよりも、全体の構成を重要視するとは分かっていても。

 

全ての人が、私と同じ気持ちだとはもちろん思っていません。

私は、まだ彼らを好きになって5ヶ月足らずの新人です。

おまけに、完全に櫻井よりに偏っている人間です。

昔から彼らを好きなファンの方々が、どんな風に思われたのかは分かりませんし、

ドーム後に彼らを好きになった方々が、どんな風に感じたのかも分かりません。

それでもやっぱり、歌ってほしかった。

たとえ途中で切れてもいいから、櫻井くんにラップを歌ってほしかった。

だって、やっぱり好きなんだもん。

歌われなかった今でも、私の頭の中で、

FireflyやROCK YOUを歌う櫻井くんが見えるんです。

ちょっと力が入りすぎてゴリラみたいな顔になっちゃって、

それでも笑顔で歌う彼の姿が。

 

 

コンサートを終えて、友達との帰り道。

私は、あんまり歌われなかった曲のことを話しませんでした。

自分の好みが、みんなと違うことも分かっていたし、

自分が、新人ファンだってことも分かっていたし、

逆に聴きたいと思っていた曲を、聴くことの出来るコンサートでもあったから。

 

100曲以上もある曲の中から、彼らが私達のために選んでくれた曲。

全て100%の人に満足してもらえるものはないと、

友人が言った言葉が今でも頭に残ってます。

昔から応援してくれている人にも、新しく好きになってくれた人にも、

楽しんでもらえるコンサートにしたいと言っていた彼ら。

確かに本当に楽しかったし、幸せいっぱいだったし、

思い出しても、嬉しくて笑顔になるほど、ステキなコンサートだったから。

彼らに伝えたい言葉は「ありがとう」しかないんです。

 

だけど、やっぱり。

櫻井くんの生み出した言葉たちが、歌詞カードに載って、CDになって、

それだけで人の心に浸透して、浄化してしまうのがどうしても悲しい。

コンサートで生で聴くと、より印象が深くなることを知っているからなおさら。

そんなことを考えるのは、私だけなのかな。

「コトバノチカラ」というタイトルのツアーなら、

「今を生きる、今このときを生きる」というメッセージを込めて、

「Time」というアルバムのタイトルを櫻井くんがつけたのなら、

今を生きている彼が、今生み出した言葉を、今このときに、

全部聴かせて欲しかった。

 

 

くしゃくしゃなオッサンくさい便箋の中から、

たくさんの言葉が並んでいる、レポート用紙みたいな束が出てくるんです。

丸印やバツ印、矢印がいっぱい書き込まれた歌詞。

イメージ的に、ペンじゃなくてえんぴつだと思う。

クルクル指でそれを回しながら、アゴに手を置いて目を泳がせる。

イヤホンは基本的にしたままかな。なんとなく。

車に乗ったり、本番が終わったスタジオの隅だったり、お風呂に入っていたり、

そんな中で、急に思いついて、慌てて書くもの探して、

背中を丸めて、紙に書き込んでいる彼の横顔が浮かぶんです。

次の日には、結局消したりして。ふうって溜め息をつく。

そんなことを想像するとね、ほんの数行の言葉が、宝物に見える。

あの長くて形はキレイなのに、ブサイクな爪を持つ指から綴られた言葉が、

愛おしくて愛おしくて、泣きたくなる。

 

 

好きだからこそ欲張りになる。

信じているからこそ期待する。

全ての人が満足するものはないと分かっていながら、

そう願う気持ちは、止められないんです。

人間って、本当に欲張りだよね。

 

 

でも、そんな気持ちがあったとしても、

やっぱり彼らのくれた時間は「幸せ」以外のなにものでもないんです。

これがまた、嵐さんのすごいところだと思うんだけど…

大阪からの帰り道に、Timeを聴きながら帰りました。

そこでもう一度聴いた、ある曲の1フレーズ。

 

「もう一度 あの日に戻るとしても 同じ路 選ぶだろう」

 

私は嵐さんを好きになったのが、本当に遅かったと何度も思いました。

どうしてもっと早く彼らを好きにならなかったのだろうと。

いつもは過去を後悔しないタイプの人間ですが、これだけは何度も後悔した。

それでも、この曲を聴いた時、思ったんです。

多分私は、今だから彼らを好きになったのだろうと。

そして、きっともう一度同じ時間を過ごすとしても、

同じように、今年の2月の終わりに嵐さんを好きになるのだろうと。

そしてこんな風に、幸せを噛み締めながら家に帰るのだろうと。

 

色々と思うことはあっても、やっぱり幸せで。

人間って、色んな感情を持ちながら、総合的な判断をしつつ、

毎日を生きていく生き物だと思うから、

最後の一言は、これ以外に思いつかないんです。

 

 

「嵐に会えてよかった」

 

 

今でも毎日、彼らのCDを聴きながらそう思います。

なんかね、それだけで幸せな自分が単純だなと思う。

今、この時期に出会えて本当によかったって。

キラキラと光る5人に会えたあの空間は、本当に幸せでした。

 

 

 

 

 

 

 

そしてもうひとつ。

いや、こんなに長い文章を書いている時点でバレバレだと思うけど、

バカみたいに、櫻井くんが好きなんです。

なんかね、ムカつくぐらいに彼が好き(笑)

ドームの時にも思ったんですが、

こんなにも自分から色んな感情を引き出してくれる人が、

この世にいるんだなあと、不思議に思うぐらいです。

もうね、大好きで大好きでたまらないんです。

本当に、何なんだろう、あの男。

厄介な男に惚れちゃったなあ…

 

コンサートが終わって1週間。

友達に櫻井さんの昔の「迷惑メール」の言葉を教えてもらったんです。

握手会の後の迷惑メールも、北海道でのソロコンが中止になった後の迷惑メールも。

読んでいて、なんかもう本当に胸が痛くて。

それから北海道のコンサートでの彼の挨拶。

もうね、たまらなかったんです。

 

「やるかやらないかで迷ったら、やるって決めてます。

 現状維持なんてクソくらえだ!」

 

ああ、風来坊に繋がってるあって思って。

彼がそう考えるようになったのは、ここ1年ぐらいなんだそうです。

私はその時間を見ていない分、知ったかぶることも出来ないんだけど、

不器用なあの人がたくさんの経験を重ねて、

そう思えるようになったということが、すごく眩しくて。

私は彼の歴史も知らないし、偉そうなことは本当に何にも言えないけど、

なんかもう、本当に苦しくなっちゃったんです。

こんなに真っ直ぐな男、なかなかいないよって。

 

私、自分が暑苦しい人間な分、憧れるのはちょっと冷めた人なんだけど、

いちばんズキュンと来るのは、やっぱり熱い人なんですよね。

どっかが冷めてたりしてもね、根底が熱い人。

だけどさ、櫻井さんはどこも冷めてない。

全部が熱いの。本当に熱いんだよ。

でね、それを見て恥ずかしくなりながら、爆笑しながら、

好きだーって叫んで鳥肌立てるんですよ。

ギャハギャハ笑ってるんだけど、最終的にすっごく泣きたくなるほど好きなの。

そして彼の歴史を知れば知るほど、何だか全部が尊くて、

愛おしくて愛おしくて仕方がなくなる。

で、そんな自分が悔しいと思ってしまう。

どうしてこんなにも、現実に側にいない人に、

根こそぎ心を持って行かれなくちゃいけないんだろうって。

 

だからこそ、こんなにおかしなことを考えるんだと思う。

彼の言葉を全部聴かせてって。

でもさあ、しょうがないよね。ムカつくぐらい好きなんだから。

この前、Mちゃんに会って言われました。

「そんな風に1人の人に固執するなんて珍しい」と。

こんな私は見たことないんだって。ああーそうかもしれないなあ。

もうMちゃんとは友人として10年以上の付き合いだからね。

それで初めてってすごいよね(笑)

 

 

 

私がいつも色んな人に聞かれて、いちばん困る質問。

「誰がいちばん好きなんですか?」

いつも、絶対に明快な回答が出来ない私ですが、

今は、大声で断言できます。

 

 

櫻井翔が、誰よりもいちばん好きだと。

 

 

散々、大量の男前を何年も追いかけ続けて来た私に、

猛烈な勢いで入り込んで、ダントツトップに躍り出た男。

それがまさか、つい何ヶ月か前には名前も知らない人だったなんてね(笑)

まあ、私のことだから、

もうすぐ∞名古屋もあるし、8月にはへそちんのコンサートもあるし、

9月にはどうでしょうやHONORのDVDも出るし、楽しみ満載なので、

すぐにいつもの4つ巴とも5つ巴とも言える、

大量の男前を日替わりで、いや、秒単位で「今いちばんこの男前が好き!」と言う、

超気の多い、バカな日々を送っているかと思いますが…

うん、多分そうなるに違いありませんが、

こんなところでよければ、またいつでも遊びに来てください。

 

 

 

長い長い、嵐さん大阪レポはこれで終了です。

少しでも多くの方に、あの幸せな時間をちょっとでもおすそ分けできれば、と思って、

いつも書いているレポですが、今回は本当に櫻井くんばっかりで…(苦笑)

おまけに、激しく暑苦しい櫻井ラップ論とか語っちゃって…

一体なんだこれ?って感じで…本当に申し訳ないです。

でも今、私の頭の中は櫻色なので。

だけどね、嵐さんは全員が全員大好きです。

説得力ないかもしれないけど、本当に全員大好き。

こんなにメンバー全員が好きなグループ、他にいません。

基本的に、好きな男前以外はスルーの人間なのに(笑)

嵐さんだけは、全員のことが大好きなんです。

でも仕方ないよね、嵐だから。

また9月に彼らに会いに行きます。

2ヶ月かあ、長いなあ…

我慢が効かなくて、他の会場にも突っ走りそうな自分がいますが、

2ヶ月、気持ちを温めながら、また会える日を待つことにします。

 

 

 

 

嵐さん、本当に幸せな時間をありがとう。

 

 

 

そして翔くん。

世界でいちばん、愛しています。

 

 

 

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク