本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

愛するものとの別れ

ネットで知り合って実際お会いした方3人に、

立て続けに「激しく太ったおばちゃんをイメージしていた」

と言われ、おもしろくて仕方がありません、はちです。

ネットは顔が見えないから、

みんな色々想像して読んでいると思うんですが、

どうして、そう思って下さったんでしょう。

もしかして文字がデカイから?

それとも好きな男前が多過ぎるから?

でも「びっくりした!」と言われるとおもしろいですね。

たまに「イメージ通り!」と言われる場合もありますが…

ちなみに、その方々(又聞き含め)に言われた言葉を、

ここで発表したいと思います(笑)

ただ単に、嬉しかっただけです。

聞いて、舞い上がっただけです。

単純です。

「すごく華奢でびっくりした」

「思ってたよりも痩せてるし若い!おまけにキレイ!」

「あんなに可愛い人があの文章書いているなんて信じられない(又聞き)」

もっと言ってください(土下座)

『男前』はもちろん私の大好物ですが、

「若い」「華奢」「キレイ」「可愛い」というお声も大好物です。

ただ若干不安なのは、私に対するイメージがイメージだっただけに、

実物とのギャップに、そう言って下さったのではないのかと…

いやいや!違うさ!一般的に見てそうなのさ!

と自分で言い聞かせてみたりしています。

人間は、勘違いと思い込みで出来ているもんです。

最近、めっきり全ての男前から遠ざかった生活をしています。

引越先で、ネット環境が整うのが7月中頃。

またその頃まで、新幹線であちこち移動する予定なので、

しばらくの間は、テレビだけでなくネットからも離れた生活になります。

そのため更新は、しばらくの間お休みさせて頂きます。

ただ、ヤツのお誕生日だけは何とかお祝いしようと思ってますが…

本当は盛大にお祝いする予定だったんだけどな。

まあ、妄想世界より実世界を大切にしましょうってことか。

みなさま、この夏も、

さらなるステキな男前ライフをお送りください。

続きは、私のつぶやきを。

ものすごく感傷的になっています。

寂しいなあ…

遂にこの日がやって来てしまいました。

明日、正確に言えば今日、我が家を離れます。

本当に、本当にこの家を離れるのが辛い。

家を買うのは、それこそ一生もので、

人生の中でいちばんデカイ買い物だと思います。

でもこの家は一目惚れでした。

そして、その気持ちは今でも変わっていません。

それよりも、住めば住むほど愛おしさが増す。

ここに住んで3年弱。本当に大好きです。

間取りもいいけど、景色が最高なんです。

本当に自慢の家で、たくさんの友達を呼びました。

その度に言ってもらえるのが嬉しくて。

「いい景色だね」って。

嫌なことがあっても、家に帰ってベランダに出て、

夜景を見ていれば、そんなものはすぐに忘れました。

朝焼けも、夕焼けも、月明りもめちゃくちゃキレイで、

朝から晩まで家の中にずっといても、

刻一刻と景色が変わっていくのが美しくて、

雨の日でさえ、街に雨が落ちていくのがキレイだと思った。

本当に自慢の家で、心底愛しています。

この家を離れると分かった時、ものすごく落ち込みました。

転勤先が東京だとしても、ちっとも嬉しくなかった。

それでも、いろんな人に言われました。

「東京に行ったらたくさんコンサート行けていいね」

「東京に行ったら、仕事もいっぱいあるよ」

確かにそれは事実で、きっと楽しいことがいっぱいあると分かっています。

でも、たとえその楽しみがあったとしても、

そのぐらいじゃ全然足りないほど、この家を離れるのがイヤで、

今でも、何か奇跡が起きて離れなくてもよくならないかと思うほど。

家族も同じことを言っています。離れたくないねと。

昨日今日、引越準備をしながら、

荷物を片付けた部分を、時間をかけてキレイにしていました。

それより早く片づけしろよとも思ったけど、出来なかった。

引越が終わったら、ホームクリーニングが入ると分かっていても、

自分でキレイにしてあげなくちゃ気がすまなかった。

「ごめんね。ひとりにしてごめんね」

そう言いながら、涙が出てきました。

この先、私の知らない誰かがこの家に住んで、

何年後か先に、またここに戻ってきた時、

この家は、私を迎え入れてくれるんだろうか。

ひとりにしちゃうもんね、ごめんね。

他の誰かに貸しちゃって、本当にごめんね。

こんなにも、好きなのになあ。

離れなくちゃいけないなんて、本当に辛い。

こんなにも愛する家と巡り合えたのに。

それを上回るほどの何かが、東京にあるんだろうか。

この家のこの場所で、

こうしてPCに向かっているのが至福の時でした。

ときおり窓の外を見て、一息ついて。

短い間だったけどありがとう。

離れてても、愛してるからね。

私のこと、忘れないでね。

いつかきっと、帰ってくるから。

その時、また一緒に暮らそうね。

2007年6月23日

スポンサーリンク