本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

HONOR

大阪千秋楽、行って参りました。

本当に、本当にステキな舞台でした。

途中、本当になんでもない場面で、何度も涙が溢れて大変でした。

会場が笑っている場面でも涙が出る。

涙腺がおかしくなっているんだろうと、

自覚しながらも、止まりませんでした。

最後の最後、鳴り響く拍手の中で5人の姿が見えたとき、

必死に手を叩きながら、涙が溢れて彼らの姿が見えなくて、

何とかしたいのにどうにもできなくて、苦しかった。

「ありがとう」と伝えるには拍手しかないのに、

それすらできなくなるぐらい、感動しました。

スタンディングオベーションの中、遠くてよく見えなかったけど、

洋ちゃんも、少し泣いていたと思う。

困ったように笑うシゲや、感無量の安顕、

小さく頭を下げる琢ちゃんに、笑顔のリーダー。

何度も投げキスをして、はしゃぐように飛び回って、

大きく手を振る洋ちゃんが、本当に嬉しそうだった。

鳴り止まない拍手に、楽屋まで行った洋ちゃんが、

1人だけ衣装を脱いだ格好で、出てきてくれたトリプルアンコール。

ボヤいていたのに、笑うよりも泣いちゃった。

私がこんなに泣いたのは、物語がよかったからだけではありません。

彼らのふるさと「北海道」に対する想い。

メンバー同士の信頼と友情。

そして、私達観客に対する感謝の気持ち。

小さな場面やしぐさでそれが痛いほど伝わってきて、

私、こんなにもNACSが好きなんだと思ったら、

その感情は涙にしかならなかった。

80歳になるまで彼ら5人の舞台を見続けたい。

こんな風に思う、5人に会えてよかった。

本当に、本当に私は幸せだと思う。

また次の舞台も、同じように笑って泣いて、

彼らに心からの拍手を贈りたいと思います。

大阪千秋楽、おつかれさまでした!

本当にステキな舞台をありがとう!

スポンサーリンク