本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

関ジャニ∞コンサート 京セラドーム 2007年2月24日

行ってまいりました!京セラドーム!!

今回は、とにかく1公演が長かった気がします。

セットリストを後で確認したら、曲が増えてたんですね。

それで納得しました。疲れるはずだ(笑)

 

 

 

レポを書いていて、2回消えました(涙)

もう書くのをやめようかと思いましたが、

書き出した手前、最後まで書こうと奮起して、

なんとか形になった、24日のレポから。

今回もガッツリ、キミ&亮目線でお送りします。

おまけに、遠い+広い+豆粒という、

3大悪条件の中の記憶になりますので、

さらに、一度書いたものを消して意気消沈しておりますので(苦笑)

抜けや間違いが多いかと思いますが、ご了承くださいませ。

それでもいいぜ!という方は続きからどうぞ。

 

 

初めての京セラドーム。

乗り換えのために久しぶりに心斎橋にたって驚き。

とにかくスゴイ人!

心斎橋は乗り換えの駅なのに、すごい人でした。

 

 

そして、ドーム前駅に着いてまたスゴイ。

人の波に押されまくりました…

Mちゃんと何とか合流できて、グッズに並ぶものの、

これがなかなか進まない。

ようやく購入して、いざドームに入ったら

 

 

 

 

広っ!!!!

 

 

 

 

私は3塁側スタンド上段の3列目でした。

でもコレが、ちょうどメインステージの正面側で、

スクリーンも、会場内も全て見渡せる場所。

1回目の公演としては、遠いけど位置を確認するのに絶好の場所でした。

そして、二人でフライドポテトを食べました。

球場だから売ってるんですね。久しぶりに食べてすごくおいしかったです。

 

 

いそいそと準備をしていたら、

いつもはアナウンスが始まる頃に、スクリーンに映像が。

 

 

 

関ジャニ∞ドラマDVD化決定!」

 

 

 

キャー!!!!!!

 

 

 

 

年末のドラマ3本がDVDになるということで大興奮!

きゃいきゃい言いながら見ていたんですが、

「蹴鞠師」のドラマのキミくんのセリフ、

 

 

 

 

 

「今日のことは、黙っといてや」

 

 

キャー!!!!!!!

 

 

 

 

 

と、絶叫していたら、何故か会場は爆笑。

 

 

 

 

なぜだ(怒)

 

 

 

 

そこは決して爆笑場面ではなく、

胸キュンしてときめく場面でしょーがっ!!!!

 

 

 

プリプリ怒りながら画面を見ていると、

 

なんと「7人のオカン」の文字が!!!

 

ええええー!!!!

 

 

関西テレビさんがスポンサーに入っていたんでしょうね。

7人のオカンから、アナウンスの代わりに注意事項がありました。

 

 

 

「私達の息子が、京セラドームでライブやるんですって」

 

 

そう来たか(笑)

ここで錦戸さんの奥さんが、

息子の亮ちゃんにメッセージを。

 

 

 

「亮、お母さん見てるからね」

 

 

 

 

ハスキー声が強烈に色っぽい(眩暈)

 

 

 

 

 

 

あなた、ハスキーね!とツッコまれてました。

さらに、

「仕事、がんばりすぎじゃないの?」

「そうよ、がんばりすぎよ」

と、二人に心配されてたところがツボでした。

そして大倉さんの奥さんは、息子の忠義に向かって一言。

 

 

 

「忠義、ふざけすぎないでね」

 

 

爆笑。

 

 

 

「おたくの息子さん、あなたの前だとどうなの?」

と聞かれ、大倉さんの奥さん、

腰をくねっくねさせてふざけ過ぎ。

 

 

 

「あなたがいちばんふざけてるわよ」

 

 

と横山さんの奥さんにツッコまれてました。

そして渋谷さんの奥さん。

 

 

 

「がんばるのよ」

 

 

それだけ?(笑)

 

 

「あなた、本当にノープランね」と村上さんの奥さんに、

ガッツリツッコミ入れられてました。

するとなんと、

 

 

 

 

「ド、ドームすいません」

 

 

 

失笑

 

 

 

 

場面が変わり、注意事項を映像つきで言い出すオカンたち。

まずは安田さんの奥さん。

 

 

「カメラの使用は絶対にダメ!」

 

 

と、髪の毛をかき上げながら説明する安田さんの奥さんの後ろから、

にゅーっと顔を出して、気持ち悪いスマイルを浮かべたかと思うと、

カメラを持って、安田さんの奥さんをバシバシ撮影する大倉さんの奥さん。

 

「ちょっと!あなた何してるの!」

怒られて、どこかへ行ってしまう大倉さんの奥さん。

そして、今度は、

 

「会場内では席を移動したりジャンプしたりしないでね」

 

という安田さんの奥さんの後ろで、

まるでオツムが完璧に弱い子のようにジャンプしてはしゃぐ大倉さんの奥さん。

そしてその隣で、それを抑えるのか、援護しているのか判断しかねる、

丸山さんの奥さん。おもしれー!!!

 

 

 

 

次は、村上さんの奥さんと錦戸さんの奥さん。

 

「ウチワは胸の高さで」

 

と、妙に低い声で説明する村上さんの奥さんの隣で、

金髪で笑顔を振りまきながら、胸の高さでウチワを持つ錦戸さんの奥さん。

そして、おもむろにスケッチブックを取り出し、

「こういうのもダメです」という村上さんの奥さんの説明を聞きながら、

スケッチブックに何かを書いている錦戸さんの奥さん。

そして、こちらを向けたスケッチブックには、

 

 

 

 

「鼻デカ、ボケて!」

 

 

 

 

 

 

 

爆笑

 

 

 

 

 

「こういった応援はやめてください。

 

 

 みんな、気まずくなるんで」

 

 

 

 

ぎゃっはっは(涙目)

 

 

 

そして、スケッチブックを憎憎しく投げる錦戸さんの奥さん。

その隣で、置き引きがあったので貴重品には注意してね、と

説明する村上さんの奥さん…と思ったら、

 

 

「このサイフ、あんまり入ってないわねえ。

 あら、回数券入ってるわ。苦労してるのねえ」

横山さんの奥さん登場。

 

「ちょっと、それ私のサイフじゃないの!」

 

お約束どおり、横山さんの奥さんが持っているサイフは、

村上さんの奥さんのサイフでした。

横山さんと村上さんが一緒にはけていくと、一人残された錦戸さんの奥さん。

気まずいながらも、ひとりカメラに向かって、ニッコリ。

参りました…

 

 

 

 

そして、

 

「ミーちゃんと裕子です」

 

 

裕子、本気でかわいい!

 

 

 

「丸山さんの奥さんと渋谷さんの奥さんから注意事項があるみたいよ」

と、登場した丸山さんと渋谷さんの奥さんは、

二人揃ってメイク中。

 

 

「ちょっと、渋谷さんの奥さん。

 

 このルージュ、バンバンかわいくない?」

 

 

「バン!」

 

「バン!」

 

「バン!」

 

「バン!」

 

「バン!」

 

「バン!」

 

「バン!」

 

 

 

バンバンの応酬(笑)

 

 

そして最後の最後に、

 

 

 

「バンバンの言いすぎには注意しましょう」

 

 

 

言わねえよ(爆笑)

 

 

 

 

「バン!」

 

「バン!」

 

最後までバンバン言っていた二人でした(笑)

 

 

 

 

 

そして、もう一度7人のオカンの映像に戻ると、

何処からともなく、携帯の音が…

安田さんの奥さんが慌ててごめんなさいと言っている前で、

 

 

「ホンマにねえ、携帯の電源はねえ…」

 

 

坂東英二のモノマネをしながらそういう渋谷さんの奥さん(笑)

 

 

 

パッコーン!!!!!

 

 

 

とデカイ音を立てて、村上さんの奥さんが、

スリッパ脱いで渋谷さんの奥さんの頭をツッコミ。

激しすぎて涙出た(笑)

 

 

 

 

散々怒られて、結局最後の最後で、

 

 

 

「ドームすいません」

 

 

 

と、カツラを取って謝る渋谷さんの奥さん。

その後ろで、

 

錦戸さんの奥さんと横山さんの奥さんが、何故か寄り添って、

 

錦戸さんの奥さんが横山さんの奥さんの横顔を凝視していたのが

 

非常に気になったオープニングでした。

 

 

 

 

 

 

そして、注意事項が終了すると、

会場中が暗くなり、急いで立ち上がりました。

関風コンと同様、スクリーンにひとりずつ映って、

テンションも最高潮で、ドラムの音が。

 

 

 

 

 

 

 

【明日を狙え】

 

 

衣装がシルバーだ!!!

 

 

亮ちゃんはバックステージから登場!

かっこいいー!!!

キミくんはメインステ左の花道から登場。

シルバーの衣装に、黒のハット(NEW)

かっこいいー!!!!

 

 

 

 

 

【DIVE】

 

騒いだ記憶しかないです…

 

 

 

 

 

 

浪花いろは節

 

ここで、シルバーの衣装を脱いで、

関風コンのときの、オープニングの衣装にチェンジ。

亮ちゃんとキミくんがリフトに乗っていましたが、

亮ちゃんは私の対角線上、キミくんは反対の1塁側だったので、

どっちも遠かったのが残念(涙)

亮ちゃんはやっぱり、高音爆発でした♪

 

 

 

 

 

 

【∞SAKAおばちゃんロック】

 

とにかく踊り狂っていた記憶しかありませんが、

亮ちゃんとクララがセリフ部分でこう言ってました。

 

 

「今日、ドームでライブやねん」

 

「ドームに呼ばれた」

 

 

キャー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

【Heavenly Psycho】

 

 

キミくんがおもしろ過ぎた。

 

必死に双眼鏡で確認したところ、

どーやらキミくんのボンゴの位置がおかしかったらしく、

叩かずに、クララの横の立ち位置に歩いていくキミくんの後ろから、

ボンゴを持ってついて行くスタッフさん。

そして、ボンゴをセットされたにも関わらず、

 

 

サビ部分まで演奏をしない横山裕

 

 

 

なんで?(笑)

 

 

 

そして、サビが始まる直前、

ちょうどカメラがキミくんを抜いた瞬間に、

 

 

 

 

ぽんぽこ(爆笑)

 

 

 

かわいい(ラブ)

 

 

 

 

 

 

 

【メンバー挨拶】

 

覚えているのはこの二人だけ(苦笑)

 

 

横山裕くんです。

 

髪が伸びました。3日で伸びんねん。

 

でも、また2日後切られんねん」

 

 

 

マジ、ラブい(愛)

 

 

 

 

 

「イエー!」「イエー!」

「イエー!」「イエー!」

「イエー!」「イエー!」

 

 

「いーねーっ!!!!」

 

 

また出た(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

【関風ファイティング】

 

1番までは今までと同じように、メインステージで歌っていた∞。

2番になった瞬間に、3塁側に向かって、

亮ちゃんとキミくんとすばちゃんが歩いてきた。

やった!3人がこっち側の花道だ!と思ったら…

 

 

3人揃って、花道外側のトロッコに乗った。

 

 

キャー!!!!!!

 

とにかく、一気に体温が上昇しました。

 

 

 

 

 

 

 

【ヤジルシ】

 

まさか、ここでヤジルシが来るとは!!!

3人が目の前を(と言ってもかなり遠いけど)通って行くではありませんか(涙)

その3ショットだけでも、お宝のようなものです。

Mちゃんとキャーキャー言ってました。

 

 

 

 

 

 

【cool magic city】

 

亮ちゃん、キミくん、すばちゃんは向こう側へ(涙)

代わりに、こっち側に丸ちゃん、ヒナちゃん、安田さんが。

私は必死に双眼鏡とスクリーンで3人を追いかけました。

そして途中の間奏部分で、キミくんがマイクを持ってなにやら言っている…

 

「バンバン!!」

 

あっ!これって…

そう、丸山さんの奥さんと渋谷さんの奥さんが言っていた、

「バンバン!」を言っているではないですか!(笑)

ひとりでずーっと「バンバン!」と嬉しそうに言ってました。

かわいかったです。

 

 

 

 

 

 

 

【butterfly I Loved】

 

バックステージに、クララ登場。

 

 

髪の毛ハーフアップ(鼻血)

 

 

ギャー!!!!!!!

 

 

 

私ですね、クララのハーフアップ、

大大大大大好物なんです!!!

おまけに、自分がバックステージ側とは言え、

スタンド上段なので遠いんですね。

私にしては珍しく、踊るクララそのものの後姿ではなく、

スクリーンを見ていたんですが、

そこであることに気づきました。

 

クララ、歌う時によく身体を傾けるでしょ。

そうするとね、ハーフアップした斜めの前髪が、

流れておでこが横からチラリと見えるんですね。

 

 

そこに1筋残った前髪が、最高!!!!

 

 

「あれいい!」とMちゃんに言うと、

「確かにあれはいい」と同意してくれました。

それからはそこばっかり見てました。

いやあ、あの前髪いいね!!

 

 

 

 

 

 

 

【マルちゃんソロ】

【安田さんソロ】

【ヒナちゃんソロ】

 

 

丸ちゃんのかわいいダンスがなくなっていた(しょぼん)

村上兄貴がバックステから登場してステキだった。

そして、

安田さんの髪型がかわいかった!しかし安田さんをずっと凝視していたはずなのに、

思わぬところで悲鳴が聞こえてびっくり。

何が起こったんだ?と思ったら、ジュニアくんたちが大宙したらしかった。

ああーびっくりした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ダンス】

 

 

亮ちゃーん!!!!!

 

また、風を下から受けて、恐ろしく色っぽいです。

ぎゃふん!と思ったいたら、

 

 

 

すーばーるー!!!!

 

相変わらず生々しい(涙)

 

 

 

キミくーん!!!

 

前の二人が色気全開だったのに対し、

何故か下から来る風を、うっとうしそうに手で払いのけ、

 

 

会場爆笑(涙)

 

私はカッコイイと思ったんですけど…

 

 

 

そしてクララ。

あのダンスエロいな。

そして今回は最後の最後で、チュー顔ではなく、

顔を潰してヘン顔してました(笑)

 

 

 

 

そして私としては非常に悲しいことに、

4人の登場位置が、関風コンとは違う場所になったため、

 

 

キミ亮ダンスがなくなる(凹)

 

そんな…

 

 

 

 

 

 

 

 

【explosion】

 

いつもなら双眼鏡で2人にフォーカスを当てている私ですが、

今回は遠かったため、スクリーンを凝視していました。

そこですごいものを発見。

ダンスの途中で、

亮ちゃんがひじを上げたそのとき、

 

 

 

二の腕の裏側の筋にノックアウト。

 

 

 

 

 

何、あれ?(動揺)

 

 

 

 

 

 

脇からひじに向かっての二の腕の裏側です。

その部分の筋肉が、筋となって二の腕の裏側に見えるんですが、

これが恐ろしく、恐ろしく男らしく、かつ、そそる(涙)

私はもう、

 

筋が!筋が!筋が!

 

とギャーギャー言ってました。

めっちゃくちゃかっこよかったです!!

 

 

 

 

 

 

そして、すばちゃんの「open your heart to me♪」

の後の、どアップになった部分で衝撃。

 

 

 

 

見開いた目に撃沈。

 

 

Mちゃんが、隣で崩れ落ちました。

この曲、本当にハンパないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【エイトレンジャー】

 

※あまりに長く、笑いすぎたため、

かなり曖昧ですが、ご了承下さいませ。

 

 

今回は、BAD団が登場。

∞シティーで動物や子供達をいじめるBAD団に、

ヒーロー会会長「永年郎(エイトシロー)」が立ち上がったものの、

ひとりではどうにもできず、光の戦士を呼び出すところから始まった。

 

 

 

スクリーンに、普段着を来た∞たちが一列に並び、

ひとりずつ、スクリーンの中でまるで戦隊もののヒーローが変身するように、

くるくる回ってエイトレンジャーに変身。

 

そしてこのとき、

イエローレンジャーの登場の仕方に、会場からいっせいに悲鳴が上がる。

 

 

 

両頬を人差し指でおさえながら、

 

 

ハニカミ笑顔で登場。

 

 

 

 

イエロー!!!(絶叫)

 

 

 

そして、メインステージの階段上に登場したレンジャー。

妙に男前な表情で全員階段を降り、ポーズを決めてスクリーンが固まる。

 

レンジャーは見事に平和を守ったのであった…

 

 

 

「完」

 

 

 

 

えええええ!!!!(驚)

 

 

 

いきなり、終わっちゃった(笑)

と思ったら、というのはウソらしく、

せっかくここまで来てもらったのだから、

レンジャーの誕生秘話を披露してくれることになりました(安心)

 

 

 

するといきなりバックステから、

 

 

 

∞レンジャー登場!!!

 

 

キャー!!!!!

 

 

 

∞レンジャーのテーマに合わせて、

バイクに乗り、花道を駆け回るレンジャー。

センターステージに集まったときに、

周りからなんだか大きな布が彼らを邪魔する。

 

なんだよ、遠くて見えないし、

スクリーンでも邪魔だよ、と思ったら…

布が去っていった瞬間に、絶叫。

 

 

 

 

幼稚園児の∞達がスクリーンに!!

 

 

 

ひょえー!!!!(仰天)

 

 

 

 

 

水色のスモック。

紺色の半ズボン。

白い靴下。

 

 

ギャー!!!!

 

ヤバい、ヤバい、コレはヤバい!!!

 

と思っていたら、

 

 

 

 

 

亮たん、カメラに向かってハニカミ。

 

 

 

ひえええー!!!!!!

 

 

 

しかし、それだけでは事件は終らず、

センターステージのすみっこに向かって走っていく幼稚園∞達。

何?何?と思ったら、

黄色の帽子をかぶり、ゴムをアゴの下に…

嬉しそうに笑ってんじゃねえよ(萌)

 

 

 

「きゃはははははは!」

 

「うわーうわーうわー!!」

 

 

 

完全に幼稚園児でした。

特に、特に、

 

横山さんが(苦笑)

 

 

 

 

 

 

「なーなーしんちゃん」

 

 

しんちゃんって誰?と思ったら…信五様(爆笑)

 

 

 

 

どうやら、彼らはヒーローになりたいらしく、

ヒーローにふさわしい名前を考えよう!ということになったんですが、

しんちゃんが、かっこいい言葉を覚えたと言うので聞いてみると…

 

 

メタボリックシンドローム

 

 

むしろカッコ悪い(笑)

 

 

 

すると、キミくんは

「なーなー!りょーたんは?どんなん考えてる?」

大写しになったりょーたん。

笑顔だけど、ちょっと顔が引きつり気味。

 

 

 

「あんな、ヒーローってな、世界を救うやんか。

そんでな、世界にはな、7つの海があるやんか。

だから…

 

7つの海のキレイな…」

 

 

全く訳分からず(苦笑)

 

 

 

その後、丸ちゃんがヘンテコな名前を言っていた気がしますが、

りょーたんがかわいすぎて忘れました(陳謝)

そんな風に名前を考えていると、

動物さんをいじめるBAD団を見つけた幼稚園児たち。

 

 

「動物さんが大変や!」

「ヒーローやったら助けな!」

と、走っていく園児の中、

 

 

 

「ボクたちまでいじめられちゃうよお!」

 

と、逃げ腰のりょーたんにクラッシュ。

 

 

そして、センターステージにやって来た園児達。

ここでオレに任せろ!と舌足らずな声で言い張ったのはキミくん。

カメハメ波のように気合をためたかと思うと、

お尻を突き出し、なんと大画面で、

 

 

 

 

 

プウ

 

 

 

 

 

 

屁かよ(爆笑)

 

 

 

 

コレにはBAD団も参った様子。

さらに調子に乗ったキミくんは、敵だけでなく、

味方に向かっても「プウ」「プウ」「プウ」

オナラ連発で、仲間までやられてしまう(笑)

 

BAD団も去っていったものの、

オナラで攻撃するなんて、僕達の目指しているヒーローじゃない!

たっくん(クララ)が怒ってしまい、キミくんとケンカに。

 

しかし、そんな中で、

ひとりステージのすみっこに、体操座りでちょこんと座り、

微動だにしない男の子がひとり。

そう、りょーたん(ラブ)

 

 

 

 

「ボク、ヒーローにむいてへんのかな?

 

動物さんがいじめられてるとき、

 

ボク、めっちゃ怖かったもん。

 

 

ほら、手が震えて…」

 

 

 

 

涙目に震える手に、縮こまる肩。

今すぐ救って差し上げたい。

いや、

 

 

今すぐ襲ってしまいたい!(狂乱)

 

 

 

 

その後、「もう、いややー!!!」と逃げてしまったりょーたん。

あまりのかわいさに、犯罪を犯してしまうところでした。

あんな幼稚園児がどこかで震えていたら、

私は間違いなく、連れて帰るでしょう。

犯罪ですが仕方ありません。いや、開き直っちゃうほどすごかった。

 

 

そして結局、怒ったキミくんとたっくんの殴り合いのケンカに。

しかし、ここで今までのレンジャーになかったミラクルが。

ケンカするブラックとグリーンの仲を取り持ったのは、なんとすばちゃん。

つまりレッド!

いきなりどこかで聴いた事のある伴奏が始まり、

キミくんとたっくんの手を握手させるすばちゃん。

そして幼稚園児のまま、踊り出す∞達。

 

 

 

【SO BAD!】

 

 

 

「どーにもなーらなーい♪」

 

 

と歌いながら、幼稚園児の格好で、

超真面目な顔して、マジダンスで踊り狂う∞達。

 

 

 

 

バカ過ぎ(笑)

 

 

 

ターンとか、真剣なの!

押忍!みたいなポーズで振り付けあるところ分かるかな?

あの部分で、みんなめちゃくちゃ力入れてるの。

何やってんだろ、と思ったけどおかしくて仕方なかった。

さっきまで幼稚園児の役で、舌足らずだったしゃべり方だったくせに、

そんな格好で真面目に踊ったところで、かっこよくもなんともないのに(笑)

非常によかったです。

 

 

それで踊り狂っていたら、なんと!

りょーたんがBAD団に捕まってしまうの!(大変)

 

 

 

「僕、つかまっちゃったよー!!!」

 

 

 

どんくさ亮ちゃん大好物(鼻血)

 

 

 

 

しかも、俺に任せておけ!とりょーたんを、

いちばん最初に助けようとしたのは、キミくん(感涙)

しかし、すぐに殴られて敗退(笑)

次に丸ちゃんがBAD団に立ち向かっていくんだけど、

ボロ負けで殴られまくってるの。

するとりょーたんの心の声が…

 

「このままじゃ、このままじゃ、まーたんが死んでしまう!」

 

 

 

 

 

「うわー!!!!」

 

 

と言いながら、BAD団に向かって行き、

見事まーたんをいじめているBAD団を倒したりょーたん。

自分も転がってしまう(笑)

 

 

 

「ごめんなさーい。ゆるしてくださーい」

 

 

泣きながら転がって縮こまるりょーたんに、レッドカード。

あんな姿見たら、私、冷静で入られないわ!!!!

 

そして、そんなりょーたんを見て、

暴力だけが全てを解決するものじゃないというまーたん。

そうだね!と友情と勇気を確認したところで、

すばたんの恐ろしく男前な声が響く。

 

 

 

「想いさえ抱きしめられずにーただー♪」

 

 

 

 

この星が輝く理由、大熱唱(爆笑)

 

 

おまけに、演歌か!と思うほど、

恐ろしくいい声で、こぶしをきかせ過ぎで歌い上げるすばるさん。

どこをどー見ても、幼稚園児にそんな歌い方はできないと思うけど…

その歌を歌うすばちゃんの後ろについて行く∞達。

全員で外周トロッコに乗って、肩を組んだり頷きあったり。

ヒーローに大切なものが何か分かった様子。

そして、メインステージに向かってスキップ。

 

 

 

「りょーたん、スキップヘタや」

 

 

キミくんに暴露されて恥ずかしそうに笑うりょーたんがツボ。

 

 

そしてメインステージ前の花道にやってきたときに、

永年郎に、何がヒーローには必要かと聞かれ、

分かったことを言おうと口を開いたキミくんが、また悪ノリ。

 

 

 

「ヒーローに必要なものは…わしゃわしゃ」

 

また出た(笑)

 

 

 

「おはようございます」

「おはようございます」

 

「今日はなんと、錦戸さんの寝室に来ています」

 

すかさず、花道に寝転がる錦戸さん。

 

「今日はこの日のためになんと、マネージャーから鍵を預かっております!」

 

前よりずっと用意周到(笑)

 

 

「なんと、ここに、錦戸さんの歯ブラシがあります。

 安田さん、どうぞ」

 

「錦戸さんの歯ブラシは、なんと、納豆の味がします!」

 

もちろん総ツッコミ。

 

 

 

「気を取り直して、なんと、

ここに錦戸さんの歯ブラシがあります。安田さんどうぞ」

 

納豆の味がします!」

 

さらに総ツッコミ。

 

 

 

「最後に、ここに、錦戸さんの歯ブラシがあります。安田さん、どうぞ」

 

納豆の味がします」

 

 

やっぱり(笑)

 

 

 

そんなことを言っていたら、あまりにアドリブが長かったせいか、

永年郎が勝手に話を進めようとし、慌てるエイトたち。

そしていちばん慌てたのは、寝ていた錦戸さん。

 

 

「オレ、どーしたらええの?」

 

その情けないセリフと表情に萌指数が5ポイント上昇しました。

 

 

永年郎にエイティングスーツに着替えるのじゃ」と言われ、

メインステージを見ると、∞レンジャーの衣装が並んでいるではないですか。

あれ、エイティングスーツって言うんだ(メモ)

どこで着替えるのかと思ったら、

「あんなところに、フィッティングルームあるやん」

 

どこ?

 

と、思ったら、

メインステージ上に見えたのはなにやら怪しげなフィッティングルーム。

そこへ入っていく∞達の後ろから、カメラを持ったジュニアの皆さんが登場。

 

でかした!(大拍手)

 

 

 

 

ワクワクしながらそのときを待つと、

すぐに目に飛び込んできたのは、

 

黒タンクトップのキミくん(鼻血)

 

 

二の腕バンザイ!!!!

 

 

そして、その後ろで不穏な動きというか、不穏な空気を発見。

黒いおパンツ、しかも黒のブリーフをはいた渋谷すばる様。

 

「な、な、何してんねん!」

 

と怒りながらも、何故かそのブリーフのまま、

カメラにお尻を向けて、身体を前に倒してしまう…

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷さんのお稲荷さんがっ、

 

 

 

 

お尻の下からこんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーかご勘弁を!(土下座)

 

※注:パンツは履いてます。

 

 

 

 

 

 

いわゆる、あれはなんていうポーズですか?

あんなポーズがグラビア誌表紙になった日には、

その雑誌は多分、数分で完売です。

そのぐらいスゴイ映像でした。

もう、頭から離れない。ド変態丸出しです…

 

ぶっ倒れそうになっていると、一旦引っ込んだカメラジュニアくん。

しかし、彼らはまだまだ果敢にフィッティングルームに攻め入ります(いいぞ!)

 

すると次に目に飛び込んできたのは、

これまた、黒のおパンツ姿の錦戸様…

なぜか、なぜか!

 

 

 

おパンツを太ももの側からめくりながら、

 

 

お尻をカメラに見せ付けるようにしてニヤリ。

 

 

 

どーか、ご勘弁をっ!!!(土下座)

 

 

心臓に悪い、生着替えコーナーでした。

ウソです。大好物です。

何ならいっそ、全ての衣装着替えを見せて頂きたいほど、

大好物コーナーです(うほ)

 

 

 

あとは、村上兄貴がカメラに向かって怒ってみせたり、

安田さんと丸ちゃんが被り物被ったりしてましたが、

インパクトが弱すぎて、というより亮すばのインパクトが強すぎて、

あんまり覚えていなくて申し訳ないです…

 

そして、エイティングスーツに着替えている途中で、

メインステージからBAD団が今なら奴らを倒せるかも!と、

爆弾を発射すると、フィッティングルームが燃えちゃった(涙)と思っていたら、

爆発音とともに、

 

 

彼らが並んでメインステージから飛び上がって登場。

 

 

キャー!!!!!!

 

 

 

 

そして、全員で3塁側の花道に走っていくと、

 

「エイトー、ハートフルマインド!!」

 

と、胸元でハートのマークを作ると、

その声とともに、反対側の花道にいるBAD団めがけて、

ピンクのハートが飛んで行き、見事勝利。

 

 

そして、去っていく彼らの後ろから、

子供達が質問します。

ヒーローには何が大切なの?と。

するとキミくん、

 

「人に向けたオナラはダメだぞ!」

 

 

かっこよく言っても、

ちっともかっこよくないところが愛しい。

そして、

「お兄ちゃん、お兄ちゃん達、名前はなんて言うの?」

 

 

「∞レンジャーだよ」

 

 

かっこよく決めて、エイトレンジャー誕生秘話は終了しました。

あーすごかった。

何がすごいって、コスプレ&下着天国。

よく考えたら、ステージ上でスモック姿に変身するわ、

フィッティングルームでおパンツ姿見放題だし、

そりゃもう、見所満載でした。

叫び疲れましたが、楽しかったです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

【10年後の今日の日も】

 

この日だけ、この部分の歌が違った気がする。

エイトレンジャーのバイクに乗って外周を走る∞達。

亮ちゃんは一目散にバックステージ側に来たかと思うと、

ヘルメットが邪魔だったのか、ヘルメットをポーンと、

階段の下に向けて投げてました。

その下で、スタッフさんがびっくりしていたのがツボでした。

 

 

 

 

 

 

【桜援歌】

 

ツアーのTシャツに着替えた∞達が登場。

キミくんはえらく遠いところにいましたが、

亮ちゃんはバックステージ横の、上へドンドン伸びていくリフトの上にいました。

そのとき、いちばん近くに来てくれたんですねー。

かわいかった。めっちゃくちゃ笑顔でした。

 

 

 

 

 

プロ∞ペラ

 

みんな、グルグル外周を回っていました。

キミくんが、すごく遠かったのが残念(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【MC】

 

【広くて楽しいコンサート】

 

 

 

「ドーム広いなあ」

 

というキミくん。

一度、kinkiさんのコンサートにバックで来たことがあるそうです。

そのとき、いつかこんなに広いところでできるのかなーと思ったそうですが、

今日実現できて嬉しいと言ってました。

 

「1回のはずが、3回になったしね」

追加公演が出たことが嬉しかったそう。

そしてドームでこの360度の会場でやるのは∞が初めてだそうです。

 

 

「レンジャーウケたのう」

 

「ウケてたのう」

 

嬉しそうなキミくんに、嬉しそうに答える村上兄貴。

そして、

「気持ちよかったなー」というキミくん。

レンジャーはリハーサルをし過ぎるので、

何度も見ているスタッフさんは、全くウケてくれないそうで、

心配だったんだって。なるほどね。

だからウケると暴走するんだと納得しました。

 

 

 

 

 

 

【風邪とメンバー愛】

 

 

「僕ごとで申し訳ないんですけど、

 

最近仕事を風邪で休んだんですよ。初めて」

 

 

と話し出すキミくん。

ほんじゃに!のロケって言ってたかな?

6時の新幹線に乗らなければならなかったらしいのですが、

5時に目覚ましをかけたけど、起きたら非常にしんどかったそうで、

 

 

「しんどいアピールせな」

 

と思ったそう(笑)

わざと休むなんて、誰も思わないのに、かわいい。

そしてとにかく連絡しなくちゃ!と思って、

みんなにメールを入れたそうです。

 

 

横山裕、不覚にも風邪を引いてしまいました。

 

申し訳ございません!!」

 

 

とにかく下手に出ようと思ったんだって。

いや、普通上から目線でそういう時は物言わないよ(笑)

キミくんってかわいいよね。

連絡を入れたものの、電話が気になって寝られないキミくん。

 

 

「1番に返事が来たのが、ヒナやねん」

と、カメラに大写しになり、照れるヒナちゃん。

しかしキミくんは途中で思い出したのか、

 

 

「あ、ごめん。いちばんは大倉やった」

 

「なんやそれ、オレがいちばん恥ずかしいやん!」

 

 

確かに(笑)

 

 

 

 

 

そして、いちばん最初にキミくんに返事をした、

キミくん大好きなクララ(嫉妬)

 

 

「大倉のメールにな

『ぜんぜんいいよー。横山くんの分は、オレががんばるから』

って書いてあんねん」

 

 

クララ、どアップで照れ笑い。

ちくしょー!!!!(悔)

 

 

 

 

「そしたら、ドキドキして眠れへんねん」

 

 

なぜに、クララのメールでドキドキするの…(凹)

 

 

嬉しそうに笑うな!クララ!!

くそー、絶対勝てないよー(涙)

やっぱりライバルはクララなのね…

 

 

 

 

 

そして、2番手がヒナちゃん。

 

『大丈夫か?風邪は大丈夫か?

 仕事は心配せんとって下さいね』

 

って、いつもはそんなこと言わへんのに、メールやと優しいねん」

 

 

キミヒナバンザイ(涙)

 

 

 

 

 

3番目は丸ちゃん。

 

「全然いいよー。

 がんばりますから、がんばってください」

 

 

 

 

4番目は安田さん。

 

 

「安、絵文字たっぷりやねん。

オレ、初めて気がついたんやけど、

 

あの絵文字は嬉しい!!」

 

 

「うわ!この絵文字かわいいなー」

 

 

かわいいのはキミくんだよ(笑)

 

 

 

「しんどい時に絵文字見ると、

 いつもは不貞腐れたみたいなペンギンが、笑って見えるわ。

 あったかいから、南極帰りやーって思う」

 

 

どこまで嬉しかったんだ、横山裕(笑)

 

 

 

 

 

 

そしてなんと!!!

 

「オレ、すばるのアドレス知らんから、

 すばるには連絡せえへんかったんやけど、

 

 

 メール入れてないのに、電話かかって来てん。

 

 

『風邪、大丈夫?』って」

 

 

 

 

 

 

 

ギャー!!!!!!(瀕死)

 

 

私は大丈夫じゃありません。

電話しているキミくんとすばちゃんを想像するだけでお腹いっぱいです(脱力)

 

 

 

 

 

 

「あ、あと一人メール来てないって思ってん」

 

ここで大写しになる亮ちゃん。

すると亮ちゃんは慌てたように、

 

 

「そんなんここで言ったら、俺が優しくないみたいやん」

 

と拗ねていましたが、

コレがとんでもない萌えを生み出すとはまだ私は知らなかった。

 

キミくんはそれで、

一度寝たらメール来るわと思って、3~4時間寝たそうです。

しかし、起きても連絡なし。

病院に行った後でも、連絡なし。

 

 

「何回メール問い合わせしてもダメやねん。

 

亮ちゃんに嫌われてるわーって思った」

 

 

 

 

そんなバカな…(涙)

 

 

 

あれだけキミくんを一心不乱に見つめている亮ちゃんが、

キミくんを嫌いだなんてことがあっていいはずがない!!!!

と思っていたら、

夜、スタッフさんから電話をもらったキミくん。

ドラマには行ける?明日は大丈夫?と言われ返事をすると最後に、

 

 

 

「あと、錦戸があえてメール入れなかったみたいだよ。

 

 

たくさん返事するの、大変やろうからって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亮ちゃんの究極の愛が来た…

 

 

 

 

キャー!!!!!!(激震)

 

 

 

 

 

 

 

「なんでこんな時間にドキドキさすねんって思ったわ」

 

 

 

 

キミくんがドキドキするのと同じぐらい、

いえ、多分それに輪をかけて私がドキドキしています。

そのネタだけで、1週間は引っ張れます。

というか、

 

 

 

 

何、その亮ちゃんの愛(涙)

 

 

 

どれだけキミくんが好きなんだ!

 

 

 

 

悶絶しそうになりつつ、萌えに萌えていると、

キミくんが最後に一言、

 

 

 

「お前らが、いちばんのええ薬やねん」

 

 

「お前、それ言いたいだけやろ!」

 

 

 

 

キミくんはこのネタを、随分前から考えていたそうです(笑)

そんなキミくんは、

いつもやるコンサート前の円陣に参加しなかったそう。

 

「始まる前の、映像見たかってん」

 

それか(笑)

 

 

 

「亮が、

 

「横山くん絶対来ますから、もうちょっと待ちましょう!」って

 

言って、ギリギリまで待ったのに、結局来んかった」

 

 

 

 

 

亮ちゃんのキミくんへの愛に脱帽(涙)

 

 

 

キミくんはどうやら、そう言われて気がついたようで、

よっぽど7人のオカンの反応が見たかったみたい。

お客さんがどんな反応するのか気になるんだねえ(笑)

するとクララ、

 

 

「俺らが薬やとか言いながら、笑いが一番やねん」

 

 

 

クララ、あなたが正しい(爆笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【DVDを見てみよう】

 

今までのDVDの話をし出したキミくん。

しかし「Spirits!!」の題名を思い出すことができず、

「ホンマに俺らのこと好きなんか?」とツッコまれてました(苦笑)

 

 

Spirits!!のMC見たら、寒いでえー。

 

 ヤス、「カチンって呼んで下さい」って言ってんねん」

 

そうだった、そうだった(笑)

 

 

「餅が好きだから、カチンって…

 

え!意味分からんやん!」

 

照れる安田さん。

笑うキミくん。

そして何故か、Tシャツを脱いで黒のタンクトップの亮ちゃん(きゃ!)

 

 

 

「大倉もひどいで。

 

 みんなしゃべってんのに、マイク降ろしてんねん。

 

 

 マイク離れてんのに、うんうんってずっとしゃべってんねん」

 

 

 

何してんだ、クララ(笑)

 

 

照れて笑ってますが、もう遅いです。

話すときはマイク持って話しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【ジュニア君たちの紹介】

 

ジュニアくんの詳しい情報は全て覚えていませんが…(陳謝)

どーやらゴールデンウィークにライブをやるらしく、それの発表をしてました。

するとキミくん、

 

「あいにく、その日は雨やから…」

 

なんつう先輩だ(笑)

ジュニアくんたちに苦笑されてました。

負けるな、25歳。

 

 

 

 

そして、次はジュニア君たちの歌だと言うことで、

スタンバイして、と言われ、何故か舞台に縦一列に並んだジュニア君たち。

 

「え!それでスタンバイなの?」

 

亮ちゃんのびっくりした顔が強烈にかわいかったです。

 

 

 

そして村上兄貴も「こっからやんの?」と質問し、

曖昧な答えが帰ってきたので、思わず、

 

「オレがすべったみたいやんけ」

 

と言ってました。

そして何故かキミくんも

 

「ハートフルやな。ここからみんな成長するもんな」

 

とおかしな発言をし、会場が反応しないのを見ると、

 

「なんか、このくだり、いらんな」

 

と自分自身で反省してました。

ジュニアくんたちは、苦笑しつつ歌のスタンバイ(笑)

∞、ガンバレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ジュニアさんたちの歌】

 

 

【everyday music  すばちゃんソロ】

 

 

遠い(涙)

 

この曲は歌詞がスクリーンに映って、

すばちゃん本人は映ってくれないのですっごく遠い。

必死で双眼鏡で見ていましたが、やっぱりステキでした。

 

 

 

 

 

 

【Fantatic music キミくんソロ】

 

センターステージから甘い歌声とともにキミくん登場。

 

最初に帽子のツバをくるっと回すところがすっごく好き!

もう、何度も言いますが、この曲、振り付けは完璧です。

そしてお楽しみのキミ子。

 

 

なんと!時夫が!!!!

 

 

とーきーおー!!!!(絶叫)

 

 

 

まさか、ここで時夫が登場するとは思わなかった。

おまけに時夫がいきなり、

 

 

「お兄ちゃん」

 

 

え?お兄ちゃん?

お兄ちゃんってまさか…

 

 

 

 

一平まで!!!!!(仰天)

 

 

 

 

ギャー!!!!!!

 

 

 

軽い錯乱状態に陥ったせいで、内容をあまり覚えていないのですが…

お兄ちゃんが、ガンバレみたいな応援をしてくれていた気が…

ひとつのソファに座って、やたら仲のいい二人にクラッシュ寸前でした。

最近の私の嵐さん熱を知っていたかのような演出に悶絶。

 

そしスポットライトが当たったのは、なんとバックステージ。

双眼鏡で下のキミくんを見つつ、スクリーンを見つつ、

もうとにかく大忙しでした。

そしていつもの「抱きしめて、あ、げ、る」は、

 

 

 

「あ、…ふふっ」

 

 

照れ笑い(白目)

 

 

おなかいっぱいのキミくんソロでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【いつか、また】

 

衝撃覚めやらぬままのこの曲。

いつも最初はキミくんも亮ちゃんも出てこないので、

最初は呼吸を整えるので精一杯なんですが、

今回はいちばん近くのリフトから登場した人物に悶絶。

グリーンのキラキラ衣装を着た∞。

いちばん近くのリフトには…

 

 

 

スタンドカラーの長めジャケットを羽織り、

 

 

 

髪の毛をアップにした王子クララが登場。

 

 

 

 

 

 

 

王子だ、間違いなく王子だ…(完敗)

 

 

一体どこの国の王子様ですか?と

びっくりするぐらい、かっこよかったです。

しばらく釘付けでした。

げげ、ヤベエ、と思いました。

あんな髪型、あんな衣装、反則です!!

 

おかげで亮ちゃんが出てきた時を見逃しました(涙)

しかし、この人がやってくれました。

バックステージのリフトに乗ったキミくんが登場したとき、

頭の形がなんかおかしい、と思ったら…

 

 

 

 

緑のキャップの頭のてっぺんに、緑のボンボン。

 

 

かわいすぎて変な声出た…

 

 

 

あのテッペンのボンボンをきゅっと引っ張って、

帽子を引き剥がしてやりたい衝動に駆られました。

かわい過ぎる、あまりにかわいい。

あれで本当に25歳か?マジか?

この、目の前にいる王子の方が4つも年下ってマジか?

本当は年齢逆なんじゃないのか?

と疑うほどのかわいさ。参りました。

 

 

 

 

 

 

 

【大阪ロマネスク】

 

センターステージでまさかのロマネスク。

ええっ!とびっくりしました。

まさかこの順番でロマネスクなんて。

 

キミくんはボンボンを頭につけて、

せり上がるセンターステージに座って歌ってました。

「キミを探して抱きしめよう」で手を振り付けしながら、

座った足がぴょこぴょこ動くのがかわいかったです。

そしてそのすぐ後ろに亮ちゃん。

二人がいっぺんに見られて、非常に素晴らしい立ち位置でした。

 

 

 

 

 

 

大阪レイニーブルース

 

センターステージでのレイニーはキミくんが危ない!

振り付け間違える!と思ったら、花道に1列になって安心。

亮ちゃんがセンター、キミくんが花道のいちばんメイン側でした。遠い…

 

 

 

 

 

 

【好きやねん、大阪】

 

キミくんとすばちゃんはメインステージで一列(3馬鹿)

亮ちゃんとクララはバックステージで4角形。

亮ちゃんは、好きやねん、めっちゃくちゃかわいかったです。

 

「もーう、好きやねん」

 

キミくんのセリフと、

 

 

「好きやねーん!」

 

の亮ちゃんのセリフが最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

浪花いろは節

 

亮ちゃん、バックステージから下りて行っちゃいました…

キミくんはやっぱり、

 

「はああー♪」

 

の口パクを大喜びでやってました。

わざわざカメラを見つけて、カメラ目線で(笑)

 

 

 

 

 

 

 

【Potencian 亮ちゃんソロ】

 

横アリのときよりも、ずっとずっとカッコよかった。

どうしてだろう、あのときよりも、

何倍にもステキに見えました。

大阪だったからかな?理由はよく分からない。

だけど、声も表情も本当に素晴らしかった。

 

途中で、FTONコンのときのように、

クララのドラムが後ろから移動していたことに気づいて驚きました。

ああ、そうか、亮ちゃんソロは彼らもいたんだ…

 

そのぐらい、亮ちゃんだけに集中してました。

 

 

本当に、本当にかっこよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【High Posicion すばるBAND】

 

始まる前に、クララのドラムと安田さんのギターソロが少しあった気がする。

やっぱりこの曲、すごく好き。

クララの後姿もステキでした。

 

 

 

 

 

 

 

【ミセテクレ】

 

 

「ミセテクレー!!!」

 

 

すばちゃんの声に、絶叫。

まさかこの曲をやってくれるなんて!!!

 

センターステージの左隣の花道にキミくん。

メインステージ側の花道に亮ちゃん。

亮ちゃんがセンターステージの影になってよく見えなかった(涙)

すっごくステキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

【Do you agree?】

 

キミくんのアグリダンス最高(涙)

亮ちゃんの姿が見えないことに涙。

その後は、外周を回る∞達にヤキモキ。

 

 

 

 

 

 

 

【口笛の向こう】

 

やっぱりキミくんはここでも同じでした。

ちょうど1塁側のスタンドの前に、車椅子の席があったんです。

そこへ向かって行ったキミくんは、

車椅子の人たちに握手をし、ありがとう、ありがとうと言っていました。

やっぱり、この広い会場でも同じなんだなと思うと、

心が温かくなりました。

そんなキミくんが大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

未来の向こうへ

 

キミくんも亮ちゃんも遠かった。

でもすごくすごくキレイでした。

最後にありがとう!と言いながらメインステージの後ろの階段に上がっていく∞。

そこで全員1列に並んで、頭を下げて終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【アンコール】

 

サムライブルース】

 

赤いTシャツに着替えた∞達。

亮ちゃんの

 

肩から下にかけてのラインがすごくキレイでした。

 

 

 

 

 

 

 

【無限大】

 

会場全体で大合唱。

やっぱりこの曲はすごく一体感を感じる。

そしてやっぱり、ステージ下のライトはピンクでした。

 

キミくんは突然アリーナの通路に走っていくと、

うわーっという勢いで握手をしてました。

お客さんが押し寄せて、すぐ戻って行ってしまいましたけど…

 

 

 

 

 

 

 

【関風ファイティング】

 

サイン投げが最後の最後に。

必死に投げる彼らでしたが、やっぱりスタンド上段には届かず…(涙)

クララがこっちに投げてくれたんですが、もちろん届きませんでした。

すばちゃんは必死に投げたものの、見事下に落ちてしまい(笑)

ごめんなさい、というように謝る姿がすごくかわいかった。

 

そしてキミくんは、車椅子の方達に手渡しでサインを渡していました。

すごく嬉しそうに笑っていたのが印象的でした。

 

 

 

最後の最後、

 

 

「俺達が、最強で最高の」

 

 

関ジャニ∞!」

 

 

 

そのとき、私は見ました。

キミくんがマイクを持っている左側にいたのは亮ちゃんでした。

キミくんはマイクを通して「最強で」と言っていたので手を握れなかったのですが、

亮ちゃんはそのキミくんの手をまるでマイクごと掴むように、

 

 

 

ガッチリ右手でキミくんの左手を握り礼。

 

 

 

そして顔を上げた瞬間、

それに気づいたキミくんが亮ちゃんを見ると、

亮ちゃんもキミくんを見て、

 

 

 

二人見つめ合って笑う。

 

 

 

 

最高(涙)

 

 

最後の最後で、その姿が見られた私は幸せ者です。

亮ちゃん、想いが通じてよかったね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

最初はすごく広く感じたドームでしたが、

終わってみると、結構狭いかもと感じました。

彼らが、会場全体を走り回ってくれたからだと思います。

そしてキミくんが円陣に加わらなかったり、レンジャー楽しい!と言っていたり、

初回なのに突然アリーナに走って行ったりしたのを見て、

私はキミくんが、どれだけこの公演を楽しみにしていたのかが分かった気がしました。

きっと、すごく嬉しかったんだと思う。

そんな彼が、愛しくて愛しくて仕方がありませんでした。

 

そして亮ちゃんがすごくステキだった。

FTONコンも、全国も、関風コンも全て見てきましたが、

彼のソロが、コレほどにステキだったのは初めてでした。

見ているだけで、本当に胸が痛いほどステキだった。

亮ちゃんも嬉しかったんだと思います。

 

他のメンバーもすごく楽しそうだった。

大阪でできたことが嬉しいんだと思う。

それが、すごく伝わってきた。

入れただけで、本当に幸せを感じるコンサートでした。 

 

 

 

∞、ありがとう。

 

 

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク