本日も男前

櫻井翔、横山裕、錦戸亮(嵐、関ジャニ∞)、赤西仁。ジャニーズを中心に俳優、ミュージシャン、あらゆる男前を妄想する日々

全ての祈りを

8月、日程を聞いたとき、

既に決まっていた家族との旅行の日程と同じだったことに、

本気で落胆し、そればかりは仕方がないと諦めました。

それこそ、泣く泣く諦めました。

相方のMちゃんがどれだけうらやましかったことか。

でも、再追加公演が決まったとき、運命だと思いました。

そして、それに当選していたことにも。

直前で、オーラスのチケットを譲っていただくことが決まり、

それもまた、神様の思し召しだと思いました。

たくさんの偶然が重なって、叶った、

渋谷すばる with 大倉 BAND」への参戦。

1部も2部も、本当に最高でした。

感極まって何度か涙を流し、鳥肌が立ちっぱなし。

オーラスは、なんと3時間半。

帰りの新幹線の時間にギリギリで、

ダブルアンコールの時には、泣く泣く会場を後にしようかと、

思っていた私の耳に届いた、すばちゃんの言葉。

「最後だから、今、僕らにできる曲を」

本当に、あの場所にいることができてよかった。

彼の、言葉を、声を、音楽を、

受け止めることができて、本当に幸せです。

もし、新幹線に乗り遅れたとしても、

そんな後悔、人生の中の小さなひとコマだけど、

あの場所にいたにも関わらず、あの曲を聴けなかったら、

私は一生後悔したと思います。

pray

祈りを捧げるように歌う渋谷すばるは、

私の目には、奇跡に思えた。

涙が溢れて、その姿を見られないのが悔しくて、

それでも、溢れてくるのが止まらなくて。

身体が、震えました。

気づいたら、私も祈るように手を合わせてた。

あの歌詞に込められた想い。

彼の力強い歌声。

目を閉じた横顔。

歌うために、彼はこの世に生を受けた。

渋谷すばるは、神に選ばれた人だと思います。

彼は、私の中で特別な人になりました。

愛とか恋とかじゃない。

そういう、感情じゃない。

神々しいものに対する、崇拝の気持ち。

上手く言葉では言い表せない。

あの歌声が心に響くのは、彼の声が枯れないのは、

やはり、奇跡だからだと思う。

あなたが、歌い続ける限り、

私は、あなたのことを祈り続けたい。

神様、ありがとう。

スポンサーリンク