本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

ご無沙汰しております

気づけば、1週間も放置しておりました。

気まぐれで申し訳ありません。

2月は毎年、無駄に元気なはちです。

そして、気づいたら33万HIT!

こんなブログなのに、いつもいつもありがとうございます。

この1週間、いろんなことがありましたねー。

好きな男前が大量にいるせいで、プチ失恋がありまして…

若干凹みながらも、すぐにその男前のステキな写真で復活し(単純)

時夫に「すっご」と言わせたいと熱望し、

類と道明寺のどちらがいいか本気で悩み、

山下さんのラブロマンスドラマが決まり!!!!

星をめざしてが解禁になり、

クララはあだ名が寒いのではなく、クララの発言が寒いのだと実感し、

放置していたポポロのキミ写真に絶叫した1週間でした。

ブログの存在を忘れていたわけではないですが、

色々と夢中になることがありまして。

特に冬はね、冬が終わりかけると寒いうちに!と、

どーしても作りたいものがたくさん出てきまして、

ただいま、この冬6作目の編み物に取り掛かっております。

さらに書きたいものもいっぱいあってね。

自由になる時間は、それにかかりきりになっておりました。

幾度か遊びに来てくださった方がいらっしゃいましたら、

申し訳ありません(陳謝)

また、がんばります。

続きは、しょうもない話題です。

リアル友Tよ。

君には読んでもらいたい(笑)

ちょうど今日、

先週から頻繁に連絡を取っている友から連絡があり、

「最近さ、妄想書いてないの?」

と言われ首をひねりました。

そうだったっけ?

毎日のように妄想し、

毎日のように妄想を書きとめているにも関わらず、

どーしてそう言われてしまったのか。

ブログにアップせず、

個人的に楽しんでいるからです。

お気づきの方も多いと思いますが、最近、

妄想をブログに載せるのはやめております。

理由は簡単でね。

ちょこちょこした妄想では、満足できなくなってきたからです。

ひとつ妄想シュチュエーションを思いついたら、

それに付随した【物語】が書きたくなりましてねえ。

妄想だと、どーも女性のセリフを書くのがイヤで、

今までブログに載せてきた妄想も、

ほとんど女性のセリフはないんです。

人様に読んでいただくのであれば、

あくまで、そこは自分に置き換えて欲しいと。

あとは、私の頭の中で生まれた妄想を、

人様に読んでいただくのも、申し訳ない気がするし、

書いている途中で、おおー!あそこはこうしよう!

と思いついたら、書き直せるから、

個人的に楽しんでいるだけなのだ、と説明をしたら、

なんと彼女、

「私のための、妄想を書いてくれ」

これが言いたかったらしい(笑)

最近、彼女はある男前にハマっておりまして、

彼と自分の妄想を書いてくれと。

いや、彼とと言うより「彼が演じている役柄」と、

自分との妄想が読みたいらしい。

ならば自分で書けばいいではないか、と言うと、

「それは難しい」と言うんですね。

ワガママな(笑)

そう言われてもねえ…

友達と男前との妄想なんて、恥ずかしくて書けないって。

もう1年くらい前、別のリアル友のために、

妄想小説書いて送りつけたことがありますが(笑)

そのときは勢いに任せて書いたんでね、

非常に楽しかったんですが、後から恥ずかしくなっちゃって。

こっぱずかしいでしょ。セリフとかあると。

友達は知っている人間だけに、余計に恥ずかしい。

しかも彼女ちょいエロがイイとか、ワガママ言うんですよ(笑)

自分で書けよ!と言うんだけど「恥ずかしい」だって。

こっちも恥ずかしいって言うのに(苦笑)

そういえば随分前に、

私の書いているジャニの妄想小説の話をして、我が相方も

「それ、私の名前で書いて!」と言ってたんですが…

恥ずかしいからできないよー、とお断りしました。

基本、自分か空想の人物相手にしか書けないからね。

さらに自分の好きな男前相手じゃないと、全く書けないからね。

ええ、そんなもんです。妄想なんて。

友よ。

私も彼は大好きだし、

君のおかげでとんでもない夢も見たので、

それをネタにいつか、彼と私の妄想を書くから、

それまでガマンしてね

せかさず、気長に待ってくれ(願)

ちなみに、私の書いた妄想小説、

読みたい方っていらっしゃるんでしょうか?

なぜこんなことを書いたかと言いますと…

ここ何ヶ月も、

「錦戸 妄想小説」「山下 妄想小説」「中丸 小説」

というような「男前の名前+妄想小説」という検索ワードで、

このブログにたどり着く方が多くて、驚いています。

そんなに妄想小説の需要があるとは知らなかった…

ならばなぜ書いているかと思われるかもしれませんが、

答えは非常に簡単です。

私自身が妄想して喜びたいからです。

私も他のサイト様の小説を読んだことあるんです。

でも、どーしても全部読めないんですね。

ちょっと読んで…う、うーん違うなと。

妄想小説って、主人公の年齢が若い場合が多いみたいで…

自分が学生の設定なんて、いくら妄想好きな私でも、

どーしても無理なんですねえ。

社会人になって既に10年近く経ってますから…

彼らと自分が同じ歳だったり、

彼らが年上なんてありえないですからね。

あくまでこの年齢で、彼らと妄想したいんです。

年上女と年下男の設定が好きなんです。

それもかなり歳の離れたね。

だから書くしかないんです。

というか、書きたいんです(笑)

しばらくは、妄想に夢中になっていると思いますので、

ブログを長期間放置していたら、

多分妄想でも書いているんだろうなーと思ってやってください。

それか、別の男前を追いかけているか(笑)

はたまた家族のセーター編んでいるかどれかです。

本当に自分勝手なブログで申し訳ございません。

こんな私ですが、付き合ってやるかという方は、

今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク