本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

関ジャニ∞コンサート 関風コン 名古屋オーラス 2006年12月26日

まだまだ風邪が治りません。

このまま、死んでしまうのではないかと何度も思いました。

こんなに治りにくくなるなんて…何か切ない(涙)

 

おかげで録画もたまり、友達から救済してもらったDVDも、

全く見れておらず、感想も送れず申し訳ない(陳謝)

お正月からの山下さん祭りもさっぱり。

今日もスカJがあるけど、多分リアルタイムでは見られません。

明日、明後日は、楽しみにしているドラマが始まるので、

何としてでも、リアルタイムで見たいのですが…

あと1日で風邪を何とかします。(と思ってから既に3日)

 

ああーでも、何を差し置いても見たい韓国ドラマも明日始まりだった(涙)

しかも水・木放送で、両方とも時間も見事にかぶってるし…

キミくんのドラマともかぶってるってどーゆーことよ(涙)

はああ…どうしたものか。明日までに解決しなくちゃ。

 

 

みなさま、どうぞ風邪にはお気をつけ下さい。

まずは風邪を治して、その後は溜め込んだ録画を見て、

DVD見て、ネット視聴を楽しんでいると思いますので、

たまに覗いてやってください。

気まぐれにレポ、アップしていきたいと思います。

 

 

それではしばらく保存したまま忘れておりました、

名古屋のオーラスレポをお送りします。

こちらも果てしなく長く、偏った私の記憶に頼ったものになっております。

また、MCは下ネタ満載。

もちろん私の感想もかなりそっちよりになっております。

苦手な方はどうぞご注意を。

 

それでもいいぜ!という方は続きからどうぞ。

 

 

26日、名古屋オーラス。

公演前にPちゃんと久々の再会。

1部に入っていたPちゃんと、キミくん話で大盛り上がり。

いやあー、あれほどキミくん話で盛り上がれるのは、

きっと彼女を置いて他にはいない。ありがとー!!

もしもキミくんソロコンがあったそのときには、

絶対に一緒に入って、一緒に倒れよう。

そして、夏に会った時からずっとまた会いたいと言ってくれていたYさん。

ようやく会えましたねー。楽しかったわー。

また会ってバカ話しましょう!

 

 

今回はいつも名古屋で仲良くしてくれているAちゃんと一緒に入りました。

Aちゃん、楽しかったー!ありがとう!

 

しかし、この席がすごくてね。

メインステージ後ろの一番後ろ最後列のど真ん中(笑)

クララがドラムセットに座った、そのちょうど真後ろ。

言うなればクララに後ろから覆いかぶさっているわけです(自分勝手)

 

 

 

楽しみにしていたアナウンス。

今日もクララかな?と思っていたら、大変なことに。

 

 

 

 

まさかのキミくんっ(大興奮)

 

 

 

舌足らずな子供チックな話し方に、私は我を忘れるほど大興奮。

しかも、内容が素晴らしい。

 

 

 

漢字は読めない。

読む場所を間違える。

途中で止まって咳払い。

自由気まますぎて、何言ってるかわかんない(爆笑)

 

 

 

安田さんに質問したところからおかしい。

 

 

「これ、なんて読むの?」

 

「予め(あらかじめ)」

 

 

 

あらかじめ読み仮名振っておけよ(笑)

ちなみに、2度目のあらかじめは読めていた。

覚えたらしい。

 

そして

 

 

「ウチワは胸の高さで…おっぱいの高さやな♪」

 

おっぱい大好き横山侯隆

 

 

 

 

 

「携帯電話はお切りください。安田の携帯番号は090…」

 

「言わんでええ!」

 

安田さんの突っ込みもごもっとも。

 

 

 

「まもなく開場しますので…開場ちゃうわ、開演や」

 

 

しっかりしてよ、キミくん(ラブ)

 

 

そして、最後に。

 

 

 

「以上、濱田マリでした」

 

 

爆笑。

 

 

そして会場が暗くなると、スクリーンに映る∞。

スポットライトが当たったその先に、クララのドラムソロ。

 

 

 

 

 

 

 

【新曲】

 

クララの背中はちょっと小さくなっていた…

 

ムッチリして欲しいの。

私はムチムチクララが好きなの。

でも、ドラムを叩くクララは好きなの。

そして、あの髪型は大好きだ!

 

 

 

 

そして亮ちゃん。

 

 

登場してくれたのに、この席からじゃ全く見えねえ(涙)

スクリーンに映る亮ちゃんはかっこよすぎた!

でも、あの衣装がよく見えない。遠いのよー!!

 

 

 

キミくん。

 

やっぱり猛撃にカッコイイ。

 

 

 

ちなみに、この曲のすばちゃんの衣装がものすっごいかわいいです。

水色のジャケットに、花柄?見たいなフワフワ巻きスカート風ボトム。

そして、ふわふわのゆるいパーマ。

あああーかわええ(ヨダレ)

 

 

 

 

 

【DIVE】

 

 

 

亮ちゃんキター!!!!

 

カッコイイ。やっぱりこの衣装かっこいい。

DIVEの曲に合わせて、拳を振り上げる亮ちゃんがかっこよすぎる。

キミくんは…全く見えなかった。

 

 

そしてこのとき、一緒に入っていたAちゃんのペンライトの先っちょが吹っ飛ぶ(笑)

前のお客さんに取っていただきました。ありがとうございます。

その後、Aちゃんも私も、何も持たずにひたすら興奮。

 

 

 

 

 

【∞SAKAおばちゃんロック】

 

亮ちゃんは、やっぱり中央ステージで踊る踊る。

かわいいのう。後姿しか見えないけど。

そしてキミくんは、リフトの上で寝転がる。

 

 

「世界の横ちゃんです」

 

 

愛しい。

 

 

 

 

 

 

 

【Heavenly Psycho】

 

 

亮ちゃんの後ろ姿に再度撃沈。

 

 

もうね、好き過ぎて思考回路がおかしくなるの。

ギターを抱える前に赤のジャケットを脱ぐわけです。(萌)

すると、白のTシャツに多分ゴールドのパンツ。

この衣装がもう、素晴らしい!

そして、持ってるギターの色と非常に合うの。

ああー、ステキ(うっとり)そして、

 

 

リズムを取りながら揺れる亮ちゃんが…最高。

 

 

なんて言ったらいいのかな?

揺れるんです。リズム取りながら。

それがね、昨日見たソロ曲の揺れ方とは違うんだよ。

曲のテンポが違うからなのか、ちょっと小刻みなの。

 

 

 

 

小刻みに揺れる亮ちゃんの背中。

 

 

 

 

好きです。

 

 

 

 

ちなみに、キミくんのボンゴは全く見えず…

弾いていたのかどうかも定かではない。

亮ちゃんがギターを弾きながら後ろを向いてクララを確認するたびに、

クララになりたいと、心底思いました。

 

 

 

 

 

 

【メンバー挨拶】

 

クララ。

 

「汗かく準備はしてきましたかぁ?」

 

語尾が甘え口調なのは何故なんだ?(永遠の謎)

 

 

 

 

 

そしてDJ安田。

今回も張り切りすぎておもしろかった。(けど割愛)

それを隣で「ほほー」という顔で見ていた村上兄貴。

 

「今日は「そうですね」って言ってみようか」

「そうですねー」

「今日はいい天気やったなー」

「そうですねー」

「名古屋も晴れてたもんなー」

「そうですねー」

 

「ウソつけ!めっちゃ雨降ってるやろ!」

 

「そうですねー」

 

ああーおもしろかった。

気持ちよさげな村上兄貴がツボだった。

 

 

 

 

丸ちゃんは…あの挨拶を文章にする力は私にはございません(陳謝)

「テキサースっ!!」はやってたけど…

 

 

 

 

そしてすばちゃん。

 

「こんにちは、ゆるいパーマの人です」

 

 

ゆるいパーマが好きだ!

そんなすばるが好きだ!

 

 

 

 

ゆるいパーマがウケたのを見ていた横山番長。

こういうときに乗っかる術はさすが。

 

 

「どうもー。ゆるいパーマをかけられない人です」

 

 

 

 

 

そして、オーラスなのでテンション上がっている錦戸様。

 

「こんばんはー!錦戸亮です。

 

 後半戦も盛り上がっていきましょー!」

 

「イエーイ!!」

 

 

「後半ちゃうやん!」

 

 

 

もう、亮ちゃんなら何でもいい(盲目)

 

 

 

 

 

 

 

【関風ファイティング】

 

踊り狂っててあまり記憶がないのですが、

ここだけはきっちりチェック。

花道に1列に並んで、交互に振り返りサビ部分を踊っていた∞。

ここでいちばん端にいたキミくんがやってしまった。

 

交互に振り返るので、隣にいる丸ちゃんとは振りが逆になるんだけど、

昨日はしっかり踊れていたのに、いつものキミくんの癖が出てしまったのか、

隣にいる丸ちゃんを見ながら踊っていたキミくん。

自分と振り付けが逆だったことに、気を取られ、

 

 

 

見事、振り付けを間違える(笑)

 

 

その後、踊らなくなる(爆笑)

 

 

 

負けるな、キミくん!

 

 

 

 

 

【ダンス】

 

ここでも、やっぱり亮すばダンスがステキなの。

衣装も赤と黒なの。

髪もふわふわパーマと短髪なの。

お似合いすぎて、泣きそうなの。

 

キミくんのダンスがようやく見えたけど…遠い(涙)

 

 

 

 

 

 

【butterfly I Loved】

 

 

Aちゃん、号泣。

 

 

「泣くな、泣くな」と言いながら、私はクララのお尻を凝視。(申し訳ない)

いやあ、いいお尻してるわー。

そして指差しにクルクルダンス。

いやあ、いい手してるわー。

このとき、初めてと言っていいほどクララの歌詞に注意して聴いていたんですが、

クララはこういうの好きなのねー(メモ)

 

 

「蜜」

 

「濡れた息」

 

「うわべだけのキス」

 

「縛られた鎖」

 

「いくつ身体を重ねても」

 

 

 

 

 

 

興奮

 

 

 

妙にリアルでね。

クララの歌い方とその表情がまたエロスでね。

絶品ですな。いいですな。

 

ただ私…エロスエロスなクララより、

甘えん坊でいじりたくなるクララの方が好きなのだ。

説得力ないけど(笑)

 

 

 

 

 

【丸ちゃんソロ】

【安田さんソロ】

【村上兄貴ソロ】

 

 

昨日は気がつかなかったんだけど、コレって全部同じ曲なんだね(びっくり)

アレンジが違うと、あんなに別の曲になるのかー。

それぞれの個性がよく出てたなあ。

しかし、私は村上兄貴に一点集中。

何度見ても「白スーツは犯罪だ」

 

 

 

曲が終わる頃には、あのお方の姿を探しておりました。

 

そう、錦戸様(深呼吸)

 

 

下から舞い上がる風に吹かれる亮ちゃんが破格のかっこよさ。

ああーステキだー。

 

 

 

そしてすばちゃん…

 

 

今回も、これまたスゴイエロス(眩暈)

 

 

渋谷様が本気を出すと、とんでもないです。

クララはまだかわいいね(小声)

 

 

だって渋谷様、生々しいもの。

 

 

会場の悲鳴がスゴイ。

渋谷様の時の悲鳴は、多分やられた悲鳴です。

間違いない。だって私もやられたもの。

 

 

 

 

そして、キミくん。

 

 

もうダメ。

何度見てもダメ。

この格好が、ストライク過ぎてダメ。

 

 

 

 

坊主に革ジャケットは反則でしょう?

 

 

 

抱いてください(告白)

 

 

 

しかし、悲しいかな、

最後列ではもちろん暗闇の中の彼らを追いかけることなどできず、

おかげでスクリーンを見て気がついたことがひとつ。

 

 

 

その後の

 

クララのダンスが、セクシーだった…

 

いや、昨日全然見てなかったのよ(反省)

下から風に吹かれる感じがまたよかった。

あの足と手が長くていいねえー。

セクシーダンスでエロスを振りまいた後にはお約束。

 

 

カメラに向かって投げちゅー。

 

 

 

さすがクララだ(感心)

 

 

 

 

しかし、私はその後にもっと大事な場面を控えておりまして…

 

 

 

 

 

キミ亮の花道ダンス(鼻血)

 

 

 

好きだ。

この二人が好き過ぎる。

よく考えたら、この逆は倉すばという、

これまた好みの二人だったにも関わらず、

やっぱりキミ亮が来ると、他は目に入らないんですね(納得)

 

 

 

 

 

 

【新曲】

 

 

双眼鏡を離すべからず。

 

 

スクリーン、一度も見てません。

とにかく、双眼鏡で二人を凝視。

本当に二人ともいい立ち位置で、双眼鏡にしっかり二人が納まってくれるのね。

分かっていらっしゃる。振付師の方に感謝せねば…

 

 

 

そして、胸をはだけた瞬間…

 

 

 

後ろからでは何も見えねえ(怒)

 

 

 

 

ちなみに胸をはだけた後、

亮ちゃんの胸は、

 

細くて細くて細いですが、非常に萌えます。

 

ぷにぷに好きの私ですが、亮ちゃんの細さは好きです(自分勝手)

 

 

そしてキミくんはお腹を引っ込めて踊っています(笑)

そして、身体を曲げたり激しく動く時になると、

 

ちょっとお肉がパンツの上に「ぷにょ」と顔を出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、二人同時に(というか多分全員だと思うんだけど…)

身体をウェーブでくねらせる振り付けがあるんですが、

 

 

このとき、亮ちゃんは超セクシーに身体をくねらせて前髪がエロスなのと引き換えに、

 

キミくんは、くねらせる?というか顔をうつむかせるだけで、何だかごまかし気味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこのとき私は気がついてしまったのです。

新曲のダンスを踊っている時、

 

 

 

亮ちゃんがキミくんを見ながらニコリと笑ったことに…

 

 

 

 

愛(涙)

 

 

 

 

 

この曲、めちゃくちゃ好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

【エイトレンジャー】

 

基本は25日と同じなので、おもしろかった部分だけを。

25日は覚えてなかった部分もあるので…

 

 

ブラックのクラッカーだけがなかったので、

拗ねていたブラックに、イエローが言った一言が笑える。

 

 

「最近髪切ってカッコよくなったな。ブラピみたいやん」

 

 

怒っていたブラック。

ニッコリ(笑)

 

 

しかし、そこへけしかけたのは何とブルーだった。

 

 

「ただのハゲやん」

 

 

 

 

ブルー、殺す(殺意)

 

 

 

そして、ブラックが鉄砲を出して撃った弾がグリーンに当たって、

グリーンが死んでしまうんですが、ここでブラックが隠れる。

そしてそれに気づいたイエロー。

 

「ブラック、逃げやがったなー!」

 

しかし、何故か嬉しそうなイエロー(ラブ)

それに答えたブラック。

 

 

「イエローが怒ってるー!怖いー!!!」

 

 

そして、グリーンのために熱唱するレンジャー。

そこへ出てきたブラック。

一人ひとりが嘆いているところへ駆け寄るのは昨日と同じだったんだけど…

 

 

 

 

ブラック、後ろから

 

 

他のレンジャーのベルトを外しまくる(笑)

 

 

 

 

必死に泣き顔を作りながら、グリーンのために歌うレンジャーは、

ブラックが来るたびに、ベルトを外されるものだから、

笑いを必死にこらえながら、ベルトを直す。

でもまた外される。またベルトを直す。

これの繰り返し。

 

フェルナンデスの森に行って、願いを叶えよう!という話になったときも、

ブラックはベルトを外して喜ぶ。

本気で子供なんだから(愛)

 

でも、フェルナンデスの森に行くのは大変で、

帰ってきた人はいないという話になったときに、

止めに入ろうとしたイエローが失態。

 

 

 

 

「無理やす!」

 

 

 

 

大事なところで噛んだ(爆笑)

 

 

 

 

 

メンバーからも失笑。

必死に笑いをこらえながらも「無理だ」と言いなおすイエロー。

 

かわいすぎて、こっちが無理だ(白目)

 

 

 

そして昨日と同じように、森へ向かうのだが…

珍しくブルーとオレンジに目を奪われた。

下から熱湯?熱風?の攻撃になんとブルー。

 

 

「熱い、熱いけど何かいい」

 

 

ドMか(爆笑)

 

 

 

そしてオーラを出そうとなってまたブラックが、それぞれに一言。

おもしろかったのはこの2人。

 

 

ナス「自信」

 

「コイツ、ほんまに木村くんに似てると思ってるからな」

 

 

本当か?(爆笑)

 

 

 

 

レッド「情熱」

 

ありったけのヘン顔をしているレッドに対し、ブラックが一言。

 

 

「今、情熱って顔してるもんなー」

 

「はいっ!」

 

お返事がかわいいレッドに萌え。

 

 

 

 

そして、ブラックのオーラが出ず、

グリーンの助けを借りて、オーラがそろったところで、エイトクロースの登場。

しかし、空気が上手く入っていなかったのか、右手が折れ曲がったまま。

するとグリーン。最初のお願いでこんなことを。

 

 

「まずは、手を伸ばしてください」

 

 

と、右手を上に向かってまっすぐぴーん。

ヒナちゃんは「確かに気になる」

イエローも「骨折?」と嬉しそう。

ここでブラックはさらに嬉しそうに、

「今、スタッフさん慌ててるでー」と笑いながら右手を上に向かってぴーん。

その後ろでナスも同じように右手をぴーん。

こういうときに息ピッタリの二人にときめき。

 

 

そして

「グリーンを、グリーンを…」

 

なかなか言い出さないブラックに、笑う会場。

満足げなブラックはいきなり何を思ったか…

 

 

 

 

 

「ダッダーン、ぼよよん、ぼよよん」

 

 

 

古っ(失笑)

 

 

 

 

しかし、コレにはオレンジのみ大爆笑。

そして、それを見ていたイエロー。

超ウキウキな嬉しそうな声で一言。

 

 

 

 

 

「それ、さっき楽屋で練習してたもんな!」

 

 

 

鼻血、出るかと思った。かわいすぎて。

これを言われたブラックが嬉しそうでね。

「練習してへん!」とか言いながらイエローに突っ込まれたのが嬉しいの。

そしてその後、「だっだーん、ぼよよん、ぼよよん」について、

会場中、分からなかった人が多いらしいということに気づいたブラックとナス。

 

団塊の世代や」 違うと思う。

「ジェネレーションギャップや」 そうだと思う。

 

 

その後も、ブラックの独走は続く。

 

 

「むぎゅ」

 

 

と言いながら、ない胸を寄せたブラック(ちょっと記憶はあいまい)

オレンジ、再度大爆笑。

会場、ちょっと笑いムード。

するとすかさずまたしてもイエロー。

 

 

 

 

「それも練習してた」

 

 

 

ああーかわいい(盲目)

 

 

 

 

 

そして、なかなかグリーンの事を言い出さないブラックに対し、

シビレを切らしそうなレンジャーを見てブラックが一言。

 

 

「みんな今、たま縮んでるやろ」

 

 

ここでナスが猛攻撃。

 

 

「みんなは、たま、ついてへんやろ!」

 

 

確かについてねえ(笑)

するとブラック、きゃはきゃは笑いながら、

「みんなってお客さんちゃうわ!オレらや!」

ああーナスおもしろい(笑)

 

 

懲りずにブラック、もう一度何かを言おうとしたものの、

それはほとんど誰も笑わず(私も全くおぼえてない)

結局すべってしまったわけですが、

ここでイエローがまたしても超嬉しそうにコメント。

 

 

 

 

 

「それは練習してなかったからちゃう?」

 

 

 

抱きしめていいですか?

 

 

 

 

甘えたで、ブラック大好きなイエローに萌え。

萌えに萌え。ときめいて死にそうだ…

 

 

 

そこでようやくブラックがお願いをする。

「グリーンを生き返らせてください」

ようやく生き返ったグリーン。

みんなに囲まれるも、ブラックの餌食に。

 

 

 

ブラック、生き返ったグリーンのベルトを外す(笑)

 

 

 

生き返って早々、苦笑しながらベルトを直すグリーンに萌え。

かわええ。ありゃそうとうかわええ(ヨダレ)

そして、それを見かねたナス。

グリーンのベルトを直してあげる(萌)

この三角関係が好きだ(屈折)

 

 

しかし、ナスにその後悲劇が起こる。

グリーンが生き返って喜ぶレンジャー。

その場を締めようとしたナスの口が回らず、

「一日遅れの」と言おうとした所を、

 

 

 

「ちち遅れ…」

 

 

噛んだ(笑)

 

 

 

 

ここで喜んだのはブラック。

 

 

「ちちって!ちちって!」

 

 

 

そこか(笑)

 

 

 

 

 

「お前の頭はそんなんばっかやな!」

 

 

と、引き笑いをしながら嬉しそうなブラック。

だけどさ、先ほどの「たま」といい「ちち」といい、

それにばかり反応しているブラックの方が、

ずっと「そんなんばっか」だということに気がついていないのが愛しい。

 

 

1日遅れのクリスマスレンジャーはこうして幕を閉じました。

ああー、おもしろかった(笑)

 

 

 

 

 

 

【10年後の今日の日も】

 

昨日は気づかなかったんだけど、

ここでナスとブルーが告白しあっていて驚き。

 

「ブルーかわいいで」

「ナスの方がかわいいよ」

 

何なんでしょう?この二人?

それしか印象にありません…

 

 

 

 

 

 

【ヤジルシ】

 

すば倉キター!!!

 

しかし、最後列のため、姿自体がかなり遠い(涙)

でも、キラキラしてたなー。ステキだったわ。

 

と、スクリーンに映った映像にのけぞる。

 

 

 

 

 

錦戸様、子供たちに囲まれ、

 

 

ある意味ハーレム(眩暈)

 

 

 

 

 

 

階段に座った亮ちゃんは、

両手両足頭全ての部分にお子様達をはべらせ、

ニコニコ顔で、超ラブリー。

ああー、あの中の子供になりたい(切望)

子供好きなんだなー。

そんな亮ちゃんが好きなんだなー。

亮ちゃんとの子供…それこそハーレム(妄想)

 

 

 

産ませてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【MC】

 

【二十歳を過ぎたら早い】

 

 

キミくんが突然「20歳を過ぎたら早いなー」と言いだした。

小学校の時は、6年間が本当に長かったと。

「何回席替えするねん」

「係、何個やるねんっちゅうぐらい長かった」

「どんなけがんばっても、金魚は死ぬねん」

 

なんか、実感こもってる(笑)

 

ここで飼育係をやったことがあるか?という話になり、

それを聞かれたクララ。

 

「ウサギと金魚」

 

げげっ、クララかわいい。

 

キミくんはカエルの世話をしたことがあるらしく、

カエルのかごを開けたら、ぴょーんとカエルが逃げてしまったのらしい。

そこへ運悪くあったのが、ストーブ。

 

「ストーブの上でカエルが『グエっ』」

 

そんな上手い話があるか!と思ったら、

グエっの部分は作ったらしい(笑)

 

そして子供の頃、キミくんは街の新聞に載ったことがあるらしい。

『都会の子供達はどうやって遊んでいるのか?』という記事だったらしんだけど、

キミくんはザリガニ持ってピースして載ったそうで。

 

「でも、そこが区域外で先生に怒られる!と思ったら、でかしたぞって褒められた」

 

そうなんだ(笑)

キミくんの子供の頃の話が聞けて、私は非常に嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【名古屋の印象】

 

ついこの前、ミレミアムっていう感じだったのに、とキミくん。

そして

 

「昨日で俺とすばるとヒナ、10周年やってん」

 

 

 

そうだったー!!!(拍手)

 

 

昨日、「10周年おめでとう!」っていうウチワ持ってる人いたもんね。

今日から11年目だというキミくん。

会場中からも拍手が沸き起こりました。

 

 

「実はオレ、名古屋いいイメージなかってん」

 

 

 

 

ええっ(悲愴)

 

 

 

 

 

泣いちゃうよ。そんなこと言ったら私泣いちゃうよ(涙)

会場からも「ええー」の悲しみの声。

するとキミくんは、

 

 

「先輩の後ろで踊ってたら、怒られるねん」

 

「何か話しても、『間が悪い!』って言われんねん。

 東京の人間にやで?

 お前より分かっとるわ!思ってた」

 

そういうことか。

しかし、この後の言葉で嬉しくなっちゃった。

 

 

「でもこの前FTONコンサートで、

 

 

 名古屋好きになった。楽しかってん」

 

 

 

ああぁー、よかった(涙)

 

 

そして、他のメンバーは名古屋に来たことあるか?と聞かれ、

クララがポツリ。

 

「大阪のステージに出て喜んでたら、名古屋で外されてん…

 

 枕が濡れましたよ…」

 

 

よかったね、クララ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【メンバーの誰が好き?】

 

 

キミくんがいきなり、

 

「最近よう言われんねん。友達に「錦戸くん紹介して」って」

 

 

なんだ、そのうらやまし過ぎるお友達…

ここで、家族や知り合いにメンバーの誰がカッコイイと言われるかを聞くことに。

まずは丸ちゃん。

 

「うちのおっちゃんにはすばるくんが人気ありますよ。」

 

おっちゃん(笑)

 

 

「この前、スモーク貼ってる車が横付けして、

絡まれるわーと思ったら、窓がういーんと開いて、

 

『お前、ジャニーズやろ?お前すばるの友達か?

 

 あいつカッコええな。オレ、歌好きやで』言われたんです」

 

 

すばちゃんスゲー!

 

 

 

 

するとそれを聞いたすばちゃん。

 

 

 

 

 

「え?それリアルにオレの友達じゃなくて?」

 

 

 

爆笑

 

 

 

 

 

ちなみにクララはと言うと、

 

「ヤンキーだったら横山くん。

 

 『横山おるやろ?あいつ、タバコ吸うやろ?』って」

 

 

 

ヤンキーのみなさまの基準はタバコなのか?(笑)

そしてそのお友達は「滝沢」という名前らしく、

滝沢様のことをこう言うらしい。

 

 

「あいつ、ええよ。

 

 『滝沢』って言う名前に悪いやつはおらん」

 

 

 

ヤンキーのお友達、ブラボー!!!!(拍手)

 

 

 

 

 

 

そして亮ちゃん。

 

「これな、今まで誰にも言ってなかってんけど…」

 

妙にテンションの高い亮ちゃんがかわいすぎて、もうときめき過ぎ。

言ってなかったんだけど、と強調した上で、

 

 

 

 

 

「おかんが大倉好きやねん」

 

 

 

クララかっ!!!

 

 

 

 

 

「なんかDVD見て『大倉くんかっこよくなったわねー』とか言うねん。

 

 むっちゃ腹立つねん。

 

 息子見ろよって思うやろ!」

 

 

 

 

そんな息子が欲しい。

そんなあなたが欲しい。

 

錦戸様が欲しい(究極)

 

 

プチマザコン振りを見せた亮ちゃんにクラッシュ。

ああー、かわいい。かわいすぎる。

ヤキモチ妬いちゃうとか、もうクラクラしちゃう。

クララは隣で照れてたけど、ちょっと怒り気味の、

でもちょっと照れてる亮ちゃんには勝てまい。

 

 

 

ああーかわいいっ!(ジタバタ)

 

 

 

 

 

そして爆笑したのが安田さん。

 

 

「僕のお姉ちゃんは、

 

 

大倉と丸のこと友達だと思ってますからね」

 

 

「「そうやねん!!!」」

 

 

安田さんの発言に、声をそろえて頷くクララと丸ちゃん(爆笑)

どうやら安田さんのお姉ちゃんは、フレンドリーらしく、

(というか安田家がフレンドリーらしく)

遊びに来た人は、みんな友達になってしまうそうで…

ここでクララが衝撃の一言。

 

 

「結婚する前な、オレ、お姉ちゃんに彼氏の相談されてん」

 

「オレもー!!!」

 

 

 

 

爆笑。

 

 

 

その後、何故か丸ちゃんのおじいちゃんの話になり、

丸ちゃんのおじいちゃんとおばあちゃんはとってもおもしろいのだそう。

 

松竹座に丸ちゃんのおじいちゃんが来てくれたときのこと。

でかいダンボールを持って、来てくれたおじいちゃん。

みかんが100個ぐらい入っていたそうで、

「おじいちゃんの匂いした」

と、おじいちゃん子だったキミくんは嬉しかったそうなんですが、

そこで丸ちゃんのおじいちゃんがキミくんに迫る。

 

「横山くん、みかん好きやろ?1個持ってけ」

「いえ、大丈夫です」

 

と言いつつも、結局みかんをもらったらしい。

そして1個もらったキミくんに対しおじいちゃんは、

 

「1個じゃ足りひんやろ」

 

とみかんをもう1個(笑)

 

 

ちなみに、丸ちゃんのおじいちゃんとおばあちゃんは、

ずーっとしゃべりがかぶっているらしいです。

漫才コンビみたいとメンバーが口々に言う中、

丸ちゃんが一言。「おじいちゃん、聞こえてへんねん」

ああー、おじいちゃんとおばあちゃん、かわいい。

 

キミくんも「丸の家族はええなー。ほっこりすんねん。老後あんな風に過ごしたいな」

と言ってました。私もそう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【やっぱり気になる母乳の話】

 

「ヤスの子供は?」と言いだしたキミくん。

ものすごくナチュラルに「もうすぐ1歳です」と答えた安田さん。

あなたのお姉ちゃんの子供でしょ(笑)

 

「おっきなったでー」と嬉しそうな安田さんに対し、

「お前はいっこも、おっきならへんな」とキミくん。

「おっきならへんよ」

 

ああー安田さんがかわいい。

 

 

そして、赤ちゃんがしゃべるのか?という会話になり、

「まんま、って言います」と安田さんが何度も説明するのだが、

キミくんも他のメンバーもよく分からなかったらしく?

「はあ?お前何言うてんねん」と激しくツッコミまくる。

ネコまんま?」「ごはん?」と口々に言うも分からず。

最後には安田さんが「オレがおかしいんかな?」と首をかしげる始末。

結局、赤ちゃんが言う「まんま」はご飯のことだというところに落ち着くも、

何故、まんまと言うのだろう?と皆が不思議がっていると、

亮ちゃんが一言。

 

 

「赤ちゃんが発音しやすいんちゃう?」

 

 

コレには会場もメンバーも「おおー!」と感心。

コレに気をよくした亮ちゃん。

 

 

 

 

 

 

「オレ、むっちゃ頭いいな」

 

 

 

 

ふんぞり返って偉そう。

 

 

超、かわいい(愛)

 

 

 

 

 

 

そして、やはりこの話へ。

 

「ヤスは姉ちゃんがおっぱいあげてるとき、見てるの?」

 

 

多分、この話をしたかったに違いない(笑)

 

すると安田さん、平然と、

「うん、普通におるよ」

さすが安田さん(感心)

 

 

ここへ切り込んだのはもちろん「おじさん錦戸」

 

 

 

「ええー!逃げるって、気まずいやん!」

 

「オレん家、アットホームやもん」

 

「あほか!お前、妹やぞ!

 

 妹の乳なんて見たないっ!!!」

 

 

慌てる亮ちゃんに激萌え。

だったら、誰の乳だったら見たいんだろうと思った私は変態か?

 

 

ここで、キミくんがさらなるおっぱいトークを繰り広げる。

3人兄弟だったキミくんは、弟と結構年齢が離れているため、

キミくんのお母さんがおっぱいを絞っていたのを見ていたそうで、

 

 

 

「弟のおっぱいな、乳搾ってあげててん」

 

 

 

 

 

「乳、きゅーーって」

 

 

 

 

そう言いながら、自分の乳を搾る振り

 

(注意:このとき片方の足は立て膝気味に曲げてます)

 

 

 

 

 

 

 

メンバー、大爆笑。

 

 

 

 

 

 

 

「あれ?今日調子悪いなー」

 

「今日は左のがええなあーとか」

 

 

 

 

 

すると、それに驚いたクララ。

 

「え?そんなんあるの?」

 

「あるよー。人間やもん。

 

 勢いええと赤ちゃんが口はなしても、ぴゅーって出るで」

 

 

 

 

 

 

「すごいな、こっから牛乳出る…」

 

 

 

 

牛乳?(爆笑)

 

 

 

 

それに気づいたクララ、

ものすっごい恥ずかしそうに首をフリフリしながら、

 

 

 

「いや、違う、牛乳ちゃう…」

 

 

 

 

もう、牛乳でもなんでもいいっ!

クララがかわいいからそれでいいっ!

 

 

 

しかし、キミくんのおっぱい話はまだまだ終わらない。

 

「オレ、女の人やったら、

 

自分で絶対、おっぱいが口に届くか試すわ」

 

 

 

すると、三重のとき同様、

またしてもこの人がいきなり食いつく。

 

 

 

 

「なあ、なあ、あれってさ、ぴゅーって飛ぶの?

 

 

 出口はひとつなの?」

 

 

 

 

 

錦戸様、えらくヒートアップ。

 

しかも三重で聞いたネタと、全く同じ内容でまたしても掘り下げる。

そんなに気になるのか?錦戸(笑)

 

そしてきっと前回同様、

一度言い出したらもう恥も外聞も何もないらしく、

必死に自分の疑問を解決しようと、大きな声で連呼。

 

 

 

 

 

「人間にはね、乳頭というものと、

 

 

 

乳輪というものがあるわけですよ」

 

 

 

 

何故に、丁寧語(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

「で、

 

 

 

乳頭から出るんですか?

 

 

 

乳輪から出るんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

錦戸様、超破格スマイルで、

 

 

恥ずかしい言葉を連呼(爆笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

するとここでも三重の主張を引っ張る男がひとり。

 

 

「シャワーやろ?」

 

 

クララ。やっぱりシャワーがいいのか(笑)

 

 

すると、今まで黙っていたこの人が、

三重の時には全く食いついてこなかったのに、

いきなり、しかも突っ込んだ(びっくり)

 

 

 

 

 

 

「乳輪から出てきたら、

 

 

子供、顔びっしょびしょやろ!」

 

 

 

渋谷様、ごもっとも!

 

 

 

するといきなり、ノリノリのこの人が変なことを。

 

 

 

 

 

 

 

「ケーキ、乳頭」

 

 

 

 

何、それ(失笑)

 

 

 

 

 

 

 

すると、もうおっぱいネタで頭がいっぱいであろう錦戸様。

またしてもノリノリでそれに乗っかる。

 

 

 

 

 

 

「水圧で?」

 

 

 

 

なんだ、それ(爆笑)

 

 

 

 

 

キミくんはどっくんの追い風を受けて、さらにノリまくり、

 

「ケーキ乳頭ってそこから来たらしいで」などとウソ八百。

 

しかもかなりお気に入りだったのか、自分のおっぱいを絞るフリをしながら、

またしても方膝立てる感じに身体を動かしながら「ケーキ乳頭」を繰り返す。

最後の最後には、収集がつかなくなってしまったキミくんに、

「そんな訳ないやろ」と突っ込んだ村上兄貴だったが、

またもや、クララがおかしなことを。

 

 

 

 

「そうなんや、今ちょっと、信じてた」

 

 

そんな訳ないだろ(笑)

 

 

 

 

 

そんなこんなで、またしてもおっぱいネタで盛り上がった今回のMC。

村上兄貴の「変な話になってしまいましたが、来年もよろしくお願いします」

で、何とか収集がつきました。

 

 

しかし、私、三重といい名古屋といい、

妙におっぱいネタと相性がいい(笑)

苦手な方は、申し訳ございませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ∞ペラ

 

ここでやっぱりかわいいのは、

前奏部分の亮ちゃん、安田さん、丸ちゃん、ヒナちゃんのジャンプ!

4人で真ん中を向いて、ジャンプしながら頭を振るんだけど、

これが本当にかわいい!

 

そして亮ちゃんのソロパート。

 

「一緒に!」と叫んだ亮ちゃんが男らしかった。

 

ああーステキ(ラブ)

 

 

 

 

 

 

 

【すばちゃんソロ】

 

一番後ろではありましたが、

すばちゃんが私の目の前一直線上にいて感動しました。

この曲、すばちゃんに本当によく合うわ。

ふわふわのパーマが揺れる細い身体。

あの細い身体のどこから、あんなパワーが出てくるんだろう。

歌の途中に、後ろを向いてくれるんですが、

この時のキラキラ光る目が忘れられない。

会場を見渡すすばちゃんの瞳。

本当に、本当にステキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

【キミくんソロ】

 

 

 

2回見たこの時点で、ひょっとしたら、

 

 

結婚できるんじゃないかと思った私はバカです。

 

 

 

 

 

 

やっぱり歌い出しでドキドキが止まらない。

どうしてこんなにうっとりする声なんだろう。

 

 

「キミのために強くなるから」

 

 

ああーステキ(うっとり)

 

 

 

もうね、2度目にして振り付け完璧です(笑)

自分の好きなものに対する集中力の高さに自分で脱帽。

この席からでは、ちょうど天井からぶら下がるセットに隠れて、

キミくんの姿そのものが見えないわけですよ。

だけら、スクリーン見て踊って歌ってたんだけど、

 

 

本当に、キミくん、最高!!!

 

 

と、思ったらキミ子登場。

あ、今日は髪の毛長いな。

彼氏は誰なんだろうとワクワクしていたら

(1部に入ったPちゃん情報により、1部のキミ子の彼氏はクララと判明)

 

 

 

 

 

「おい、キミ子、こっちに来い」

 

 

 

 

すーばーるー!!!!!(大興奮)

 

 

 

 

 

もう、絶叫ですよ。

すばーですよ。キミ子の彼氏はすばー(クラクラ)

すばーはピンクのTシャツ着てた気がします(あいまい)

すばーがあまりにも男らしくて、キミ子が超かわいい(ドキドキ)

 

キミ子は彼氏のすばーに甘えてこんなことを言ったりします。

 

 

 

 

 

「好きって言って?」

 

 

 

キミ子が好きだー!!!!(絶叫)

 

 

 

 

 

すると、少し照れた彼氏のすばー。

キミ子がそれを見つけて何かを言おうとした、まさにその瞬間。

 

 

 

 

 

 

キミ子を強引に抱き寄せてキス!

 

 

 

 

 

 

ギャー!!!!!(絶叫)

 

 

 

 

 

頭が、ぶっ壊れるのではないかと思いました。

もちろん、キスがマネだったことも、分かってはいるのですが、

すばーがキミ子に本気でちゅーを迫ったら、

きっとあんな感じに強引で力強いのかと思ったら、

もう、目がチカチカ、頭がグラングランしました。

心臓に悪すぎる。衝撃が強すぎる。

 

そして、すばーにキスされたキミ子。

 

 

 

これまた超嬉しそうなニヤケ顔(クラッシュ)

 

 

 

キミ子、もう完全に私の負けです。

あなたが好きすぎて、どうにかなりそうです。

 

 

そして、中央のセンターステージに向かって踊りながら向かってくるキミくん。

私はど真ん中の一番上なので、自分勝手に、

「ああー、今キミくんは私の元へ向かってきてくれているのね」

とウキウキしておりました。

センターステージに立ったキミくんを見てまたドキドキ。

 

 

ああ、ステキ(涙)

 

 

そして、昨日

衝撃のあまり仰け反ってしまった部分でまたも仰け反り。

「抱きしめて、あ、げ、る」の部分。

カメラが3方向からキミくんを映してそのセリフを言うんですが、

何とキミくん…

 

 

 

 

 

 

「はっずかしいねん…」

 

 

 

うあっ、大本命(眩暈)

 

 

 

 

 

照れ屋のキミくんが大大大好物の私としては、

セリフといえど照れてしまったキミくんに、もう感服。

どーしよー、ときめき容量が振り切れて体が持たない…

しかし、ここはプロ。

しっかりとカメラ目線で、

 

 

 

 

 

 

「抱きしめて、あ、げ、る」

 

 

 

 

 

イヤー!!!(号泣)

 

 

 

 

 

 

しかし、まだまだキミくんは攻撃の手を抜かない。

中央のステージに立ち、こちら側を向いて歌い踊るキミくん。

指差しの振り付けの時、ちょうどこっち向いてるの。

こっちを!!!

 

 

 

キミくんが私のために踊ってくれている(感涙)

 

 

 

もう、死にそうでした。

こんなに心底、彼にときめいてしまったら、

行き着くところは結婚しかないだろうと思いました。

ときめきを抑えながらも、しっかり彼と一緒に踊り歌い。

終わった瞬間にまた、座り込む。

 

 

 

キミくんが、好きすぎてどうしよう。

 

 

 

次の曲になんて、すぐ切り替えられるはずもなく。

ああ、ああーカッコイイーと連呼。

とにかくこのソロ、素晴らしすぎる。

是非、是非DVD化をお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【いつか、また】

 

亮ちゃんが登場するまでは、この曲のモードにはなかなか突入できず、

キミソロの余韻に浸っていた私ですが、

やっぱり亮ちゃんがライトに照らされると、ドキドキ。

そしてキミくんのソロパートでもドキドキ。

忙しいです。

 

 

 

 

 

 

大阪レイニーブルース

 

関風で間違えただけに、不安だったレイニーブルース。

キミくんは振り付け間違えていませんでした(安心)

亮ちゃんのダンスが激しかったなー。

オーラスで燃えてのだと思われます。

 

 

 

 

【好きやねん、大阪】

 

コレが全く覚えてない(涙)

 

 

 

 

 

浪花いろは節

 

亮ちゃんは次のソロのためにはけて行くんですが、

センターステージのすぐそばから下りて行くんですね。

このとき、私は見た。

 

 

 

クララが、亮ちゃんに耳打ち。

 

 

亮ちゃん、それに答えて笑う。

 

 

 

何、言ってたんだ?(気になる)

 

 

その後、キミくんは散々、

「はあ~」のすばちゃんパートを歌うマネして喜んでました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【亮ちゃんソロ】

 

 

 

もう、かっこいい。

 

 

やっぱり昨日も思ったけど、

 

 

 

 

後姿がセクシーすぎる(涙)

 

 

 

マイクがね、腰にささっていて、

ジャケットがちょっと歪んでいたりするんですよ。

コレが萌えに萌えてね。

昨日より真後ろだったがために、余計によく見えたんですが、

歌ってる時に揺れる身体がね、本当に素晴らしい。

 

 

まず、頭がリズムに合わせて揺れる。

それにあわせて足も揺れる。

最終的に、頭と足に連動して腰も揺れる。

 

 

ああー、いい…

 

 

 

なんかね、クネクネというより、ゆらゆらしてるんですね。

私はそこで、一緒になって揺れている自分を思いました。

セクシーというより、もう色香大放出。

 

しかも、途中の間奏部分でこちらを向いた亮ちゃんにさらに眩暈。

 

 

 

 

 

柔らかい笑顔で笑う亮ちゃん…

 

 

 

 

 

彼の上に舞う、羽になりたいと思いました。

美しい。

そして艶っぽい。

 

 

亮ちゃんは本当に美しかった。

 

 

亮ちゃん、最高(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

【すばるバンド】

 

やっぱりこの曲、すっごくいいね。

このとき初めて、クララの衣装に気がついた私。

 

うあ、これまたカッコイイ衣装着てた(びっくり)

 

黒の燕尾服っぽい衣装だったんだねー。

昨日は本当に気がついてなかった自分に驚き。

後ろからだと、ドラムを叩く足が見えるんだけどね、

FTONコンのときみたいに、ムチムチしてなかったの(残念)

ちょっと余裕があったの。背中も二の腕も(残念2)

ムチムチしてる方が好きなのにー。

 

 

(ちなみに後から聞いた話ですが、クララは胸をはだける新曲の時、

 腹筋が割れていたそうな!それまたびっくり!

 しかし、私はそれさえ残念に思ってしまった…ムチムチクララが好きだから。

 マニアで申し訳ない。でもムチムチが好きだ(しつこい)

 ということは、あの伝説の茶色ピタピタパンツもムチムチしていないのだろうか…

 足のラインが出ないって事か? それはどうなんだ…むむーっ)

 

しかし本当にこの曲かっこいいね。

安田さん作なのかなあ?それが気になる。

本当にすばちゃんによく似合う曲だわ。

 

 

 

 

 

 

 

【Do you agree?】

 

 

キミ亮しか見えず…

 

 

 

亮ちゃんは、ホストだった。

 

 

キミくんは、王子だった。

 

 

 

 

あの二人に挟まれて眠りたい(夢)

 

 

 

本当に誰があの衣装を考えて下さったんだろう。

もうお礼を何ど言っても言い足りない!

 

 

 

 

 

 

 

【口笛の向こう】

 

キミくんがずっとメインステージにいてくれたおかげで、

キミくんばかり見ていました。ああーステキだった。

そこへ来てくれたのは亮ちゃん。

 

 

白いキミくんと黒い亮ちゃんが…

 

 

しつこいようですが、この衣装の二人が大好きです。

はんぱなくかっこいいので、他のものは目に入りません。

 

でも途中で走っていってしまう二人…

悲しい(涙)

 

 

 

 

 

 

 

未来の向こうへ

 

キミくんはちょうど反対側のリフトだったため、全く見えず(涙)

そして亮ちゃんも、遠くのリフトで斜め後ろからしか見えず(涙)

 

私、この曲の亮ちゃんのパートが大好きなんです。

 

 

「あの雲に乗り虹の彼方で 

 

 

キミの笑顔に会えたらいい」

 

 

CDではこの素晴らしさは味わえない。

亮ちゃんの声が、その横顔が、本当にステキだった。

生で聴けてよかったと心から思いました。

どうして、あんなにステキ人がいるんだろう。

声に聞き惚れるってこういうことなんだろうと思います。

すばちゃんの歌声もステキだけど、私にとってはやっぱり大好きな亮ちゃんの声。

彼の歌声よりも私の心に響く歌声は、ないと思いました。

 

 

そして最後、

センターステージに集まった∞の上に降り注ぐキラキラ光る紙吹雪。

本当に本当にキレイだった。

その中に立つ、白い衣装をまとったキミくん。

とてもこの世のものとは思えないぐらいに美しくて、

彼と同じこの空間にいることが奇跡に思えました。

光の王子。

彼が好きなんだと、実感した瞬間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【アンコール】

 

サムライブルース】

 

今日はやっぱりサンタ帽子をかぶってなかった(なるほど)

この曲はメインステージで歌ってくれるので、

後姿がほとんどと言えど、∞がそばにいてくれて本当に嬉しかった!

 

「名古屋の1日が終わろうとしている」

 

と歌うクララがかわいかったなー。

 

 

キミくんと村上兄貴がくっついてカメラに映ってたのもかわいかったし、

後ろを見上げて、こっちをいっぱい見てくれた亮ちゃんもステキだった。

サビの部分で、キミくんが手拍子を促して、会場に響く手拍子の音。

本当にステキなアンコールでした。

 

 

 

 

 

 

 

【関風ファイティング】

 

キミくんと亮ちゃんのトロッコがすごかった。

2人ともアリーナの4ブロック全て行ったんじゃないか?

と思うほど、トロッコ乗り放題。

うらやましかったー。

 

そして、セリフ部分で爆笑。

村上兄貴までは普通だったのに、

 

「ポジティブ気分で!」

 

と村上兄貴が言った後、キミくんがこう言ったことで全員同じセリフに。

 

 

「ポジティブ気分で!」

 

「ポジティブ気分で!」

 

「ポジティブ気分で!」

 

「ポジティブ気分で!」

 

 

ああーおもしろかった!

 

 

 

 

そして最後の挨拶。

村上兄貴の、スタッフさんやジュニアに対する愛情も嬉しかったし、

 

 

「今日集まってくれた、僕達の大事な、

 

大事な、大事な、大事な、eighterに大きな拍手を!」

 

 

 

 

と、4方向全てを向いて言ってくれたのが本当に嬉しかった。

そしてその言葉と一緒に、

 

eighterを抱きしめるように

 

自分をぎゅっと抱きしめるすばちゃん。

 

 

彼らの愛情が伝わってくるようで見ていて幸せな気分になりました。

 

 

そして「俺達が、最高で最強の関ジャニ∞!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ダブルアンコール】

 

これで名古屋最後なんだから、これで終わるはずがない!と

必死に手を叩いていたら、出てきてくれた∞。

キミくんは、すでに帰り始めている人を見て、

「あ、帰ってるわー。俺らも帰ろか?」

 

イヤー!!!!!!

 

会場中のその声に笑いながら、

 

「じゃあ、もう1曲、行っちゃうよー!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

【無限大】

 

 

「溢れる思いは無限大」

 

 

の直前に叫んだすばちゃんの声「叫べ、eighter!!」

 

本当にステキでした。

「ありがとうeighter」の歌詞もステキだった。

その後亮ちゃんも歌うかな?と思ったら、亮ちゃんは普通に歌ってた(笑)

それがまたかわいかったなー。

キミくんはここでも、トロッコに乗ってて嬉しそうだった。

亮ちゃんは、水色のバスタオルでサマスペのプロペラ歌ったときの衣装みたいに、

 

首をグルグル巻きにしているのが、めっちゃくちゃかわいかった♪

 

タオルごと、ぐるぐる巻いて引き剥がしてやりたいとさえ思いました(ドS)

 

そして曲が終わると、

「ホンマにありがとう!また名古屋に来ます!」って言ってくれて、

キャー!!!と気分が舞い上がったところで、キミくんがおふざけ。

おばちゃんロックのすばちゃんの出だしと同じように、

 

 

 

 

「ワン、ツー」

 

 

おおっ!と期待した私達はすかさず、

 

 

「こんにちワンツー!!!!」

 

 

「きゃははははは」

 

 

高らかに笑うキミくんの声が響くだけで、曲は始まらず(涙)

しかし、コレに味を占めたキミくん。

もう、ここからはまるで子供のように嬉しそうに、

 

 

 

「ワン、ツー」

 

「こんにちワンツー!!!」

 

「きゃはははは」

 

 

 

 

これの繰り返し(笑)

合計3度か4度はやってたと思います。

そのたびに村上兄貴が「ないよ!ないで!」と言うのもおかしい。

そして、これが思いの他おもしろかったせいか、

キミくんは他のメンバーにもやってみろと言い出す。

 

 

 

「ワン、ツー」「こんにちワンツー!!」

 

「うわーおもしろい!」

 

喜ぶ丸ちゃん。

 

 

 

 

 

「大倉もやってみろ」「ええの?」と言いながら、

 

 

 

「ワン、ツー」「こんにちワンツー!!!」

 

「めっちゃおもろい」

 

 

と喜ぶクララ。

 

 

 

 

 

そして「どっくんやってみ!」と言われ、

ええーとモジモジしながら、結局やるどっくん(ラブ)

 

 

「ワン、ツー」「こんにちワンツー!」

 

「うわー!おもろい!」

 

 

と喜ぶ亮ちゃんに、こちらは激震。

かわいすぎて死にそうだ…

 

しかも、「ワン!」の声、裏返ってたし(きゅん)

きっと、これが非常に嬉しかったのであろう亮ちゃん。

 

 

「これさ、すばるくんやったら、音出たりして」

 

 

目が、キラッキラしてたと思います。

多分、すばちゃんより誰より、亮ちゃんが音出して欲しかったんだと思います。

NEWSの春コンのときもそうだった。ひとりだけ「もう一曲する?」

上ずった声で繰り返していたのは亮ちゃんだった(ラブ)

 

 

 

しかし、そんな亮ちゃんの(というか私の)願いもむなしく、

振り返るもすでにすばちゃんはおらず(涙)

 

「もう、おっちゃん帰ってるわ」の村上兄貴の声が響く。

 

残念と思いながらも、「ありがとー!」「また名古屋に来るよ!」と言ってくれた、

彼らの言葉が嬉しくて、思いっきり手を振りました。

亮ちゃんも「気をつけて帰ってねー」と言ってくれました。かわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、会場が明るくなり、

もうさすがに終わりかな、と思いきや、

会場中に響くエイトコールと拍手の波。

名古屋って本当にこういうときはすごいんですよね(苦笑)

かなり長い時間経っても、その声が引かなくて、

その声にまるで引き寄せられるように、出てきてくれた∞。

 

 

【トリプルアンコール】

 

 

「ほんまにありがとー!!!」

 

みんな口々に、「もう帰ろうかと思ってたのに、みんな呼んでくれるから来たわ」

と言ってくれる∞。いやはや嬉しい!

村上兄貴によると「すばるは風呂入ってる」なんともすばやい渋谷様(涙)

 

 

 

 

そして、少し遅れて出てきた亮ちゃんを見て鼻血を吹くかと思った…

 

 

 

 

 

 

 

上半身裸に下はタオル1枚(衝撃)

 

 

 

 

 

 

 

妙に恥ずかしそうにするその素振りに、目が離せない。

もしや、あわや、ひそかにポロリ、いや失礼、

はらりとバスタオルがはだけるのを期待しつつ、凝視。

 

とにかく凝視。何があっても凝視。

 

 

 

そこでキミくんがまたしても、

 

 

「ワン、ツー」「こんにちワンツー!!」

 

亮ちゃんのバスタオルを凝視しながら言いました(笑)

「楽しいわー!コレ!」と喜ぶキミくん。

そして、安田さんも

「ワン、ツー」「こんにちワンツー!!」

村上兄貴も、

「ワン、ツー」「こんにちワンツー!!」

 

それまでキミくんや他のメンバーに、「あかんよ!」

突っ込んでいた村上兄貴本人も、やったら思いのほか嬉しかったらしく、

 

「これ、気っ持ええわー!」とご満悦のご様子(笑)

 

 

 

 

本当に歌ってくれないかしら?と思っていたら、

バスタオル1枚の錦戸様が、身体をくねらせながらこんな一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

「パンツ、見たい人?」

 

 

 

 

 

 

 

 

はいっ!(挙手)

 

できればその中までも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アホか!見せるか!

 

 

 

変態ばっかやな」

 

 

 

 

 

変態で本望でございます!(敬礼)

 

 

 

 

 

 

 

パンツは見えませんでしたがお尻のラインは見えました。

 

おしいっ(悔)

 

 

 

 

 

 

するとここで村上様から嬉しいお知らせが。

 

 

「情報によりますと、渋谷さんがこちらに向かっております」

 

 

 

キャー!!!!!

 

 

渋谷様を待ちながら、何故か会場、サライを大熱唱(笑)

FTONコン代々木のオーラスを髣髴とさせる演出。

そして、随分合唱が続いた後で、ようやく登場した渋谷様の姿を見て悶絶。

 

 

 

 

 

 

 

 

濡れ髪、バスタオル1枚のお姿

 

 

 

 

 

ひいいぃーーー!(絶叫)

 

 

 

 

 

 

 

隣のAちゃんと、あまりの衝撃に手を取り合うも、膝から崩れ落ちそう。

もう、すごいです。とにかくすごいです。

渋谷様はどうやら、本気でお風呂に入っていらっしゃったのらしく、

濡れた髪、濡れた後であろう、バスタオルがなんとも生々しい!

 

 

その格好で渋谷様、

 

 

 

「ええー、遅れまして、大変申し訳ございません」

 

 

 

頭を下げると、くっきりと浮かび上がる渋谷様のお尻のライン(萌)

それを隣から見ていた、キミくんと村上兄貴は、

ちょっとしたから覗くように確認した後、一言。

 

 

「これ、ヤバいな」

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバいとはどういうことで?

 

 

つまり、つまり、つまりは、

 

 

 

ノーパンと受け取ってよいですかっ!(興奮)

 

 

 

 

私はその後必死に、後姿のバスタオル1枚錦戸様と、

バスタオル1枚渋谷様の姿だけを、双眼鏡で確認いたしました。

その結果、

 

錦戸様の、パンツのラインを確認いたしました!

 

 

 

しかしっ!!

 

渋谷様はパンツのライン確認できませんでした!

 

お尻の下の部分が、なんだかちょっと影になっており、

ちょっとリアルなお尻の形を確認いたしました!

つまり!

 

ノーパンであったのではないかと思っております!(最敬礼)

 

 

 

 

 

 

本当にいいものを見せていただきました。

キミくんと村上兄貴が、すばちゃんのバスタオルを剥ぎ取らなかったことが、

全てを物語っているような気がしてなりません。

 

 

 

 

うん?

 

ならば、もしや、

 

 

 

錦戸様も…(回路崩壊)

 

 

 

 

 

異常な興奮と衝撃に包まれたトリプルアンコール。

今、思い出しても心臓がバクバクします。

 

 

そして、最後の最後。

やはりノーパン疑惑の渋谷様は、真っ先に帰っていかれました

風邪でも引いたら大変ですから(でもちょっと惜しい)

 

 

 

 

 

 

そして、次のノーパン候補、錦戸様は、

 

 

バスタオルを会場に投げた!

 

 

 

 

ただし、これは首から提げていたバスタオルであり、

腰に巻いていたバスタオルではありませんので、あしからず。

腰に巻いていたバスタオルであった日には、私、その場で発狂しております。多分。

 

 

 

 

 

さらに、クララが首から提げていたバスタオルを投げた。

 

これに、ものすごい勢いで群がるアリーナの皆様。

 

 

 

 

 

そして、最後の最後。

そのクララのバスタオルに群がるみなさまを見ていたキミくん。

 

 

バスタオルを投げた!

 

キャー!!!!!

 

と、言ったのは私と数人だったらしく…

アリーナのみなさま、反応薄っ(涙)

 

 

 

「オレのとき、キャーって少なくない?」

 

 

ややウケ。

 

 

 

そんなキミくんが好きだー!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【最後に】

今回の名古屋のオーラスもすごかったです。

キミ子の彼氏がすばーだったとか、MCがまた乳ネタだったとか、

思い出せばときめいたことがたくさんありましたが、

やっぱりトリプルアンコールのバスタオル2人が衝撃で衝撃で。

Aちゃんと二人、手を取り合って大興奮。

バスタオル1枚腰巻の男前っていいよね(実感)

 

 

オーラス後、外へ出ると雨が横殴りに降ってました(びっくり)

台風か?と疑うほどの大雨に驚き。

Aちゃんのおばさまに送って頂き、途中までは雨に濡れなかったのですが、

最寄駅から家まで帰ってくる10分足らずの間に、

びっくりするほど雨に濡れて、靴の中がちゃぷちゃぷいってました。

 

 

これも、∞に濡れさせられたと思えば…なんかいいな(悦)

 

 

久しぶりに会えたeighterのみんな、ありがとう!

また、別の会場でも会えることを楽しみしてるね。

 

 

そして、∞。

また名古屋に来てくれてありがとう!

「また来るよ!」と言ってくれたその言葉を信じて、

名古屋で会えるのを楽しみにしています。

 

 

関ジャニ∞、最高!

 

 

 

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク