本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

関ジャニ∞コンサート 関風コン 横浜アリーナ 2006年12月28日 3部

今さらではございますが、関ジャニ∞横アリレポをちょいと。

 

帰ってきてから、ひどい風邪をひき、

おまけに2時間も眠らない状態で参戦した横アリ4公演。

激しく記憶を消耗しております。

メモを頼りに、よちよち書いてはいたのですが、

すっかり抜けておりまして…思い出したいところが思い出せない。

レポをアップするかどうか迷ってはいたのですが、

せっかく書いていたのだから、ドーム前に一気に出そう、

ということで、蔵出ししました。

 

 

詳細は、名古屋レポにてご確認を。

といっても、↑もあくまで感想ですが(笑)

横アリは、萌えたポイントでなおかつ、覚えている部分だけになります。

そんな状態で季節はずれのレポですが、もしよろしければどうぞ。

 

 

28日、東京へ向かいました。

新幹線の中から、富士山が見えて、

すっげえキレイと思っていたら、ミラクルが。

 

雨が上がったせいで、富士山に虹がかかっていました。

今日はいいことある!と思い、横浜アリーナへ。

 

 

今回はいつもの仲間、Yちゃんとの参戦。

Yちゃんのおかげでこの回に入れてよかったわー!

本当にありがとう!

座席について、衝撃。

アリーナ1列目。花道の目の前。

目の前にはカメラマンのみなさまスタンバイ。

 

 

すげえ亮席だ(感動)

 

 

もう、Yちゃんのおかげ。

ありがとー!愛してるわー!!!

 

 

 

 

カメラマンの方が準備しているのが見えて、

そのときに、カメラの部分に小さな∞くんシールが貼ってあったんです。

うわー、かわいいーと思ったらカメラマンの方が、

「スタッフの方が作ってくれてたんです」と笑っていらっしゃいました。

なんてステキな∞コンサートスタッフの皆さま(涙)

始まる前から興奮しておりました。

 

 

 

今回もキミくんがアナウンスだったんですが、

相変わらず爆笑モード。

そして、

 

 

 

「グッズは○○(思い出せない)センターでも販売しておりますので…

 

○○センターってどこ?」

 

 

 

私も知りたいです。

 

 

 

 

 

 

そして暗くなったところに、ひとりずつスクリーンに登場。

 

 

 

 

【明日を狙え】

 

 

 

 

いきなり、頂点まで持って行かれました。

私、今回の席は舞台向かって左側のサブステージ前だったんです。

つまり、最初にキミくんが登場するすぐ近く…

 

他なんて何処も見えませんでした。

亮ちゃんがあっちに登場した!ということは分かったんですが、

とにかくキミくん凝視。

近くの席じゃなくてこっち向いて!

 

 

 

 

 

 

【DIVE】

 

 

キミくん、ついに目の前に登場(瀕死)

 

 

あんなに美形がこの世にいるなんて信じられない。

 

 

お肌がキラキラしててね、

目がキラキラしてるんですよ。

黒いハットがかっこよすぎてね。

頭、壊れるんじゃないかと思いました。

ただ、曲がDIVEなだけに、すぐ行ってしまったのが切ない(涙)

 

 

 

 

 

 

 

【∞SAKAおばちゃんロック】

 

 

 

亮ちゃんキター!!!!!!

 

 

私の好きな、あの海賊風の衣装。

かっこいいっ!!!!

しかも錦戸様、キラキラ笑顔です。いやん。

 

 

私、めっちゃくちゃ笑いながら亮ちゃん見て踊り来るっていたんですが、

ここでミラクル。

 

 

 

 

 

亮ちゃん、こちらをチラリ。

 

 

 

 

キャー!!!!!!

 

 

 

 

かわいすぎて、心臓ぶち抜かれました。

なんてかわいいんだ。

なんという笑顔だ。

ハニカミスマイルに完全降伏。

 

 

 

 

 

 

 

 

【Heavenly Psycho】

 

亮ちゃんのギター、本当にステキ(はあと)

そしてキミくんのボンゴ、相変わらずぽんぽこ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

【メンバー挨拶】 

 

記憶にあるのは、

 

 

「おれ、やすだ。 こいつ、むらかみ。」

 

 

安田さんが、本当のチンパンジーに見えました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

【関風ファイティング】

 

 

私の大好きな亮ちゃんのファイティング衣装。

間近で見られると思うだけで、死にそうだったんですが…

 

 

 

亮すば一緒に来た(崩壊)

 

 

 

あと一人いた気がするけど、本当に誰か覚えていない(陳謝)

もう、亮すば二人がかわいすぎて!!

しかも、亮ちゃんが超笑顔で!!!

あの大好きな亮ちゃんダンスを、本当に目の前で!!!

 

 

 

あの衣装、どうしてあんなに似合うんだろう。

赤いジャケットに、黒いシャツと黒タイが似合いすぎて、

 

 

もちろん、腕まくり(大好物)

 

 

後姿も大好きです。

もちろん前からも大好きです。

距離にして、およそ3メートルぐらいかな。

柵越えしたいと、本気で思いました。

笑っチャイナとか、笑顔でするなーっ!!!!(怒)

犯罪、起こしかねない勢いでした。

ああー、かわいかった(涙)

 

 

ちなみにキミくんは逆方向でしたが、

「再見」だけはめちゃめちゃ言ってました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

【ダンス】

 

ここでも、亮すばが目の前でダンス。

二人の触れそうで触れない距離がすばらしい。

中合わせの二人がこれまた素晴らしい。

一生気まずいまま、でも似たもの同士でいて欲しい。

ああー亮すばが好きだ!

 

でもね、キミくんがほとんど見えなかったの(涙)

 

 

 

 

 

 

 

【butterfly I Loved】

 

真横からのバタフライ。

クララの前髪がハラリハラリするのがセクシーでした。

しかしだな、お尻があまりよく見えなかった(凹)

 

 

 

 

 

【マルちゃんソロ】

【安田さんソロ】

【ヒナちゃんソロ】

 

やっぱり、やっぱり村上兄貴の白スーツが大好きです。

しかし、正直この部分、ほとんど集中しておらず(陳謝)

なにしろその次は、亮ちゃんとキミくんが、

私のすぐ近くの花道から登場すると分かっていたので、

もう、それどころではなかったんです。

 

3人でのダンスが終わる頃、

すぐ近くの出入口みたいなところから、細身の人影発見。

暗がりなのにすっごくステキだった。

 

 

 

亮ちゃん!!!!

 

 

 

来る!来るよ!あの曲が!

 

 

 

 

 

 

 

【ダンス】

 

 

 

 

錦戸様、風を下から受けて、髪をなびかせ光臨。

 

 

 

この時ばかりは、スクリーンでなく生の錦戸様を拝ませて頂きました。

あの黒いジャケットの下の、インナーのシワのより具合が、

非常に、非常に、非常に!好みです。

白色だったら、もっと萌えたのになあ(ちょい残念)

とにかくかっこよ過ぎるので、次の渋谷様にすぐに反応できず…

あああ、次はキミくんが来る!と思って顔を左に向けると、

 

 

 

 

 

侯隆様、超男前(瀕死)

 

 

 

そのくせ、ちょっとおどけてみたりするの!

この衣装、坊主に似合いすぎる(涙)

あああー二の腕が揺れる。

指が、私を誘う。

 

 

 

 

そして、待ちに待ったこの瞬間がやってくる。

キミ亮の二人が、目の前に近づいて来る。

うわー、どうしよう。

二人のダンスが目の前に来る。

どうしよう…

 

 

 

 

陥落

 

 

 

 

向かい合わせで踊る二人に、クラッシュ。

おまけにその後、錦戸様、

 

 

 

大好きなキミくんを見つめて、一瞬笑顔の後、

 

 

キミくんのちょいと後をついて行かれました。

 

 

亮ちゃん、どれだけキミくんが好きなんだ(眩暈)

 

 

 

 

 

 

 

【explosion】

 

 

双眼鏡で、二人をガン見。

正直、全体像を見たことないかもしれない(反省)

だって今は亮ちゃんとキミくんを見ないと!

大好きなんだもの、この衣装!このダンス!

 

そして、ここでまたしてもミラクル。

中央ステージで踊る∞。

そして、何故かいつも立ち位置が近くのキミ亮。

亮ちゃん、踊っている最中や歌が途切れる時になると、

なぜか目線がキミくんへ動き、ときおり笑顔。

キミくんはそれに気づかず、もちろん必死

 

 

 

 → キミ

 

 

 

この構図が最高(涙)

本当に、どんだけキミくんが好きなんだ。

見過ぎ、見過ぎですよ!錦戸様!

隠しきれてないですよ!

というか、隠す気もないんだろうけど(笑)

完全に無意識だと思うけど。

 

 

まさかこの曲で、こんなところに目を奪われるとは思いませんでした。

かっこいいだけでなく、キミ亮がらみまで見られるこの曲。

そして、お約束の、

 

 

 

 

お腹全開(万歳)

 

 

 

 

横から見る、亮ちゃんのお腹と、キミくんのお腹が、

両極端で非常に素晴らしいです。

筋肉質の細い腰と、ちょっとお肉の乗ったふくよかなお腹。

ああー、どちらかを選べと言われたら…難しい(悩)

前髪がはらりと揺れる亮ちゃんと、角刈りのキミくん。

どちらかを選べと言われたら…これまた難しい(さらに悩)

結論としては、

二人に挟まれた位置にやたらといる、クララになりたいです。

ちなみに、クララは水色おパンツがチラリと見えました。

亮ちゃんは…見えなかった(ぐすん)

 

 

 

 

 

 

 

【エイトレンジャー】

 

 

 

最初のバイクから、ブラック自由過ぎ(笑)

 

本来なら、外周を1周するのがお約束だと思うのですが、

なぜかブラックは、外周でなくセンターを突っ切る花道を疾走。

ひとり、近道でいちばん早くメインステージに戻ると、

 

 

ブラック、オンステージ(笑)

 

 

かわいいったらありゃしない。

 

 

 

 

そして、ブラックの坊主を褒めるシーン。

 

 

ブラッド・ピットみたいや!」

 

 

ジョン・トラボルタみたいや!」

 

 

イエロー、それはおかしくないかい?

周りからも???の空気を感じ取ったイエロー。

ちょいと、苦笑気味。

しかし、ブラック。

 

 

 

「オレ、外タレ苦手やから分からへんけど、

 

 

 何か嬉しいわ」

 

 

 

嬉しいのか(笑)

 

 

 

そして、結局グリーンに流れ弾が当たってしまい、

イエローがブラックをぎゅーっと押しながらキツイ一言。

 

 

 

「ブラックが死ねばよかったんや!」

 

 

 

あらら(涙)

するとブラック、小さな声で、

 

 

「イエローに死ねって言われた…」

 

 

かわいすぎて血を吐くかと思った。

 

 

 

そして、すば亮好きにはたまらない、

衝撃の瞬間がやってきます。

 

 

レッドがいちばん先にフェルナンデスの森に向かって走って行くのですが、

それを追いかけて行くのはイエローなんです(コレはお決まり)

しかし、今回はとんでもなかった。

 

 

レッドは花道の坂の途中で立ち止まり、

後ろからやってくるイエローをチラリ。

イエロー、ヘルメットを直しながらそれに気づく。

 

 

レッド、何故かイエローに急接近。

 

 

手を広げて、下半身をイエローにくっつける。

 

 

動揺しまくるイエロー

 

 

さらに、下半身をイエローにくっつけるレッド。

 

 

動揺しつつも、開き直ったように、

 

自分も手を広げて下半身をレッドにくっつけるイエロー。

 

 

イエローの反撃にちょっと焦ったレッド。

 

 

お互い照れて花道を走る。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうか、私を萌え殺して下さい(最上級土下座)

 

 

 

無理です。

あれはもう無理です。

あんなものを見てしまったら、私はどう対処したらいいのでしょう。

あああー、動揺しまくるイエローがツボ過ぎる。

虐めたい。虐め倒したい(ウズウズ)

さらに、喜びながらも自分も照れてしまうレッド。

うああ、好みだ。好み過ぎる。

口、がーんと開いていたと思います。

萌えの許容範囲を超えました。

おかげで、その後はイエローが何しても身体がおかしいぐらい萌えました。

 

 

 

グリーンを助けるためにフェルナンデスの森に向かう途中。

 

 

 

目の前に来て、歌いながらポーズをつけるイエローに瀕死。

 

 

 

かわいすぎる。

これはダメだ。

見てはダメだ。

でも目が逸らせない。

かわいすぎる。

浮いたヘルメットがキュートだ。

ちょっぴり短い足がさらにキュートだ。

黄色いつなぎが最高にかわいい。

 

しかも、ときおりはにかむ。

 

 

 

激震

 

 

 

隣には、さらに小さなレッドもいらっしゃり、

非常にかわいいったらありゃしない。

しかも二人で飛んでくる岩に向かって戦うのだが…

 

 

寝っころがるイエローのお尻にクラッシュ。

 

 

かわいい。

後ろから羽交い絞めにしたい!

岩ごと花道から転がり落としてやりたい!

また、犯罪を起こしそうなほど萌えました。

 

 

 

 

ここだけでかなりお腹いっぱいだったのですが、

ツボはまだまだ続きます。

 

オーラが出揃って、出てきたエイトクロースに向かって、

ブラックが発した一言に、会場大熱狂。

 

 

タッキー&翼に会いたい」

 

 

 

えええええー!!!!!

 

 

 

冗談でしたけど(苦笑)

 

 

最後の最後。

グリーンが生き返り、ブラックがグリーンに無茶ブリ。

 

 

「グリーン、お前のためにおでん用意しておいたぞ」

 

 

「あ、ありがとう…おでん、めっちゃ食べたかったわー」

 

 

 

グリーン、困惑(爆笑)

 

 

困惑ついでに、ブラックに返す。

 

 

 

「ブラック、ブラックのためのカレーがあるよ」

 

「お、おお!ありがとう…でも、お前が食えや、グリーン」

 

「う、うん」

 

 

 

グリーン、さらに困惑。

 

 

 

「もうこんなのイヤや!できひんって!」

 

 

「きゃははははは!」

 

 

グリーン、拗ねる。

ブラック、大喜び。

ナス、その場をしめる(笑)

 

 

こんな感じで(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

【10年後の今日の日も】

 

ブラックもイエローもグリーンもレッドも早くいなくなってしまったので、

あんまり覚えていないです…

 

 

 

 

 

 

【ヤジルシ】

 

ロッコにてスタンド席に、亮ちゃん、すばちゃん、クララが登場!

キャー!!!すばちゃんが近くに!

亮ちゃんがこっちに向かってくる!

どっちを見たらいいのか分からず、激しくキョロキョロ。

おまけに、途中でとんでもないことが起こり目が点に。

 

 

 

亮ちゃんがアリーナの通路を歩いてきた(仰天)

 

 

くそおー!!!

もみくちゃになってるよ!亮ちゃんが!

亮ちゃんが、とんでもないことに!

はた、と気づいてすばちゃんの方を振り返ると、

すばちゃん、既に花道に到着(速)

そしてキミくんが、なんとセンタートロッコに!

うああ!どっち見たらいいんだ!!!

 

とにかく、キョロキョロしながら、

くっそー!と思っていたことしか覚えていません。

いいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

【MC】

 

今回は、ヤーヤーヤーの皆さんがいらしゃっていたみたいなんですが、

誰がどのグループだか分からない私には、さっぱり(陳謝)

∞だけを見てたら、キミくんも亮ちゃんも嬉しそうでした。

 

 

 

 

 

 

【結婚式にはみんなを呼ぶか】

 

最近、こういう感じのネタを振ることが非常に多い横山さん。

結婚願望が今、急激に盛り上がっているのかどうかが少し気になりましたが…

 

「結婚式でメンバー呼ぶ?」

という話になり、みんながうーんと悩む中、

キミくんは嬉しそうに笑う。

 

 

「オレ、全員呼ぶわ。

 

 

ほんで【好きやねん】やってほしい」

 

 

 

私と結婚しよう(プロポーズ)

 

 

 

 

 

 

「お嫁さんが赤いじゅうたん歩いてくるやろ?」

 

「ああ、ヴァージンロードな」

 

「そう、それ。そのときロマネスク流れんねん」

 

 

ヴァージンロードも分からないのに、

言うことはロマンチック(笑)

 

 

 

「でも、今日も誰かがって歌って浮気されたら泣くわ」

 

「あんたじゃなかったってな」

 

 

それは私が亮ちゃんに出会ってしまうってことかしら?

うーん、どうしよう。困るなあ。

と、困らなくてもいいことで考えながら話を聞いていると、

なんと、丸ちゃん、安田さん、ヒナちゃんで、

好きやねんを、お友達の結婚式で歌ったらしい(笑)

 

 

 

「ほんでもってそんでまいどあり、ってあかんやろ」

 

 

確かに(苦笑)

そして、

妹さんの結婚式に出たことがある亮ちゃんが話を振られると、

 

 

 

 

「そん時の写真があるけど、オレ号泣やねん」

 

 

 

 

 

爆笑

 

 

 

 

 

「めっちゃ、泣いてんねん!目、真っ赤にして」

 

 

 

容易に想像がついて、おかしいったらありゃしない。

多分亮ちゃんは、自分の結婚式でも泣くタイプだと思う。

きっとお嫁さんより目が赤いと思う。

そしてお嫁さんは…泣かないと思う(笑)

私、この前も泣かなかったから、亮ちゃんとでも泣かないと思うんだ。

泣きながら肩を震わせる亮ちゃんを、後ろからそっと優しく撫でてあげるんだ。

涙目をウルウルさせながら見上げられたらどうしよう。

結婚式の最中なのに、変な気起こしそうだ。

罰当たりな妄想人間ですが、お許しを。

 

 

ちなみに、妹さんのダンナさんは20歳だそうです(若!)

亮ちゃんは彼に服をあげたりするそうです。

多分、お兄ちゃんになれて嬉しいと思います。

だってずっと弟だったもんねえ。

 

 

ここで、いきなり安田さんが乱入。

 

 

「身内っていいよねー」

 

 

「ヤス、黙って」

 

 

 

 

キミくん、冷たい(笑)

 

 

 

 

「入るときは【ウホッ】って言って」

 

 

 

まさにチンパンジー

 

 

「ウホウホッ!」

 

 

嬉しそうに安田さんをいじって笑うキミくん。

25歳のお子様がそこにいました。

まだ彼は、結婚には早いと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

【キミくんが泣きそうだった日】

 

キミくんはFTONコンの大阪公演のときに、

初めて家族を招待したのらしい。

すると、お母さんは、

 

 

「どうしよっかなーとか言いよんねん。

 一発で返事せえへん」

 

 

 

かわいい。

かわい過ぎる。

キミママ、最高!

 

 

「ほんで、【あんた、太ったな】とか言いよんねん」

 

 

確かに太ったから、仕方がない気もする。

私も多分、そう言っていじめる。

「キミくん、最近この辺り、危ないんじゃない?」

慌てるか、怒るキミくんを見て、さらにいじめ倒したいです。

最後にいじけてしまう彼を、よしよしと慰めるのがお約束。

いいなあ(嬉)

 

 

 

そして大阪公演のあと、

ご家族で食事に行ったらしいのですが、

焼肉やに行き、席に着いて10分後ぐらいになんと、

 

 

クララヒナちゃんが同じ店に来てしまった。

 

 

 

キミくん、ちょいパニック(笑)

 

 

 

「ちょっと兄貴ぶってるの、見られたないやん」

 

 

クララとヒナちゃんもその空気に気がついたのか、

「上行こうか?気まずいから」と行ってしまったそうで。

何だか、その図を想像するとものすごくおもしろかったです。

 

 

そして、トイレに行ったキミくん。

帰ってきたら、ケーキを用意してくれていたそうです。

そういえば、大阪公演ってお誕生日に近かったもんね。

 

 

 

「ほんで弟が、【兄ちゃん、ハイ】ってDSくれてん。

 

 【兄ちゃん、ゲーム好きやろ】って」

 

なんと美しき兄弟愛(涙)

キミくんは初めて家族にお誕生日をお祝いしてもらい、

さらに弟にプレゼントまでもらったことに感動し、

 

 

 

「涙、出そうになってん」

 

 

 

と、恥ずかしそうに告白。

そして、嬉しかったものの照れくさかったキミくんは、

 

 

「持ってるわ」

 

 

ウソをついてしまうと「そうなん、持ってるなら」と、

手を引っ込めようとした弟に、慌てて「持ってへん、持ってへん」

プレゼントをもらったそうです。

 

 

そんなキミくんが好きだ。

 

 

ちなみに、キミくんは弟さんと、

6歳と9歳離れているそうで、

上の弟さんが兄ちゃんのためにプレゼントあげたでという、

やったで!という顔をしていたのに対し、

下の子はぽかーんとしていたのがかわいかったそう。

兄弟って本当にいいね。

 

 

 

そして、家族のお誕生日会だけでなく、

∞のお誕生日会でもヤバかったと言うキミくん。

今年のお誕生会、メンバーのお誕生日ごとに、

みんなを集めていたのは、キミくんだったらしいのですが、

自分の誕生日前には「誰がやってくれるんやろ」と密かに思っていたそうです。

 

すると、亮ちゃんがお誕生日前になって、

 

 

 

 

「キミくん、大倉と一緒でええやろ」

 

 

 

爆笑

 

 

 

 

その言い方、ものすっごく想像できる!

ものすごくキミくんには当たり前のようにそう言う亮ちゃんと、

それを聞いて、おん、と返事をしたものの、少しだけ寂しさを感じるキミくん。

そしてその後ろで「そっか、オレは横山くんと一緒にお誕生日会してもらえるんや」と、

薄く微笑をたたえながら考えているであろうクララの図が、非常にツボ。

ああー、この3人が好きだ。

 

 

 

「東京で、こじゃれたところに食事に行ってん」

 

 

 

そして、トイレに行って帰ってきたキミくん。

 

 

 

「お誕生日にはトイレ行ったらあかんよ」

 

 

 

なんと、家族とのお誕生日と同様、

メンバーからのプレゼントをもらってびっくりのキミくん。

 

 

「今回はサプライズできひんかったから、プレゼント」

 

 

と言われ、もらったのが、

おっぱい枕とドラゴンボール(笑)

 

 

「泣きそうやって」

 

 

お誕生日にトイレに行くと、泣きたくなる演出が待っているらしい。

ああー、そんなキミくんがかわいい。

そして、その後カラオケをした∞。

 

 

「F・T・Oとか聴いて、うわーほんものやー!とか言うててん」

 

 

Edenやロマネスクも、

キミくんの名前で替え歌してくれたらしく、

 

「ロマネスクは【キミを探して】ってそのままやけどな」

 

と前も聞いたことのあるネタを披露しながらも、

嬉しくて泣きそうだったキミくん。

 

 

「でも、メンバーの前で一回も泣いたことないからな。

 

 負けるかーと我慢してたら、

 

 

 

 どっくんと大倉が

 

 

 『今日は泣いてもええんちゃう?』

 

 

 とか言うてくんねん」

 

 

 

 

どっくんクララが、そんなことを(仰け反り)

 

 

 

 

私、錦戸様にそんなことを言われた日には、

泣くどころか、発狂して倒れると思います。

 

その キミクララ 関係が非常に好きです。

 

好きったら好きです。

大好きですっ!!!

 

 

そして、カラオケでの余談。

彼らは何を歌うかと言うとモーニング娘」(爆笑)

 

 

 

「ウォウォ、ウォウォ!」

 

 

張り切って歌マネするキミくんですが、

音程が外れているところが素晴らしい!

みんなで踊り狂って歌うそうで、

カラオケBOXの中が暑くなってしまうので

 

 

「ウォウォ、ウォウォ!」

 

 

 

 

に合わせて、ドアを閉じたり開いたりするらしい(笑)

えらい迷惑だなーと思いつつ、

学生の頃は、私も友達と踊り狂ってドア開けて歌って、

店員さんに怒られたなーと思い出しました。

いいなー、∞とカラオケ。

 

そして、カラオケでは丸ちゃんは盛り上げに徹するらしいです。

「サブやねん」

「合いの手が絶品やねん」と言われていました。

そして、安田さんはと言うと…

飲み物とか食べ物とかの片付け担当らしく、

飲み物が切れたら、すぐに注文し、気が利くそうです。

 

∞と、カラオケに行きたいよー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ∞ペラ

 

亮ちゃん、丸ちゃん、安田さん、ヒナちゃんのジャンプ炸裂!

キミくんはすぐにはけて行ってしまい、

亮ちゃんはなかなかこっちに来てくれませんでした(涙)

しかし、最後の最後、

クララが紫パンツとTシャツでやって来た。

 

 

かーわーいーいー!!!

 

 

でもね、やっぱり痩せちゃったのね、クララ。

パンツがね、あんまりムチムチしていなかったの。

どうもね、ちょっと余裕があるのね。

クララのパツパツな太ももが好きな私としては、どーも複雑。

いや、お尻フリフリしていたのはかわいかったですよ。

でもFTONコンでの、ピタピタ茶色パンツを目の前で見た私としては、

どーしても、どーしても、細すぎてもったいない気がするの。

クララのお尻が、もうちょっとプリプリした方がいいと思うの。

完全に個人的な意見ですが、クララはムチムチしていた方が好き。

細すぎるのは亮ちゃんと中丸と慶ちゃんとすばちゃんでいいの!

後はみんな、ムチムチしていて欲しいの!

クララは唯一、エリク体型になれる素質があるのにもったいない(涙)

身長、長い足、ぷりぷりなお尻、均整の取れた身体。

それでもっとムチムチしつつ、筋肉をつければね、

あの超セクシーな身体になれると思うの!!!

体重落としたらダメよー。もっと大きくなって(懇願)

 

 

日本の女性は、細身の男性が好きってよく聞きますね。

私も昔はそうだったんですけどね。

大人になってからはちょっとムチムチした筋肉の殿方が好きなんです。

二の腕とかね、むっちりしていないとちょっと悲しいの。

細すぎるとね、リアルな話、

抱きついた時にちょっともの足りなさを感じないですか?

服の上からならまだいいよ。肌と肌が触れるときにはね、

やっぱりこう、ムチムチしていた方が気持ちいいのよ。

細すぎると、どーも満たされた感がない。

ええ、今までの経験からのお話です。

ええ、まったく個人的な意見ですけどね。

まだうら若き乙女のみなさまには、内緒の話ですけどね。

男は、ちょっとムッチリしているぐらいがいいんですよ!!!

頭乗せたところとかが、ムニッてなったりすると、

うほほー!って思わないかい?

腕を回したところで、いい具合に筋肉に触れると、

いやん、って嬉しくならないかい?

私だけかい?みんなはそー思わなのかい?

 

かといって…ベルトの上にお肉を乗せちゃあダメです。

キミくんは要注意だけど、あのまま筋肉にすればいいんだよ。

痩せちゃダメだよ。でもアゴはちょっと欲しい(贅沢)

ダイエットって難しいねえ(実感)

 

 

激しく脱線しましたが…

最後の最後に、花道から飛び降りるクララはかわいかったです。

そして、すたたーっと私達のいるすぐ真横の、

出入口からはけて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

【everyday music  すばちゃんソロ】

 

ほんとに、この曲好き。

この衣装も好き。

歌っている時のすばちゃんが好き。

 

 

 

 

 

 

 

【Fantatic music キミくんソロ】

 

 

振り付けは完璧です。

一緒に踊り狂っていました。

もう、何度見てもこのソロは素晴らしい!

最高傑作だと思います。

キミくんが本気で輝いています。

 

 

そして、今回のキミ子の彼氏はなんと…

 

 

 

「私の彼氏は、無駄にゴツイの」

 

 

 

 

ま、まさか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒナちゃん(鼻血)

 

 

 

 

 

うあー!!!!

しかも、何故か上半身が肌蹴ている!

なぜに!どーして!

 

そして、彼氏のヒナ。

 

 

 

キミ子のスカートをめくる(衝撃)

 

 

キミ子のお腹を触る(さらに衝撃)

 

 

 

 

キミ子…嬉しそう(崩壊)

 

 

 

なんだ、なんだ、何なんだ!!

いちゃつきやがって!どーいうことだ!

キミ子、セクハラ好きなのか?

ええっ!どうなんだキミ子!

人前で触られても、嬉しいのか!

 

ヒナなら何でもいいのかっ!!!!!(怒)

 

 

 

あまりのいちゃつきっぷりに、

さらに、セクハラ横行の村上兄貴に、

それに喜ぶキミ子に、嫉妬爆発!

いや、私は女ですけどね。

キミ子は大好きなんです!!!

 

キミ子の彼氏になれるなら、男になってもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

【いつか、また】

 

亮ちゃんが、すぐ近くからクレーンで上がって行きました。

キラキラ光って、すっごくキレイだった!

キミくんは遠くでクレーンに乗っていました。

ほとんど、見えませんでした(涙)

 

 

 

 

 

 

大阪レイニーブルース

 

外周を通って、センター花道へと歩く亮ちゃん。

青色の衣装がステキ過ぎる。

しかも、笑顔でお手振り。

いやー!!!!かっこいいー!!!

 

 

さらに、いちばん近くでレイニーダンス。

 

 

うほー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

【好きやねん、大阪】

 

 

 

まさに、ミラクル(涙)

 

 

 

私のいたアリーナの、目の前の外周で7人並んで好きやねん。

 

 

し!か!も!!!

 

 

 

 

 

 

キミくんがまさに目の前!

 

 

 

 

亮ちゃんは、ちょっと最初見づらい位置にいたので、キミくんだけを凝視。

とにかく凝視。何が何でもキミくんだけを凝視。

私の目の前は、クララだったんですが…

 

残念なことに、クララの顔を一度も見ていません(驚)

 

人間の集中力というのはすごいもので、

キミくんの後は、亮ちゃんしか目に入らず、

とにかく必死で二人を追い続けていました。

多分ね、クララもかわいかったと思うの。

だけどね、全然目に入ってこなかったの。

後からちょっとしまった!と思いました。

だって、あのクララの青い衣装、好きなんだもん。

ピタピタの金色インナーがセクシーなんだもん。

でも、痩せちゃったから…と言い訳してみる。

人間なんて、自分勝手な生き物だね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

浪花いろは節

 

すばちゃんパートでキミくんノリノリ(笑)

 

 

すばちゃんが歌っているはずなのに、

スクリーンには何故かキミくんが(笑)

スタッフさんも、よく分かっていらっしゃる。

 

 

 

 

 

 

【Potencian 亮ちゃんソロ】

 

Yちゃんに一言

「ごめん、集中するから」と言い残し、

双眼鏡を構えてスタンバイ。

 

 

亮ちゃん、本当にキレイ。

 

 

横から見るとね、ギター持ちながら歌ってるから、

猫背になるんですよね。腰がちょっと引けて。

これがいい。

とにかくいい。

本当にステキでした。

 

 

 

 

 

 

 

【High Posicion すばるBAND】

 

この曲、大好き。

本当にすばちゃんによく似合う。

この衣装も最高!

 

 

 

 

 

 

 

【Do you agree?】

 

 

この曲のとき、私は待ちに待った瞬間を迎えます。

 

この曲で亮ちゃんがいちばん近くから登場することを知っていた私。

始まる前から出入口を見ていると、

黒いロングジャケットに、ファーを付けた錦戸様、

男らしく登場。

 

 

 

かっこよすぎる(涙)

 

 

 

あの衣装で、アグリダンス。

腕まくりした筋の目立つ腕。

動くたびに揺れる黒い前髪。

上目遣いにこちらを見る視線。

マイクを持った人差し指。

 

 

どれもこれも、男前過ぎて許容範囲を超える。

 

 

サビ部分が来て、走って行ってしまうまで、

息を殺して亮ちゃんを見つめ続けました。

本気で、ものすっごいかっこよかった!

踊る時に、二の腕から肩にかけて、

ジャケットにシワがよる部分が最高です。

後姿もセクシー過ぎる。

もう、錦戸様になら何をされてもいい。

 

 

 

しかし、アグリの奇跡は、これで終わらなかった。

 

 

 

 

亮ちゃんが走っていってしまった後、対曲線上にいるキミくんを発見。

今日は白い衣装に、黒のハット。

ああ、これもすっごくステキ。

歌いながらこちらに向かって走ってくるキミくんに釘付け。

亮ちゃんは逆に、向こうに走っていってしまう。

 

 

 

とにかく、キミくんだけを見つめていました。

周りに誰が来ようが、何が起ころうが。

そして、遂に待ちに待った瞬間を迎えるのです。

FTONコンのときにスタンド1列にも関わらず実現できなかったあの瞬間を。

 

 

もう曲が終わりかけに近づいた頃、

キミくんは外周をゆっくりと歩いてきました。

私はとにかく、キミくんウチワを振り続け、

必死に彼を追いかけていました。

そして、もうすぐ私のいる席の目の前を通りかかると思った頃、

こちらをクルリと向いたキミくんに、必死に手を振りました。

そこでミラクルが。

 

 

 

 

彼は、私をしっかりと見ました。

 

バチンと音がするほど、しっかりと目が合い笑ってくれました。

ああっ、と思ったその瞬間。

 

 

 

 

 

 

 

目配せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嗚呼(涙)

 

 

 

 

キミくんが、私に目配せしてくれました。

こちらを見てニッコリ笑い、そして目配せ。

よくわかんない。もしかしたらウインクかも知れない。

もうよく分からないけど、とにかく彼が私を見て、

右目でパチリとしてくれたと信じたい。

思い込みと言われてもいい。

それでもいいの。

でもあれは、私に合図してくれたんだと思うの。(痛)

 

 

彼が通り過ぎた後、ずるずるとその場にしゃがみ込み、

息をするのが精一杯でした。

もうね、そのときの心境を何と言ったらいいか。

ついに見つけてもらえた、と思ったんです。

痛いのを100も承知で言わせていただければ、

彼がようやく、私を見つけたんだと。

 

しかも、いちばん好きな白い衣装で。

もう、このまま死ねるなら本望だとも思いました。

でもまだ死ねない。

キミくんに手を触れるまでは、私は死ねない。

と思って立ち上がり、彼の背中を追いかけました。

本当に、あの白の衣装、とってもステキ。

友達に送ってもらった映像の中で、衣装は自分達で考えると聞き、

キミくんは自分に何が似合うのか、よく知ってる人なんだなと思いました。

あの白い衣装、本当にスゴイ。

亮ちゃんの黒衣装もスゴイけど。

 

 

何だかあまりにも嬉しくて、しばらく放心状態でした。

 

 

 

キミくん、大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

【口笛の向こう】

 

衝撃のあまり、ほとんど記憶にないです。

 

 

 

 

 

未来の向こうへ

 

すばちゃんが目の前のリフトにいました。

そして歌う前、村上兄貴が挨拶をしているそのとき、

すばちゃんは暗がりの中で前に向かって、

 

 

「ありがとー!!!」

 

 

もう、感動した。

マイクを通さない生のすばちゃんの声がして。

好きだなと、心から思いました。

 

 

最後の最後、キラキラと光る紙ふぶきの中を、

歩いてくるキミくんが美しかった。

ありがとー!と言いながら手を振りました。

 

 

 

 

サムライブルース】

【関風ファイティング】

 

実はアンコールはあまり記憶になく…

あんまり二人ともこっちには来てくれませんでした。

クララがかわいかったです。

 

 

最後に「俺たちが最強で最高の関ジャニ∞!」

 

で幕を閉じました。

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

アグリでキミくんと目が合ってから、

正直、その後のことはあんまり覚えていないんです。

衝撃が強すぎて、何だかすごかった。

1列目というだけあって、メンバーともすごく目が合ったんですね。

亮ちゃんも、笑いながらこっちを何度も見てくれて、

すごく嬉しかったんだけど、

やっぱりFTONコンの時にこちらを見てもくれなかった、

キミくんが笑ってくれたのが、本当に嬉しかった。

勘違いだって言われるかもしれませんが、それでもいいんです。

私はキミくんが笑いかけてくれたのだと信じています。

 

 

一瞬の幸せをありがとう。

 

 

ただ、この幸せが次の日、

泣くほどの悔しさに変わることを、

そのときの私は知らなかったんですが(苦笑)

 

 

 

 

そして、すば亮の強烈萌えレンジャー。

本気で殺されると思いました。

あれは、気まずいコンビが好きな方には、

もーうたまらないと思います。

黙ってはいられません。変な声が出ます(笑)

私はその後、かなりダメージ食らいましたから…

 

 

 

 

とにかく、28日3部。

とっても楽しかったです。

そして、終わった後にみんなでご飯を食べに行ったんですが、

そこで耳を疑うほど、彼に声の似ている人がいて、

思わず動きを止めてしまいました。

 

 

キミくんの声にそっくりな人が店にいる…

 

 

 

慌てて振り向くと友達が、

「私もそうかと思ったけど、全然別人だった」

…そ、そうだよね(凹)

一瞬でもまさか!と思った私がバカですな。

そんな夢見心地の28日でした。

 

 

 

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク