本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

eighterであることの誇り

横浜から帰ってまいりました。

今回のコンサート。本当にありがたいことに、

友達に誘ってもらったりして、何度か入ることができました。

どの公演も素晴らしく、歌ったり笑ったり踊ったり、

eighterでよかったと、何度も思った今回のコンサート。

オーラスで、私は泣きました。

これまでの公演の中で、

一度も歌われなかったロマネスク。

∞にとってもeighterにとっても特別な曲。

その曲をあえて歌わないというところに、

彼らの新しいことへ挑戦する勇気と、

これまでたくさんのコンサートを重ねてきたことの、

自信と誇りが見えるような気がしていました。

オーラスのダブルアンコール。

「すばる」

キミくんがそう言った時、分かっていた気がするのに、

すばちゃんがアカペラで歌い出しても、すぐに反応できなかった。

嬉しかったから。

そして、胸が痛くなったから。

大阪ロマネスク

会場全体に響く、eighterの歌声。

ここは大阪でもないし、御堂筋もないけど、

確かに∞のいる場所なんだと実感しました。

まず、クララが泣き顔を見せた。

亮ちゃんも、タオルをずっと顔に押し当てたまま、

上手く歌えなくて、悔しそうにしてた。

挨拶の時に涙ぐんでしまった丸ちゃんと、

突然顔を覆ってしまった、すばちゃん。

泣きたくないから、と言いながら、

涙目で必死に声を出していた安田さん。

そして、2007年もいい年にしようと涙目で言う村上兄貴。

でも私は、∞全員が涙を見せて、

それに連鎖するように泣いていたeighterを見ながら、

最後まで、本当に最後まで、涙を見せることなく、

優しい瞳で笑っていたキミくんが、

本物の男前だと思いました。

「今日のこの日を忘れないで下さい。

 みんなが応援してくれるのに、

 恥じないグループになるようがんばります。

 だから、一生オレらについて来て下さい」

この言葉を聞いた瞬間、

ロマネスクと無限大を聴いて、亮ちゃんの、

みんなの涙を見て、すでに泣いていた私は、

崩れ落ちるようにその場にしゃがみこんでしまいました。

一生という言葉の意味が、軽くないことは知っています。

例えば自分がおばあちゃんになって、

おじいちゃんになった彼らを、応援していられるか。

それは私にも分からないし、彼ら自身にも分からない。

それでも、たとえそうだとしても、

一生彼に、∞について行きたいと心から思いました。

そして、今年最後の

「俺達が、最高で最強の関ジャニ∞!!!!」

会場全体から、うねりのように響いたその声が、

また涙を誘って、彼らの姿がよく見えなかった。

最高でした。

最強でした。

∞が大好きです。

eighterが大好きです。

もう既に、彼らは応援しているeighterに恥じない、

むしろ「大好き」なんだと胸を張って言える、

最高で最強のグループだと思います。

そして何年経っても色あせない、

より8色がそれぞれに輝きを増して、

ひとつになったときに、さらに光を放つ、

私達eighterを永遠にときめかせるグループになると、

私は信じています。

∞である誇り。

eighterである誇り。

それに気づかせてくれた彼らに、

心からの感謝を。

そして、愛を。

ありがとう。大好きです。

あなた達に出会えて、本当に幸せです。

ジャニーズブログランキング

スポンサーリンク