本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

伝えたい言葉

赤西が留学をすると決めたその日から、

赤西の映像は、見ないようにしていました。

映像だけでなく、曲も聴いていません。

雑誌すら、まともに赤西の写真は見ていません。

今は、過去はいい。

新しい赤西が見たい。

そう思っていたから。

正直に言います。

5人のコンサート、今にも崩れそうなほどショックだった。

彼らに対して、本当に失礼で申し訳ないし、

いちばん苦しいのも切ないのも悲しいのも、

彼ら5人だとは分かっているのに…

赤西のいないカツンは見ていられないと思ってしまった。

でも、ツアーが始まることを思い出したその日、

中丸がんばっているかなと思ったら、

中丸の声が聴きたくなってONE ON ONEを聴きました。

でも聴くんじゃなかったと、後から思いました。

その後、操作を誤って聴こえてきた音に、

動けなくなってしまったから。

「Will Be All Right」

びっくりしました。

赤西の声がしたとたん、周りが見えなくなった。

近所のスーパーで、会社帰りにカートを押しながら、

涙がボロボロ出て仕方がなかった。

隣にいたおばあさんに、心配されました。

止めようと思うのに、止まらなくて、

まさか自分がこんなことで、しかも人前で、

涙を流すなんてあまりにも想定外で。

私がかたくなに赤西を見なかったのも、

赤西の声を聴かなかったのも、

赤西のことを書かなかったのも、

前よりもずっと男前になった赤西に会うため、

そんな赤西に「おかえり」と言いたいからでした。

いや、そう思い込んでいたんです。

そのとき初めて気がつきました。

本当は、私は他の人よりもずっと、

赤西がいないことを受け止めきれていない。

たくさんの大好きな男前たちに隠れて見えないだけで、

本当は、いないことを認めたくないんだと。

赤西は、きっとあの記者会見の時よりずっと、

男前になっているはず。

それを信じているのに、イヤなんです。

赤西がいないなんてイヤだ。

バカだなあ。

赤西が旅立ってから半年経ってやっと分かったなんて。

どうしてそんなことにも気がつかなかったんだろう。

平気平気って思い込んでただけで、

本当は全然ダメだったのに…

書いてしまったら、壊れる気がしてました。

赤西のことについて書いてあるHP様にも、

足を運ばなくなったのは、怖かったからです。

「寂しい」と「会いたい」という声を、

聞いてしまったら、ダメになると思ってました。

きっとそれを本能的に分かっていて、

見ることも書くことも聴くこともしなかったんだと思う。

リアルコンDVDも買ったけど観たいとは思わなかった。

DISC2も赤西の声が入っているなら、聴きたいとは思わなかった。

観てしまったら、聴いてしまったら、

もう、本当にダメになると分かっていたから。

だからこそ、赤西がいないと潰れそうな自分を出さずに、

他の男前たちに愛を叫び続けて来ました。

私にできるのは、それしかなかったから。

そして今日、赤西が帰ってきた。

なんて言ったらいいのか分からない。

ただただ、嬉しかった。

そして、ホッとした。

もう、強がらなくてもいいんだと。

会えなくて寂しいと口に出してもいいんだと。

会見の赤西、男前だったなあ。

少し日焼けして、男っぽくなってた。

痩せたんだなあ、アゴがすっきりしてる。

そんな赤西見ながら、なんだよってずっと思ってた。

相変わらず唇すぼめやがって。

カメラは前にあるのに、なんで横向いて話すの。

髪真っ黒だなあ。あれから染めてないんだ。

6人並ぶと、いちばん小さく縮こまってるの。

緊張してるんだ、久しぶりだから。

やっぱり6人がいちばんいい。

亀ちゃんの言葉に、赤西が笑った。

ああ、この顔、好きだ。

そう思ったら、視界がぼやけた。

赤西のバカ。いい男になりやがって。

惚れた。惚れ直した。

もう数え切れないぐらい何度も何度も惚れてるけど、

またムカツクぐらいに惚れた。

本当に参った。もう、あのバカ。

好きだって赤西にずっと言いたかった。

ずっとずっと言いたかったのに言えなかった。

もう、我慢しなくたっていい。

好きだって、声に出してもいい。

赤西が、好きだ。

赤西が、大好きだ。

赤西に好きだと言える日が来てよかった。

私は、赤西が好きです。

ただ応援していることしかできない人間だけど、

赤西が幸せでいてくれることをいちばんに祈ってる。

赤西が幸せで、赤西が笑ってくれるなら、

自分は我慢するし、気持ちだって押し込められる。

でも、本当にバカだよね。

何もこんなところで強がらなくてもよかったのに。

書いている手が震えて仕方がない。

じんわりと溢れてくる涙で、前がよく見えない。

だけど、拭っても拭っても溢れてくる。

きっと今、私はすごくブサイクだけど、

ものすごく、ものすごく幸せです。

赤西に、男前たちに与えられている、

幸せや笑顔に比べたら、本当に小さくて頼りないものだけど、

好きだと、そう言える気持ちを大切にしたいと思います。

愛は求めるものじゃなく、与えるもの。

「好きだ」というその気持ちしか持ってないけど。

これからも、きっと、ずっと。

赤西、帰ってきてくれて、本当に、本当にありがとう。

おかえり。

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク